車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【三菱新型デリカ最新情報】D:5後継フルモデルチェンジ発売日2018年末!価格、スペック、燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151126/20151126200310.jpg

三菱が、オフロードミニバンとして販売しているデリカ(DELICA)のフルモデルチェンジに向け開発を進行しています。

 

最新世代として性能をアップする三菱新型デリカについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】三菱新型デリカのテスト車両のスクープ画像を撮影!

▼三菱新型デリカのスクープ画像

f:id:carislife:20180613083646j:plain

2018年7月、三菱が開発を進めている新型デリカのスクープ画像が撮影されました。

 

三菱デリカは、ミニバンスタイルながら高い車高や高性能な4WDシステムを組み合わせることで、SUVミニバンの「オールラウンダーミニバン」として製作されているモデルです。

 

フルモデルチェンジする新型デリカは、2017年10月に投入計画が正式に予告されており、より使い勝手や走行性能をアップすることで幅広いユーザーにアピールされます。

 

三菱新型デリカの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型デリカの変更点

  • エクステリアに、三菱のブランドデザイン「ダイナミックシールド」を採用
  • 1.5Lガソリンターボと2.2Lディーゼルターボエンジンをラインナップし、高い燃費性能と走行性能を両立
  • プラグインハイブリッドモデルの設定を検討

 

三菱新型デリカ現行最終モデルを発表!

▼三菱・デリカ

f:id:carislife:20180426090446j:plain

▼三菱・デリカJASPER(ジャスパー)

f:id:carislife:20180426090449j:plain

三菱は2018年4月25日、現行型最終モデルになるとみられるデリカD:5の一部改良を発表しました。

 

改良では、フロントにアンダーカバー一体型のバンパープロテクターを装着し、印象を変更。

 

2017年4月に発売されていた特別仕様車「アクティブギア」もベース車同様の変更を受けたほか、専用シート表皮となるスエード調人工皮革にはっ水機能が追加されました。

 

また、新しい特別仕様車として「ジャスパー」を設定し、ボディ側面の広大な山並みや鹿を描いたサイドストライプ&デカール、ダーククローム調塗装の18インチアルミホイールやメッキ加飾が施されたフォグランプベゼル、ウインカー付電動格納式リモコンドアミラー、アウタードアハンドルを装備しています。

 

改良では外観が変更されていますが「マイナーチェンジ」より小規模な「一部改良」と表現されており、今後フルモデルチェンジを控えていることが感じられるようになっています。

  

三菱新型デリカの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180613083604j:plain

f:id:carislife:20180613083608j:plain

三菱新型デリカの外装は、最新のスクープ画像から新設計されたデザインをみることができます。

 

ヘッドライトは現行モデルから大きく変更され、鋭く切れ上がったものに。

 

バンパーにはタフさと実用性を高める大型フォグランプを装備し、三菱のブランドデザイン「ダイナミックシールド」を採用。

 

f:id:carislife:20180205094611j:plain

f:id:carislife:20180205094614j:plain

f:id:carislife:20180205094617j:plain

テールライトは小型とされ、コの字を描くことで硬質感が表現されています。

 

現行モデルでも大きくとられていたアプローチアングルやディパーチャーアングルなどの対障害物角度も、余裕ある最低地上高とボディ前後端に近づけたタイヤにより高い数値が確保されます。

 

三菱新型デリカを現行モデルと比較!

▼三菱デリカD:5(現行モデル)

f:id:carislife:20180205093350j:plain

三菱新型デリカを現行モデルと比較すると、人気のボディスタイルは維持され、大幅な変更がないことがわかります。

 

しかしフロントデザインはアクセントになるライトの形状などにより、高さやワイドさを強くアピールし、タフさを感じる仕上がりになります。

 

三菱新型デリカのボディサイズは?

f:id:carislife:20180205094654j:plain

三菱新型デリカのボディサイズは、広い室内空間とオフロードの走破性を両立するために現行モデルから維持されます。

 

プラットフォームは独自に開発され、箱型でも高い捻れ剛性を確保するために現行モデルでも強化されていた車体を、より耐久性のあるものに進化させます。

 

▼三菱デリカのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:4730×1795×1825-1870mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 車両重量:1690-1910kg

 

三菱新型デリカの内装(インテリア)デザイン

▼三菱エクスパンダー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170810/20170810135959.jpg

三菱新型デリカの内装は、2017年にアジア地域向けとして発表された3列シートSUVミニバン「エクスパンダー」と共通性をもったデザインとなります。

 

▼三菱エクスパンダー

地上高205mm!三菱 新型「エクスパンダー」小型デリカD:5 クロスオーバーMPV 価格約156万円~

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170724/20170724143945.jpg

インフォテインメントシステムにはスマートフォンとの連携を強化した最新モデルが採用され、カラーコーディネートや素材の変更などによりオフロードでの使い勝手を高めたインテリアも設定。

 

シートレイアウトは現行モデルと同じく、3列シートの7人乗りと8人乗りが設定されます。

 

▼三菱新型デリカの室内サイズ

  • 乗車定員
    ・3列シート7人乗り
    ・3列シート8人乗り

 

三菱新型デリカのエンジンとスペックは?

▼三菱製2.2Lディーゼルエンジン

f:id:carislife:20180205101510j:plain

▼三菱新型デリカのエンジンとスペック

  • 直列4気筒2.2Lディーゼルターボ
    最高出力:148ps/3500rpm
    最大トルク:36.7kgm/1500-2750rpm
    トランスミッション:8速AT
  • 直列4気筒1.5Lガソリンターボエンジン
    最高出力:150ps/5500rpm
    最大トルク:24.5kgm/2000-3500rpm
    トランスミッション:8速スポーツモード付きCVT
  • 駆動方式:FF or 4WD「S-AWC」

三菱新型デリカには、2.2Lディーゼルと1.5Lガソリンのターボエンジンが設定されます。

 

2.2Lディーゼルは、発表されている最新モデル「エクリプスクロス」で採用されるパワートレインとなり、トランスミッションを前モデルの6速ATから8速まで多段化させることで、オンロードからオフロードまでより幅広い走行状況に対応。

 

1.5Lガソリンターボエンジンもエクリプスクロスに用意されており、小排気量ながら2.5L自然吸気エンジンなみのトルクを発揮する新世代パワートレインになっています。

 

▼三菱エクリプスクロス

【三菱新型エクリプスクロス最新情報】クーペSUV発売!スペックや燃費、価格、ディーゼルは?

 

駆動方式はFFと電子制御4WDシステムの「S-AWC(スーパーオールホイールコントロール)」を設定。

 

「S-AWC」は、2WD、4WDオート、4WDロックからモード選択ができ、4輪の駆動力をシステムが最適化することで、タイヤの空転が発生する状況でも走行が可能となります。

 

三菱新型デリカにPHEV(プラグインハイブリッド)の設定も?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171215/20171215142848.jpg

▼三菱新型デリカPHEVのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列4気筒2.4L「MIVEC」+電気モーター×2基
  • バッテリーと容量:リチウムイオンバッテリー13.8kWh
  • 駆動方式:4WD「S-AWC」

三菱新型デリカには、ベースモデルの販売以降、アウトランダーPHEVのシステムを利用したプラグインハイブリッドモデルの設定が検討されています。

 

デリカは現行モデルからアウトランダーがベースとなっていることで、PHEVシステムにも対応できるようになっています。

 

三菱新型デリカPHEVは、アウトランダーPHEVで2018年2月に発表された改良型システムを搭載し、2.4Lガソリンエンジンと前後に搭載する高出力モーターにより4WD駆動とされ、高い走行性能を発揮。

 

▼参考:アウトランダーPHEVのパワートレイン(改良前)

  • パワートレイン:直列4気筒2Lガソリン+電気モーター×2(前後1基ずつ)
  • エンジン出力:118ps/19.0kgm
  • モーター出力
    フロント:82ps/14.0kgm
    リア:82ps/19.9kgm
  • 駆動方式:4WD

電化製品に電力を供給できるコンセントなども備えることで、キャンプなどのアウトドアレジャーに使うユーザーが多いデリカの上位モデルとして期待されています。

 

▼三菱アウトランダーPHEV

【三菱新型アウトランダーPHEV最新情報】マイナーチェンジ発売日は2018年8月!スペックや充電時間、燃費は?

 

三菱新型デリカの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

三菱新型デリカの燃費は、ディーゼルモデルへの8速ATの採用などにより現行モデルから改善されることになります。

 

ガソリンとディーゼルモデルの最高燃費は15km/Lほどが見込まれていますが、PHEVモデルが設定されると大幅に最高燃費を伸ばすことになります。

 

▼参考:三菱デリカの燃費(現行モデル)

  • 2.2Lディーゼル(4WD):13.0km/L
  • 2Lガソリン(4WD):10.6km/L
  • 2Lガソリン(FF):13.0km/L

 

三菱新型デリカの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼三菱新型デリカの価格(予想値)

  • 1.5Lガソリン:245万円~
  • 2.2Lディーゼル:360万円~

三菱新型デリカの価格は、最新装備の採用などにより現行モデルからアップすることになりますが、車体サイズなど全体のコンセプトは維持されるため5万円~10万円ほどの変化に抑えられると考えられています。

 

新型デリカPHEVは、アウトランダーでの価格差から、390万円ほどになると見込まれています。

 

三菱新型デリカの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

三菱新型デリカは、2018年末に発表、発売日は2019年が予定されています。

 

新型デリカでは、オフロードミニバンとしての性能を進化させることで、根強いファンのほか、人気になっているSUV車を検討するユーザーにもアピールされます。

 

三菱デリカを「おさらい」

▼三菱デリカコーチ(初代デリカ)

Delica T100.jpg

三菱デリカ(DELICA)は、初代が1969年に登場したミニバンシリーズです。

 

デリカの車名の由来は、「delivery(運ぶ・配達する)」と「car(車)」をあわせた造語になっています。

 

初代はデリカコーチとして、商用として用意されたデリカバンと基礎を共有して開発。

 

▼三菱デリカスターワゴン(2代目デリカ) 

1985 Mitsubishi L300 Express (SD) 4WD van (2009-11-14) 01.jpg

▼三菱デリカスターワゴン(3代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Star Wagon 001.JPG

2代目と3代目はデリカスターワゴンとして販売され、RV車ブームと重なったことでオフロード色の強い外観のモデルが人気に。

 

▼三菱デリカスペースギア(4代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Space Gear Chamonix 001.jpg

4代目はデリカスペースギアという車名に変更、フラッグシップSUVの「パジェロ」からくるラダーフレームとモノコックボディを一体化させたビルトインフレーム構造や、ダブルウィッシュボーンサスペンション、高トルクエンジンなどを採用しました。

 

▼デリカD:5のリブボーンフレーム

f:id:carislife:20180205112226j:plain

現行モデルで5代目のデリカD:5は、車名に5世代目を表す「D:5」を採用。

 

ベースモデルをSUVの「アウトランダー」に変更し、ボディには新しく哺乳類の肋骨のように環状型の4つの骨格構造で車体剛性を高める「リブボーンフレーム」を採用。

 

ダイヤル式のドライブモードセレクターにより、FF、4WDオート、4WDロックの切替を可能とする電子制御4WDシステムを搭載。

 

オールラウンダーミニバンをコンセプトに開発され、生産は「パジェロの町」と呼ばれる岐阜県加茂郡坂祝町にあるパジェロ製造株式会社が担当しています。

 

新型デリカについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!