New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ダイハツ新型ロッキー】2021年11月1日「ロッキーハイブリッド」マイチェン発売!最新情報、燃費、価格は?

f:id:carislife:20191105113236j:plain

ダイハツが、コンパクトSUV「ロッキー」の新モデルとなる「ロッキーハイブリッド」の発売を予定しています。

 

新モデルにより魅力をアップするダイハツ新型ロッキーのスペックなどを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次 

【最新情報】1.2L HEV!ダイハツ「新型ロッキーハイブリッド」発売!

f:id:carislife:20191105113301j:plain

ダイハツが、SUV「ロッキー」の新モデルとなる「ロッキーハイブリッド」の発売を予定しています。

 

ダイハツ・ロッキーは、ブランドのコンパクトSUVとして2019年11月に現行モデルが発売され、軽快な走りや使い勝手が人気になっています。

  

新設定されるロッキーハイブリッドは、大幅な改善が求められる日本の新燃費基準に対応し、政府が目標とする電動車をメインとした将来の乗用車販売の足掛かりとするモデルとされ、ダイハツのハイブリッド復活車としてラインナップ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191016/20191016155700.jpg

ハイブリッドシステムには新開発された「eスマートハイブリッド」が搭載され、発電用の直列3気筒1.2Lエンジンと、走行用の電気モーターを組み合わせるシリーズハイブリッド構成を採用することで、高い走行性能と環境性能を両立します。

 

あわせて新型ロッキーではガソリン車に、1.2Lガソリン自然吸気エンジンを新設定。エクステリアデザインもリフレッシュすることにより質感がアップされます。

 

新型ロッキーの発売日は2021年11月1日が予定され、兄弟車のトヨタ「ライズ」にもハイブリッド車が設定されます。

 

▼トヨタ・ライズ

【トヨタ新型ライズ】「ライズハイブリッド」発売!最新情報、燃費、価格は?

▼ダイハツ・タント

【ダイハツ新型タント最新情報】フルモデルチェンジ発売!タントカスタム、DNGA、燃費、サイズ、価格は?

 

ダイハツ新型ロッキーの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ダイハツ新型ロッキーの変更点

  • 1.2Lシリーズハイブリッドシステムを搭載する「ロッキーハイブリッド」を設定
  • ガソリン車に1.2L自然吸気エンジンを設定
  • ガソリン車に新しいエクステリアデザインを採用

▽2019年11月新設定時の特徴

  • 兄弟車となるトヨタ「ライズ」と差別化した専用デザインを採用
  • 最新プラットフォーム「DNGA」採用車第2弾として制作
  • パワートレーンに1Lターボ、「D-CVT」を採用
  • 4WD車に、発進時やタイヤスリップしやすい路面の走行時に、車両の状態に合わせて最適なトルクを後輪に配分するダイナミックトルクコントロール4WDを採用
  • LEDデジタルスピードメーターと7インチTFTカラー液晶ディスプレイをシームレスに表示する新デザインメーターを採用
  • 「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」や「スマートパノラマパーキングアシスト(駐車支援システム)」を含む安全技術を採用。
    「ブラインドスポットモニター」と「リヤクロストラフィックアラート」の2つの新機能を採用
  • ディスプレイオーディオやカーナビゲーションとスマートフォンを接続することで、多彩なサービスを提供する「ダイハツコネクト」を採用

 

質感+!ダイハツ新型ロッキーの外装(エクステリア)デザインは?

f:id:carislife:20191105113318j:plain

f:id:carislife:20191105113323j:plain

新型ロッキーの外装は、改良にあわせて新しいデザインを採用することで質感がアップされます。

 

デザインはキープコンセプトとしながら、新しいエクステリアアクセントを採用。

 

f:id:carislife:20191105113400j:plain

安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダーと17インチの大径タイヤでSUVらしい力強さを強調。

  

f:id:carislife:20191105113507j:plain

f:id:carislife:20191105113505j:plain

f:id:carislife:20191105113502j:plain

ヘッドライトは全グレードでフルLED化するとともに、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用して周囲からの視認性が高められます。

    

最新装備!ダイハツ新型ロッキーの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191105113730j:plain

新型ロッキーの内装は、シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトレバーとコクピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワクする空間が表現されています。

 

f:id:carislife:20191105113905j:plain

装備には9インチのスマホ連携ディスプレイオーディオが設定され、SmartDriveLinkやApple CarPlay対応のスマホがディスプレイ上で操作できるように。

 

f:id:carislife:20191105113802j:plain
f:id:carislife:20191105113759j:plain
f:id:carislife:20191105113756j:plain
f:id:carislife:20191105113754j:plain

先進性とプレミア感のあるフル液晶を想起させるデザインを採用した「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」をX、G、Premiumに設定。

 

4種類のデザインをステアリングスイッチの操作で選択できるようになっています。

 

▼「G」グレード

f:id:carislife:20191105113733j:plain

▼「Premium」グレード

f:id:carislife:20191105114329j:plain

インテリアは「X」「G」グレードで赤色の加飾を施してアクティブ感を、最上級の「Premium」グレードでは革巻きのステアリングやシフトノブ、ソフトレザー調のシートを採用するとともに、黒とシルバーの加飾で上質感を表現。

 

f:id:carislife:20191105113736j:plain

フロントシートは背もたれサイドの形状を最適化して、ホールド性を向上。

 

座面を長くし形状を最適化することでフィット性を高め、安心感ある座り心地を実現。

 

f:id:carislife:20191105113751j:plain
f:id:carislife:20191105113748j:plain
f:id:carislife:20191105113744j:plain
f:id:carislife:20191105113741j:plain

さらに、豊富なポケッテリアを設定することで使い勝手を向上。

 

フロントコンソールの高さを生かしてサイド部分にもポケットを配置するなど、デザインと使い勝手のよさが両立されています。  

f:id:carislife:20191105113820j:plain

f:id:carislife:20191105113835j:plain

ラゲッジスペースはコンパクトモデルながらFF駆動ベースとすることで広い空間がとられ、最大容量369Lの大容量ラゲッジと80Lの大容量アンダーラゲッジを実現。

 

▼デッキボード上段時

f:id:carislife:20191105120607j:plain

▼デッキボード下段時

f:id:carislife:20191105120611j:plain

f:id:carislife:20191105113837j:plain

f:id:carislife:20191105113841j:plain

可動式デッキボードにより利便性がアップされ、デッキボード上段時では、後席シートを前倒しすることでフラットかつ奥行きのある空間となり、長尺物の収納にも対応。

 

さらに、デッキボードを取り外すと観葉植物など背丈の高い荷物も収納できるなど、様々なニーズに対応しています。

  

パワフル!ダイハツ新型ロッキーのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20171017144929j:plain

▼ダイハツ新型ロッキーのエンジンとスペック

  • 【ガソリン】
    ・直列3気筒1.2Lガソリン【新設定】
     出力:90ps/12.0kgm 
    ・直列3気筒1Lガソリンターボエンジン
     出力:98ps/14.3kgm
    ・トランスミッション:CVT「D-CVT」
  • 【ロッキーハイブリッド】【新設定】
    直列3気筒1.2Lエンジン+電気モーター「eスマートハイブリッド」
    システム出力:120ps
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型ロッキーには、新たにハイブリッドモデルが設定されます。

 

ハイブリッドモデルは、新開発された「eスマートハイブリッド」システムを採用し、発電用となる直列3気筒1.2Lエンジンと、走行用の電気モーターを組み合わせることで、走行性能をアップします。

 

その他、新型ロッキーはガソリン車に、環境性能を高めた1.2L自然吸気エンジンが搭載されます。

  

▼ダイハツ「D-CVT」

f:id:carislife:20190606143454j:plain

組み合わせるトランスミッションは先に新世代になっていた「タント」に採用されていた新開発の「D-CVT」とされ、ギヤを組み込むことで、従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる世界初の「パワースプリット技術」を採用。

 

高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。

 

変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されています。

   

f:id:carislife:20191105115107j:plain

4WDシステムには、電子制御式カップリング機能を用いた「ダイナミックトルクコントロール4WD」を採用。

 

走行状態や路面状況を検知し、ECUで前後輪に100:0~50:50までシームレスにトルク配分を行なうことで、機械式カップリングを用いた4WDと比較して安定した走行性能を実現。

 

f:id:carislife:20191105115111j:plain

走行中のトルク配分は、マルチインフォメーションディスプレイで確認できるようになっています。

   

ダイハツ新型ロッキーを試乗動画でチェック!

ダイハツ新型ロッキーは試乗動画も公開されています。

 

最新システムによりあがった質感が高い評価を受けています。

 

 

改善!ダイハツ新型ロッキーの燃費は?

f:id:carislife:20171017151505j:plain

▼ダイハツ新型ロッキーの燃費

  • 【1.2Lガソリン】
    WLTCモード値:19km/L
  • 【1.2Lハイブリッド】
    WLTCモード値:27km/L

新型ロッキーの燃費性能は、最新パワートレインの採用によりアップします。

 

設定が予定されるハイブリッド車では、WLTCモード値27km/Lが見込まれています。

 

▼参考:ロッキー(前モデル)の燃費

  • 【1Lターボ】
    ・FF車
     JC08モード:23.4km/L、WLTCモード:18.6km/L
    ・4WD車
     JC08モード:21.2km/L、WLTCモード:17.4km/L

 

最新システム!ダイハツ新型ロッキーの安全装備は?

f:id:carislife:20191105115322j:plain

新型ロッキーの安全装備には、これまで他モデルで採用されていたスマートアシスト3をベースに、ステレオカメラの特性を余すことなく使い切る独自の制御ロジックを構築することで機能をアップした新世代スマートアシストが採用されています。

 

▼スマートパノラマパーキングアシスト

f:id:carislife:20191105115448j:plain

f:id:carislife:20191105115451j:plain

新世代スマートアシストには、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」のほか、左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えてステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」などを搭載。

 

歩行者や車両を検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能」、
駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」も採用することで、運転がアシストされます。

 

また、隣接する車線の死角を走る車両を検知してミラーインジケーターを点灯させドライバーに知らせる「ブラインドスポットモニター」と、後方を横切る車両を検知してミラーインジケーターとブザー音で注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」の2機能が新たに追加され、後方確認時の安全性がアップしています。

 

▼ダイハツ新世代スマートアシストの機能

  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
    先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御
  • 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」
    左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。
    ドライバーはシフトレバー/アクセル・ブレーキの操作と周囲の安全確認に専念することができ、駐車が苦手な方でも安心して駐車可能。また、並列駐車・縦列駐車ともに対応可能
  • 「LKC(レーンキープコントロール)」
    車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト
  • 「車線逸脱抑制制御機能」
    クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示とともに、車線内に戻すようステアリング操作をアシスト
  • 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」
    ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光
  • 「標識認識機能(進入禁止)」
    進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ
  • 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」
    従来のエンジン出力抑制に加え、ブレーキ制御を付加することで、急発進を防止
  • 「サイドビューランプ」
    夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させることで、ステアリングを切った方向を明るく照射

 

軽快!ダイハツ新型ロッキーのボディサイズは?

f:id:carislife:20191105113653j:plain

▼新型ロッキーのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
  • ホイールベース:2525mm
  • 最低地上高:185mm
  • タイヤサイズ:195/60R17
  • ※参考
    ・ダイハツ・ビーゴ
     全長×全幅×全高:4005×1695×1690mm
     ホイールベース:2580mm
     車両重量:1160kg
     乗員:5人

ダイハツ新型ロッキーのボディサイズは、前モデルとなる「ビーゴ」とほぼ同じサイズとされています。

 

これにより、既存ユーザーの乗り換えも検討しやすい作りになっています。

 

新型ロッキーは最新の技術により最適化したシャシーで前モデルから軽量化し、走りと燃費を向上しています。

f:id:carislife:20191105115739j:plain

お値段控えめ!ダイハツ新型ロッキーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ダイハツ新型ロッキーの価格

  • ガソリン:160万円~
  • ロッキーハイブリッド:220万円~

新型ロッキーは、ガソリン車に1.2L自然吸気エンジンを設定することによりスタート価格がダウンします。

 

設定が予定されるロッキーハイブリッドは、ガソリン車の上級グレードと比較できる220万円ほどからとされ、高い走行性能がアピールされます。

 

▼参考:ロッキー(前モデル)の価格

  • L
    FF:170万5000円、4WD:194万48000円
  • X
    FF:184万8000円、4WD:208万6700円
  • G
    FF:200万2000円、4WD:222万4400円
  • Premium
    FF:220万0000円、4WD:242万2200円

 

いつ?ダイハツ新型ロッキーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ダイハツ新型ロッキーに新設定される「ロッキーハイブリッド」は、2021年11月1日の発売が予定されています。

   

トヨタにも「ライズハイブリッド」としてOEM供給され、両ブランドのコンパクトSUVを強化することになります。

  

前モデルのダイハツ・ビーゴを【おさらい】

▼ダイハツ・ビーゴ(初代)

Daihatsu Be-go 001.JPG

ダイハツ・ビーゴ(Be-go)は、初代が2005年の東京モーターショーで公開され、2006年1月から2016年3月までの10年間、ロングライフ販売されたコンパクトSUVです。

 

車名の「Be-go」の由来は、英語の「be(ある・いる)」から「go(出る・行く)」への変化を意味し、積極的に行動できるクルマをイメージして命名されました。

 

ダイハツ「テリオス」の後継車として企画され、スズキ「ジムニーシエラ」や三菱「パジェロジュニア」などと同じく、本格的悪路走破性能を持つオフローダーとして開発されました。

 

この経緯からビーゴもヨーロッパなどでは2代目「テリオス」として販売されていました。

 

車体には、高剛性を確保できるラダーフレームとモノコックボディを一体化させた「ビルトインラダーフレーム式モノコック」を採用し、コンパクトカーでは希少な縦置きエンジン、FR駆動をベースにした4WDも用意。

 

トランスミッションには4速ATのほか、5速MTも用意され幅広いニーズに対応していました。

 

OEM車種としてトヨタから「ラッシュ」も販売され、実用性が高く、走行性能にも優れたコンパクトSUVとして人気になりました。

 

新型ダイハツロッキーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。