New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ミニキャブミーブ】2022年秋「EVバン!」販売再開!最新情報、航続距離や充電時間、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170126/20170126150639.jpg

三菱が、電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」の販売再開を予定しています。

 

高環境性能を持つ三菱新型ミニキャブ・ミーブについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】復活!三菱「新型ミニキャブミーブ」発売!

▼三菱新型ミニキャブミーブの画像

f:id:carislife:20220208064804j:plain

三菱が、電気自動車「ミニキャブ・ミーブ」の発売を予定しています。

 

三菱ミニキャブミーブは、軽自動車サイズの電気自動車バンとして制作され、国内唯一の軽商用EVとなっていました。現在は一般販売が一時中断されていますが、近年の環境問題への注目度の高まりにより、問い合わせが大幅に増えたことから販売再開を決定。

 

電気自動車ならではの力強い走りと静粛性、ガソリン車同等の積載量などが魅力のモデルとなります。

 

三菱ミニキャブ・ミーブは、2022年秋の発売が予定されています。

 

三菱新型ミニキャブ・ミーブの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型ミニキャブ・ミーブの特徴

  • ハイルーフの2シーターと4シーター仕様を設定
  • 16.0kWhの走行用バッテリーを搭載し、実用的な航続距離を確保
  • 充電中にエアコンなどが使用可能になる空調機能を採用

 

力強く!新型ミニキャブ・ミーブの外装(エクステリア)デザイン

▼ミニキャブ・ミーブ「スターリングシルバーメタリック」

f:id:carislife:20220208070132j:plain

三菱新型ミニキャブ・ミーブの外装は、実用性の高さを表現する力強いデザインとされています。

 

▼ミニキャブ・ミーブ「ホワイトソリッド」

f:id:carislife:20220208064804j:plain

ボディカラーには、「スターリングシルバーメタリック」と「ホワイトソリッド」の2パターンを設定。

 

f:id:carislife:20220208070639j:plain

用途にあわせたラッピングにも対応し、店名やサービスをアピールすることができるようになっています。

 

軽快!三菱新型ミニキャブ・ミーブのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170126/20170126150639.jpg

▼三菱新型ミニキャブ・ミーブのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1915mm
  • ホイールベース:2390mm
  • 最低地上高:165mm
  • 車重:1100kg
  • 最大積載量:350kg(4名乗車時:200kg)

三菱新型ミニキャブ・ミーブのボディサイズは軽自動車サイズとされ、取り回しの良さが魅力となっています。

 

また、走行用バッテリーを搭載しながら車重は1100kgに抑えられ、最大積載量もガソリン車同等の350kgが確保されています。

 

実用的!三菱新型ミニキャブ・ミーブの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20220208071315j:plain

▼2シーター

f:id:carislife:20220208071303j:plain

▼4シーター

f:id:carislife:20220208071305j:plain

三菱新型ミニキャブ・ミーブの内装には、2シーターと4シーターの2パターンが設定されています。

 

4シーター仕様は後部座席を床下に収納でき、シーンにあわせ使うことができるように。

 

f:id:carislife:20220208071317j:plain

f:id:carislife:20220208071310j:plain

ラゲッジスペースは、商用バンとして広く、使いやすい空間が確保されています。

 

パワフル!新型ミニキャブミーブのスペックは?

f:id:carislife:20220208072036j:plain

▼三菱新型ミニキャブ・ミーブのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター
  • 最高出力:41ps
  • 最大トルク:20.0kgm
  • 駆動方式:後輪駆動

三菱新型ミニキャブ・ミーブには、走り出しから最大トルクが得られる、専用の小型・軽量な電気モーターが搭載されています。

 

電気モーターは最高出力が41psとなっていますが、最大トルクは2Lエンジンに匹敵する20.0kgmを発揮。

 

これにより多くの荷物を積んだ場合にも、軽快な走りができるようになっています。

 

また、セレクターレバーでは、航続距離を重視した「ECO」、力強い走りが可能な「D」、回生ブレーキを強めた「B」が設定され、性能を活かすことができるようになっています。

 

新型ミニキャブ・ミーブの航続距離と充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

▼三菱新型ミニキャブ・ミーブの航続距離と充電時間

  • バッテリー電力量:16.0kWh
  • 航続距離:150km
  • 普通充電:約7時間(満充電まで)
  • 急速充電:約35分(80%まで)

三菱新型ミニキャブ・ミーブには16.0kWhの走行用バッテリーが搭載され、航続距離は150kmとされています。

 

この航続距離は、全国のドライバーアンケート調査による、軽キャブバンが1日に走行する平均距離の77%が65km以下という結果に対応するものとされています。

 

充電は、普通充電器を使用することで約7時間で完了することができ、短時間で充電したい場合には、急速充電器を使用ことで80%まで約35分で充電することができるようになっています。

 

三菱新型ミニキャブ・ミーブの価格、補助金は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型ミニキャブ・ミーブの価格

  • CD16.0kWh ハイルーフ 2シーター:2,431,000円
  • CD16.0kWh ハイルーフ 4シーター:2,453,000円
    クリーンエネルギー自動車導入事業補助金:140,000円

三菱新型ミニキャブ・ミーブは、バッテリー容量16.0kWhのハイルーフボディに2シーターと4シーターの2パターンが設定され、価格差は2万2000円となっています。

 

また、完全電気自動車であることから14万円のクリーンエネルギー補助金を受けることができ、導入コストを下げることができるようになっています。

 

いつ?三菱ミニキャブ・ミーブの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171019/20171019090744.jpg

三菱ミニキャブ・ミーブは、2022年秋の販売再開が予定されています。

 

三菱は、国内唯一の軽商用EVであるミニキャブ・ミーブを復活させることで、ユーザーのニーズに対応する予定です。

 

新型三菱ミニキャブ・ミーブについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。