車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

スズキ ハスラーに新型の特別仕様車設定!Jスタイル3とFリミテッド2の特別装備と価格は?

f:id:carislife:20171204141911j:plain

スズキが軽自動車クロスオーバーSUVハスラーへの新モデル設定を発表しました。

 

人気モデルの進化バージョンが追加された新型ハスラーについて、装備や価格などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】スズキ新型ハスラーに最新の特別仕様車!Jスタイル3とFリミテッド2発売

f:id:carislife:20171114141940j:plain

スズキは12月4日、人気の軽自動車クロスオーバーであるハスラーに新しい特別仕様車を設定すると発表しました。

 

今回は、以前販売されていたJスタイルとFリミテッドがそれぞれバージョンアップし、同時に販売されます。

 

新モデルではスタイルと機能がさらにアップし、通称ハスラーワイドと呼ばれる普通車版クロスビーと一緒にアピールされます。

 

▼スズキクロスビー

スズキ新型クロスビー(XBEE)公開!最新情報 発売日は2017年12月!価格、燃費は?

▼ハスラー改良

【スズキ新型ハスラー最新情報】マイナーチェンジ!燃費やサイズ、価格、発売日は?

  

新型ハスラーJスタイル3のデザインと専用装備は?

▼スズキ新型ハスラーJスタイル3の画像

f:id:carislife:20171204141922j:plain

新型ハスラーJスタイル3(J STYLEIII)では、「X」「Xターボ」グレードをベースに、スモークメッキを施したフロントグリル、SUVテイストを強調するルーフレールが装備されました。

 

f:id:carislife:20171204141925j:plain

f:id:carislife:20171204141928j:plain

インテリアには、チタンシルバーをアクセントとした落ち着いたネイビー色のインパネ、レザー調とファブリックのシート表皮を採用することでより上質感にこだわり、落ち着いた印象に。

 

安全装備には、スズキ セーフティサポートとしてデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を搭載したほか、全方位モニター用カメラパッケージをメーカーオプションとして設定。

 

ボディカラーには、Fリミテッドとあわせてハスラー初となるスチールシルバースチールシルバーとブラックの2トーンルーフを採用し、ボディーカラーは全7色から選択できるようになっています。

 

▼ハスラーJスタイル3の専用装備

エクステリア

  • 専用メッキフロントグリル[スモークメッキ]
  • 専用フロントバンパーガーニッシュ
  • 専用リヤバンパーガーニッシュ
  • メッキドアハンドル
  • ルーフレール
  • HUSTLERアルファベットエンブレム[スモークメッキ](フロントグリル)
  • HUSTLERエンブレム[スモークメッキ 文字色:白](バックドア)
  • J STYLEエンブレム(左右フロントドア)
  • 専用15インチアルミホイール

インテリア

  • 専用色スピーカーリング[チタンシルバー]
  • 専用色ドアトリムカラーパネル[ネイビー]
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 専用レザー調&ファブリックシート表皮[ネイビー&ブラウン]
  • 専用色ステアリングガーニッシュ[チタンシルバー]
  • 専用色インパネカラーパネル[ネイビー]
  • 専用色エアコンガーニッシュ[チタンシルバー]
  • 専用色エアコンルーバーリング[チタンシルバー]

機能&装備

  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • IRカット機能付フロントガラス
  • LEDフロントフォグランプ
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
  • クルーズコントロールシステム(J STYLEIIIターボ)
  • パドルシフト(J STYLEIIIターボ)

▼ハスラーJスタイル3のボディカラー

  • ルーフカラー:スチールシルバーメタリック
    ▼組み合わせボディカラー
    ・ブレイブカーキパール
    ・アーバンブラウンパールメタリック
    ・アクティブイエロー
    ・フェニックスレッドパール
    ・オフブルーメタリック
  • ルーフカラー:ブルーイッシュブラックパール3
    ▼組み合わせボディカラー
    ・シフォンアイボリーメタリック
    ・ピュアホワイトパール

 

新型ハスラーFリミテッド2のデザインと専用装備は?

▼新型ハスラーFリミテッド2

f:id:carislife:20171204141911j:plain

新型ハスラーFリミテッドIIでは、「G」グレードをベースに、ハスラーで初めてのスチールシルバー2トーンルーフや車体色同色のフロント・リアバンパーガーニッシュを採用することで、よりアクティブでカジュアルな印象に仕上げられました。

 

f:id:carislife:20171204141915j:plain

特別装備として、LEDサイドターンランプ付ドアミラーやナノイー搭載フルオートエアコンを採用するなど機能も充実。

  

安全装備にはスズキセーフティサポートとして、レーダーブレーキサポート、誤発進抑制機能を搭載。

 

さらに、メーカーオプションとしてデュアルカメラブレーキサポート、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能を設定するとともに、全方位モニター用カメラパッケージがセットで選択可能となっています。

 

f:id:carislife:20171204141931j:plain

f:id:carislife:20171204141934j:plain

インテリアは、アイボリーのインテリアパネルとネイビーのシートとされ、イエローとブルーのボディカラーではエアコンとスピーカーのリング、シートパイピングもボディ同色にコーディネートされます。

 

▼ハスラーFリミテッド2の専用装備

エクステリア

  • 専用フロントバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • 専用リヤバンパーガーニッシュ[車体色と同色]
  • LEDサイドターンランプ付ドアミラー
  • HUSTLERアルファベットエンブレム[スチールシルバー](フロントグリル)
  • HUSTLERエンブレム[文字色:白](バックドア)
  • Fリミテッドエンブレム(左右フロントドア)
  • 専用色15インチスチールホイール[ブラックメタリック]

インテリア

  • 専用色スピーカーリング ※ボディーカラーによりカラーを変更
  • 専用色ドアトリムカラーパネル[アイボリー]
  • メッキインサイドドアハンドル
  • 専用色ファブリックシート表皮[ネイビー]
  • 専用色ステアリングガーニッシュ[ガンメタリック]
  • ステアリングオーディオスイッチ
  • 専用色インパネカラーパネル[アイボリー]
  • 専用色エアコンガーニッシュ[ガンメタリック]
  • 専用色エアコンルーバーリング ※ボディーカラーによりカラーを変更
  • 専用フロアマット[ラバー]

機能&装備

  • プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)
  • 「ナノイー」搭載フルオートエアコン[カテキン・エアフィルター付]
  • ディスチャージヘッドランプ[ハイ/ロービーム、オートレベリング機構付]
  • オートライトシステム
  • 電動格納式リモコンドアミラー[リモート格納]

▼ハスラーFリミテッド2のボディカラー

  • ルーフカラー(全車):スチールシルバーメタリック
  • 組み合わせボディカラー
    ・ブリスクブルーメタリック
    ・アクティブイエロー
    ・クールカーキパールメタリック
    ・ブルーイッシュブラックパール3

 

新型ハスラーのエンジンとスペック

▼スズキSエネチャージのイメージ画像

f:id:carislife:20171114144631j:plain

▼ハスラーのスペックとパワートレイン

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1665mm
  • ホイールベース:2425mm
  • 直列3気筒660ccエンジン
    最高出力:38kW(52ps)/6,500rpm
    最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
  • 直列3気筒660ccエンジン+Sエネチャージ
    最高出力:38kW(52ps)/6,500rpm
    最大トルク:63Nm(6.4kgm)/4,000rpm
    モーター最高出力:1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
    モーター最大トルク:40(4.1kgm)/100rpm
  • 直列3気筒660ccエンジン+Sエネチャージ
    最高出力:47kW(64ps)/6,000rpm
    最大トルク:95Nm(9.7kgm)/3,000rpm
    モーター最高出力:1.6kW(2.2ps)/1,000rpm
    モーター最大トルク:40(4.1kgm)/100rpm

新型ハスラーのパワートレインには、3種類のパワートレインが設定されています。

 

最廉価グレードの「A」以外の自然吸気エンジンとターボエンジンには、スズキのハイブリッドシステムのSエネチャージが装備され、小型モーターにより再始動の気になる音がないアイドリングストップが可能に。

 

加速時にはモーターがエンジンをアシストすることで、高い環境性能に仕上げられています。

 

スズキ新型ハスラーの燃費

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

ハスラーの燃費値は、Sエネチャージがつく自然吸気エンジンとターボエンジンが高燃費になっており、自然吸気エンジン単体のグレードと比較すると最大5.4km/Lの違いになっています。

 

▼ハスラーとフレアクロスオーバーの燃費

  • 自然吸気エンジン+S-エネチャージ:32.0km/L
  • ターボエンジン+S-エネチャージ:27.8km/L
  • 自然吸気エンジン:26.6km/L

 

新型ハスラーのJスタイル3とFリミテッド2の価格は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型ハスラーのJスタイル3とFリミテッド2の価格

  • ハスラーJ STYLE Ⅲ
    FF/CVT:1,584,360円、4WD/CVT:1,710,720円
  • ハスラーJ STYLE Ⅲ ターボ
    FF/CVT:1,678,320円、4WD/CVT:1,804,680円
  • ハスラーFリミテッド2
    FF/CVT:1,431,000円、4WD/CVT:1,557,360円

▼ハスラーの通常グレードの価格

  • A
    FF/5MT:1,100,520円、4WD/5MT:1,221,480円
    FF/CVT:1,100,520円、4WD/CVT:1,221,480円
  • G
    FF/5MT:1,183,680円、4WD/5MT:1,299,240円
    FF/CVT:1,273,320円、4WD/CVT:1,399,680円
  • G 2トーンルーフ仕様車
    FF/5MT:1,226,880円、4WD/5MT:1,342,440円
    FF/CVT:1,316,520円、4WD/CVT:1,442,880円
  • Gターボ
    FF/CVT:1,359,720円、4WD/CVT:1,486,080円
  • Gターボ 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,402,920円、4WD/CVT:1,529,280円
  • X
    FF/CVT:1,461,240円、4WD/CVT:1,587,600円
  • X 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,504,440円、4WD/CVT:1,630,800円
  • Xターボ
    FF/CVT:1,547,640円、4WD/CVT:1,674,000円
  • Xターボ 2トーンルーフ仕様車
    FF/CVT:1,590,840円、4WD/CVT:1,717,200円

新型ハスラーJスタイル3は、ベースのXグレード2トーンルーフ仕様から約8万円差になっています。

 

ハスラーFリミテッド2では、ベースのGグレード2トーンルーフ仕様から約12万円差に設定され、独自のスタイルが楽しめるようになっています。

 

新型ハスラー特別仕様車の発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新型ハスラーの特別仕様車となるJスタイル3とFリミテッド2は、2017年12月4日に発表され、同日に発売されました。

 

初売り定番の特別仕様車としてスタイルとベースグレードが違う2モデルが登場したことで、セールスにもちからが入ることになりそうです。

 

スズキ・ハスラーを「おさらい」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161208/20161208151703.jpg

スズキ ハスラー(HUSTLER)は、2014年1月に販売が開始された軽自動車クロスオーバーSUVで、同月にマツダへのOEM供給モデルとなるフレアクロスオーバーも発売されました。

 

ハスラーは、以前販売されていた大径タイヤを装備し地上高を高くした「Kei」の生産終了を惜しむ声を鈴木修会長が聞いたことから開発がスタート。

 

軽トールワゴンとSUVの要素を融合させた新ジャンルのコンセプトを採用し、レジャーを好むユーザー、わだちや雪道などの起伏のある路面を走行する機会が多いユーザーを想定し開発され超人気モデルに。

 

走行性能はそれまでの軽自動車ワゴンから大幅に強化され、急坂をブレーキ操作なしでゆっくり一定の速度で下るヒルディセントコントロールや、1輪が空転した際にブレーキをかけることでスタック状態を解消するグリップコントロールが軽自動車で初めて採用されました。

 

車名は、悪路を軽快に走るイメージから、以前販売されていたオフロードバイク「TS」の愛称だったハスラーに。

 

スズキの純正アクセサリーには、2輪車のハスラーで使用されていたクラシックなスズキ「S」のエンブレムの復刻版ステッカーも設定されています。