車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【日産新型キューブ後継最新情報】2021年フルモデルチェンジ!e-POWER燃費、3列シート7人乗りやサイズ、発売日、価格は?

f:id:carislife:20181025084953j:plain

日産が「キューブ」後継モデルの発売に向けて開発を進行しています。

 

新世代とすることで魅力をアップする日産新型キューブ後継モデルについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】日産新型キューブ後継モデルにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20181025084840j:plain

日産が「キューブ」後継モデルの発売に向けて開発を進行しています。

 

日産キューブは、ブランドのコンパクトワゴンとしてラインナップされ、個性的なデザインが長期間人気になっていましたが、前モデルは2008年に発売し、2019年末に販売が終了されています。

 

新世代とされる新型キューブ後継モデルは、基礎から設計を見直し最新性能に引き上げられます。

 

日産新型キューブ後継の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型キューブ後継の変更点

  • パワートレインに性能を伸ばしたe-POWERハイブリッドを設定
  • 内外装に新しいデザインを採用
  • 3列シート7人乗りモデルを新設定
  • 最新の安全システムを搭載

  

日産新型キューブ後継の外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20181025085727j:plain

日産新型キューブ後継モデルの外装は、前モデルのデザインを引き継いだモダンスタイルとされます。 

 

車体デザインは、空間効率に優れる角をもったデザインとしながらも、ボディラインに曲線を取り入れることで馴染みやすい印象に仕上げられます。 

f:id:carislife:20181025085745j:plain

リアは、前モデルの左右非対称デザインから、グローバル販売に対応するシンプルなデザインに変更されます。

 

日産新型キューブ後継のボディサイズは?

f:id:carislife:20181025090337j:plain

日産新型キューブ後継モデルのボディサイズは前モデルから延長されます。

 

コンパクトカーとして人気になっている日産ノートの全長が4100mmとなっていることから、キューブ後継モデルはライバル車と同等の4200mmほどまで延長し、高さのある広い室内空間が作られます。

 

▼参考:日産キューブのボディサイズ(前モデル)と比較

  • 全長×全幅×全高:3890×1695×1650mm
  • ホイールベース:2530mm
  • 車重:1200kg
  • 最低地上高:160mm
  • 参考
    ・日産ノート
     全長×全幅×全高:4100×1695×1520mm
     ホイールベース:2600mm
     車重:1030kg
     最低地上高:150mm

 

日産新型キューブ後継の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181025092348j:plain

f:id:carislife:20181025092350j:plain

f:id:carislife:20181025092354j:plain

日産新型キューブ後継モデルの内装は、前モデルで用意されていた多彩なデザインパターンを受け継ぎながら質感がアップされます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180329/20180329134242.jpg

インフォテインメントシステムには、最新モデルが採用され、スマートフォンやインターネットとの連携を強化し、機能性を向上。

 

f:id:carislife:20181025092842j:plain

加えて、ライバルのトヨタ・シエンタ、ホンダ・フリードに対抗するモデルとして、以前キューブで販売されていた3列シート7人乗りモデルを復活し、幅広いユーザーにアピールされます。

 

▼参考:日産キューブの室内サイズ(前モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:1950×1395×1275mm
  • 乗員:5人乗り

 

日産新型キューブ後継のパワートレインとスペックは?

▼日産e-POWERパワートレイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111430.jpg

▼日産新型キューブ後継のパワートレインとスペック

  • 【e-POWER】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    出力:109ps/25.9kgm
  • 【ガソリン車】
    エンジン:直列4気筒1.5L
    出力:111ps/15.1kgm
  • トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型キューブ後継モデルのパワートレインには、ノートに追加され一気に主力になった「e-POWER」が搭載されます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171226/20171226111436.jpg

e-POWERは、エンジンを走行にも使用する他のハイブリッドシステムとは違い、1.2Lの小型エンジンを発電専用とし電気モーターで走行。アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを発生させ、クルマを軽快に走行させることができるようになっています。

 

新型キューブ後継モデルではシステムの制御システムを最適化するとともに車体設計から見直すことで、発電を行うエンジンのノイズが車内に侵入するのを低減し、さらなる静粛性が確保されます。

 

日産新型キューブ後継の燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

日産新型キューブ後継モデルの燃費は、e-POWERシステムを搭載することで高い燃費値に仕上げられます。

 

前モデルは1.5LガソリンエンジンのFF駆動車のみが設定され19.0km/Lとなっていますが、新型キューブ後継モデルではノートで37.2km/Lとなっているハイブリッドにより30km/L以上の燃費とされます。

 

▼参考:日産キューブの燃費(前モデル)

  • 1.5Lガソリン:19.0km/L

 

日産新型キューブ後継の安全装備は?

f:id:carislife:20181025093956j:plain

日産新型キューブ後継モデルの安全装備には、全車速に対応するアダプティブクルーズコントロールなど、最新システムが採用されます。

 

その他、走行車線を逸脱しそうな場合に車線内に戻す操作を支援する「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」や歩行者検知対応の自動ブレーキシステム、ハイビームアシストなどにより、高い安全性能が確保されます。

 

前モデルは、登場から長い時間が経っていることから先進安全装備に対応していませんでした。

   

日産新型キューブ後継の価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

日産新型キューブ後継モデルの価格は、ボディサイズの拡大や安全装備の追加などによりアップします。

 

前モデルは1.5LのFF車のみが設定され162万円からとなっていましたが、ライバルと同等の180万円ほどまで価格をアップし、5人乗りと7人乗りのシートレイアウトが設定されます。

 

また、ハイブリッドモデルとしてe-POWERも用意され、220万円ほどからになるとみられています。

 

▼参考:日産キューブの価格(前モデル)

  • 15X:1,620,000円
  • 15X Vセレクション:1,782,000円
  • 15G:1,987,200円
  • 15X Vセレクション マイキューブ:1,854,360円
  • ライダー:2,030,400円

 

日産新型キューブ後継の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型キューブ後継モデルの発売日は、2021年が予定されています。

 

前モデルは2008年の発売後、2019年末に販売を終了。通常5年から6年でフルモデルチェンジされるコンパクトカーでは異例のロングライフモデルとなりました。

 

日産はコンパクトワゴンを新世代に変更し、7人乗りコンパクトミニバンとしてもアピールしていきたい考えです。

 

日産キューブを「おさらい」

▼日産キューブ(初代)

1999 Nissan Cube 01.jpg

日産キューブ(cube)は、初代が1998年に発売されたコンパクトトールワゴンです。

 

車名の「cube」の由来は英語の「立方体」からとなっており、車体の特徴をわかりやすく表現したものとなっています。

 

初代はスペースの最大化がコンセプトとされ、角をもったスマートなデザインと室内空間の広さから、登録台数1位を記録する大人気車になりました。

 

 ▼日産キューブ(2代目)

NISSAN cube SX 70th-II.jpg

 ▼日産キューブキュービック(2代目ベース)

NISSAN cube3.jpg

2002年に登場した2代目ではモダンなデザインにイメージチェンジし、リアドアには運転席から後方を確認する際に広い視界を得ることができる左右非対称のガラスを持つドアが採用されました。

 

派生車種として、ホイールベースを広げ3列シート7人乗りとした「キューブキュービック(cube3)」も設定されました。

 

前モデルの3代目は2008年に登場。2代目からボディサイズを一回り大きくすることで室内空間を拡大。

 

3列シートのキューブキュービックは専用ボディが必要になることから廃止されましたが、新しく北米や欧州での販売に対応する左ハンドル仕様を制作。

 

左ハンドル仕様は、2代目から引き継がれた左右非対称ドアのデザインを左右反転することでドライバーの後方視界が拡大され、ドアの開く方向も逆の右側とする専用設計となっています。

 

生産は2019年まで行われ、安全装備を採用しないモデルとしては月数百台と堅調な販売を記録していましたが、販売が終了されました。

 

新型日産キューブについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。