車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ジープ新型レネゲード最新情報】PHV発表!トレイルホーク、価格、ハイブリッド燃費、発売日は?

f:id:carislife:20180621090819j:plain

ジープが、コンパクトSUVとして販売しているレネゲード(Renegade)の新モデルを発表しました。

 

さらにジープユーザー拡大を狙う新型レネゲードのスペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】ジープ新型レネゲードPHEV発表!

▼ジープ新型レネゲードPHEVの画像

f:id:carislife:20190306091921j:plain

ジープが、コンパクトSUV「レネゲード」の新モデルとなる「レネゲードPHEV」を発表しました。

 

ジープ・レネゲードは、ブランド最小モデルとして製作され、ジープらしい走りとタフなデザインをポップに表現したことが人気になっているSUVです。

 

現行モデルは2019年2月に日本でマイナーチェンジが行われ、人気の要素を維持しながらも、デザインやパワートレインを見直すことで競争力を向上。

 

新モデルとして公開されたレネゲードPHEVは、高い走行性能と環境性能を両立させたモデルとなっています。

  

▼ジープ・グランドチェロキー

新デザインに!ジープ「グランドチェロキー」マイチェン新型 日本発売 価格494万6400円~

▼ジープ・チェロキー

【ジープ新型チェロキー最新情報】マイナーチェンジ後のスペック、燃費、価格や発売日は?

▼ジープ・ラングラー

タフすぎ!ジープ新型ラングラー フルモデルチェンジ最新情報!スペックや価格、燃費、発売日は

  

ジープ新型レネゲードの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ジープ新型レネゲードの変更点

  • プラグインハイブリッドモデルとなる「レネゲードPHEV」の設定を予定。
    1.3Lガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせた4WDシステムを採用。
    最上位モデル「トレイルホーク」をラインナップ

▽2019年2月日本仕様改良

  • エクステリアを最新デザインにリフレッシュ
  • デイタイムランニングライト、ハイビーム、ロービーム、フォグランプのすべてをLEDに統一
  • 新開発した1.3Lガソリンエンジンを搭載
  • 大型化した8.4インチ最新インフォテインメントシステムを採用
  • ドアミラーにオート格納機能を追加
  • オーディオナビゲーションシステムUconnectに、地上デジタルTVチューナーを標準装備

 

ジープ新型レネゲードの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180621090837j:plain

f:id:carislife:20180607102557j:plain

f:id:carislife:20180607102605j:plain

ジープ新型レネゲードの外装は、人気の丸型ヘッドライトの内部を横長に変更、シャープになったブランドデザインの7スロットグリルが装備されています。

 

f:id:carislife:20180607104210p:plain

バンパー形状も変更されており、新しいエアスクープをデイタイムランニングライトのトリムが取り囲むようにデザインされています。

 

f:id:carislife:20180607102601j:plain

リアでも変更が行われ、テールライトのグラフィックやリアバンパーに最新デザインを採用。

 

テールライトは「X」デザインの中心だけがクリアとなり、「X」の延長部分はクリアからレッドに変更されました。

 

f:id:carislife:20180607104216j:plain

リアではその他にも、テールゲートのハンドルがドア下部に移動され、”道具”的デザイン性をアップしています。

 

▼新型レネゲードトレイルホーク

f:id:carislife:20180621090958j:plain

f:id:carislife:20180621091002j:plain

新型レネゲードでも通常モデルのほか、車高をあげて専用装備をプラスするオフロード最強モデルのレネゲードトレイルホークを設定。

 

レネゲードトレイルホークには、フロント部分は電動開閉でき、フロント、リアどちらも取り外し可能なパネルを持つ「My Sky」ルーフがオプション設定されます。 

 

ジープ新型レネゲードを前モデルと比較!

▼ジープ・レネゲード(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150901/20150901202211.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150713/20150713195317.jpg

ジープ新型レネゲードを前モデルと比較すると、人気要素を維持しながらも力強いデザインに変化していることがわかります。

  

ライト内部やグリルのデザインを変更することで、印象をリフレッシュしています。

  

ジープ新型レネゲードのボディサイズは?

f:id:carislife:20180621091632j:plain

▼ジープ新型レネゲードのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4255×1805×1695mm(トレイルホークは全高1725mm)
  • ホイールベース:2570mm
  • 最低地上高:170mm(トレイルホーク:200mm)
  • 車重:1400kg(トレイルホーク:1560kg)
  • 参考
    ・ジープ・コンパス
     全長×全幅×全高:4400×1810×1640mm
     ホイールベース:2635mm
     最低地上高:180mm
     車重:1630kg

ジープ新型レネゲードのボディサイズは、レネゲードのすぐ上位に位置するモデルとしてフルモデルチェンジしたコンパスと比較してもコンパクトで、都市部から細い林道のようなオフロードまで取り回しやすい設計になっています。

 

オフロード性能を高めたレネゲードトレイルホークは車高を30mmアップ、駆動方式が4WDとなることで車重がアップしますが、2.4Lの大きなエンジンにより走行性能が向上しています。

 

▼ジープ・コンパス

ジープ新型コンパス フルモデルチェンジ!12月2日発売 スペックや価格、燃費は?

 

ジープ新型レネゲードの内装(インテリア)デザイン

▼ジープ新型レネゲード(ベースモデル)

f:id:carislife:20180621091201j:plain

▼ジープ新型レネゲードトレイルホーク

f:id:carislife:20180621092356j:plain

ジープ新型レネゲードの内装は、快適さをアップするためにデザインや機能がアップデートされました。

 

f:id:carislife:20180621092400j:plain

これまで搭載されていた6.5インチインフォテインメントシステムは8.4インチに大型化され、Apple CarPlayとAndroid Autoに対応することでスマートフォンとの連携を強化。

 

地上デジタルTVチューナーを標準装備することで、使い勝手もアップされています。

 

f:id:carislife:20180621091204j:plain

f:id:carislife:20180621092350j:plain

f:id:carislife:20180621092353j:plain

収納としてスマートフォンホルダーや再設計されたカップホルダー、追加のスペースが確保され、より実用性が高まっています。

 

f:id:carislife:20180621092347j:plain

f:id:carislife:20180621091210j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150713/20150713195336.jpg

走行状況を確認できるメーターや開放感あるルーフなど、SUVの魅力を楽しむことができる室内空間になっています。

 

ジープ新型レネゲードのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20180621094806j:plain

▼ジープ新型レネゲードのエンジンとスペック

  • 直列3気筒1Lターボ
    出力:120ps
  • 直列4気筒1.3Lターボ
    出力(2種):151ps【日本導入】 or 180ps
  • 直列4気筒1.6Lディーゼルターボ
    出力:120ps
  • 直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力(2種):140ps or 170ps
  • トランスミッション:6速MT or 6速DCT or 9速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD

ジープ新型レネゲードの日本仕様には、新開発された1.3Lガソリンエンジンの採用が発表されました。

 

▼参考:ジープ・レネゲードのスペック(前モデル)

  • エンジン:直列4気筒1.4Lターボ「マルチエア」
    出力:140ps/23.5kgm 
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ
    駆動方式:FF

前モデルのレネゲードのスタンダードモデルには、140psを出力する1.4Lターボエンジンが搭載されていましたが、新開発されたエンジンでは排気量を縮小。

 

1.3Lエンジンはこれまでより11ps/4kgm出力が大きい151ps/27.5kgmを出力し、走行性能をあげながら高い環境性能も両立されています。

 

トランスミッションには6速マニュアルのほか、6速デュアルクラッチや9速オートマチックも用意され、エンジンの性能を最大限活かすことができるようになっています。

  

ジープ新型レネゲードPHV設定!スペック、EV航続距離は?

f:id:carislife:20190306091921j:plain

f:id:carislife:20190306092309j:plain

f:id:carislife:20190306092306j:plain

▼ジープ新型レネゲードPHEVのスペック

  • パワートレイン:直列4気筒1.3Lターボ+電気モーター
  • システム出力:240ps
  • 0-100km/h加速:7秒未満
  • EV航続距離:50km
  • 駆動方式:4WD

ジープは、小型SUVのレネゲードに設定を予定するプラグインハイブリッドモデルを公開しています。

 

ジープは2022年までの5か年の中期経営計画において、電動化を推進する予定としており、レネゲードPHVはその1モデルとなります。

 

f:id:carislife:20190306092312j:plain

f:id:carislife:20190306092248j:plain

f:id:carislife:20190306093510j:plain

パワートレインには直列4気筒1.3Lターボエンジンと電気モーターが搭載され、前輪をエンジンが、後輪駆動をモーターが駆動する4WDシステムを採用。

 

最上位オフロードモデル「レネゲードトレイルホーク」がラインナップされます。

 

f:id:carislife:20190306092257j:plain

f:id:carislife:20190306092301j:plain

f:id:carislife:20190306092250j:plain

f:id:carislife:20190306092253j:plain

EV航続距離は50kmと実用性に優れた設定になっており、電気モーターの大きなトルクを使用することで走行パフォーマンスも高められています。

 

ジープ・レネゲードの走行性能は?

f:id:carislife:20180621094813j:plain

f:id:carislife:20180621094810j:plain

f:id:carislife:20180124143953j:plain

レネゲードは、トレイルホークの4WDシステムに「Jeepアクティブドライブロー」が採用され、走行状況に応じて自動で4×2から4×4に切り替えることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180621094115j:plain

セレクテレインシステムも標準装備され、走行モードを 「AUTO」「SNOW」「SAND」「MUD」「ROCK」の5つのいずれかに切り替えることで、あらゆる路面状況で優れた走行安定性が確保されます。 

 

f:id:carislife:20180124144242j:plain

レネゲードトレイルホークには、ジープが市販車のテストを行う米国オフローダーの聖地「ルビコントレイル」を走破することが可能な証である「トレイルレイテッド」バッジも装着され、その性能がアピールされています。

 

ジープ新型レネゲードの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ジープ新型レネゲードの燃費

  • 1.3Lターボ:13.5km/L(WLTCモード)
  • 1.3Lプラグインハイブリッド:40km/L(予想値)

ジープ新型レネゲードの燃費は、より実燃費に近い新燃費規格WLTCモードの値が発表され13.5km/Lとされました。

 

前モデルは1.4Lエンジンを搭載するFFモデルで前規格のJC08モードで15.5km/Lとなっていましたが、燃費のダウンが抑えられています。

 

新設定が予定されるレネゲードプラグインハイブリッドは、40km/Lほどの数値になると見られています。

 

▼参考:ジープ・レネゲードの燃費(前モデル)

  • FFモデル:15.5km/L
  • レネゲードトレイルホーク(4WD):10.4km/L
    ※いずれも前燃費規格JC08モード値

  

ジープ新型レネゲードの安全装備は?

f:id:carislife:20180621093154j:plain

ジープ新型レネゲードの安全装備は改良され、スピードアシストや交通標識認識などが採用されました。

 

安全システムの標準装備グレードもミッドレンジまで拡大され、より選びやすくなっています。

 

▼ジープ新型レネゲードの安全装備

  • エアバッグシステム
  • LaneSense車線逸脱警報プラス
  • 前面衝突警報
  • アダプティブ クルーズ コントロール
  • エレクトロニック・スタビリティ・コントロール
  • Parkviewリアバックアップカメラ
  • ParkSenseリアパークアシスト
  • Parkviewリアバックアップカメラ
  • キーレス Enter’N Go
  • 雨量感知機能ワイパー
  • オートヘッドライト 

 

ジープ新型レネゲードの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ジープ新型レネゲードの価格

  • LIMITED:3,550,000円

ジープ新型レネゲードは、レザーシートなど充実した装備の「リミテッド」の価格が先行して発表され、エントリーモデルの「ロンジチュード」と4WD仕様の「トレイルホーク」は今春の発売にあわせて発表される予定です。

 

新型レネゲードリミテッドでは、装備の充実やパワートレインの見直しにあわせて前モデルから36万円ほど価格がアップされ、ユーザーの満足度が重視されています。

 

▼参考:ジープ・レネゲードの価格(前モデル)

  • LONGITUDE:2,970,000円
  • LIMITED:3,186,000円
  • TRAILHAWK:3,456,000円

 

ジープ新型レネゲードの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

2019年モデルとしてマイナーチェンジしたジープ新型レネゲードの日本発売日は、2019年2月23日に設定されました。

 

エントリーモデルのロンジチュードと4WDモデルのトレイルホークは遅れ、2019年春に発売される予定です。

 

プラグインハイブリッドモデルは、2019年後半から順次販売が開始される予定です。

 

ジープはより魅力的なつくりとした新型レネゲードを発売することで、競合モデルが増えているコンパクトSUV市場で、ジープ独自のスタイルや走行性能をアピールする予定です。

 

▼兄弟車フィアット500X

【フィアット新型500X最新情報】2019マイナーチェンジ公開!スペック、価格、燃費、発売日は?

 

ジープ・レネゲードを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170207/20170207141439.jpg

ジープ・レネゲード(RENEGADE)は、初代となる現行モデルが2015年に登場したコンパクトSUVです。

 

モデル名は英語で「反逆者」を意味し、過去にラングラーやチェロキーなどに使用されたグレード名を新モデルに使用することで、新世代のジープを表現するものとされています。

 

開発は同グループで基礎を共有するフィアットのSUV「500X」と共同で行われましたが、4WDシステムはジープが担当することでノウハウが活かされています。

 

▼ウィリスMB

Covered Willy's jeep Wings Over Wine Country 2007.JPG
デザインは、ジープの原点となったウィリスMBの現代版をイメージして製作され、ブランド伝統のセブンスロットグリルや台形のホイールアーチを採用。

 

デザインアクセントに、ガソリンの運搬に使用されたジェリー缶をモチーフにした「X」の形が内外装に使用されています。

 

新型レネゲードについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!