New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ロータス新型エミーラ】1386万円!「AMG製2Lターボ!」2022年4月22日日本発売!最新情報、スペックは?

f:id:carislife:20210707061452j:plain

ロータスが、「エミーラ」の新モデル日本発売を発表しました。

 

新世代技術により魅力をアップした新型エミーラについて、スペックや価格などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】2Lターボ追加!ロータス新型「エミーラ」日本発売!

▼ロータス新型エミーラの画像

f:id:carislife:20210707061509j:plain

ロータスが、新世代スポーツカー「EMIRA(エミーラ)」の直列4気筒モデルとなる「エミーラ ファーストエディション」の日本発売を発表しました。

 

ロータス・エミーラは、2021年に生産を終了した「エリーゼ」「エキシージ」「エヴォーラ」に代わる新世代スポーツモデルとして制作。

 

今後電動車のラインナップ拡大を予定するロータスで、最後の内燃機関を搭載したモデルになるとされています。

 

f:id:carislife:20210707061619j:plain

エミーラは2021年10月から、トヨタ製V型6気筒3.5Lスーパーチャージャーエンジンを搭載する「エミーラV6ファーストエディション」の受注が行われていましたが、今回追加された「エミーラ ファーストエディション」では、エミーラのために特別に製造されたAMG直列4気筒2Lターボエンジンを搭載。

 

エンジンは、ミッドマウントするためのハードウェアの変更と、ロータスの魅力を引き出すソフトウェアのチューニングを実施。

 

最高出力は365psを発揮し、ローラーベアリングを備えたツインスクロールシングルターボチャージャーとエミーラ専用のエキゾーストシステムにより、高いレスポンスを実現。

 

トランスミッションには、ロータス初となるパドルシフト付き8速DCTが組み合わせられています。

 

ロータス新型エミーラ ファーストエディションは、2022年4月22日に日本での受注を開始し、2023年1月以降の生産開始を予定。価格は1386万円となっています。

 

▼ロータス新型エミーラの動画

▼ロータス・エレトレ

【ロータス新型エレトレ】「最強空力EV SUV!」最新情報、スペック、航続距離、価格は?

 

ロータス新型エミーラの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ロータス新型エミーラの特徴

  • ブランド最後の内燃機関車として制作
  • 最新のエクステリアデザインにより、空力性能を向上
  • 3.5Lエンジンのほか、2Lターボエンジンをラインナップ
  • 最新インフォテインメントシステムを採用
  • 先進システムを搭載し、安全性を向上

  

空力UP!ロータス新型エミーラの外装(エクステリア)デザイン

▼ロータス新型エミーラの画像

f:id:carislife:20210707061533j:plain

ロータス新型エミーラの外装は、最新のデザインにより空力性能を大きくアップしています。

 

f:id:carislife:20210707061552j:plain

ボンネットには配置されるベントは、空気の流れを誘導し、エアロダイナミクス性能を向上。

 

フルLEDヘッドランプには、ツインブレードデザインが採用されています。

 

f:id:carislife:20210707061549j:plain

f:id:carislife:20210707061537j:plain

f:id:carislife:20210707061529j:plain

ホイールは20インチとされ、標準でグッドイヤー・イーグルF1スーパースポーツタイヤを装備。

 

オプションで、ミシュラン・パイロットスポーツカップ2タイヤも設定。

 

f:id:carislife:20210707061545j:plain

f:id:carislife:20210707061543j:plain

リアでは、ナンバープレートのサイドにツインエキゾーストパイプが配置され、ダウンフォースを高めるディフューザーも装着されています。

   

拡大!ロータス新型エミーラのボディサイズは?

f:id:carislife:20210707061604j:plain

▼ロータス新型エミーラのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4413×1895×1226mm
  • ホイールベース:2575mm
  • 車重:1405kg
  • ※参考
    ・ロータス エヴォーラ
     全長×全幅×全高:4390×1850×1240mm
     ホイールベース:2575mm
    ・ロータス エキシージ
     全長×全幅×全高:4080×1800×1130mm
     ホイールベース:2370mm
    ・ロータス エリーゼ
     全長×全幅×全高:3800×1720×1130mm
     ホイールベース:2300mm

ロータス新型エミーラのボディサイズは、これまで設定されていた上位モデル「エヴォーラ」から拡大されています。

 

車体には、新開発された接着アルミニウムシャーシが採用され、車重は1405kgまで軽量化されています。

  

最新装備!ロータス新型エミーラの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210707061615j:plain

ロータス新型エミーラの内装は、高いスポーツ性能を楽しむことができる空間に、日常での使い勝手をアップする最新装備が採用されています。

 

シートには標準で4方向の電動調整が採用され、オプションとして運転席と助手席に12方向の電動調整機能を備えたプレミアムスポーツシートを設定。

 

f:id:carislife:20210707061619j:plain

ディスプレイには、12.3インチのデジタルメーターと10.25インチのタッチスクリーンを採用。

 

インフォテインメントシステムは、Android AutoとApple CarPlayに対応することで、多彩なサービスを利用できるように。

 

また音響には、英国KEFの10チャンネルプレミアムサウンドシステムを装備。

 

収納も拡大され、携帯電話の収納スロットを間に配置した2つのカップホルダーのほか、500mlペットボトルを収納できるドア収納、グローブボックス、シフトレバー前の小物収納、USBポートと12Vソケットを備えたアームレストを採用。

 

トランク容量は151Lを確保し、キャリーケースやゴルフバックを収納できるようになっています。

 

最新!ロータス新型エミーラのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20210707061540j:plain

▼ロータスエミーラのエンジンスペック

  • エンジン(2種)
    ・トヨタ製V型6気筒3.5Lスーパーチャージャー
     出力:405ps/42.8kgm(AT車は43.8kgm)
     0-100km/h加速:6速MT 4.3秒、6速AT 4.2秒
     最高速度:290km/h
    ・AMG製直列4気筒2Lターボ
     出力:365ps/43.8kgm
     0-100km/h加速:4.2秒
     最高速度:283km/h
  • トランスミッション
    V型6気筒エンジン:6速MT or 6速AT
    直列4気筒エンジン:8速デュアルクラッチ式「DCT」
  • 駆動方式:MR

ロータス新型エミーラのエンジンには、これまで他モデルに搭載されていたトヨタ製V型6気筒3.5Lスーパーチャージャーエンジンに加え、新たにパートナーシップを結んだAMG製の直列4気筒2Lターボエンジンが搭載されています。

 

V型6気筒エンジンは最高出力405ps、最大トルクは6速MT車で42.8kgm、6速AT車で43.8kgmを発揮。

 

AMG製直列4気筒2Lターボは365ps/43.8kgmを出力し、8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせ、走りを楽しむことができるようになっています。

 

充実!ロータス新型エミーラの安全装備は?

f:id:carislife:20210707061622j:plain

ロータス新型エミーラの安全装備には、ブランドの最新システムが採用されています。

 

システムには、アダプティブクルーズコントロールや衝突防止システム、疲労感知アラーム、道路標識情報、車線逸脱警告、後退時警告機能、レーンチェンジアシストを採用。

 

その他、新型エミーラでは、雨感知ワイパーやリアパーキングセンサー、自動防眩バックミラー、カーテンエアバッグ、盗難車両トラッカーなどの機能を装備することで、使い勝手や安全性が高められています。

 

1386万円から!ロータス新型エミーラの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ロータス新型エミーラの価格

  • エミーラ V6ファーストエディション(V型6気筒モデル)
    1452万円
  • エミーラ ファーストエディション(直列4気筒モデル)
    1386万円

ロータス新型エミーラの価格は、直列4気筒モデルが1386万円となっています。

 

V型6気筒モデルは、直列4気筒モデルから66万円のアップとなっています。

 

ロータス新型エミーラの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ロータス新型エミーラは、2021年7月7日にワールドプレミアされ、日本ではV型6気筒モデルの受注を2021年10月29日から開始。

 

新設定された直列4気筒モデルは2022年4月22日から受注し、2023年1月以降の生産開始が予定されています。

 

ロータスはエミーラを最後の内燃機関搭載車になるとしており、今後電動車をメインとしたブランドに変更していく予定です。

 

ロータス新型エミーラについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。