New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型タント】2022年末「新デザイン!」マイナーチェンジ発売!最新情報、タントカスタム、価格は?

f:id:carislife:20201201142220j:plain

ダイハツが、軽ハイトワゴン「タント」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型タントについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

  

▼この記事の目次

【最新情報】リフレッシュ!「新型タント」マイナーチェンジ発売!

f:id:carislife:20210921135546j:plain

ダイハツが、軽自動車「タント」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

ダイハツ・タントは、助手席側ピラーレスの大開口ドアをセールスポイントに制作され、現行モデルは2019年7月にフルモデルチェンジ。2021年9月には電動パーキングブレーキを採用するなど、改良されていました。

 

f:id:carislife:20210921135349j:plain

改良される新型タントでは、現行モデルの登場から3年を迎えるのにあわせ、存在感をアップした新しいデザインを採用することで魅力をアップ。

 

インテリアには、コネクティッドサービスとの連携をアップした最新インフォテインメントシステムや新しいカラーを採用。

 

あわせて、これまでラインナップされていたスマートアシスト非装着車が廃止されます。

 

マイナーチェンジする新型タントは2022年末の発売が予定されています。

 

▼ダイハツ・ムーヴキャンバス

 【新型ムーヴキャンバス】改良発売!最新情報、燃費、価格は?

 

ダイハツ新型タントの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ダイハツ新型タントの変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • 最新のインフォテインメントシステムを設定
  • 新しいボディカラー、インテリアカラーを設定
  • スマートアシスト非装着車を廃止

▽2021年9月の変更点

  • ターボ車に、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールドのほか、「コーナリングトレースアシスト(CTA)」機能をダイハツ初採用
  • 自然吸気エンジン車に、ターボ車に採用される「全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール」、電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド、コーナリングトレースアシストなどをセットとした「スマートクルーズパック」をオプション設定
  • ボディカラーで、タントに「プラムブラウンクリスタルマイカ」、タントカスタムに「ターコイズブルーマイカメタリック」を新設定

 

存在感UP!ダイハツ新型タントの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20210921133825j:plain

f:id:carislife:20190606155513j:plain

ダイハツ新型タントの外装は、新しいデザインを採用することにより存在感をアップします。

 

現行モデルは初代をイメージし機能性を訴えかけるデザインとされていましたが、新型タントではボディサイドを強調することでワイドな印象とし、広い室内空間をアピール。

 

f:id:carislife:20190606155516j:plain

f:id:carislife:20190606155518j:plain

スポーティモデルの新型タントカスタムでは、より鋭いラインにより引き締まった印象をプラス。大型のグリルをあわせることで迫力あるデザインに仕上げられます。

 

質感UP!ダイハツ新型タントの内装(インテリア)

f:id:carislife:20201201141419j:plain

f:id:carislife:20201201141422j:plain

新型タントの内装は、最新のデザインや装備を採用することにより質感が高められます。

 

改良では、コネクティッドサービスとの連携を強化した最新のインフォテインメントシステムを採用し、多彩な情報の提供に対応。

 

また、新しいインテリアカラーを設定することで質感が高められます。

 

f:id:carislife:20210921134815j:plain

タントは2021年の改良時に、これまで足踏み式とされていたパーキングブレーキに、新しく電動パーキングブレーキとオートブレーキホールド機能を採用し、ターボ車に標準装備、自然吸気エンジン車にオプション設定することにより使いやすさを向上。

  

f:id:carislife:20210921135349j:plain

f:id:carislife:20201201141427j:plain

スポーティモデルのタントカスタムは、ブラックのシートを採用することでシックなデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190606141214j:plain

助手席側ドアには、タントの特徴となっているピラーレスの「ミラクルオープンドア」が採用、前後の空間を仕切らない広い開口部を実現。

 

f:id:carislife:20190606155947j:plain

シートは、運転席と助手席でロングスライドに対応することで、助手席側から運転席までスムーズに乗り降りすることができるように。

 

f:id:carislife:20190606142048j:plain

加えて、パワースライドドアには「ウェルカムオープン機能」を搭載し、降車時に予約をしておくことで、両手がふさがっている場合でも車に近づくだけでドアを自動でオープン。

 

f:id:carislife:20190709141323j:plain

f:id:carislife:20190709141327j:plain

f:id:carislife:20190709141338j:plain

室内には、ラゲッジスペースのほか機能的な収納が各所に配置され、使い勝手が高められています。

 

f:id:carislife:20190709141335j:plain
f:id:carislife:20190709141332j:plain

 

最新!ダイハツ新型タントのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190606142531j:plain

▼ダイハツ新型タントのエンジンとスペック

  • 【自然吸気(NA)エンジン】
    直列3気筒660cc
    出力:52ps/6.1kgm
  • 【ターボエンジン】
    直列3気筒660ccターボ
    出力:64ps/10.2kgm
  • トランスミッション:D-CVT
  • 駆動方式:FF/4WD

新型タントのパワートレインには、DNGAプラットフォームにあわせ性能をアップした660ccエンジンが搭載されます。

 

f:id:carislife:20190606143357j:plain

エンジンは、性能の根幹となる燃焼素性を改善することで、燃費性能や走行性能に加え、環境性能などすべての要素で性能を向上。

 

「マルチスパーク(複数回点火)」を採用することで、シリンダー内での燃焼速度を早め、ノッキングを抑制することで燃費性能をアップ。

  

その他、噴射する燃料の形状を粒状から霧状に変更することでポート内や燃焼室内への燃料付着を低減し、シリンダー内への燃料直入率を向上。

 

また高タンブルストレートポートにより、燃焼室内での混合気の縦方向回転をより強化し、燃焼速度アップが実現されます。

 

▼ダイハツ「D-CVT」

f:id:carislife:20190606143454j:plain

組み合わせるトランスミッションは新世代の「D-CVT」とされ、ギヤを組み込むことで、従来CVT同様の「ベルト駆動」に加え、より伝達効率の良い「ベルト+ギヤ駆動」が可能となる「パワースプリット技術」を採用。

 

高速域では「ベルト+ギヤ駆動」となり、伝達効率を約8%向上。

 

変速比幅をロー側、ハイ側ともに広げ、従来の5.3から7.3まで拡大することで、低速域でのパワフルでスムーズな加速と、高速域での低燃費で静かな走りが実現されます。

 

良好!ダイハツ新型タントの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ダイハツ新型タントの燃費

  • 660cc自然吸気エンジン
    ・JC08モード値
     FF:27.2km/L、4WD:25.4km/L
    ・WLTCモード値
     FF:21.2km/L、4WD:20.2km/L
  • 660ccターボエンジン
    ・JC08モード値
     FF:25.2km/L、4WD:23.8km/L
    ・WLTCモード値
     FF:20.0km/L、4WD:18.8km/L

新型タントの燃費は、WLTCモード値で21.2km/Lとなっています。

 

前世代はJC08モード値で28.0km/Lとされていましたが、新型タントでは新しいパワートレインの採用により実燃費に近い新燃費規格であるWLTCモード値が重視され、60km/h走行時に約12%、100km/h走行時に約19%走行効率が改善されています。

 

最新システム!ダイハツ新型タントの安全装備は?

f:id:carislife:20190606143626j:plain

新型タントの安全装備には、ステレオカメラの特性を余すことなく使い切る独自の制御ロジックを構築することで機能をアップした新世代スマートアシストが採用されます。

 

▼スマートパノラマパーキングアシスト

f:id:carislife:20190606143628j:plain

新世代スマートアシストには、全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」のほか、左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えてステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」などを搭載。

 

「レーンキープコントロール」や「車線逸脱抑制制御機能」も採用することで、運転をアシスト。

 

f:id:carislife:20201201142557j:plain

2020年12月の改良では、2020年6月に発売されたクロスオーバー「タフト」に搭載された最新バージョンの安全システムを採用されており、衝突被害軽減ブレーキに夜間の歩行者検知機能を追加し、路側逸脱警報機能、ふらつき警報、標識認識機能(最高速度/一時停止)も採用することで安全性をアップしています。

 

▼ダイハツ新世代スマートアシストの機能

  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
    先行車の車速や距離をステレオカメラが検知し、車間距離や車速を維持、先行車に追従し停車まで制御
  • 駐車支援機能「スマートパノラマパーキングアシスト」
    左右のカメラが駐車枠の白線を検知し、音声と画面ガイドに加えて、ステアリング操作をアシスト。
    ドライバーはシフトレバー/アクセル・ブレーキの操作と周囲の安全確認に専念することができ、駐車が苦手な方でも安心して駐車可能。また、並列駐車・縦列駐車ともに対応可能
  • 「LKC(レーンキープコントロール)」
    車線をステレオカメラが検知し、車線の中央を走行するよう、ステアリング操作をアシスト
  • 「車線逸脱抑制制御機能」
    クルマが車線をはみ出しそうになると、メーター内表示とともに、車線内に戻すようステアリング操作をアシスト
  • 「ADB(アダプティブドライビングビーム)」
    ハイビームで走行中に対向車を検知すると、対向車の部分のみ自動で遮光
  • 「標識認識機能(進入禁止)」
    進入禁止の標識をステレオカメラが検知すると、メーター内表示でお知らせ
  • 「ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)」
    従来のエンジン出力抑制に加え、ブレーキ制御を付加することで、急発進を防止
  • 「サイドビューランプ」
    夜間の右左折時、通常のヘッドランプに加え、左右方向を照らす補助灯を追加点灯させることで、ステアリングを切った方向を明るく照射

 

広く!ダイハツ新型タントのサイズ、車体設計は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190606/20190606155513.jpg

▼ダイハツ新型タントのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1755mm
    (4WD車は全高1775mm)
  • ホイールベース:2460mm
  • 室内長×室内幅×室内高:2180×1350×1370mm
  • 車重:880kg
  • ※参考
    ・ダイハツ・タント(前モデル)
     全長×全幅×全高:3395×1475×1750mm
     室内長×室内幅×室内高:2200×1350×1365mm
     ホイールベース:2455mm
     車重:920kg

新型タントのボディサイズは、全長と全幅が前世代で軽自動車規格いっぱいまでつかった設計となっていたため変更はありませんが、全高が+5mm、ホイールベースが+15mm拡大されています。

 

▼ダイハツ新旧プラットフォームの比較

f:id:carislife:20190606150243j:plain

プラットフォームには、最新の「DNGAプラットフォーム」を採用し、サスペンションやアンダーボディの構造合理化による各部の板厚最適化や部品点数の削減、アッパーボディのハイテン率10%向上、樹脂部品の活用、外板や隔壁の板厚最適化などにより車体で80kg、装備の充実分を吸収し40kg軽量化。

 

フロア高も前モデルから16mm低床化して、子供や高齢者などの乗降性、ラゲッジスペースに対する荷物の積載性が向上されています。

 

また、上下曲げ剛性を従来比30%アップした「新開発アンダーボディ」や、新開発サスペンションをあわせることで、乗り心地がアップされています。

  

アップ!ダイハツ新型タントの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ダイハツ新型タントの価格

  • 135万円~205万円

新型タントの価格は、これまで設定されていたスマートアシスト非装着車を廃止することで、スタート価格が10万円ほどアップします。

 

しかし、2021年の改良で採用された電動パーキングブレーキを自然吸気エンジンで7万7000円のオプションとすることで、価格を抑えた選択にも対応します。

 

▼参考:ダイハツ・タント(現行モデル)の価格

▽タント

  • L スマートアシスト非装着車
    FF:1,243,000円、4WD:1,369,500円
  • L
    FF:1,342,000円、4WD:1,468,500円
  • X“スペシャル”
    FF:1,408,000円、4WD:1,534,500円
  • X
    FF:1,490,500円、4WD:1,617,000円
  • X ターボ
    FF:1,666,500円、4WD:1,787,500円

▽タントカスタム

  • カスタム X
    FF:1,721,500円、4WD:1,842,500円
  • カスタム X“スタイルセレクション”
    FF:1,749,000円、4WD:1,870,000円
  • カスタム RS
    FF:1,875,500円、4WD:1,996,500円
  • カスタム RS“スタイルセレクション”
    FF:1,903,000円、4WD:2,024,000円

▽オプション

  • 【スマートクルーズパック】価格:77,000円
    全車速追従機能付アダプティブクルーズコントロール
    レーンキープコントロール(LKC)
    コーナリングトレースアシスト(CTA)
    スマートクルーズ専用ディスプレイ
    ステアリングホイールスイッチ
    ETCユニット
    電動パーキングブレーキ
    オートブレーキホールド

   

いつ?ダイハツ新型タントの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジするダイハツ新型タントは、2022年末の発売が予定されています。

  

ダイハツは主力車であるタントをリフレッシュすることで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

ダイハツ・タントを「おさらい」

▼ダイハツ・タント(初代)

Daihatsu Tanto 001.JPG

ダイハツ・タントは、2003年に初代が発売されたダイハツのモアスペース系と言われる軽自動車ワゴンです。

 

軽自動車にも大きな室内空間を求めるユーザーが増えたことから、販売台数では「ムーヴ」を抜いてダイハツの主力車種になっています。

 

▼ダイハツ・タント(2代目)

Daihatsu Tanto Custom RS Turbo 0244.JPG

車名の「tanto」の由来は、イタリア語の「とても広い、たくさんの」という意味からきており、日本語にも似た意味をあらわす「たんと」があることから、クルマの性格をイメージしやすい車名として採用されました。

 

車名とおなじく広い室内空間を軽自動車に盛り込んだタントは、軽自動車の規格ぎりぎりまでサイズを拡大し室内空間の効率も改善することで、部活に通う子供が車内で着替えることもできるようにしたことで評判をアップ。

 

▼ダイハツ・タント(3代目)

Daihatsu Tanto X-Turbo SA.JPG

あわせて、ダイハツの主力車種として安全装備も充実。

 

2015年に「スマートアシスト2」が搭載されたあと、2016年後半には進化版の「スマートアシスト3」が採用され、安心して運転できることも好調な販売につながりました。

  

新型ダイハツ・タントについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。