New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【アルファロメオ新型ミラノ】「新コンパクトSUV!」2024年4月11日発表!最新情報、スペック、航続距離、価格は?

アルファロメオが、SUVの新モデル「ミラノ」を発表しました。

 

アルファロメオの新世代モデルとなる新型ミラノのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】EVも設定!アルファロメオ新型「ミラノ」発表!

▼アルファロメオ新型ミラノの画像

アルファロメオが、SUVの新モデル「ミラノ(Milano)」を発表しました。

 

アルファロメオ・ミラノは、電動化を推進するアルファロメオ初の電気自動車として企画され、同グループのジープが発表している電気自動車SUV「アベンジャー」と基礎を共有。

 

最大航続距離410kmを確保する電気自動車パワートレインのほか、最新のガソリンハイブリッドも設定。

 

エクステリアには新世代のデザインを採用し、インテリアに最新システムを装備。

 

効率的な最新プラットフォームにより、コンパクトモデルながら広い室内空間が確保されています。

 

アルファロメオ新型ミラノは2024年4月11日に発表され、価格は30,000ユーロ(約490万円)から。発売は欧州で2024年後半とされています。

 

▼アルファロメオ新型ミラノの動画

▼アルファロメオ・トナーレ

【アルファロメオ新型トナーレ】「PHEV 4WD追加!」日本発売!最新情報、燃費、サイズや価格は?

▼ジープ・アベンジャー

【ジープ新型アベンジャー】「初電気自動車SUV!」最新情報、航続距離、価格は?

 

アルファロメオ新型ミラノの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アルファロメオ新型ミラノの特徴

  • 新世代電気自動車SUVとして、航続距離410kmを獲得
  • コンパクトなボディサイズを採用
  • ガソリンハイブリッドモデルも設定

 

先進的!アルファロメオ新型ミラノの外装(エクステリア)デザイン

▼アルファロメオ新型ミラノの画像

アルファロメオ新型ミラノの外装は、最新のデザインを採用することで質感が高められています。

 

ヘッドライトはアグレッシブなスタイルとされ、アルファロメオを象徴する盾をモチーフにしたグリルには、EVモデルにアルファロメオのロゴを、ハイブリッドモデルでは伝統的なブランドエンブレムのデザインを採用。

 

リアは、空力性能を高めることにより、電気自動車モデルの航続距離延長にも貢献。

 

足元には、18インチと20インチのホイールが設定されています。

 

コンパクト!アルファロメオ新型ミラノのボディサイズは?

▼アルファロメオ新型ミラノのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4170×1780×1500mm
  • 参考
    ・アルファロメオ トナーレ
     全長×全幅×全高:4530×1835×1600mm
     ホイールベース:2635mm

アルファロメオ新型ミラノのボディサイズは、ブランドのミドルSUV「トナーレ」より大幅に小型化されています。

 

しかし、最新プラットフォームにより空間効率を高めることで、余裕のある室内空間がつくられています。

 

最新装備!アルファロメオ新型ミラノの内装(インテリア)は?

アルファロメオ新型ミラノの内装は、最新の装備を採用することにより機能性が高められています。

 

ディスプレイには、ともに10.25インチのデジタルメーターとタッチ式インフォテインメントシステムを採用。

 

室内の各所にはブランドを象徴するデザインが採用され、400Lと余裕のあるラゲッジスペースも利用できるようになっています。

 

力強く!アルファロメオ新型ミラノのスペック、航続距離は?

▼アルファロメオ新型ミラノのパワートレインとスペック

▽電気自動車

  • 電気モーター×1
  • 出力
    【Ellettrica】:156ps
    【Ellettrica Veloce】:240ps
  • バッテリー容量:54kWh
  • 航続距離:410km
  • 充電時間
    急速充電:30分(10~80%)
  • 駆動方式:FWD

▽内燃機関

  • 【Ibrida】
    直列3気筒1.2Lガソリンターボ+48Vマイルドハイブリッド
    エンジン出力:136ps
    モーター出力:28ps
    トランスミッション:6速DCT
    駆動方式:FF or 4WD

アルファロメオ新型ミラノには、最新の電動パワートレインが搭載されています。

 

電気自動車モデルは1基の電気モーターを搭載し、前輪を駆動。

 

出力はスタンダードな「Ellettrica」で156ps、ハイスペックな「Ellettrica Veloce」で240psを発揮。

 

加えて「Ellettrica Veloce」では、トルセン式LSD、クイックなステアリングレシオ、25mmダウンするスポーツサスペンション、380mmディスク&4ピストンモノブロック キャリパーのフロントブレーキシステムを採用することで走行性能をアップ。

 

ガソリンハイブリッドモデルの「Ibrida」では、前輪駆動のほか、4WDの「Q4」も選択できるようになっています。

 

充実!アルファロメオ新型ミラノの安全システムは?

アルファロメオ新型ミラノには、ブランドの最新安全システムが採用されています。

 

システムは、トラフィックジャムアシスト、ブラインドスポットモニタリング、アダプティブクルーズコントロール、レーンセンタリング、アクティブパークアシストなどを搭載することで、安全、快適に走行を楽しむことができるようになっています。

 

アルファロメオ新型ミラノの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼アルファロメオ新型ミラノの価格

  • 30,000ユーロ(約490万円~)

アルファロメオ新型ミラノの価格は、ブランドのエントリーSUVとして選びやすい設定とされています。

 

ミドルSUVの「トナーレ」は日本で528万円からとされていましたが、新型ミラノは欧州で約490万円からとなっています。

 

▼参考:アルファロメオ・トナーレの価格

  • Tonale Ti:5,280,000円
  • Tonale Veloce:5,930,000円
  • Tonale Plug-In Hybrid Q4 Ti:6,750,000円
  • Tonale Plug-In Hybrid Q4 Veloce:7,400,000円

  

いつ?アルファロメオ新型ミラノの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

アルファロメオ新型ミラノは2024年4月11日に発表。発売は欧州で2024年後半とされています。

 

アルファロメオはEVにも対応するSUVを設定することで、新世代の性能をユーザーにアピールしていく予定です。

  

新型アルファロメオ・ミラノについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。