New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型メガーヌE-Techエレクトリック】「新世代EV!」2022年発売!最新情報、航続距離や充電時間、価格は?

f:id:carislife:20201020065546j:plain

ルノーが、電気自動車「メガーヌE-Techエレクトリック」の発売を予定しています。

 

新世代技術を採用するルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックについて、スペックや航続距離などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】電気自動車!ルノー「新型メガーヌE-Techエレクトリック」発売!

▼ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの画像

f:id:carislife:20201020065554j:plain

ルノーが、電気自動車「メガーヌE-Techエレクトリック」の発売を予定しています。

 

ルノー・メガーヌE-Techエレクトリックは、ブランドの主力ハッチバック「メガーヌ」のEVバージョンとして企画され、同グループの日産が発売を予定する電気自動車SUV「アリア」と基礎を共有し開発。

 

f:id:carislife:20210507061305j:plain

市販される新型メガーヌE-Techエレクトリックは新開発のEV専用プラットフォームを採用し、最新の電気自動車パワートレインを搭載することで航続距離を延長。

 

デジタルメーターと大型のインフォテインメントディスプレイにより、使い勝手がアップされます。

 

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックは2021年末に生産開始、2022年の発売が予定されています。

  

▼日産アリア

【日産新型アリア】航続距離610km!「電気自動車SUV」最新情報、航続距離や充電時間、サイズ、価格は?

▼ルノー・メガーヌ

【ルノー新型メガーヌ】ビッグマイナーチェンジ!最新情報、メガーヌRS/スポーツツアラー、価格、発売日は?

 

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型メガーヌE-TechエレクトリックPHEVの変更点

  • 新開発のEV専用プラットフォームを採用
  • 60kWのバッテリーを搭載
  • 2WDと4WDをラインナップ
  • デジタルメーターと大型インフォテインメントディスプレイを採用
  • 最新の安全システムを採用

 

上質!新型メガーヌE-Techエレクトリックのエクステリアデザイン

f:id:carislife:20201020070131j:plain

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの外装は、最新のブランドデザインにより質感が高められます。

 

f:id:carislife:20201020070134j:plain

フロントには、C字型のデイタイムライトを持つフルLEDヘッドライトを採用。

 

グリルは、電動パワートレインの採用により冷却を最低限にできるようになることから閉じられ、エンブレムを中心に左右に伸びるラインにより先進的な印象をプラス。

 f:id:carislife:20201020070137j:plain

f:id:carislife:20210507061533j:plain

ボディスタイルは内燃機関を搭載するメガーヌからボリュームをアップすることで、より広い室内空間が確保されます。

  

コンパクト!新型メガーヌE-Techエレクトリックのサイズは?

f:id:carislife:20201020070633j:plain

▼ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4210×1800×1505mm
  • ホイールベース:2700mm
  • 車重:1650kg
  • ※参考
    ・日産アリア
     全長×全幅×全高:4595×1850×1655mm
     ホイールベース:2775mm
     車重:1900~2200kg
    ・ルノー メガーヌ
     メガーヌ:4395×1815×1435mm
     ホイールベース:2670mm

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックのボディサイズは、基礎を共有する日産「アリア」や内燃機関を搭載するルノー「メガーヌ」から全長がコンパクト化されます。

 

しかし、内燃機関のメガーヌと比較してホイールベースや全高を拡大することで効率よく広い室内空間を獲得。

 

また、新開発のEV専用プラットフォームの採用により、重量物であるバッテリーを車体中央にレイアウトし、低重心かつ前後重量配分が均等になるように設計。

 

バッテリーケース内にはクロスメンバーを配し、フロアトンネルがないフラットなフロアにより高い剛性を確保。サスペンション部品も高剛性な部品を採用するなどし、操縦安定性能を向上させるだけでなく快適な乗り心地と高い静粛性が実現されます。

 

最新装備!新型メガーヌE-Techエレクトリックのインテリアデザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200204/20200204073013.jpg

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの内装は、最新の装備を採用することで上質なデザインに仕上げられます。 

 

f:id:carislife:20210507061305j:plain

メーターにはデジタルメーターを採用し、デザイン変更に対応するほか、ナビゲーションなどもドライバーの確認しやすい位置に表示することができるように。

 

f:id:carislife:20210507061520j:plain

センターには、大型インフォテイメントシステムを搭載することで操作性を向上。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200715/20200715143645.jpg

ラゲッジスペースは標準のメガーヌから全高とホイールベースを拡大することで、高さと奥行きのある空間が確保されます。

   

新世代!新型メガーヌE-Techエレクトリックのスペックは?

f:id:carislife:20201020071337j:plain

▼ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックのスペック

  • 「2WDモデル」
    電気モーター×1
    システム出力:218ps/30.6kgm
  • 「4WD」モデル
    電気モーター×2(前後1基ずつ)
    システム出力:340ps/57.1kgm

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックには、新世代の電気自動車パワートレインが搭載されます。

 

新世代パワートレインは、電気モーターをフロントに搭載する2WD、前後に1基ずつ配置する4WDを設定。

  

また、アクセルペダルの踏み加減を調整するだけで発進、加速、減速をコントロールすることが可能となります。

 

4WDシステムは、フロントモーターとリアモーターの回生ブレーキを併せて使用することで渋滞時の走行においての揺れを軽減。

 

凹凸のある路面や加速時には、モーターを最適にコントロールすることで車体姿勢の変化を抑えて快適なドライビングを実現。

 

また、モーターの駆動力やブレーキを細かくコントロールすることで、ライントレース性能がアップされます。

  

実用的!新型メガーヌE-Techエレクトリックの航続距離、充電時間は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの充電時間、航続距離

  • EV航続距離
    【60kWバッテリー仕様】
     2WD:450km、4WD:430km
  • 充電時間
    130kW急速充電器:30分で375km走行分

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックには、厚さを11cmに抑えた最新の60kWバッテリー「スリムライン」が搭載されます。

  

あわせて新開発されたモーターは高速巡行時の消費電力を低減し、一充電あたりの航続距離は450kmを実現。

 

また、最大130kWの急速充電に対応するとともに、バッテリーの温度を一定に保つ水冷式の温度調節システムを搭載し、30分の急速充電で最大375km分を充電することが可能となります。

 

最新システム!新型メガーヌE-Techエレクトリックの安全装備は?

f:id:carislife:20200715143759j:plain

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックには、「Highway&Traffic Jam Companion」を含む最新のドライバーアシスタンス機能が採用されます。

 

「Highway&Traffic Jam Companion」はレベル2自律運転システムとなり、0-160km/hの速度でステアリングアシストやアダプティブクルーズコントロールなどの機能を使用できるようになります。

 

▼ルノー新型メガーヌの安全装備

  • イージーパーキングアシスト
  • エマージェンシーブレーキサポート(アクティブブレーキ)
  • SDW(Safety Distance Warning)車間距離警報
  • パーキングセンサー+リアカメラ
  • LDW(Lane Departure Warning)車線逸脱警報
  • BSW(Blind Spot Warning)後側方車両検知警報
  • オートハイ/ロービーム
  • ヒルスタートアシスト
  • 運転席・助手席エアバッグ+前席サイドエアバッグ+カーテンエアバッグ

 

お手頃に!ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの価格

  • 450万円~

ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの価格は、コストダウンを徹底した最新プラットフォームを採用することで450万円ほどからが見込まれています。

 

基礎を共有する日産の電気自動車SUV「アリア」は500万円ほどからと発表されていますが、新型メガーヌE-Techエレクトリックでは都市部での使用をメインとすることで低価格がアピールされます。

 

いつ?ルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新世代電気自動車として設定されるルノー新型メガーヌE-Techエレクトリックは2021年末に生産開始、2022年の発売が予定されています。

 

ルノーは経営計画で電気自動車の強化を目標にあげており、新型メガーヌE-Techエレクトリックはブランドを象徴するモデルとしてアピールされます。

 

新型ルノー・メガーヌE-Techエレクトリックについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。