New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ベントレー新型ベンテイガ】2020年後半ビッグマイナーチェンジ発表!最新情報、W12/V8、燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190216093833j:plain

ベントレーが、SUV「ベンテイガ」のビッグマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

世界最上級のSUVとして販売されるベントレー新型ベンテイガについて、スペックや価格、ボディサイズなどをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】プロトタイプ撮影!ベントレー「新型ベンテイガ」にマイナーチェンジ!

▼ベントレー新型ベンテイガのスクープ画像

f:id:carislife:20200331083009j:plain

ベントレーが、SUV「ベンテイガ」のビッグマイナーチェンジを予定しています。

 

ベントレー・ベンテイガは、高級ブランドであるベントレー初のSUVとして制作され、その高いパフォーマンスや使い勝手が人気になっています。

 

ビッグマイナーチェンジは2016年の発表から4年となるのに実施され、新世代サルーン「フライングスパー」からくる新しいデザインやパワートレインを採用することにより魅力がアップされます。

 

▼ベントレー・フライングスパー

【新型フライングスパー】フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、W12/V8/V6/PHEV、サイズ、価格は?

▼ベントレー・コンチネンタルGT

【ベントレー新型コンチネンタルGT最新情報】コンバーチブル発表!燃費やサイズ、価格は?

 

ベントレー新型ベンテイガの【変更点・特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ベントレー新型ベンテイガの変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • 改良型W12気筒エンジンを搭載
  • 最新のインフォテインメントシステムを装備

▽ベントレー・ベンテイガの新ラインナップ時の特徴

  • ベントレー初のクロスオーバーモデル
  • アウディのフラッグシップSUV「Q7」などにも使用された、新設計の軽量プラットフォームを採用
  • パワートレインに新開発のW型12気筒とV型8気筒のガソリン、V型8気筒ディーゼルエンジン、V型6気筒プラグインハイブリッドを用意
  • 最上位スポーツモデル「ベンテイガスピード」を設定

 

洗練!ベントレー新型ベンテイガの外装(エクステリア)デザインは?

▼ベントレー新型ベンテイガのスクープ画像

f:id:carislife:20200331083627j:plain

▼参考:ベントレー・ベンテイガ(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160922/20160922141734.jpg

ベントレー新型ベンテイガの外装は新しいデザインを採用することにより、最高峰の走行性能をブランドのセールスポイントにするベントレーの存在感をアップする仕上げとなります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190612/20190612084709.jpg

フロントには、新世代サルーンとしてラインナップされた「フライングスパー」からくる新しいヘッドライトを採用することによりラグジュアリー性をアップ。

 

▼ベントレー新型ベンテイガのスクープ画像

f:id:carislife:20200331083629j:plain

▼参考:ベントレー・ベンテイガ(現行モデル)

f:id:carislife:20180118095835j:plain

リアでは、ランプを拡大し内部グラフィックを新しくすることで、SUVとしての力強さが表現されます。 

 

堂々!ベントレー新型ベンテイガのボディサイズは?

f:id:carislife:20200331084323j:plain

▼ベントレー新型ベンテイガのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:5150×1995×1755mm
  • ホイールベース:2995mm
  • 車重:2530kg(W型12気筒モデル)
  • タイヤサイズ:275/50R20、285/45R21、285/45ZR21、285/40ZR22

ベントレー新型ベンテイガのボディサイズは、最上級SUVとして5.15mの全長が確保されます。

 

この車体は、基礎を共用するアウディのフラッグシップSUVであるQ7と比較しても大きくなっていますが、車重増加を抑えながら剛性を高めた最新プラットフォームの採用により軽快なハンドリングを楽しむことができるようになっています。

 

▼参考:アウディQ7のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:5070×1970×1735mm
  • ホイールベース:2995mm

 

新装備!ベントレー新型ベンテイガの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203747.jpg

ベントレー新型ベンテイガの内装は、最新の装備を採用することにより使い勝手がアップされます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190612/20190612091525.jpg

インフォテインメントシステムは新世代モデルの「フライングスパー」にも採用された最新システムとなり、処理能力をアップすることで軽快な動作が可能に。

 

また、クラウドシステムとの連携により、各種サポート機能の使用が可能となります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203719.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203749.jpg

ベンテイガのインテリアではアクセントにベントレーのエンブレムが配置され、操作するスイッチにはそれぞれローレット加工を施すことでタッチ感を向上。

 

フロントシートはオーナーにあわせ調節が可能となり、シートヒーターやマッサージ、6種類のベンチレーション機能も備え、常に快適な座り心地を提供。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203752.jpg

最上級SUVで重要になるリアシートには、左右専用の大型ディスプレイを配置し、コンソールも備えることで高い快適性が確保されます。

  

パワフル!ベントレー新型ベンテイガのスペック、走行性能は?

▼ベントレー製W型12気筒エンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203700.jpg

▼ベントレー新型ベンテイガのエンジンとスペック

  • W12モデル【改良】
    エンジン:W型12気筒6Lツインターボ
    出力:635ps/91.8kgm
  • V8モデル
    エンジン:V型8気筒4Lツインターボ
    出力:550ps/78.5kgm
    0-100km/h加速:4.5秒
  • V8ディーゼルモデル
    エンジン:V型8気筒4Lディーゼルツインターボ+電動コンプレッサー
    出力:435ps/91.7kgm
    0-100km/h加速:4.8秒
  • V6ハイブリッドモデル
    パワートレイン:V型6気筒3Lガソリン+電気モーター
    システム出力:449ps/71.4kgm
    モーター出力:128ps/35.7kgm
    EV航続距離:51km
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

ベントレー新型ベンテイガには、最新のW12気筒エンジンが搭載されます。

 

W12気筒エンジンは、限定車として販売された「ベンテイガスピード」に搭載されていたモデルとなり、最高出力をこれまでの608psから635psにアップすることで、より高い走行性能を楽しむことができるようになります。

 

新型ベンテイガではこの他にも多彩なパワートレインが設定され、V型8気筒4Lツインターボモデルは高い環境性能を魅力としながらも550ps/78.5kgmを出力。V型に配置されたシリンダーの内側にターボチャージャーを配置することで、アクセルレスポンスや環境性能を向上。

 

ベンテイガディーゼルには、アウディのフラッグシップSUV「Q7」のハイスペックモデル「SQ7」に搭載された48V電動ターボディーゼルエンジンを搭載。ターボチャージャー特有のラグもなく、1000rpmの低回転から91.7kgmの最大トルクを発揮することができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180306/20180306091805.jpg

また、PHVモデルとして「ベンテイガハイブリッド」もラインナップし、V型6気筒3Lエンジンと電気モーターにより449ps/71.4kgmの出力を獲得しながら、51kmのEV航続距離が確保されます。

  

ベントレー・ベンテイガを試乗動画でチェック!

ベントレー・ベンテイガは、ベントレー初のクロスオーバーSUVとなったことで注目度も高く、試乗動画が公開されています。

 

背の高いSUVでもかわらないベントレーの最上級の走りが評価されています。

 

 

良好!ベントレー新型ベンテイガの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼ベントレー新型ベンテイガの燃費

  • W型12気筒モデル:13.1L/100km (7.8km/L)
  • V型8気筒モデル:11.4L/100km(8.8km/L)
  • V型6気筒ハイブリッド:50mpg(米国値、約21.3km/h)

ベントレー新型ベンテイガの燃費は、2トン台中盤の車重を持つ大きなボディと4WD駆動ながら、排気量6LのW型12気筒で7.8km/L、4LのV型8気筒では8.8km/Lとなります。

 

両モデルともに、巡航時には気筒数の半分の燃焼を停止する気筒休止システムを備えることで、高速道路などでは燃費値を伸ばすことが可能になります。

 

ハイブリッドモデルは、電気モーターにより効率よく駆動することで米国値約21.3km/Lとされ、最上級SUVを低燃費で使うことができるモデルに仕上げられます。

 

ベントレー新型ベンテイガのプラットフォームは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150909/20150909203658.jpg

ベントレー新型ベンテイガには、フォルクスワーゲングループの最新プラットフォーム「MLB EVO」が採用されます。

 

このプラットフォームは、同グループのアウディQ7、ポルシェ・カイエン、フォルクスワーゲン・トゥアレグにも使用され、それぞれのブランドの最上級SUVを高い質感を持つ走りで支えています。

 

加えて、前世代から大幅な軽量化も可能となっており、環境性能にも配慮され仕上げられています。

 

アップ!ベントレー新型ベンテイガの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ベントレー新型ベンテイガの価格

  • V型8気筒モデル:3000万円
  • W12気筒モデル:2100万円

ベントレー新型ベンテイガの価格は、装備や質感を改善することでアップします。

 

アップ幅は100万円前後とみられ、W12気筒モデルでは限定車として導入されていた「ベンテイガスピード」と同等となります。

 

▼参考:ベントレー・ベンテイガの価格(現行モデル)

  • ベンテイガW12気筒モデル:2907万5000円
  • ベンテイガV8気筒モデル:2081万7000円
  • ベンテイガスピード:3000万円(日本20台限定)

 

いつ?ベントレー新型ベンテイガの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ビッグマイナーチェンジをうけるベントレー新型ベンテイガは、2020年後半の発表が予定され、2021年モデルとして販売されます。

   

ベントレーは、ブランド初のSUVとして人気になったベンテイガに初の大幅改良を実施することで、ライバルとして登場したロールスロイス「カリナン」やメルセデス「マイバッハGLSクラス」などへの競争力をアップする予定です。

 

新型ベントレー・ベンテイガについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。