車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ホンダ新型フリード最新情報】マイナーチェンジ!発売日や価格、ハイブリッド燃費、モデューロX/フリードプラスは?

f:id:carislife:20171214140319j:plain

ホンダが、コンパクトミニバンであるフリードとフリードプラスのマイナーチェンジを予定しています。

 

大幅改良により魅力をアップする新型フリードについて、スペックや価格、発売日などを最新情報をからご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ホンダ新型フリードにマイナーチェンジへ!

f:id:carislife:20180710091244j:plain

ホンダが、フリードのマイナーチェンジを予定しています。

 

ホンダ・フリードは、ブランドのコンパクトミニバンとして販売され、フィットからくるセンタータンクレイアウトや4WDも選べるハイブリッドシステムなど、高い使い勝手が人気になっています。

 

マイナーチェンジでは、パワートレインやデザインを変更することで魅力がアップされます。

 

ホンダ新型フリードの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型フリードの変更点まとめ

  • 新デザインの外装、内装を採用
  • 1L直列3気筒ターボエンジンを搭載
  • 安全システム「ホンダセンシング」の性能を向上

 

ホンダ新型フリードの外装(エクステリア)デザイン

▼ホンダフリードとフリードプラスのガソリンモデルの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175418.jpg

▼ホンダフリードとフリードプラスのハイブリッドモデルの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175417.jpg

ホンダ新型フリードの外装は、現行モデルで採用されていたブランドデザインがリフレッシュされ、さらに軽快さが感じられるデザインとされます。

 

ハイブリッドモデルは、専用のエクステリアアクセントが採用することで上質な仕上げとなります。

 

▼ホンダ フリード

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175419.jpg

▼ホンダ フリードプラス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175420.jpg

リアは、3列シートのフリードと2列シートで荷室を重視したフリードプラスでスタイルが違い、フリードプラスではリアドアとバンパーを一体化することで、リアドアの開口部が大きくなります。

 

改良では、リアランプを先進的なデザインとすることで、高い走行性能をアピールする予定です。

 

ホンダ新型フリードのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175421.jpg

▼ホンダ新型フリードのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4265×1695×1710mm
  • ホイールベース:2740mm
  • 車重
    ガソリン:1340kg
    ハイブリッド:1400kg
  • 参考
    ・ホンダ・フィット
     全長×全幅×全高:3990×1695×1525mm
     ホイールベース:2530mm
     車重:1010kg

ホンダ新型フリードのボディサイズは、ベースモデルとなっているフィットから全長+275mm、全高+185mmと拡大されています。

 

しかし、取り回しの良さを重視し、車体幅は5ナンバーサイズの1700mm未満が維持されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175343.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175345.jpg

低床設計によりステップの高さを390mmと抑え、開口幅665mmのスライドドアをあわせることで、リアシートへの乗り降りのしやすさが確保されます。

 

ボディは、現行モデルでハイテン材の使用率を30%から40%に高め、全体の剛性を22%、リアバンパーまわりのねじり剛性を28%向上。


フロントスタビライザーの剛性を20%高め、リアサスペンションのトーションビーム形状を見直し、単体でのねじり剛性が2倍にアップされました。

 

リアサスペンションは、動きの支点となるコンプライアンスブッシュに液封タイプを採用することで力がかかり変形する際、ブッシュ内オイルが移動することにより減衰力を発生し、乗り心地を改善。

 

ステアリングギヤレシオも10%クイック化することで、ロールするときの重心高も8mm低減されています。

 

ホンダ新型フリードの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175352.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175353.jpg

ホンダ新型フリードの内装は、インテリア素材の変更などにより質感が高められるとともに、さらなる静粛性が追求されます。

 

▼ホンダフリード

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175347.jpg

▼ホンダフリードプラス

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175351.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175349.jpg

室内の使い勝手は、3列シート仕様のフリードと2列シートのフリードプラスで、大きく変更され、3列シートのフリードは7人乗りと6人乗りから選択することが可能に。

 

フリードプラスでは2列シートとなりますが、ラゲッジを2段にわけて大きく使えるようになり、2列目シートをフラットに収納することで車中泊も可能な空間が確保されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160916/20160916175356.jpg

純正のホンダインターナビはAppleの「CarPlay」に対応することで、スマートフォンとの連携も強化されます。

 

▼ホンダ新型フリードの室内サイズ

  • 乗員
    フリード:6人乗り or 7人乗り
    フリードプラス:5人乗り

 

ホンダ新型フリードにモデューロXも設定!

▼フリードモデューロXの画像

f:id:carislife:20171214140507j:plain

f:id:carislife:20171214140924j:plain

ホンダ新型フリードには、スポーツコンプリートカーとなる「フリードモデューロX」も設定されます。

 

フリードモデューロXは「エモーショナル ツアラー」をコンセプトに、専用開発のサスペンションや空力性能を高めるエアロパーツを装着し、Moduloブランドが培ってきた「上質でしなやかな走り」に仕上げ。

 

f:id:carislife:20171214140951j:plain

旋回性能の向上を目的に、空気がスムーズに剥離するようにデザインされたフロントエアロバンパーや、左右タイヤに近い部分を3次元的に立たせたリアロアスカートを装備。

 

フラット形状のアンダーカバー、フロントエアロバンパー下部の1本のエアロガイドフィン、センター付近をフラットにしたリアロアスカートの採用によって4輪の接地バランスを最適化されます。

 

f:id:carislife:20171214140942j:plain

f:id:carislife:20171214140934j:plain

サスペンションには、専用セッティングのショーワ製サスペンションを採用しディスク/リムの剛性比、ハブ面の剛性の最適化を図った15インチアルミホイールを装着することで、コーナリング性能を向上しながらしなやかな乗り味に。

  

f:id:carislife:20171214140929j:plain

f:id:carislife:20171214140955j:plain

インテリアはブラック&モカカラーとされ、ピアノブラック調のインテリアパネルを採用して上質感をアップ。

 

f:id:carislife:20171214141904j:plain

f:id:carislife:20171214141008j:plain

f:id:carislife:20171214141001j:plain

また、専用オープニング画面を採用する9インチのプレミアムインターナビ、ドライブレコーダー、USBジャックがセットになるナビゲーションシステム装着車も設定されます。

  

パワートレインは、ガソリンとハイブリッドの両方が設定され、選択できるようになります。

 

▼ホンダ新型フリード モデューロXの専用装備

エクステリア

  • 専用フロントグリル
  • 専用フロントエアロバンパー
  • 専用サスペンション
  • 専用15インチアルミホイール
  • 専用LEDフォグライト
  • 専用フロントビームライト
  • 専用ドアミラー(プレミアムスパークルブラック・パール)
  • 専用リアロアスカート
  • 専用リアエンブレム(Modulo X)
  • 専用サイドロアスカート
  • テールゲートスポイラー

インテリア

  • インパネミドルエリア(ピアノブラック調)
  • 専用本革ステアリングホイール(ディンプルレザー&スムースレザー/ピアノブラック調)
  • 専用ブラック&モカ コンビシート(プライムスムース×ファブリック/Modulo Xロゴ入り)
  • 専用フロアカーペットマット(プレミアムタイプ/Modulo Xアルミ製エンブレム付)
  • ETC2.0車載器(ナビ連動タイプ)

ボディカラー

  • ホワイトオーキッド・パール
  • プレミアムスパークルブラック・パール
  • コバルトブルー・パール

 

ホンダ新型フリードのパワートレインとスペックは?

▼ホンダ製直列3気筒1Lターボエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180612/20180612085615.jpg

▼ホンダ新型フリードのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1Lターボ【新設定】
    出力:129ps/20.5kgm
    トランスミッション:CVT
  • 【フリードハイブリッド】
    直列4気筒1.5L「i-VTEC」+電気モーター「SPORT HYBRID i-DCD」
    エンジン出力:110ps13.7kgn/5000rpm
    モーター出力:29.5ps/16.3kgm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ式
  • 直列4気筒1.5L「i-VTEC」
    最高出力:131ps/6600rpm
    最大トルク:15.8kgm/4600rpm
    トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型フリードには、新世代の1Lガソリンターボエンジンが採用されます。

 

1Lターボエンジンは、シビックタイプRの2Lターボ、ステップワゴンなどに採用される1.5Lターボとあわせ、ホンダの新世代ダウンサイジングターボエンジンとして発表されていました。

 

2L自然吸気エンジンに匹敵するトルクを出力しながら、小排気量ならでは燃費性能が両立されたパワートレインになっています。

 

フリードハイブリッドには、1.5Lガソリンと電気モーター、7速デュアルクラッチを組み合わせた独自のハイブリッドシステムを搭載することで、コンパクトカーでもダイレクト感ある軽快な走りと高い環境性能を確保。

 

改良ではシステムの制御が最適化され、環境性能がアップされます。

  

ホンダ新型フリードの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

ホンダ・フリードの燃費は、ハイブリッドシステムの改良と1Lターボエンジンの採用によりアップすることになります。

 

ハイブリッドは現行モデルで最高27.2km/Lとなっていますが、システムの制御を見直すことで28.0km/Lほどまで改善するとみられています。

 

追加される1Lガソリンモデルは、現在搭載されている1.5Lエンジンの19.0km/Lを超える20km/Lほどの燃費値になると見込まれています。

 

▼参考:ホンダ・フリードの燃費(現行モデル)

  • ガソリンモデル
    フリード(6人/7人乗り)&フリードプラス:FF 19.0km/L、4WD 17.6km/L
  • ハイブリッドモデル
    フリード(6人乗り)&フリードプラス:FF 27.2km/L、4WD 25.2km/L
    フリード(7人乗り):FF 26.6km/L

  

ホンダ新型フリードの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

ホンダ新型フリードの安全装備には、性能をアップした先進運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」が採用されます。

 

最新のホンダセンシングは、検知精度をアップすることでさらなる安全性能が確保され、渋滞追従機能付アダプティブ・クルーズ・コントロールや前後誤発進抑制機能、オートハイビームなどが利用できるようになります。

 

▼ホンダセンシング機能

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 路外逸脱抑制機能
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • 先行車発信お知らせ機能
  • 標識認識機能

 

ホンダ新型フリードの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

新型フリードの価格は、外観や機能のアップデートが主になることから、既存モデルに大幅な変更はないと見られています。

 

追加される1Lターボエンジンは、現在40万円ほどの価格差がある1.5Lガソリンとハイブリッドの中間に設定され、高い動力性能や環境性能とコストパフォーマンスが魅力とされます。

 

▼参考:ホンダ・フリードとフリードプラスの価格(現行モデル)

  • フリード:188万円~272万8200円
  • フリード+:190万円~274万8200円
  • フリードモデューロX
    ・ガソリンモデル
     6人乗り:2,830,680円、7人乗り:2,852,280円
    ・ハイブリッドモデル
     6人乗り:3,130,920円、7人乗り 3,152,520円

 

ホンダ新型フリードの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするホンダ新型フリードの発売日は、2019年中頃が予定されています。

 

ホンダは現行モデル発売から3年にあわせてフリードをリフレッシュし、高い燃費性能や使い勝手などの魅力をアピールしていく予定です。

 

▼次期型フィット

【ホンダ新型フィット最新情報】フルモデルチェンジ!RSやハイブリッド、サイズ、価格、発売日、燃費は?

 

ホンダフリードを「おさらい」

▼ホンダ・フリード(初代)

f:id:carislife:20171205152424j:plain

ホンダ・フリード(Freed)は、初代が2008年に登場したコンパクトミニバンです。

 

以前販売されていたモビリオの後継車として開発され、ミドルサイズミニバンでは大きいと感じるユーザーに向けて製作。初代のキャッチフレーズには「This is サイコーに ちょうどいい Honda!」が採用されました。

 

コンパクトカーのフィットと基礎を共有していることでハイブリッドモデルも用意されるほか、広い室内をアクティブに使いたいユーザーにむけて5人乗り仕様のフリードスパイクも設定されました。

 

2016年に登場した現行モデルの2代目では、「知るほど!乗るほど!フリード!」をキャッチフレーズに、最新のパワートレインや大幅に剛性をあげたボディにより乗り心地や環境性能をアップ。

 

フリードスパイクは、人気軽自動車になったN-BOX+にあわせて、フリード+という新しいモデル名を採用。

 

2列目シートをフルフラットに収納できるようにすることで、セミダブルサイズのマットレスを敷き、快適に車中泊を行うことも可能になりました。

 

新型ホンダ・フリードについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!