New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型UX300e】市販EV第1弾!2021年日本発売!最新情報、走行距離やサイズ、発売日や価格は?

f:id:carislife:20191122120046j:plain

レクサスが、電気自動車市販モデル第1弾となる「UX300e」を発表しました。

 

新世代パワートレインを搭載するレクサス新型UX300eについて、スペックや発売日、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】初の電気自動車!レクサス新型UX300eを発売へ!

▼レクサス新型UX300eの画像

f:id:carislife:20191122120108j:plain

レクサスが、市販電気自動車第1弾モデルとなる「UX300e」を発表しました。

 

レクサスUXは、2018年11月から日本での販売が開始されているブランドのコンパクトSUVです。

  

新モデルとして発表された「UX300e」はレクサスブランド初の電気自動車となり、先に発表されていたトヨタ「C-HR EV」と基本設計を共有。

 

2020年以降に中国や欧州などから順次発売し、日本では2021年前半の販売開始を予定していることが発表されました。

 

▼レクサス新型UX300eの動画

▼トヨタC-HR EV

【トヨタ新型C-HR EV】2020年電気自動車SUV発売!最新情報、走行距離やサイズ、発売日や価格は?

▼レクサスUX(内燃機関モデル)

【レクサス新型UX最新情報】日本発売!UX200/UX250h/UX300eの価格やハイブリッド燃費、サイズは?

 

レクサス新型UX300eの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型UX300eの特徴

  • 新開発された最新電動パワートレインを搭載し、航続距離400kmを確保
  • EV化による重量の変化などにあわせ、ブレース追加やショックアブソーバー減衰力の最適化などを実施
  • 車両の状態確認やエアコンなどの操作が可能となるスマートフォンアプリを設定
  • 車両の走行状況をドライバーが感じられるようにする「アクティブサウンドコントロール」を搭載
  • 最新の安全システム「Lexus Safety System+」を装備

 

充電ポートは左右!レクサス新型UX300eの外装(エクステリア)デザイン

▼レクサス新型UX300eの画像

f:id:carislife:20191122120147j:plain

f:id:carislife:20191122120137j:plain

レクサス新型UX300eの外装は、ベースモデルからくる「タフな力強さ」や「守られている安心感」による「セキュア」をキーワードとした、都会派コンパクトクロスオーバーらしい個性的なデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191122120143j:plain

f:id:carislife:20191122120141j:plain

キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成としたほか、GA-Cプラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化で、俊敏な走りを予感させるプロポーションになっています。

 

f:id:carislife:20191122120149j:plain

f:id:carislife:20191122120152j:plain

f:id:carislife:20191122120134j:plain

左右のリアドアには「ELECTRIC」の文字が添えられ、充電ポートは左右リアフェンダー上にレイアウトされています。

 

f:id:carislife:20191122121941j:plain

f:id:carislife:20191122121736j:plain

f:id:carislife:20191122121739j:plain

優れた空力性能を発揮するため専用ホイールを装着し、フロア下に新開発の空力カバーを装備することで、静かで心地よい車内空間が実現されています。

 

専用開発!レクサス新型UX300eの車体設計、サイズは?

f:id:carislife:20191122121710j:plain

▼レクサスUXのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4495×1840×1520mm
  • ホイールベース:2640mm

レクサス新型UX300eのボディサイズはベースモデル同等とされ、コンパクトSUVとしての取り回しのしやすさが魅力とされます。

 

f:id:carislife:20191122122312j:plain

f:id:carislife:20191122122315j:plain

車体にはベースモデルからくる「GA-C」プラットフォームが採用されますが、EV化による重量の変化などにあわせ、サスペンション補強ブレースの追加やショックアブソーバーにおける減衰力の最適化などを実施。

 

f:id:carislife:20191122122303j:plain

バッテリーの床下配置による低重心化に加え、前後重量配分や慣性モーメントの最適化などにより、優れた運動性能が実現されています。

 

f:id:carislife:20191122122306j:plain

f:id:carislife:20191122122309j:plain

また、事故発生時の衝撃からバッテリーを保護するボディ構造を採用。

 

EVならではの高い静粛性を引き出すため、バッテリーパックには遮音壁としての機能を持たせているほか、走行中に発生する風切り音、小石や砂の巻き上げ音にも配慮されています。

 

シンプルに!レクサス新型UX300eの内装(インテリア)デザイン

▼レクサス新型UX300eの画像

f:id:carislife:20191122120225j:plain

f:id:carislife:20191122120237j:plain

f:id:carislife:20191122120234j:plain

レクサス新型UX300eの内装は、基本デザインをベースモデルから踏襲しつつ、センターコンソールにあるシフトセレクターにシフトバイワイヤを採用することで、EVらしいすっきりとした操作系が実現されています。

  

f:id:carislife:20191122120230j:plain

メーターパネルはEV独自の表示内容とされるほか、新型UX300eでは最新のコネクティッド機能にも対応し、専用アプリを使ってスマートフォンなどと連携。

 

f:id:carislife:20191122123043j:plain

スマートフォンからバッテリー残量や航続可能距離の確認、充電コネクターと接続している場合には充電完了までの時間を表示するほか、出発予定時刻に合わせて充電が完了するようセットするタイマー機能も搭載。

 

このほか、車内のエアコンやシートヒーター、デフロスターなどを車外からスマートフォンを使って操作できるようになっています。 

 

f:id:carislife:20191122120240j:plain

f:id:carislife:20191122120242j:plain

f:id:carislife:20191122120245j:plain

室内空間は走行用のバッテリーを床下に搭載することで内燃機関モデル同等となっており、使い勝手が維持されています。

 

力強く!レクサス新型UX300eのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20191122123252j:plain

▼レクサス新型UX300eのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター「4KM」型×1基
  • 最高出力:204ps
  • 最大トルク:30.6kgm
  • 駆動:FF

レクサス新型UX300eには、新世代電気自動車に向けて開発された最新のEVパワートレインが採用されています。

 

f:id:carislife:20191122123308j:plain

新世代EVパワートレインは、電気モーターをフロントに搭載することで前輪を駆動。

 

出力は204ps/30.6kgmとされ、電気モーターが持つ大きなトルクにより走行性能が高められています。

 

さらに「ドライブモードセレクト」を利用することで、アクセルペダルの操作に対して高いトルクを瞬間的に発生させ、より力強い加速力を発生させることも可能に。

 

f:id:carislife:20191122120228j:plain

逆に減速時には、回生発電による減速度をパドルシフトの操作で4段階から選択可能として、アクセルOFF時の減速度を変更することができるようになっています。

 

また、「アクティブサウンドコントロール」を搭載することで車両の走行状況をドライバーが感じとり、スムーズな運転ができるように仕上げられています。

 

実用的!レクサス新型UX300eの走行距離と充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼レクサス新型UX300eの航続距離と充電時間

  • バッテリー容量:54.3kWh
  • 航続距離
    FF車:400km
  • 充電時間
    急速充電使用時:30分(80%まで)

レクサス新型UX300eの航続距離は、電源としてフロア下に54.3kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載することで400kmが確保されています。

 

充電はAC(交流)の普通充電で最大6.6kW、DC(直流)の急速充電で最大50kWに対応。

 

低温・高温の状況でも正常な動作を可能とするため、バッテリーは温度調節機能を搭載し、過充電防止システムをはじめとする多重監視のセーフティネットを用意することで高い信頼性がつくられています。

 

最新システム!レクサス新型UX300eの安全装備は?

▼Lexus Safety System+

レクサス新型UX300eの安全装備には、「Lexus Safety System +」が搭載されています。

 

システムは、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者の検知に対応。

 

同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」や、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」を搭載。

 

また、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」も利用することができるようになっています。

  

高価格化!レクサス新型UX300eの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型UX300eの価格

  • 約550万円~(予想値)

レクサス新型UX300eの価格は、大型のバッテリーを搭載することで、ベースモデルからアップされます。

 

内燃機関搭載モデルはハイブリッド車が432万円からとなっていますが、新型UX300eでは高コストの大容量バッテリーの採用により550万円ほどになるとみられています。

 

▼参考:レクサスUXの価格(内燃機関モデル)

  • UX200:3,972,222円
  • UX200バージョンC:4,216,666円
  • UX200Fスポーツ:4,512,037円
  • UX200バージョンL:4,827,778円
  • UX250h
    FF:4,328,704円、4WD:4,593,519円
  • UX250hバージョンC
    FF:4,573,148円、4WD:4,837,963円
  • UX250hFスポーツ
    FF:4,868,519円、4WD:5,133,334円
  • UX250hバージョンL
    FF:5,184,259円、4WD:5,449,074円

 

レクサス新型UX300eの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新設定されるレクサス新型UX300eは、2019年11月22日に発表されました。

 

発売は、電気自動車の販売台数が大きく伸びている中国や欧州で2020年以降とされ、日本発売日は2021年前半を予定していることが発表されています。

 

レクサスはコンパクトSUVとして人気になっているUXに電気自動車を設定することで、レクサスの電動パワートレイン搭載車をアピールしていく考えです。

    

新型レクサスUX300eについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。