車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型アクア最新情報】2019年10月4日特別仕様車GLAMPER発売!クロスオーバー/特別仕様車、サイズ、価格、燃費は?

f:id:carislife:20190701162434j:plain

トヨタが、コンパクトハイブリッド車「アクア」の新モデル発売を予定しています。

 

新モデルにより魅力をアップする新型アクアについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】特別仕様車トヨタ新型アクアグランパー設定!

f:id:carislife:20180904134729j:plain

トヨタが、ハイブリッド車「アクア」の新モデルとなる「アクアグランパー」の発売を予定しています。

 

トヨタ・アクアは、ブランドのコンパクトハイブリッド車としてラインナップされ、販売開始から長期間国産車トップクラスの販売を継続している人気モデルです。

 

2019年7月にはマイナーチェンジが実施され、魅力がアップしていました。

 

新設定されるアクアGLAMPERは、専用のエクステリア装備のほか、安全性をアップし魅力的な仕上げとなります。

 

トヨタ新型アクアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型アクアの変更点

  • 特別仕様車となる「アクアGLAMPER」を設定。
    専用ボディカラーやエクステリアアクセントを採用し、安全装備を充実

▽2019年7月改良での変更点

  • 駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを新設定
  • オート電動格納式リモコンカラードドアミラーに、車両後退時に助手席側の鏡面が自動で下向きになり駐車ラインなどの確認が容易になるリバース連動機能を採用。
    さらにドアミラーに、付着した霜や曇りを取り除くヒーターを全車に標準装備
  • フロントグリルとホイールキャップの意匠、リヤコンビネーションランプの加飾を変更
  • 外板色に新規設定色サーモテクトライムグリーン(オプション)を含む全11色(Crossoverは全12色)を設定
  • 「G」グレードのシート表皮をダークブラウン基調とし、「S」グレードで内装色レッドを選択した場合、インストルメントパネルの助手席側カラーをブラック、レジスターリングをレッドに変更するなど落ち着きのある印象に仕上げ
  • 特別仕様車「S“Business Package”」を新設定。
    Sグレードをベースに、ビジネス用途に合わせて装備を厳選したほか、衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Senseやインテリジェントクリアランスソナー、荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードなどを採用
  • 特別仕様車「S“Style Black”」「Crossover“Glam”」の装備を充実。
    「S“Style Black”」に専用LEDヘッドランプやナビレディパッケージを特別装備、シートには車内消臭・防汚・撥水機能付の高機能表皮を採用。
    「Crossover“Glam”」にナビレディパッケージを特別装備したほか、アウトサイドハンドルにメッキ加飾を採用

▽2018年9月改良

  • アクアクロスオーバーをした特別仕様車「アクアCrossover“Glam”」を新設定

▽2018年4月改良

  • 衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に、昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ(レーザーレーダー+単眼カメラ)」を採用
  • 「Toyota Safety Sense」の価格を1万円ダウン
  • 駐車場などでアクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する先進の安全機能「インテリジェントクリアランスソナー」を新規にオプション設定
  • 外板色に新規設定色ホワイトパールクリスタルシャインを含む全14色を設定
  • 外板色と異なるカラーパーツを組み合わせたFLEX TONE4色にて、色の組み合わせを一新
  • Sグレードをベースにブラックを基調とした内装で、「Toyota Safety Sense」や「インテリジェントクリアランスソナー」などを特別装備した特別仕様車「アクアS“Style Black”」を設定

 

トヨタ新型アクアの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ・アクア(ベースモデル)

f:id:carislife:20190701163704j:plain

f:id:carislife:20190701163706j:plain

トヨタ新型アクアの外装には、新しいデザインが採用されました。

 

改良ではフロントグリルとホイールキャップの意匠、リヤコンビネーションランプの加飾が変更されました。

 

▼トヨタ・アクアクロスオーバー

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135027.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619134954.jpg

また、クロスオーバーSUVモデルとなる「アクアクロスオーバー」を設定。


グリルやルーフモール、16インチ専用アルミホイール、フェンダーアーチモールなどアクティブなイメージの専用デザインを採用。

 

専用のチューニングにより、最低地上高をベースモデルから30mmアップした170mmとしながら乗り心地を向上しています。

 

特別仕様車トヨタ新型アクアグランパーの専用装備は?

f:id:carislife:20190812082930j:plain

トヨタ新型アクアには、特別仕様車となるアクアグランパーが設定されます。

 

新型アクアグランパーは、ボディカラーに特別設定色「グレイッシュブルーメタリック」を設定。

 

ドアミラー、ドアハンドル、ホイールキャップにブラック塗装を採用することで、デザインを引き締め。

 

インテリアも専用色とすることで、外観とコーディネートし上質な仕上げに。

 

その他、「衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense」「インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]」「フルフラットデッキボード」を標準装備することで使い勝手がアップされます。

 

トヨタ新型アクアのボディカラーは?(全12色)

f:id:carislife:20190701172458j:plain

▼トヨタ新型アクアのボディカラー

  • スーパーホワイト2
  • ホワイトパールクリスタルシャイン(オプション)
  • シルバーメタリック
  • グレーメタリック
  • ブラックマイカ
  • スーパーレッドV
  • イエロー
  • サーモテクトライムグリーン(オプション)【新設定】
  • クリアエメラルドパールクリスタルシャイン(オプション)
  • ブルーメタリック
  • ジュエリーパープルマイカメタリック 
  • ベージュ(クロスオーバー専用色)

トヨタ新型アクアのボディカラーには、新規設定色のサーモテクトライムグリーンを含む全12色が設定されました。

  

▼サーモテクトライムグリーン

f:id:carislife:20190701173045j:plain

あわせて、これまで2トーンカラーとして設定されていた「FLEX TONE」が廃止され、モノトーンのみとなっています。

 

▼「FLEX TONE」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180403/20180403141148.jpg

 

トヨタ新型アクアのボディサイズは?

f:id:carislife:20180312110632j:plain

▼トヨタ新型アクアのボディサイズ

  • アクア(ベースモデル)
    全長×全幅×全高:4050×1695×1455mm
    最低地上高:140mm
    車重:1060kg~1090kg
  • アクアクロスオーバー
    全長×全幅×全高:4060×1715×1500mm
    最低地上高:170mm
    車重:1100kg
  • ホイールベース:2550mm

トヨタ新型アクアのボディサイズは、ベースモデルとクロスオーバーで2タイプ用意されています。

 

アクアクロスオーバーはベースモデルより全長+10mm、全幅+20mmとすることでタフなボディスタイルとされ、全幅が1700mmを超えることで日本では3ナンバーサイズとなります。

 

最低地上高は30mm高められており、クロスオーバーらしい余裕をもった走り味に仕上げられています。

 

トヨタ新型アクアの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190701164228j:plain

トヨタ新型アクアの内装は、新デザインの採用により質感が高められています。

 

f:id:carislife:20190701164232j:plain

改良では、上位グレード「G」のシート表皮にダークブラウン基調を採用。

 

中間グレードの「S」では、内装色にレッドを選択した場合、インストルメントパネルの助手席側カラーをブラック、レジスターリングをレッドに変更するなど落ち着きのある印象に仕上げられています。

  

▼トヨタ新型アクアの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2015×1395×1175mm

 

トヨタ新型アクアにカスタムモデルも!

▼トヨタ新型アクアGRスポーツ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171121/20171121134350.jpg

トヨタ新型アクアには、トヨタの新ブランド「GR」による「アクアGRスポーツ」がスポーツモデルとして設定されています。

 

▼トヨタGRモデル一覧

トヨタ新型GR/GRスポーツ/GRMN車種とスペック、価格一覧!新車種も続々!

 

その他、純正系カスタムとしてモデリスタとTRDが独自のパーツを設定し、多彩なスタイルを楽しむことができるようになっています。

 

▼トヨタ新型アクア モデリスタカスタムパーツ装着画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619152852.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619152855.jpg

▼トヨタ新型アクア TRDカスタムパーツ装着画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170620/20170620133158.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170620/20170620133155.jpg

 

スタイリッシュ!特別仕様車トヨタ新型アクアS“Style Black”設定!

▼トヨタ新型アクアS“Style Black”の画像

f:id:carislife:20190701162434j:plain

トヨタ新型アクアには、特別仕様車として「アクアS“Style Black”」が設定されています。

 

f:id:carislife:20190701164752j:plain

新型アクアS“Style Black”は、メッキのドアハンドルやバックドアガーニッシュによりスタイルをアップし、内装に専用のブラックアクセントを採用。

 

改良では、専用LEDヘッドランプやナビレディパッケージが新たに設定され、シートには車内消臭・防汚・撥水機能付の高機能表皮が採用されました。

 

▼トヨタ新型アクアS“Style Black”の特別装備

  • メッキアウトサイドドアハンドル
  • メッキバックドアガーニッシュ
  • リバース連動機能付(助手席側)サイドターンランプ付オート電動格納式リモコンカラードドアミラー(ヒーター付)
  • コンライト(ライト自動点灯・消灯システム/ランプオートカットシステム)
    インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]
  • Toyota Safety Sense+先行車発進告知機能
  • スマートエントリー(運転席・助手席・バックドア/ハザードアンサーバック機能付/スマートキー2本)&スタートシステム
  • 消臭・防汚・撥水機能付ブラック・シルバーステッチファブリックシート
  • 運転席アームレスト
  • シルバー塗装(サイドレジスターリング)
  • ピアノブラック加飾(パワーウインドゥスイッチベース)(運転席・助手席)
    ブラック加飾シフトノブ

 

ビジネスに!アクア新型S“Business Package”をラインナップ!

▼アクア新型S“Business Package”の画像

f:id:carislife:20190701170257j:plain

新型アクアには、特別仕様車「S“Business Package”」が新設定されました。

 

アクアS“Business Package”は、Sグレードをベースに、ビジネス用途に合わせて装備を厳選したモデルとしてラインナップ。

 

f:id:carislife:20190701170259j:plain

内装色には、自然な風合いのナチュラルグレーを採用。

 

f:id:carislife:20190701170302j:plain

また、衝突回避支援パッケージ Toyota Safety Sense、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードなどを特別装備し、様々なビジネスシーンでの活用に適した仕様に仕上げ。

 

外板色にはスーパーホワイトⅡを含む全3色が設定されています。

 

特別仕様車トヨタ新型アクアクロスオーバー・グラム設定!

▼トヨタ新型アクア Crossover“Glam”の画像

f:id:carislife:20180904134729j:plain

トヨタ・アクアには特別仕様車として「アクアCrossover“Glam”」が設定されています。

 

f:id:carislife:20180904134731j:plain

アクアCrossover“Glam”では、「アクアクロスオーバー」をベースに、内装はブラウンとブラックを基調とし、上質で落ち着いた印象とするとともに、外板色には特別設定色オリーブマイカメタリックを含む5色が設定されています。

 

また、人気のスマートエントリーパッケージや安全装備のインテリジェントクリアランスソナーを特別装備。

 

改良では、ナビレディパッケージが新たに特別装備されたほか、アウトサイドハンドルにメッキ加飾を施すなど、より魅力的な仕様となっています。

 

f:id:carislife:20180904134734j:plain

 

トヨタ新型アクアのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180312112253j:plain

▼トヨタ新型アクアのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒1.5L+電気モーターハイブリッド
  • エンジン出力:74ps/11.3kgm
  • モーター出力:61ps/17.2kgm
  • 駆動方式:FF(4WDなし)
  • トランスミッション:CVT

トヨタ新型アクアのパワートレインには、1.5Lエンジンに電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが搭載されています。

 

ハイブリッドシステムは、2017年の改良時にエンジンやハイブリッド制御の見直しにより環境性能を向上しました。

 

新型アクアでは走り味をアップするためにボディ剛性が強化され、タイヤサイズを175/65R15から185/60R15に大型化することで操縦安定性と乗り心地を向上しています。

 

トヨタ新型アクアの走りを試乗動画でチェック!

トヨタ新型アクアは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

新モデルとなったアクアクロスオーバーは、最低地上高の高さによる余裕ある走り味が評判になっています。 

 

トヨタ新型アクアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型アクアの燃費

  • アクア(ベースモデル):38.0km/L~34.4km/L
  • アクアクロスオーバー:34.4km/L

トヨタ新型アクアの燃費は、2017年のハイブリッドシステムの改良により改善しています。

 

改良前はベースモデルで最高37.0km/Lでしたが新型アクアでは38.0km/Lまでアップし、新型アクアクロスオーバーを含む他グレードでも33.8km/Lから34.4km/Lに向上しました。

 

トヨタ新型アクアの安全装備は?

f:id:carislife:20180403134021j:plain

トヨタ新型アクアの安全システムには、これまで搭載されていた「Toyota Safety Sense C」を進化させた衝突回避支援パッケージとして、「C」が外れた「Toyota Safety Sense」が装備されています。

 

▼パノラミックビューモニター

f:id:carislife:20190701165530j:plain

f:id:carislife:20190701165533j:plain
f:id:carislife:20190701165536j:plain

改良では新たに、駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを設定。

 

また、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーには、車両後退時に助手席側の鏡面が自動で下向きになり駐車ラインなどの確認が容易になるリバース連動機能を採用したほか、付着した霜や曇りを取り除くヒーターが全車に標準装備されています。

  

▼トヨタ新型アクアの安全装備

  • トヨタセーフティセンス
    ・プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ)
    ・レーンディパーチャーアラート
    ・オートマチックハイビーム
  • インテリジェントクリアランスソナー
  • ドライブスタートコントロール
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ
  • LEDフロントフォグランプ
  • LEDリヤフォグランプ
  • ヒルスタートアシストコントロール
  • 先行車発進告知機能
  • 緊急ブレーキシグナル
  • VSC&TRC
  • EBD(電子制動力配分制御)
  • 車両接近通報装置

 

トヨタ新型アクアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型アクアの価格は、装備の充実により前モデルからアップしました。

 

価格アップは「G」以上のグレードで約7000円となっており、エントリーモデルの価格は変更なしとされています。

 

新設定される特別仕様車アクアグランパーは、210万円ほどの設定が予定されています。

 

▼トヨタ新型アクアの価格

  • L:1,785,240円
  • S:1,886,760円
  • G:2,059,560円
     “ソフトレザーセレクション”:2,086,560円
  • Crossover:2,059,560円
  • G“GR SPORT”: 2,329,560円
  • G“GR SPORT・17インチパッケージ”: 2,534,760円

▽特別仕様車

  • S“Business Package”:1,917,000円
  • S“Style Black”:2,049,840円
  • Crossover“Glam”:2,158,920円

 

 

トヨタ新型アクアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新型アクアに設定される特別仕様車アクアグランパーの発売日は、2019年10月4日が予定されています。

 

トヨタはアクアにスタイルが魅力の新モデルを設定することで、より魅力をアピールしていく考えです。

 

トヨタ・アクアは今後フルモデルチェンジも計画され、注目度もあがっています。

 

▼トヨタ新型アクア

【トヨタ新型アクア最新情報】フルモデルチェンジ発売日や価格、燃費、クロスオーバーは?

 

トヨタ・アクアを「おさらい」

▼トヨタ・アクア(初期モデル) 

f:id:carislife:20180312114819j:plain

トヨタ・アクア(AQUA)は、初代となる現行モデルが2011年に登場したコンパクトハイブリッドカーです。

 

アクアのモデル名の由来はラテン語の「水」となっており、「透明感あるクリーンなイメージ」や、水の様に自由に広がることで従来のハイブリッドカーの印象にとらわれず広く楽しまれることを願って命名されました。

 

海外では、高い知名度を持つ「プリウス」シリーズの1モデルとして、「プリウスC」のモデル名で販売され、「C」は「City」を意味しています。

 

2003年に生産を終了した初代プリウス以来8年ぶりとなる5ナンバーサイズのコンパクトハイブリッドカーとなり、プリウスと同じく全てのトヨタ車取扱いチャネル(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)で販売。

 

▼トヨタ・アクア(2014年改良モデル)

f:id:carislife:20180312114822j:plain

2014年には初のビッグマイナーチェンジが行われ、ちから強い新デザインやクロスオーバーとなる「X-URBAN」をラインナップ。

 

2017年には再度大幅改良され、現行モデルの表情に変更するとともに、車高を「X-URBAN」から10mmアップしてさらに走破性能をあげたアクアクロスオーバーがラインナップされました。

 

高い人気からフルモデルチェンジが行われず、コンパクトカーでは珍しい7年目の継続販売を迎えたロングライフモデルとなっています。

 

新型トヨタ・アクアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。