車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

2016年次 RJCカーオブザイヤー発表!2年連続のスズキ アルト受賞

f:id:carislife:20151110205005j:plain

【2017年次はこちら】

2017年次RJCカーオブザイヤー発表!日産 セレナ 2部門受賞

 

日本の2大カー・オブ・ザ・イヤーの1つ、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)による「2016年次RJCカーオブザイヤー」の最終選考結果が発表

 

スズキ連続受賞!

 

日本車は使いやすさのスズキ アルト シリーズ!輸入車はMINI クラブマン! 

▼2016年次 RJCカーオブザイヤー スズキ アルト 画像

f:id:carislife:20151110205008j:plain

2016年次 RJCカー・オブ・ザ・イヤー 受賞車・受賞技術 一覧

【RJCカーオブザイヤー6ベスト】
  • スズキ アルトシリーズ
  • マツダ ロードスター
  • 日産 エクストレイルHYBRID
  • ホンダ S660
  • マツダ CX-3
  • トヨタ シエンタ
【RJCカーオブザイヤー・インポート6ベスト】
  • MINI クラブマン
  • ジャガーXE
  • ボルボ V40/V40クロスカントリー
  • アウディ TT
  • プジョー 308/308SW
  • BMW 2シリーズ・アクティブツアラー/グランツアラー
【RJCテクノロジーオブザイヤー6ベスト】
  • トヨタ:フューエル セル システム(TFCS)
  • メルセデス・ベンツ:クリーンディーゼル ハイブリッド
  • スズキ:軽量化と高剛性を両立した新プラットフォーム
  • ホンダ:3モーターハイブリッドシステム
  • ボルボ:新世代Drive-Eクリーンディーゼル
  • マツダ:ロードスターの軽量化技術

【関連記事はこちら】

日本カー・オブ・ザ・イヤー発表:マツダ2年連続!2015-2016日本カーオブザイヤーは ロードスター!表彰式動画 

 

昨年はスズキ「ハスラー」が受賞していた「RJCカー・オブ・ザ・イヤー」

RJCカー・オブ・ザ・イヤー2015 結果:2015年次RJCカーオブザイヤーはハスラーとCクラス!

 

今年は2年連続となるスズキの「アルトシリーズ」が選ばれた!

 

 

アルトシリーズは、新型で軽量化され燃費37.0km/hになったベースモデルと、上がったボディ剛性でスポーティな「アルトターボRS」、女性向けの「アルト ラパン」が発売済み

▽スズキ アルトシリーズ

ベースモデル:価格60万円台から!スズキ新型アルト・マツダキャロルは5AMTにスペックも!

アルトターボRS:MTなし5速AGS!スズキ 2015新型 アルト ターボRS 価格129万

アルトラパン:燃費35.6km/L!スズキ 2015 新型 ラパン 価格107万円 試乗動画

 

2015年終わりには、待望のスポーツモデル「アルトワークス」も復活予定で、まだまだ話題

追記 アルトワークス発売:気合入りすぎ!スズキ 新型 アルトワークス 発売 価格151万円~

 

自動車メーカー出身者が多く、技術や使いやすさが評価されやすいRJCカー・オブ・ザ・イヤーらしい受賞車だ

 

 

インポート部門では、使いやすいワゴンスタイルに変化した新型MINI「クラブマン」が受賞

MINI クラブマン:ワゴンらしくなった MINI 新型 クラブマン 価格344万円 試乗動画

 

サイズ拡大には賛否があるけれど、独特のリア観音開きドアを維持

 

独創性と走行性能の高さが評価された

 

▼2016年次 RJCカーオブザイヤー・インポート MINI クラブマン 画像

f:id:carislife:20151110205009j:plain

 

そして、テクノロジー・カー・オブ・ザ・イヤーには、トヨタ「MIRAI」に積まれた「フューエルセルシステム」

トヨタ MIRAI:トヨタ ミライ正式発表!注目のスペック/売れ行きは?

 

世界のメーカーが開発する中、いち早く市販化された燃料電池システムは、やはりはずせない技術だね

 

▼2016年次 RJCテクノロジーオブザイヤー トヨタ「フューエル セル システム(TFCS)」画像

f:id:carislife:20151110205006j:plain

RJCカー・オブ・ザ・イヤーを受賞したアルトは、12月に発表される日本カー・オブ・ザ・イヤーにもノミネートされているけれどどうなるだろう

昨年の日本カー・オブ・ザ・イヤー:2014-2015日本カーオブザイヤーはデミオ!各映像も

 

レーサー出身者が多い日本カー・オブ・ザ・イヤーで初の軽自動車受賞となるのか、また注目されそう