車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【アウディ新型A7スポーツバック最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!RS7/PHEVやサイズ、燃費、価格は?

f:id:carislife:20171020141257j:plain

アウディが、「A7スポーツバック」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

アウディの上級モデルとして魅力をアップした新型A7スポーツバックのデザインや価格、パワートレインなどをご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】アウディ新型A7スポーツバックにフルモデルチェンジ日本発売!

▼アウディ新型A7スポーツバックの画像

f:id:carislife:20171020141442j:plain

アウディが、A7スポーツバックの日本仕様フルモデルチェンジを発表しました。

 

A7スポーツバックは、ブランドの中でも上級の4ドアクーペ(5ドアハッチバック)モデルとしてラインナップされています。

 

新型A7スポーツバックは、フラッグシップ「A8」同様に最新のデザインが採用され、パワートレインにマイルドハイブリッドが採用されるなど性能が大幅に進化しています。

 

▼アウディA8

48Vハイブリッド搭載!アウディ新型 A8 / A8L フルモデルチェンジ 2018年日本発売

▼アウディA6

【アウディ新型A6最新情報】セダン/アバントをフルモデルチェンジ!S6/RS6/オールロードクワトロ、日本発売日や価格、スペック、燃費は?

 

アウディ新型A7スポーツバックの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アウディ新型A7スポーツバックの変更点

  • 新世代のブランドデザインとしたエクステリア、インテリアを採用
  • パワートレーンに最新の48Vマイルドハイブリッドドライブシステム(MHEV)を搭載
  • 5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーからなる先進安全システムを装備
  • プラグインハイブリッドモデル「A7 TFSI e」の日本導入を予定

 

アウディ新型A7スポーツバックの外装(エクステリア)デザイン

▼新型A7スポーツバック

f:id:carislife:20171020141337j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの外装には、アウディの最新デザインランゲージが導入されました。

 

A7スポーツバックのフロントマスクは、フラッグシップサルーンのA8からくる、六角形の大型シングルフレームグリルを採用。

 

f:id:carislife:20171020141323j:plain

テールランプは車幅いっぱいに拡大され、全体が発光。

 

リアエンドはリップ状に突き出した形状とされ、収納されたスポイラーが120km/h以上で走行する際に自動的に伸び、リアのダウンフォースを高めることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20171020141347j:plain

A7スポーツバックの特徴となるリアスタイルは、これまで以上に滑らかなラインとなり、アウディが4ドアクーペとするスタイルが進化しています。

 

▼新型A7スポーツバック外装動画

 

アウディ新型A7スポーツバックを前モデルと比較!

▼前型A7スポーツバック

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150407/20150407210655.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150407/20150407210654.jpg

新型A7スポーツバックの外装を前モデルと比較すると、フロント部分の形状が丸みをもったスポーティなものになっていることがわかります。

 

プレスラインも強調されていることで、筋肉質なデザインに変化しています。

 

最上位!アウディ新型RS7スポーツバックも設定!

▼アウディ新型RS7スポーツバックのスクープ動画

アウディ新型A7には、最上位モデルとなるRS7スポーツバックの設定も予定されています。

 

新型RS7スポーツバックは、最新のエアロデザインを採用しパフォーマンスアップに貢献。

 

エンジンには、同グループのポルシェ・パナメーラターボにも採用されたV型8気筒4Lツインターボを搭載し、これまでの605psから大幅に出力をアップした650psとされるとみられています。 

 

アウディ新型A7スポーツバックの内装(インテリア)デザイン

▼新型A7スポーツバック

f:id:carislife:20180905170336j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの内装は、水平のラインによりダッシュボードとドアパネルが上下に分割され、インテリアの明るさをあげながら高い質感が確保されています。

 

f:id:carislife:20180905170338j:plain

f:id:carislife:20180905170340j:plain

室内空間は、前モデルから室内長を21mm伸ばし後席ニ―ルームが拡大されました。

 

シートは、前席にマルチアジャストとベンチレーション、マッサージ機構が搭載されています。

 

荷室容量は通常時で535L、後席を倒すことで1390Lもの容量が確保されています。

 

f:id:carislife:20180905170334j:plain

f:id:carislife:20171020161420j:plain

メーターには、12.3インチのディスプレイを使用したデジタル式のアウディバーチャルコックピットを装備。

 

インフォテインメントシステムは、上部の10.1インチタッチスクリーンをメインとし、下部にエアコンなどを操作する8.6インチのタッチスクリーンを配置。

 

機能には「Audi connect」が採用され、音声による目的地のオンライン検索、ニュースや天気情報、最寄りのガソリンスタンドや駐車場検索、地図のオンライン更新(3年間無料)を提供。

 

Audi connectの機能は新しい「myAudiアプリ」に集約され、アプリを介してスマートフォンと新型A7スポーツバックをネットワーク接続し、ナビゲーションに目的地情報を送ったり、スマホの予定表を転送したりできるようになっています。

 

▼新型A7スポーツバック内装動画

 

アウディ新型A7スポーツバックのボディサイズは?

f:id:carislife:20171020141350j:plain

▼アウディ新型A7スポーツバックのボディサイズと比較

  • 新型A7スポーツバック
    全長×全幅×全高:4970×1910×1415mm
    ホイールベース:2925mm
  • 前モデル
    全長×全幅×全高:4990×1910×1430mm
    ホイールベース:2915mm

新型A7スポーツバックでは、全長が前型から-20mm、全高が-15mmとなり、サイズが縮小されています。

 

しかし、室内空間は前モデルから拡大され、より快適に質感の高い走りを楽しむことができるようになっています。

 

アウディ新型A7スポーツバックのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20171020141421j:plain

▼新型A7スポーツバックのパワートレインとスペック

  • V型6気筒3Lガソリンターボ「TFSI」+「MHEV」
    出力:340ps/51.0kgm
  • 【RS7スポーツバック】
    V型8気筒4Lツインターボ
    最高出力:650ps
  • トランスミッション:7速Sトロニック(デュアルクラッチ式)
  • 駆動:4WD「Quattro」
  • 最高速度:250km/h(リミッター)
  • 0-100km/h加速:5.3秒

アウディ新型A7スポーツバックのパワートレインには、最新のマイルドハイブリッドパワートレインが採用されました。

 

搭載されたマイルドハイブリッドシステム「MHEV(マイルドハイブリッドエレクトリックビークル)」は、、48V電源システムとベルト駆動式オルターネータースターターにより、エンジンを休止させ無負荷で走ること(コースティング)が可能になり、エンジン再始動もスムーズに。

 

MHEVを採用しない場合と比較し、実際の走行で100km走行あたり0.7L燃料消費を低減できるとされています。

 

足回りには、ステアリングの切り角が大きくなるにつれてステアリングレシオが変化する「プログレッシブステアリング」を全モデルに設定し、ステアリングレシオを速度に応じて9.5:1~16.5:1まで可変制御。

 

サスペンションは通常仕様のほか、車高を10mm下げたスポーツサスペンションが設定され、さらに減衰力を調整できるダンピングコントロールサスペンションと「ダイナミックオールホイールステアリング(AWS)」がセットオプションとして設定されています。

 

AWSは、60km/h以下で走行している際に後輪が前輪と反対の方向に操舵され、市街地を走行している場合などにクルマの取り回しを改善。

 

60km/h以上で走行している場合には、後輪は前輪と同じ方向に操舵され、直進性や車線変更時の操縦安定性を向上させるシステムになっています。

 

なお、今後A7スポーツバックのパワートレインには、ディーゼルエンジンのほか4気筒エンジンもラインナップされると発表されています。

 

PHEV!アウディ新型A7 TFSI eも設定!

f:id:carislife:20190226210103j:plain

f:id:carislife:20190226210107j:plain

▼アウディ新型A7 TFSI eのスペック

  • 【50 TFSI e】
    V型6気筒3Lガソリン+電気モーター
    出力:300ps/45.9kgm
  • 【55 TFSI e】
    V型6気筒3Lガソリン+電気モーター
    出力:368ps/51.0kgm
  • 航続距離:40km以上
  • トランスミッション:8速AT

アウディ新型A7は、プラグインハイブリッドモデルとなる「A7 TFSI e」が発表されています。

 

「A7 TFSI e」は、A6、Q5、A8と同時にプラグインハイブリッドシリーズ「TFSI e」のモデルとして公開。

 

いずれも電気のみで40km以上の走行が可能となっています。


パワートレインの出力は、エントリーレベルとなる「50TFSI e」で300ps/45.9kgm、ハイスペックな「55TFSI e」では368ps/51.0kgmとされ、55にはよりスポーティなスタイリングと専用サスペンションが採用されます。

 

パワートレイン技術の一部は電気自動車SUVとして発表された「eトロン」からからくるものとなっており、高効率の運動エネルギー回収が可能になっています。

 

▼アウディE-Tron

【アウディ新型E-Tron最新情報】電気自動車SUV発表!スポーツバックや充電時間、航続距離、価格、発売日は?

 

アウディ新型A7スポーツバックの走りを試乗動画でチェック!

アウディ新型A7スポーツバックは試乗動画が公開されています。

 

新世代となり上がった、高い走行性能と使い勝手が評判になっています。

 

アウディ新型A7スポーツバックの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼アウディ新型A7スポーツバックの燃費

  • 12.3km/L

アウディ新型A7スポーツバックの燃費は、JC08モードで12.3km/Lと発表されています。

 

前モデルで12.6km/Lだった3Lターボエンジンから、最大トルクを6kgmアップしながら燃費の低下は最小限に抑えられています。

 

アウディ新型A7スポーツバックの安全装備は?

f:id:carislife:20171020161746j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの安全装備には、5つのレーダーセンサー、5つのカメラ、12の超音波センサー、1つのレーザースキャナーと、最大で合計23個のセンサーを使用した最新システムが採用されています。

 

新機能として、見通しのわるい交差点での「フロントクロストラフィックアシスト」や、万が一の車両の側面からの衝突にも備える「プレセンス360」、従来採用されていたアダプティブクルーズコントロール(ACC)、アクティブレーンアシスト(ALA)、トラフィックジャムアシストの3つの機能を統合した「アダプティブドライブアシスト(ADA)」が利用できるようになっています。

 

また、145度の視野と高解像度を持つレーザースキャナーの搭載により、多くのドライバーアシスタンスシステムで制御システムが改善され、より自然でスムーズな加減速やステアリングアシストが実現されています。

  

アウディ新型A7スポーツバックの価格は? 

f:id:carislife:20171020141307j:plain

▼アウディ新型A7スポーツバックの価格

  • 55 TFSI quattro debut package:9,880,000 円
  • 55 TFSI quattro S line S tronic:10,660,000 円
  • 【導入記念限定車】(計250台販売)
    A7 スポーツバック 55 TFSI クワトロ 1st edition:1,058,000円
    A7 スポーツバック 55 TFSI クワトロ S-line 1st edition:1,161,000円

アウディ新型A7スポーツバックの価格は、988万円からに設定されました。

 

この価格は前モデルの942万円から、装備の充実にあわせ46万円高い設定となっています。

 

導入記念限定車として用意される「1st edition」では、エクステンデッドレザーのインテリア、バング&オルフセンサウンドシステム、ダイナミックオールホイールステアリング(4輪操舵システム)、ダンピングコントロールサスペンションが装備されます。

 

アウディ新型A7スポーツバックの発売日は?

f:id:carislife:20171020141332j:plain

アウディ新型A7スポーツバックの日本発売日は、2018年9月6日に設定されました。

 

アウディは上級モデルを新世代とすることで、ブランドの持つ高い質感をアピールしていく予定です。

 

アウディA7を「おさらい」

▼アウディA7スポーツバック(初代)

Audi A7 Sportback 3.0 TDI quattro S-line – Frontansicht, 15. Mai 2011, Wuppertal.jpg

 アウディA7(エーセブン)は、初代となる前モデルが2010年に登場した高級乗用車です。

 

アウディのフラッグシップ「A8」に次ぐモデルとされ、基礎を共有しセダンとワゴンを用意する「A6」に対し、ボディタイプには5ドアハッチバックが採用されています。

 

アウディは5ドアハッチバックボディを「4ドアクーペ」と表現しており、後部デザインはアウディのグループ企業であるランボルギーニの「ミウラ」を意識したとされています。

 

パワートレインには日本にも導入された3Lスーパーチャージャー、2Lターボのほか、海外では3Lディーゼルターボも設定されました。

 

駆動方式は日本で4WDのみとされましたが、無段変速機(CVT)を組み合わせたFF仕様も製造されていました。

 

新型アウディA7については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。