New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型デリカミニ】2023年5月「オフロード軽ワゴン!」発売!最新情報、スペック、燃費、価格は?

三菱が、オフロード軽ワゴンとなる「デリカミニ」の発売を予定しています。

 

最新技術を採用し魅力をアップする三菱新型デリカミニについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】人気モデルをコンパクト化!三菱「新型デリカミニ」発売!

▼三菱新型デリカミニの画像

三菱が、発売を予定するクロスオーバー軽自動車の新モデル「デリカミニ」を公開しました。

 

三菱デリカミニは、オフロードミニバンとして独自のスタイルや高い走行性能が人気になっている「デリカD:5」のコンセプトを軽自動車に採用した新モデルとして企画。

 

2023年に初代「デリカ」の発売から55周年となるのにあわせ開発。

 

新世代モデルが登場している「eKスペース」をベースとし、車高をアップし、オフロードタイヤを採用することで高い実用性と頼れる走行性能を両立。

 

内装には、汚れを拭き取ることができるシートを採用することで使い勝手をアップ。

 

▼三菱新型デリカミニのボディカラー

ボディカラーには、新型デリカミニのコンセプトに合わせて新開発した「アッシュグリーンメタリック」を含む、全12パターンが設定されます。

 

三菱新型デリカミニは、「東京オートサロン2023」に参考出品後、2023年5月の発売が予定されています。

 

▼三菱デリカD:5

 【新型デリカD:5】最新情報、スペック、燃費、価格は?

▼三菱デリカD:2

【三菱新型デリカD:2】最新情報、デリカD:2カスタム、燃費、価格は?

▼三菱eKワゴン

 【新型eKワゴン】最新情報、eKクロス、価格は?

▼三菱eKスペース

 【三菱新型eKスペース】最新情報、eKクロススペース、燃費、価格は?

 

三菱新型デリカミニの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼三菱新型デリカミニの特徴

  • オフロード軽ワゴンとして設定
  • マイルドハイブリッドシステムを採用し、燃費を向上
  • 安全装備に「MI-PILOT(マイパイロット)」を採用
  • 高剛性モノコック構造を採用し、車体を軽量化
  • スリップした駆動輪にブレーキかけ、脱出をサポートする「グリップコントロール」を搭載

 

タフ!三菱新型デリカミニの外装(エクステリア)デザイン

▼三菱新型デリカミニの画像

▼参考:eKクロススペース

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200110/20200110090833.jpg

▼参考:デリカD:5

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20211223/20211223133915.jpg

三菱新型デリカミニの外装は軽ハイトワゴン「eKスペース」をベースに、「DAILY ADVENTURE(毎日の冒険)」をデザインテーマとし、ブランドデザインのダイナミックシールドを取り入れた最新デザインが採用されています。

 

フロントには、特徴的な半円形のLEDポジションランプを内蔵したヘッドライトを組み合わせ。

 

ブラックのホイールアーチに加え、前後バンパー下部にプロテクト感のあるスキッドプレート形状を採用し、「デリカ」ならではのSUVらしい走破性を表現。

 

アルミホイールは、タフさを表した形状とスタイリッシュさを持ち合わせたダークシルバー塗装とし、足元を引き締め。

 

▼三菱新型デリカミニの画像

▼参考:eKクロススペース

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191023/20191023174201.jpg

フロントバンパーとテールゲートガーニッシュには立体的な「DELICA」ロゴを採用。

 

後席両側スライドドアにより、使い勝手も高められています。

 

広く!三菱新型デリカミニのサイズ、車体設計は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200110/20200110091102.jpg

▼三菱新型デリカミニのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1780mm
  • ホイールベース:2495mm
  • 参考
    ・eKワゴン
     全長×全幅×全高:3395×1475×1640mm
     ホイールベース:2495mm

三菱新型デリカミニのボディサイズは、ベースとなる「eKスペース」と同等とされ、後席空間を拡大するとともに、後席フロア部に凸部のないフラットフロアを採用。

 

新世代プラットフォームによりボディ剛性をアップし、力強い走りを楽しむことができる作りとなります。

  

質感UP!三菱新型デリカミニの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200110/20200110091121.jpg

三菱新型デリカミニの内装は、質感をアップすることで上級を意識した作りとされます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190328/20190328102037.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190328/20190328101623.jpg

ディスプレイには、9インチの大画面インフォテイメントとメーター内にアドバンスドドライブアシストディスプレイ(4.2インチTFT液晶)を採用。

 

ディスプレイは、アクセルペダルの踏み加減を表示する「エコペダルガイド」や、駐車時の前進/後退を繰り返す際にタイヤの向きや角度を表示する「タイヤアングルガイド」など、多様な情報をカラフルに表示。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200206/20200206160611.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200206/20200206160614.jpg

ルームミラーには、「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」が採用され、後部座席の人やラゲッジルームの荷物で視界が遮られたり、夜間や天候によりしっかり後方確認ができない場合も、液晶モニターを搭載したルームミラーで確認することができるように。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200206/20200206161656.jpg

室内の空気を循環させるプラズマクラスター付リヤサーキュレーターも設定され、後席での快適性も高められます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200206/20200206153038.jpg

リヤシートはスライド量を拡大し、後席足元の空間を大幅に広げることで、後席の居住性を最大化。

 

また、ラゲッジルームは床面長を拡大することにより、使い勝手が高められます。

 

力強く!三菱新型デリカミニのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20181105100620j:plain

▼三菱新型デリカミニのエンジンとスペック

  • 【自然吸気エンジン+マイルドハイブリッド】
    直列3気筒660cc+マイルドハイブリッド
    出力:52ps/6.2kgm
    モーター出力:2.1ps/4.1kgm
  • 【ターボエンジン+マイルドハイブリッド】
    直列3気筒660ccターボ+マイルドハイブリッド
    出力:64ps/10.2kgm
    モーター出力:2.1ps/4.1kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

三菱新型デリカミニのエンジンには、軽自動車規格に対応しながら走行性能をあげた新世代直列3気筒660ccエンジン「BR06」が搭載されます。

 

新型デリカミニでは、エンジンをロングストロークタイプとし、自然吸気エンジンで最高出力を52psまで向上。

 

従来からトルク値を最大15%高めるとともに、ステップATのような変速制御を行なう新開発のCVTを組み合わせることで力強い走りが実現されます。

 

組み合わせるマイルドハイブリッドシステムではリチウムイオンバッテリーを採用することで、モーターサイズを従来型より小型化しながら、回生量は約2倍、アイドリングストップ時間は約10%向上、モーターアシスト時間は10倍以上に進化。

 

その他、新型デリカミニには、スリップした駆動輪にブレーキかけ脱出をサポートする「グリップコントロール」搭載し走行性能をアップ。

 

サスペンションは、振動を吸収するショックアブソーバーをサイズアップし、高応答バルブを採用することで衝撃を抑制。

 

また、エンジン音を小さくするとともに、遮音・吸音材を効果的に配置し、高い静粛性が確保されます。

 

走り両立!三菱新型デリカミニの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型デリカミニの燃費

  • 25km/L

三菱新型デリカミニの燃費は、最新パワートレインにより高められます。

 

新型デリカミニでは走行性能を重視するクロスオーバーワゴンながら25km/Lほどを確保することで、実用性をアップします。

  

最新システム!三菱新型デリカミニの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190314/20190314192309.jpg

三菱新型デリカミニの安全装備には、日産の一部自動運転技術「プロパイロット」の三菱自動車バージョンとなる「MI-PILOT(マイパイロット)」が採用されます。

 

これにより、軽快な走りを楽しみながらも、長距離ドライブでは快適に過ごすこともできるようになります。

 

加えて、車両を上空からみるように360度が確認できるアラウンドビューモニターを採用、サイド/カーテンエアバッグを全車に標準装備し、高い安全性能が確保されます。

  

三菱新型デリカミニの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型デリカミニの価格

  • 170万円~

三菱新型デリカミニの価格は、パーツの共有化を進めコストをダウンすることで、競争力が高められます。

 

ブランドの上位軽自動車「eKスペース」は160万円台からとされていますが、新型デリカミニでもエントリーグレードは170万円ほどとされ、他の軽自動車と比較しやすい設定となります。

 

▼参考:三菱eKスペースの価格

  • eKクロス スペース
    ・M(自然吸気エンジン)
     FF:1,655,500円、4WD:1,787,500円
    ・G(自然吸気エンジン)
     FF:1,771,000円、4WD:1,903,000円
    ・T(ターボエンジン)
     FF:1,859,000円、4WD:1,991,000円
  • eKスペース
    ・M(自然吸気エンジン)
     FF:1,399,200円、4WD:1,531,200円
    ・G(自然吸気エンジン)
     FF:1,542,200円、4WD:1,674,200円
    ・T(ターボエンジン)
     FF:1,635,700円、4WD:1,767,700円

 

いつ?三菱新型デリカミニの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新設定される三菱新型デリカミニの発売日は、2023年5月が予定されています。

 

三菱は軽自動車に、人気になっている「デリカ」のコンセプトを採用することで、アウトドアユーザーにアピールしていく予定です。

 

三菱デリカを「おさらい」

▼三菱デリカコーチ(初代デリカ)

Delica T100.jpg

三菱デリカ(DELICA)は、初代が1968年に登場したミニバンシリーズです。

 

デリカの車名の由来は、「delivery(運ぶ・配達する)」と「car(車)」をあわせた造語になっています。

 

初代はデリカコーチとして、商用で用意されたデリカバンと基礎を共有して開発。

 

▼三菱デリカスターワゴン(2代目デリカ) 

1985 Mitsubishi L300 Express (SD) 4WD van (2009-11-14) 01.jpg

▼三菱デリカスターワゴン(3代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Star Wagon 001.JPG

2代目と3代目はデリカスターワゴンとして販売され、RV車ブームと重なったことでオフロード色の強い外観のモデルが人気に。

 

▼三菱デリカスペースギア(4代目デリカ) 

Mitsubishi Delica Space Gear Chamonix 001.jpg

4代目はデリカスペースギアに車名を変更。

 

フラッグシップSUVの「パジェロ」からくるラダーフレームとモノコックボディを一体化させたビルトインフレーム構造や、ダブルウィッシュボーンサスペンション、高トルクエンジンなどを採用しました。

 

▼デリカD:5のリブボーンフレーム

f:id:carislife:20180205112226j:plain

現行モデルで5代目のデリカD:5は、車名に5世代目を表す「D:5」を採用。

 

ベースモデルをSUVの「アウトランダー」に変更し、ボディには新しく哺乳類の肋骨のように環状型の4つの骨格構造で車体剛性を高める「リブボーンフレーム」を採用。

 

ダイヤル式のドライブモードセレクターにより、FF、4WDオート、4WDロックの切替を可能とする電子制御4WDシステムを搭載し、オールラウンダーミニバンをコンセプトに開発。

 

スズキ「ソリオ」のOEMモデルとなる「デリカD:2」も設定されています。

 

新型三菱デリカミニについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。