車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型ハイラックス最新情報】ブラックラリーエディション12月17日発売!ダブルキャブピックアップの価格、燃費、TRDカスタム、GRスポーツは?

f:id:carislife:20181112133616j:plain

トヨタが、ピックアップトラック「ハイラックス」の新モデルを発表しました。

 

魅力をアップする新型ハイラックスのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新型ハイラックスZブラックラリーエディション発売!

▼新型ハイラックスZブラックラリーエディションの画像

f:id:carislife:20181112133306j:plain

トヨタが「ハイラックス」の新モデル「ハイラックスZ“Black Rally Edition”」の日本発売を発表しました。

 

トヨタ・ハイラックスは、2017年9月に日本で13年ぶりに復活導入されたばかりのピックアップトラックで、世界およそ180か国で販売され、累計販売台数は1800万台以上という大人気モデルになっています。

 

追加設定された新型ハイラックス・ブラックラリーエディションは、ハイラックスの誕生50周年を記念した特別仕様車として制作され、海外でマイナーチェンジしていた最新の表情がいち早く日本に導入されています。

 

専用装備には、ブラックのフロントグリルやミラー、リアバンパーが採用され、オーバーフェンダーも標準装着することでハイラックスのタフさがアップされています。

  

トヨタ新型ハイラックスの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ハイラックスの主な変更点

  • 特別仕様車「ハイラックス・ブラックラリーエディション」を追加設定。
    ブラックの専用装備やオーバーフェンダーを採用することで、走行性能の高さを表現

 

トヨタ新型ハイラックスの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型ハイラックスZの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912133657.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912133757.jpg

トヨタ新型ハイラックスの外装は、タフさを表現する力強いデザインになっています。

 

上位グレードとなるハイラックスZグレードには、クロームのアクセントやLEDヘッドライト、アルミホイールなどが採用され、スタイルをアップしています。

 

▼トヨタ新型ハイラックスXの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912133727.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912133730.jpg

商用向けモデルとして、装備を簡略化し価格を抑えたハイラックスXグレードも設定され、用途にあわせて選択できるようになっています。

 

初特別仕様車!新型ハイラックス・ブラックラリーエディション設定!

▼ハイラックスZブラックラリーエディションの画像

f:id:carislife:20181112133619j:plain

新型ハイラックスには、現行モデル初の特別仕様車として「ハイラックスZ“Black Rally Edition”」が設定されました。

 

ハイラックスブラックラリーエディションは、2017年に日本仕様の生産国であるタイでマイナーチェンジされた新型ハイラックスの新グレード「ハイラックス・ロッコ(ROCCO)」がベースになっており、日本には正式導入されていない新しいエクステリアデザインになっています。

 

f:id:carislife:20181112133623j:plain

車体には、ブラックカラーのフロントグリルやオーバーフェンダーを装備。

 

18インチにサイズアップされたタイヤには、塗装ではなく文字部分に白いゴムを埋め込んで整形した「ホワイトレター」を採用。

 

ブラックに塗装されたホイールと合わせ、スポーティな外観となっています。

 

f:id:carislife:20181112133625j:plain

f:id:carislife:20181112133628j:plain

f:id:carislife:20181112133631j:plain

f:id:carislife:20181112133634j:plain

f:id:carislife:20181112133640j:plain

内装にも、ステアリングホイールの一部やダッシュボードなどにブラックメタリック加飾が施されているほか、専用オプティトロンメーターも装備。

 

人気のタフな走りはそのままに、スポーティで個性際立つ一台に仕上げられました。

 

▼ハイラックスZブラックラリーエディション「TRDパーツ」装着車画像

f:id:carislife:20181112135400j:plain

ハイラックスブラックラリーエディション専用のカスタムパーツとして、TRDからフロントアンダースポイラー(37,800円)、フォグランプベゼル(32,400円)、マッドフラップ(39,960円)、ハイレスポンスマフラー(102,600円)、サイドデカール(32,400円)なども用意され、オーナーの好みにあわせてチョイスすることもできるようになっています。

 

▼トヨタ新型ハイラックスブラックラリーエディションの特別装備

  • フロントグリル(専用意匠・ブラック塗装)
  • フロントバンパー(専用意匠・ブラック塗装 /スキッドプレート付)
  • 265/60R18タイヤ (ホワイトレター)+18×7½J
  • アルミホイール (ブラック塗装・センターキャップ付)
  • スペアタイヤ (車両装着タイヤ)
  • オーバーフェンダー (専用意匠・ブラック)
  • サイドターンランプ付電動格納式ドアミラー(ブラックメタリック)
  • アウトサイドドアハンドル(ブラックメタリック)
  • テールゲートハンドル(ブラック)
  • リヤバンパー(グレー塗装)

▽インテリア

  • 本革巻きステアリングホイール(ブラックメタリック加飾)
  • オプティトロンメーター(専用意匠)
  • センタークラスター(ブラック+メッキ加飾+ブラックメタリック加飾)
  • シフトノブ(本革巻き+ブラックメタリック加飾)
  • シフトレバーベゼル(ブラックメタリック加飾)
  • アッパーボックス(ボタン部[車名ロゴ入り+グレー加飾])
  • サイドレジスター(ブラック+メッキ加飾)
  • ルーフヘッドライニング&ピラーガーニッシュ(ブラック)
  • ドアトリム(ファブリック+ブラックメタリック加飾)
  • ルームパーテーション&バックパネルトリム(ブラック)
  • 専用スマートキー(イラスト付)

▼参考:新型ハイラックス(タイ仕様車)

f:id:carislife:20171120085816j:plain

f:id:carislife:20171120085827j:plain

f:id:carislife:20171120085822j:plain

 

トヨタ新型ハイラックスにTRDカスタムパーツもラインナップ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170410/20170410145220.jpg

トヨタ新型ハイラックスには、人気になっているTRDカスタムパーツも設定されています。

 

TRDカスタムは、フロントバンパーカバーやアンダーカバー、サイドステップのほか、荷台に装着するつや消しスポーツバー、ハードトノカバーも用意され、専用の17インチアルミホイールなども選択することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180625092718j:plain

f:id:carislife:20180625092721j:plain

f:id:carislife:20180625092723j:plain

f:id:carislife:20180625092726j:plain

f:id:carislife:20180625092729j:plain

f:id:carislife:20180625092732j:plain

 

トヨタ新型ハイラックスGRスポーツ設定!

▼トヨタ新型ハイラックスGRスポーツの画像

f:id:carislife:20181109090719j:plain

トヨタは2018年11月6日、ブラジル・サンパウロモーターショーにて「ハイラックスGR SPORT」を公開しました。

 

f:id:carislife:20181109090733j:plain

新型ハイラックスGRスポーツは、スポーツブランド「GR」初のオフロードモデルとして開発。

 

ハイラックスをベースに、フロントに専用のメッシュグリルを装着。

 

ブラックアウトされたグリルの表面には、「TOYOTA」の大型エンブレムが採用され、ボディサイドにはオーバーフェンダーを装備。

 

f:id:carislife:20181109090725j:plain

ホイールにはブラックの17インチ、車体はブラックとレッドをアクセントに使ったGAZOO Racingカラーとされました。

 

f:id:carislife:20181109090728j:plain

f:id:carislife:20181109090722j:plain

f:id:carislife:20181109090730j:plain

インテリアには、ヘッドレストやプッシュスタートボタンなどに「GR」のロゴが採用されているほか、シートには赤いステッチを使用。

 

足回りは専用チューニングのサスペンションとされ、オフロードでの走破性能が引き上げられています。

 

新型ハイラックスGRスポーツは、発表されたブラジルで420台限定販売とされ、専用のシリアルプレートも採用。

 

日本導入は未定となっています。

 

▼トヨタGR車種一覧

トヨタ新型GR/GRスポーツ/GRMN車種とスペック、価格一覧!新車種も続々!

 

トヨタ新型ハイラックスのボディサイズは?

f:id:carislife:20180625085045j:plain

▼トヨタ新型ハイラックスのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:5335×1855×1800mm
  • ホイールベース:3085mm
  • 最低地上高:215mm
  • 車重:2060kg
  • 荷台長×荷台幅×荷台高:1520×1535×480mm
  • 乗員:5人乗り
  • 参考
    ・トヨタ ランドクルーザー
     全長×全幅×全高:4950×1980×1870mm
     ホイールベース:2850mm
     最低地上高:225mm
     車重:2430kg
     乗員:5人 or 8人

トヨタ新型ハイラックスのボディサイズは、トヨタのフラッグシップSUVとしてラインナップされている「ランドクルーザー」から全長+385mmとされています。

 

しかし全幅は-125mmとなっており、車体後部は荷台とされていることで車重は-370kgと軽く仕上げられています。

 

トヨタ新型ハイラックスの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171120092925j:plain

新型ハイラックスの内装は、ナビゲーションやエアコンなどを運転席から操作しやすく仕上げられています。

 

f:id:carislife:20171120092921j:plain

実用性を重視しながらも、クロームや質感の高いブラックのトリムなどを効果的に使用することでスポーティな印象になっています。

 

トヨタ新型ハイラックスのエンジンとスペックは?

▼トヨタ直列4気筒2.4Lディーゼルターボ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170912/20170912133753.jpg

▼新型ハイラックスのパワートレインとスペック

  • エンジン:直列4気筒2.4Lディーゼルターボ
  • 最高出力:150ps
  • 最大トルク:40.8kgm
  • トランスミッション:6速AT
  • 最大牽引力:3500kg

新型ハイラックスのエンジンには、低速トルクを太くし走りの評判もいい2.4Lディーゼルターボエンジンが搭載されています。

 

日本仕様のトランスミッションには6速ATが組み合わせられていますが、海外では6速MTもラインナップ。

 

海外仕様の改良では6速MTのチューニングが見直され、より軽快な走りを楽しめるように変更されています。

 

トヨタ新型ハイラックスの燃費は?

f:id:carislife:20171120093954j:plain

▼新型ハイラックスの燃費

  • 2.4Lディーゼルターボ&6速AT:11.8km/L

新型ハイラックスの燃費は11.8km/Lになっています。

 

高い車体剛性を確保し、車体の全長が長く車重が2060kgあるピックアップトラックでは、良好な燃費に仕上げられています。

 

トヨタ新型ハイラックスの走行システムは?

f:id:carislife:20171120094909j:plain

新型ハイラックスの走行システムには、悪路でのスタックを防ぐアクティブトラクションコントロールが搭載されています。

 

f:id:carislife:20171120094905j:plain

4WDシステムは、後輪駆動のH2モードと、前後輪の動きをロックして高いトラクション性能を発揮するH4モード(舗装路走行不可)、さらにH4モードからギヤ比を低くすることで急坂も難なくのぼるL4モードを用意するパートタイム4WDシステムが搭載されています。

 

f:id:carislife:20171120094912j:plain

それでも走行が難しい路面を走行するユーザーのためには、対角の2輪のグリップ力が低く駆動力が逃げることで発生する「対角線スタック」からもリア左右輪をロックすることで脱出可能とするリヤデフロックを用意されています。

 

トヨタ新型ハイラックスの安全装備は?

f:id:carislife:20171120094606j:plain

トヨタ新型ハイラックスの安全装備には、自動ブレーキシステムや急発進抑制などの機能が採用されています。

 

自動ブレーキシステム「プリクラッシュセーフティシステム」は、前方の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、警報ブザーとディスプレイ表示で衝突の可能性を知らせ、ブレーキ操作により衝突の回避や被害軽減がサポートされます。

 

急発進抑制「ドライブスタートコントロール」はシフト操作時における急加速を抑制し、後退時に衝突して慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更するなどした際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力が抑えられます。

 

▼新型ハイラックスの安全装備

  • プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付衝突回避支援型)
  • レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御付)
  • 横滑り制御機能/空転抑制
  • 緊急ブレーキシグナル

 

トヨタ新型ハイラックスの走りを試乗動画でチェック!

トヨタ・ハイラックスは、注目度の高さから試乗動画が公開されています。

 

タフなつくりと、走りの楽しさが高評価を受けています。

 

 

トヨタ新型ハイラックスのプラットフォームは?

f:id:carislife:20171120095837j:plain

新型ハイラックスのプラットフォームには、現行モデルで新開発されたラダフレームが採用されています。

 

新開発ラダーフレームは、前モデルと比較してねじり剛性を20%向上。

 

路面からの強い衝撃もしっかりと受け止め、タフな環境にも応える優れた耐久性のほか、オンロード走行での高い安定感と乗り心地にも貢献しています。

 

トヨタ新型ハイラックスの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型ハイラックスの価格

  • ハイラックス X:326万7000円
  • ハイラックス Z:374万2200円
  • 特別仕様車
    ハイラックスブラックラリーエディション:394万7400円

新型ハイラックスに追加設定されたブラックラリーエディションは、これまでの上級モデル「ハイラックスZ」から価格がアップされています。

 

アップ幅は20万円ほどとされ、ハイラックスの50周年を記念する最上級モデルとなっています。

 

トヨタ新型ハイラックスの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

追加設定された新型ハイラックスブラックラリーエディションは、2018年11月12日に発表、発売日は12月17日に設定されました。

 

トヨタは人気になっているハイラックスのモデルラインナップを拡大することで、さらなるユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

トヨタ・ハイラックスを「おさらい」

▼トヨタ・ハイラックス(初代)

f:id:carislife:20171120101601j:plain

トヨタ・ハイラックス (Hilux) は、初代が1968年に登場したピックアップトラックです。

 

車名の由来は「High」と「Luxury」を合成した造語となっており、乗用車なみの豪華さを持ったピックアップトラックを目指し開発されたことから採用されました。

 

過去にはハイラックスをベースに製作されたSUVのハイラックスサーフも販売され、大人気に。

 

7代目からは世界戦略車「IMVシリーズ」のピックアップトラック車種にハイラックスの車名を引き継ぎ世界的に販売されており、カローラの次に世界で売れているトヨタ車になっています。

 

日本では2004年まで6代目を販売していましたが、需要が少なくなったことから一旦販売を終了し、海外で2015年から販売されていた8代目が2017年9月に約13年ぶりの日本復活となり話題になりました。

 

海外では、イギリスBBCが製作する人気自動車番組「トップ・ギア」で過去にハイラックスの耐久実験が行われ、その知名度をアップ。

 

このテストでは、放送から13年前に生産された4代目ハイラックスの中古車を購入し、階段を下らせたあとに木に衝突、海中に5時間沈めたあとに、建物の解体に使用される鉄球などでさらにダメージを与えました。

 

しかし、ハイラックスは基本的な工具のみで走行可能にまで復活し、自走してスタジオに到着。以降スタジオに長期間飾られていました。

 

新型ハイラックスについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!