車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型X7最新情報】最上級3列シート7人乗りSUV日本発売!デザインや価格、スペック、燃費は?

f:id:carislife:20181017084442j:plain

BMWが、ブランドの新しい最上級SUVとなるBMW X7の日本発売を発表しました。

 

さらに使いやすく、質感の高いモデルになるBMW新型X7の価格や発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】BMW新型X7日本発売!最上級3列シートSUVに!

▼BMW新型X7の画像

f:id:carislife:20181017084520j:plain

BMWが、SUVの新モデル「X7」の日本発売を発表しました。

 

BMW・X7は、2017年9月のフランクフルトモーターショーで公開されていたコンセプト「X7 iパフォーマンス」の市販バージョンとして開発され、ブランドの新しいフラッグシップSUVとしてラインナップされるモデルです。

 

新型X7では、BMWのSUV「Xファミリー」にてX5やX6の上位になるフルサイズSUVとして、フラッグシップセダンである7シリーズ以上の広さやラグジュアリー性が追求されています。

 

▼BMW新型X7の動画

▼BMW X6

【BMW新型X6最新情報】フルモデルチェンジ発表!X6Mやスペック、燃費、日本発売日や価格は?

 

BMW新型X7の【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型X7の特徴

  • 上級SUVのX5から全長を延長し、3列シート7人乗りの余裕をもった室内空間に
  • フルモデルチェンジしている7シリーズをベースに、最新パワートレインを搭載
  • 先進システムや高級オーディオなどにより、高い快適性をもった室内空間を実現

BMW新型X7では、シートレイアウトが3列となり、最後列まで余裕をもって乗り込むことができる室内空間が確保されています。

 

大柄な車体を駆動するパワートレインには、最上級セダンの7シリーズに採用された最新エンジンが搭載され、4WD「xDrive」を組み合わせ。

 

安全システムも最新鋭のものになることで、運転のしやすさも確保されています。

 

BMW新型X7の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20181017084722j:plain

f:id:carislife:20181017084704j:plain

BMW新型X7の外装には新たなブランドデザインが採用され、圧倒的な存在感と運動性能をイメージするエクステリアになっています。

 

f:id:carislife:20181017084712j:plain

フロントには大型化されたクロームグリルを採用し、最上位モデルの存在感を強調。

 

f:id:carislife:20181017084720j:plain

バンパーサイドには、大量の空気を取り入れ可能なエアインテークが採用されています。

 

f:id:carislife:20181017084708j:plain

f:id:carislife:20181017084716j:plain

ヘッドライトとテールランプは水平基調とすることでワイドな佇まいとし、リアはテールライトがクロームバーと接続されています。

 

f:id:carislife:20181017084706j:plain

大容量の荷物にも対応するリアゲートは上下分割して開閉するようにすることで、後部にスペースがない場所でも使いやすく仕上げられています。

 

BMW新型X7のボディサイズは?

f:id:carislife:20181017084730j:plain

▼BMW新型X7のボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5165×2000×1835mm
  • ホイールベース:3105mm
  • 参考
    ・BMW X5
     全長×全幅×全高:4946×2006×1779mm
     ホイールベース:2977mm

BMW新型X7のボディサイズは、下位モデルとなるX5から全長が約220mmと大きく拡大され、3列シートレイアウトでも余裕をもった空間がつくられています。

 

全高は25mmほどのアップに抑えられていますが、ルーフラインを水平とすることで、後部座席でも十分なヘッドスペースが確保されています。 

 

BMW新型X7の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181017084818j:plain

f:id:carislife:20181017084806j:plain

新型X7の内装は、最上級SUVとしての広い室内サイズを使用し、高級感溢れる仕上がりとされています。

 

f:id:carislife:20181017084824j:plain

インテリアトリムには、革やウッド、メタリックが組み合わせられ、上質なデザインになっています。

 

f:id:carislife:20181017084814j:plain

f:id:carislife:20181017084755j:plain

ドライバーには、インフォテインメントシステム用とデジタルメーター用の2つの12.3インチディスプレイから多彩な情報がわかりやすく提供されます。

 

f:id:carislife:20181017084804j:plain

f:id:carislife:20181017084828j:plain

f:id:carislife:20181017084802j:plain

室内装備には、4ゾーンのエアコンや10スピーカーのオーディオシステム、3パネルのパノラマガラスサンルーフを採用。

 

他にも、ワイヤレススマートフォン充電やWiFiホットスポットが装備されています。

 

エンターテイメントシステムには、20スピーカーBowers&Wilkins Diamondサラウンドサウンドシステムや、10.2インチタッチスクリーンディスプレイを備えたリアシートシステムなど、さまざまなオプションを設定。

 

f:id:carislife:20181017084822j:plain

オプションには、ヒートシートやパワーリヤウインドウシェード、加熱/冷却カップホルダー、ヘッドアップディスプレイなども用意されています。

 

f:id:carislife:20181017084759j:plain

f:id:carislife:20181017084816j:plain

2列目にはベンチシートが標準装備されますが、「運転手や助手席と同じ乗り心地を提供する」とされるパワーキャプテンシートも設定。

 

いずれの構成を選択しても、シートはボタンを押すだけで自動的に畳むことができるようになっており、後席への乗り込み時などのシートレイアウト変更も手軽に済ませることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20181017084812j:plain

3列目シートは、「長い旅で大人の乗客に十分対応できるフルサイズ」として設計され、余裕のある空間がとられています。

 

f:id:carislife:20181017084750j:plain

f:id:carislife:20181017084809j:plain

実用性では、新型X7は3列目シートを折りたたむと1376Lのラゲッジスペースが利用でき、2列目も折り畳むことで2559Lにまで拡大することができるようになっています。

  

BMW新型X7のパワートレインとスペックは?

▼BMW直列6気筒3Lターボエンジン

f:id:carislife:20171110101537j:plain

▼BMW新型X7のパワートレインとスペック

  • 【X7 xDrive35d】【日本導入】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:265ps/63.2kgm
  • 【X7 xDrive40i】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    出力:340ps/45.5kgm
    最高速度:209km/h
    0-96km/h加速:5.8秒
  • 【X7 xDrive50i】
    V型8気筒4.4Lガソリンターボ
    出力:462ps/66.1kgm
    最高速度:209km/h
    0-96km/h加速:5.2秒
  • 【X7 M50i】【日本導入】
    V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ
    出力:530ps/75.6kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:4WD「xDrive」

新型X7には、同格セダンの7シリーズからくる新世代パワートレインが搭載されています。

 

エントリーモデルとなる3Lディーゼルターボエンジンは、63.2kgmの大トルクによりブランド最大サイズとなるX7を軽快に加速。

  

上位モデルとしてV型8気筒4.4Lツインターボも用意され、530ps/75.6kgmの出力を楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20181017084726j:plain

走行システムは、大きな負荷に対応できるように改良された8速ATに4WDシステム「xDrive」が組み合わせられ、オプションで悪路の走破性能をアップするリアロックディファレンシャルが設定されています。

 

f:id:carislife:20181017092921j:plain

足回りには、ホイールごとに配置したセンサ―で路面状況を検知し、必要に応じて車高を上下それぞれ40mm自動調整する「4輪アダプティブ・エア・サスペンション」を装備。

 

その他、カメラによって路面をスキャンし、エアサスペンションに加えてダンパー、ロールなどを最適化する「エグゼクティブ・ドライブ・プロ」が採用されています。

 

BMW新型X7を試乗動画でチェック!

BMW新型X7は、試乗動画が公開されています。

 

豪華な室内やタフな走りが高評価を受けています。

 

 

BMW新型X7にMモデルも設定!

f:id:carislife:20171110104241j:plain

新型X7には、BMW Mが手がけるハイパフォーマンスモデルの設定も予定されています。

 

BMW Mが手がけるモデルの名称はX7MではなくM60iが有力とみられ、V型8気筒4.4Lターボエンジンが専用にチューニングされ600馬力以上を出力するとともに、専用のエアロやサスペンションシステム、大容量ブレーキなどが採用し走りが強化されます。

 

下位モデルでもBMW Mは人気になっているため、新型X7のブランド力をあげる仕上げになります。

 

BMW新型X7の安全装備は?

f:id:carislife:20181017092923j:plain

BMW新型X7には、最新の先進安全装備が採用されています。

 

システムには「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が採用され、高速道路の渋滞時にドライバーが絶えず前方に注意するとともに、周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限り、ステアリングから手を離して走行が可能となっています。

 

また、リバースアシスト機能も装備し、駐車場のレーンなどを最大50mバックで自動走行することが可能になっています。

 

その他、停止と再発進に対応したクルーズコントロール、ステアリングアシスト付きレーンキープコントロール、レーンチェンジアシスト、パーキング・アシスタント、トラフィック・サイン・アシストなどの機能により、最高峰の安全性が確保されています。 

 

BMW新型X7の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型X7の価格

  • X7 xDrive35d:10,990,000円
  • X7 xDrive35d デザイン・ピュア・エクセレンス:12,290,000円
  • X7 xDrive35d M Sport:12,650,000円
  • X7 M50i:15,950,000円

BMW新型X7の価格は、1099万円からに設定されました。

 

この価格は、同格のセダン「7シリーズ」の1090万円からアップが抑えられ、選びやすくなっています。

  

BMW新型X7の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型X7は、2019年6月24日に日本で発売されました。

 

BMWは新しい最上級SUVとなるX7を導入することで、他ブランドの3列シートSUVに対抗していきたい考えです。

 

新型X7については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。