New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スバル新型レックス】「スバル版ライズ/ロッキー!」2022年11月11日発売!最新情報、燃費、価格は?

スバルが、コンパクトSUV「レックス」の発売を発表しました。

 

最新技術を採用し魅力を高めたスバル新型レックスのスペックなどを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次 

【最新情報】ライズ/ロッキー兄弟車!スバル「新型レックス」発売!

▼スバル新型レックスの画像

スバルが、SUV「レックス(REX)」の発売を発表しました。

 

スバル・レックスは以前、ブランドの軽自動車として1972年から20年間、3代目までが販売され、「ヴィヴィオ」の登場にあわせ販売が終了されていました。

 

復活したスバル新型レックスは、ダイハツが生産するコンパクトSUV「ロッキー」、OEM供給されるトヨタ「ライズ」の兄弟車として制作され、フルモデルチェンジにより1.6Lエンジンが廃止された「クロストレック(前モデル:XV)」に代わり、ブランドのエントリーSUVとして設定。

 

パワートレインには直列3気筒1.2Lエンジンを設定し、駆動方式にはFFのみを採用。

 

最新の装備により、快適性や安全性が高められています。

 

新設定されたスバル新型レックスは2022年11月11日に発売。価格は1,820,000円~2,171,100円となっています。

 

▼スバル新型レックスの動画

▼スバル・クロストレック

【新型クロストレック】「新世代!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

▼スバル・フォレスター

 【新型フォレスターE型】「STIスポーツ追加!」年次改良日本発表!最新情報、サイズ/燃費、価格は?

▼ダイハツ・ロッキー(OEM元モデル)

【ダイハツ新型ロッキー】マイチェン発売!最新情報、燃費、価格は?

▼トヨタ・ライズ(兄弟車)

【トヨタ新型ライズ】「ライズハイブリッド」発売!最新情報、燃費、価格は?

 

スバル新型レックスの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スバル新型レックスの特徴

  • ダイハツ「ロッキー」、トヨタ「ライズ」の兄弟車として制作
  • 1.2L自然吸気エンジン、FF駆動のみを設定
  • 最新安全システムを採用

 

182万円から!スバル新型レックスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スバル新型レックスの価格

  • 1.2Lガソリン&FF
    ・G:1,820,000円
    ・Z:2,171,100円

スバル新型レックスの価格は、コンパクトSUVとして選びやすさが重視されています。

 

グレードには、兄弟車トヨタ「ライズ」に設定されている中間グレード「G」と上位グレード「Z」が設定され、パワートレインは1.2Lガソリン、FF車のみ、価格は182万円からとなっています。

 

▼参考:トヨタ・ライズの価格

▽1.2Lガソリン
(全車FF)

  • X
    FF:171万7000円
  • G
    FF:186万7000円
  • Z
    FF:204万9000円

▽ライズハイブリッド
(1.2Lハイブリッド/全車FF)

  • G HEV
    FF:217万3000円
  • Z HEV
    FF:233万8000円

▽1Lガソリンターボ(全車4WD)

  • X
    4WD:199万4800円
  • G
    4WD:214万3700円
  • Z
    4WD:230万9200円

 

迫力+!スバル新型レックスの外装(エクステリア)デザインは?

新型レックスの外装は、大型のグリルを採用し力強いスタイルに仕上げられています。

 

車体は安心を感じさせる厚みのあるロアボディと、薄く軽快なキャビンを支える張り出したフェンダー、17インチの大径タイヤでSUVらしい力強さを強調。

 

デザイン要素をシンプルで明快にすることで、コンパクトでありながらクリア感と力強い存在感を表現されています。

 

f:id:carislife:20191105113507j:plain

f:id:carislife:20191105113505j:plain

f:id:carislife:20191105113502j:plain

ヘッドライトはフルLED化するとともに、安全性と先進性を表現したLEDシーケンシャルターンランプを採用して周囲からの視認性が高められています。

  

最新装備!スバル新型レックスの内装(インテリア)デザイン

新型レックスの内装は、シルバー加飾を施した背の高いフロントコンソールや、高い位置にあるスポーティなシフトレバーとコクピットタイプのインパネデザインにより、SUVらしいワクワクする空間が表現されています。

 

f:id:carislife:20211101141550j:plain

装備には、上位グレードに電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を採用。

 

f:id:carislife:20191105113905j:plain

また、メーカーオプションとしてApple CarPlayおよびAndroid Autoに対応可能な9インチのディスプレイオーディオを設定。

 

f:id:carislife:20191105113802j:plain
f:id:carislife:20191105113759j:plain
f:id:carislife:20191105113756j:plain
f:id:carislife:20191105113754j:plain

先進性とプレミア感のあるフル液晶を想起させるデザインを採用した「アクティブ マルチ インフォメーションメーター」を採用。

 

4種類のデザインをステアリングスイッチの操作で選択できるようになっています。

 

f:id:carislife:20191105113733j:plain

f:id:carislife:20191105114329j:plain

f:id:carislife:20191105113736j:plain

フロントシートは背もたれサイドの形状を最適化して、ホールド性を向上。

 

座面を長くし形状を最適化することでフィット性を高め、安心感ある座り心地を実現。

 

f:id:carislife:20191105113751j:plain
f:id:carislife:20191105113748j:plain
f:id:carislife:20191105113744j:plain
f:id:carislife:20191105113741j:plain

さらに、豊富なポケッテリアを設定することで使い勝手を向上。

 

フロントコンソールの高さを生かしてサイド部分にもポケットを配置するなど、デザインと使い勝手のよさが両立されています。  

f:id:carislife:20191105113835j:plain

ラゲッジスペースはコンパクトモデルながらFF駆動ベースとすることで広い空間がとられ、最大容量369Lの大容量ラゲッジと80Lの大容量アンダーラゲッジを実現。

 

▼デッキボード上段時

f:id:carislife:20191105120607j:plain

▼デッキボード下段時

f:id:carislife:20191105120611j:plain

f:id:carislife:20191105113837j:plain

f:id:carislife:20191105113841j:plain

可動式デッキボードにより利便性がアップされ、デッキボード上段時では、後席シートを前倒しすることでフラットかつ奥行きのある空間となり、長尺物の収納にも対応。

 

さらに、デッキボードを取り外すと観葉植物など背丈の高い荷物も収納できるなど、様々なニーズに対応しています。

  

パワフル!スバル新型レックスのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20171017144929j:plain

▼スバル新型レックスのエンジンとスペック

  • 【ガソリン】
    直列3気筒1.2Lガソリン
    出力:87ps/11.5kgm 
    駆動方式:FF
    トランスミッション:CVT「D-CVT」

▽参考:ダイハツ ロッキー/トヨタ ライズのパワートレイン

  • 【ガソリン】
    ・直列3気筒1Lガソリンターボエンジン
     出力:98ps/14.3kgm
     駆動方式:4WD
    ・トランスミッション:CVT「D-CVT」
  • 【ハイブリッド】
    直列3気筒1.2Lエンジン+電気モーター「eスマートハイブリッド」
    システム出力:106ps/17.3kgm
    駆動方式:FF

新型レックスには、兄弟車のダイハツ「ロッキー」やトヨタ「ライズ」に設定されている1Lターボエンジンやハイブリッドモデルは設定されず、1.2Lガソリン自然吸気エンジン、FFモデルが設定されています。

 

組み合わせるトランスミッションは最新の「D-CVT」とされ、ギヤを組み込むことで、従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる「パワースプリット技術」を採用。

 

高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。

 

変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されています。

   

良好!スバル新型レックスの燃費は?

f:id:carislife:20171017151505j:plain

▼スバル新型レックスの燃費

  • 【1.2Lガソリン】(FF)
    WLTCモード値:20.7km/L

新型レックスの燃費性能は、1.2LエンジンのガソリンFF車で20.7km/Lが確保されています。

 

これによりSUVの力強いスタイルとコンパクトモデルとしての使い勝手が高められています。

 

▼参考:ダイハツ ロッキーの他パワートレインの燃費

  • 【1Lターボ】(4WD)
    WLTCモード値:17.4km/L
  • 【1.2ハイブリッド】(FF)
    WLTCモード値:28.0km/L

 

最新機能!スバル新型レックスの安全装備は?

新型レックスの安全装備には、ステレオカメラの特性を余すことなく使い切る独自の制御ロジックを構築することで機能をアップした新世代スマートアシストが採用されています。

 

▼スマートパノラマパーキングアシスト

f:id:carislife:20191105115451j:plain

新世代スマートアシストには、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」のほか、左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えてステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」などを搭載。

 

歩行者や車両を検知対象とした「衝突警報機能および衝突回避支援ブレーキ機能」、
駐車場などでのアクセルとブレーキの踏み間違い時における衝突被害軽減に寄与する「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」も採用することで、運転がアシストされます。

 

また、隣接する車線の死角を走る車両を検知してミラーインジケーターを点灯させドライバーに知らせる「ブラインドスポットモニター」と、後方を横切る車両を検知してミラーインジケーターとブザー音で注意喚起する「リヤクロストラフィックアラート」の2機能も採用し、後方確認時の安全性をアップ。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20210921/20210921134817.jpg

加えて、上位グレードには、旋回時、車両が外側に膨らんでいると検知した場合、 内輪にわずかな制動力を加えることで旋回方向を補正、コーナリングの安定化に寄与する「CTA(コーナリングトレースアシスト)」が標準装備されています。

 

軽快!スバル新型レックスのボディサイズは?

f:id:carislife:20191105113653j:plain

▼新型レックスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3995×1695×1620mm
  • ホイールベース:2525mm
  • 最低地上高:185mm
  • タイヤサイズ:195/60R17

スバル新型レックスのボディサイズは、コンパクトSUVとして取り回しのしやすいサイズとされています。

f:id:carislife:20191105115739j:plain

車体は最新プラットフォームを採用することで室内空間を拡大するほか、ボディ剛性も高められています。

 

いつ?スバル新型レックスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新設定されたスバル新型レックスは、2022年11月11日に発売されました。

   

スバルはコンパクトSUVとしてレックスを設定することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

新型スバル・レックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。