車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

新型デミオ プロトタイプ試乗動画 走りにも気合!

f:id:carislife:20140708202858j:plain

マツダが開催した「新型デミオ プロトタイプ」の試乗会映像

 

コンパクトでもスポーティ!

  

幅そのままに高級感もプラス

マツダ 次期デミオ 試乗会スペック(括弧内は現行型との比較)

  • 全長×全幅×全高:4060(+160)×1695(±0)×1500(+25)mm
  • ホイールベース:2570(+80)mm
  • エンジン:直列4気筒 1.5L
  • 最高出力:75 ps
  • 最大トルク:13.8 kgm
  • ミッション:6速マニュアル

【関連記事はこちら】

日本仕様発表記事:新型デミオの売りは、小型でも価格や燃費じゃない!

次期デミオ こんなコンパクトカーがあっていいの!?

次期デミオは1.5Lディーゼルの最上級コンパクト

デミオ ディーゼル試乗動画に期待以上の上質

新型デミオを選ぶ=マツダを買うということ

 

はっきりとしたエクステリアデザインはわからないけれど、インテリアはバッチリ!

 

マツダの他モデルにも共通するインテリアは、コンパクトなデミオの雰囲気を、一回り上に感じさせてくれるんじゃないかな 

f:id:carislife:20140708202900j:plain

f:id:carislife:20140708202902j:plain

 

リアシートの色合いは、もう少しはっきりさせたほうが質感があがりそうだから、このあたりは市販型に期待だね

 

f:id:carislife:20140708202903j:plain

 

室内空間は、大幅に大きくなった全長とホイールベースによって、現行型とは別物に

 

ホイールベースをライバルのホンダ フィット、トヨタ ヴィッツと比較してみると、かなりの余裕

ホイールベース比較 
  • 新型マツダ デミオ:2570mm
  • ホンダ フィット:2530mm
  • トヨタ ヴィッツ:2550mm

 

この差は、リアの膝周りの空間拡大につながるから、これまでのデミオを知っているユーザーは驚くことになりそう

 

 

でも、ホイールベースが拡大することでデメリットも考えられる

 

前後輪の間が広くなることで、ステアリングを切り込んだ時の気持ちよさは薄くなりやすい

 

そのあたりを考えつつ走行シーンを見てみると…

 

心配は不要だったね(笑)

 

f:id:carislife:20140708203932j:plain

 

ロールは大きいけれど、その走りはしなやかで軽い

 

むしろこれまでより走行安定性に余裕が出ることで、なかなかにハードな走りにも柔軟に対応できているように見える

 

このあたり、生産するすべてのクルマに「人馬一体」の乗り味を求める、マツダらしい味付けなんじゃないかな 

 

 

試乗車はガソリンモデルだったけれど、先日搭載することが発表された小排気量ディーゼルエンジンとの組み合わせでは、どんな走りを見せてくれるだろう

 

仕上がりによっては、日本のダウンサイズ化を加速させる魅力ある一台にもなりそう

 

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。