車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型ランドクルーザー300系最新情報】フルモデルチェンジ!発売日やスペック、サイズ、ハイブリッド燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150817/20150817195516.jpg

トヨタが、SUV「ランドクルーザー」のフルモデルチェンジを計画しています。

 

改良により性能を大きく伸ばす新型ランドクルーザーについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型ランドクルーザーにフルモデルチェンジへ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150817/20150817195509.jpg

トヨタが、SUV「ランドクルーザー」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

トヨタ・ランドクルーザーは、ブランド最上級のSUVとしてラインナップされ、シリーズにはより街乗りを重視した「ランドクルーザープラド」も用意されるなど、国内外で人気モデルになっています。

 

現行モデルの200系から300系にフルモデルチェンジする新型ランドクルーザーでは、パワートレインやシャシーを大幅に変更し、新世代の性能がつくられます。

 

トヨタ新型ランドクルーザーの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ランドクルーザーの変更点

  • V型8気筒4.6Lガソリンエンジンを廃止し、V型6気筒3.5Lハイブリッドパワートレインを搭載
  • 新開発ラダーフレームを採用し、悪路走破性と耐久性を向上
  • 安全システムに第2世代「トヨタセーフティセンス」を採用

 

トヨタ新型ランドクルーザーの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180808093708j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150817/20150817195517.jpg

トヨタ新型ランドクルーザーの外装は、ブランドを代表する最上級モデルとして新世代の質感を持つタフなデザインとされる予定です。

 

フロントはグリルをより大きなものとし、深みを持つLEDライトのデザインにより先進的イメージをプラス。

 

リアは現行モデルと同じく垂直に近いバックドアを採用しながらも、コンビネーションランプやエクステリアアクセントを見直すことで、高い走行性能がイメージできる仕上げとされます。

 

全体のボディスタイルは、世界中の悪路に対応できる高い車高と乗員の快適性や荷室の広さを確保するためにキープコンセプトとされ、ランドクルーザーの伝統的魅力が引き継がれます。

 

トヨタ新型ランドクルーザーのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170720/20170720143118.jpg

トヨタ新型ランドクルーザーのボディサイズは、全高が+50mmとされる以外は現行モデルから大幅な変更はなく、5mほどの全長が維持される予定です。

 

これにより、世界的に高い評価を受けている悪路走破性と使い勝手が維持され、前モデルからの乗り換えユーザーの期待にも対応する設計とされます。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザーのボディサイズ(現行モデル)

  • 全長×全幅×全高:4950×1980×1870mm
  • ホイールベース:2850mm
  • 最低地上高:225mm
  • 車重:2430kg
  • 参考
    ・ランドクルーザープラド
     全長×全幅×全高:4825×1885×1835mm
     ホイールベース:2790mm
     最低地上高:220mm
     車重:2050kg

 

トヨタ新型ランドクルーザーの内装(インテリア)デザイン

▼ランドクルーザー(8人乗り仕様)

f:id:carislife:20180808094206j:plain

▼ランドクルーザー(5人乗り仕様)

f:id:carislife:20180808094209j:plain

トヨタ新型ランドクルーザーの内装は、現行モデルと同じく多人数乗車に対応する3列シート8人乗りと、荷室空間を重視した5人乗りが設定されます。

 

シートにはナッパレザーなど上質な素材が使われ、カラーもベージュやブラウン、ブラックなど複数用意することで、好みにあわせて選択することができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150817/20150817195510.jpg

メーターには、車両の走行状況や走行モード、ハイブリッド化によるパワートレインの稼働状況などをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。

 

インフォテインメントシステムは大画面ディスプレイを採用し、スマートフォンやインターネットとの連携を強化することで、多彩な情報がユーザーに提供されます。

 

その他、パワーシートやゾーンコントロールエアコン、ステアリングヒーター、パワーバックドアなどが装備され、大サイズの室内空間を快適に利用できるように仕上げられます。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザーの室内サイズ(現行モデル)

  • 乗員:8人乗り or 5人乗り
  • 室内長×室内幅×室内高
    8人乗り:2690×1640×1200mm
    5人乗り:1945×1615×1200mm 

 

トヨタ新型ランドクルーザーのパワートレインとスペックは?

▼トヨタ製V型6気筒3.5Lハイブリッドシステム

f:id:carislife:20180808101915j:plain

▼トヨタ新型ランドクルーザーのパワートレインとスペック

  • V型6気筒3.5Lガソリンツインターボ
    出力:422ps/61.2kgm
  • V型6気筒3.5Lガソリン+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:299ps/36.3kgm
    モーター出力:180ps/30.6kgm
  • トランスミッション:10速AT
  • 駆動方式:4WD

トヨタ新型ランドクルーザーのパワートレインは、V型8気筒4.6Lガソリンエンジンが廃止され、新世代のV型6気筒3.5Lガソリンと電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステムが採用されます。

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザーのスペック(現行モデル)

  • エンジン:V型8気筒4.6Lガソリン
  • 出力:318ps/46.9kgm
  • トランスミッション:6速AT

ランドクルーザーには、大サイズの車体を軽快に加速させる大排気量V型8気筒エンジンが用意されてきましたが、新型ランドクルーザーではレクサスのフラッグシップサルーン「LS」にも採用された新世代のV型6気筒ガソリンエンジンを搭載。

 

ハイブリッドシステムはオフロード性能を最重要視するランドクルーザーにあわせて最適化され、多段化を進めた10速オートマチックトランスミッションと組み合わせ。

 

エンジンに近い大トルクを持つモーターをアクセルを入れるのと同時に作動させることで、高い加速性能と悪路での走破性能を確保。

 

他メーカーのプレミアムSUVでも対応が進んでいる、最新の環境規制に対応する燃費性能が実現されます。

 

トヨタ新型ランドクルーザーの悪路走破性能は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150817/20150817195512.jpg

トヨタ新型ランドクルーザーの悪路走破性能は、水深700mmに対応する渡河性能や、大きなアプローチ、ディパーチャーアングルなどによる対障害性能が維持されます。

 

走行システムには、岩や凹凸路面(モーグル)、泥や砂路面などにモード変更で的確に対応するマルチテレインセレクトを装備。 

f:id:carislife:20180808102958j:plain

車体前の死角をカメラにより撮影し表示することで、悪路を安心して走行できるアンダーフロアビューやステアリング操作のみで難路を走破する「クロールコントロール」、車高調整機能によりオンロードからオフロードまで最適な乗り心地とグリップ力を確保するサスペンションシステムにより、世界トップクラスの走破性能が確保されます。

  

トヨタ新型ランドクルーザーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼トヨタ新型ランドクルーザーの燃費(予想値)

  • 3.5Lツインターボ:8.9km/L
  • 3.5Lハイブリッド:10.0km/L
  • 参考
    4.6Lガソリン(現行モデル):6.9km/L

トヨタ新型ランドクルーザーの燃費は、最新の3.5Lハイブリッドシステムを採用することで大幅に改善します。

 

現行モデルの4.6Lガソリンエンジンは6.9km/Lとなっており、ライバルとなる海外プレミアムSUVに環境性能で譲っていましたが、新型ランドクルーザーではレクサスLSの4WD車で14.4km/Lとなっているハイブリッドシステムを搭載することで、10km/L以上の燃費が目標とされています。

 

トヨタ新型ランドクルーザーの安全装備は?

新型ランドクルーザーの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が採用されます。

 

現行モデルでは、第1世代の上級装備「トヨタセーフティセンスP」をベースとしたシステムが搭載されています。

 

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。

 

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

  

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」により、安全性が大きく向上します。

  

▼トヨタセーフティセンス第2世代と前世代セーフティセンスPの性能比較

f:id:carislife:20171225174631j:plain

 

トヨタ新型ランドクルーザーのプラットフォームは?

f:id:carislife:20180808104821j:plain

トヨタ新型ランドクルーザーのプラットフォームには、伝統的に使用されてきたラダーフレームが新設計され採用されます。

 

ラダーフレームは、走行システムや足回りを支える高い剛性と悪路での耐久性が確保され、新型ランドクルーザーではこれまで以上のねじり剛性に仕上げられます。

 

あわせて、ラダーフレームの上に配置されるモノコックボディとの接続設計を最適化することで室内空間の快適性を向上。

 

近年、走行システムとボディを分離していることで静粛性を高められるとして再注目されているラダーフレームのメリットを活かし、ラグジュアリー性と最高峰のオフロード性能が両立されます。

 

トヨタ新型ランドクルーザーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型ランドクルーザーの価格は、最新のパワートレインや安全システムを採用することでアップするとみられています。

 

アップ幅は50万円ほどになると考えられ、海外プレミアムSUVを意識する上級モデルとされます。 

 

▼参考:トヨタ・ランドクルーザーの価格(現行モデル)

  • ZX(8人乗り):6,847,200円
  • AX“Gセレクション”(8人乗り):5,870,880円
  • AX(8人乗り):5,151,600円
  • GX(5人乗り):4,739,040円

 

トヨタ新型ランドクルーザーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

トヨタ新型ランドクルーザーの発売日は、2020年が予定されています。

 

現行モデルは2007年に登場しモデルライフが10年を超えていることから、大幅に進化した最新システムを採用することで新世代モデルの性能がアピールされることになります。

 

トヨタ・ランドクルーザーを「おさらい」。プラドとの違いは?

▼トヨタ・ランドクルーザー(初代) 

f:id:carislife:20180808110516j:plain

トヨタ・ランドクルーザー(LAND CRUISER)は、初代が1954年に登場したトヨタ自動車が製造するフラッグシップ大型クロスカントリー車です。

 

一つの車名で継続生産されている日本製の自動車としては、1955年に登場した「クラウン」を超え、最も長い歴史を持つ自動車になっています。

 

初代はトヨタ「ジープBJ型」として開発され、1L級小型トラック「SB型」のラダーフレームを改良し、前輪駆動へ切り替え可能な四輪駆動車に設計。

 

エンジンにはトヨタ製6トン大型トラックに使用されていた直列6気筒OHV・3.4L「B型」ガソリンエンジンが搭載されました。

 

1954年に、それまで使用していた「ジープ」という名称が米国ウィリス・オーバーランド社の商標権に抵触することから、ランドクルーザーと改名。

 

ランドクルーザーの車名の由来は、ジープ以外のクロスカントリー車で当時知名度をあげていた英国ローバー社の「ランドローバー」に対抗し、「ROVER(海賊船)」を駆逐する「巡洋艦(クルーザー)」として採用されました。

 

▼トヨタ・ランドクルーザー(20系)

FJ25 Land Cruiser.jpg

▼トヨタ・ランドクルーザー(40系)

Toyota Land Cruiser (J40,the United State) front.JPG

▼トヨタ・ランドクルーザー(60系)

Toyota Land Cruiser.jpg

その後、最上級SUVとしての装備を持つ「ステーションワゴン(現:ランドクルーザー)」、業務用途向けの「ヘビーデューティー」、より都市部での乗りやすさを重視した「ライトデューティー(現:ランドクルーザープラド)」の3系列にわけ、モデルを展開。

 

▼トヨタ・ランドクルーザー(70系)

f:id:carislife:20180808111011j:plain

1984年に登場した70系ランドクルーザーのヘビーデューティー版は、日本で2004年に一度販売を終了しましたが、その後も海外で改良モデルを発表し販売を継続。

 

サスペンションをリーフスプリングとリジッドアクスルを組み合わせた耐久性を重視した仕様としていることから、業務用として国内で復活販売のニーズが高まり、2014年8月から70系では対応が難しい新保安基準が適応される前の2015年6月まで「70系30周年記念」として日本でも期間限定再販売。

 

バンが360万円、ダブルキャブピックアップが350万円と、ステーションワゴンの200系ランドクルーザーより100万円以上低価格だったことから、官公庁を中心に人気になりました。

 

70系ランドクルーザーでは、派生車種として販売されていたライトデューティー版「ランドクルーザーワゴン」が1990年に「ランドクルーザープラド」とされ、現在も販売が継続されています。

 

▼トヨタ・ランドクルーザー(80系)

90-97 LandCruiser.jpg

▼トヨタ・ランドクルーザー(100系)

2002 Toyota Land Cruiser-100 01.jpg

1989年に登場した80系ランドクルーザーでは、北米やオーストラリアなどの市場を強く意識し、それまでの高い悪路走破性に加え、上級装備を採用することでプレミアムSUVとしての質感を向上。

 

1998年の100系へのフルモデルチェンジでは、フロントサスペンションを初めて独立懸架とすることでオンロードでの快適性をあげ、オフロードでの走行性能を高めるために油圧車高調整式サスペンションやトラクションコントロールシステムも採用されました。

 

▼レクサスLX

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170803/20170803152238.jpg

現行モデルの200系ランドクルーザーは2007年から販売が開始され、さらなる上級装備を追加。

 

2015年にはトヨタの上級ブランドであるレクサスが、80系の頃からランドクルーザーをベースにしたプレミアムSUVとして海外で販売していた「レクサスLX」を日本にも導入。

 

レクサスLXのエンジンには、海外仕様のランドクルーザーに設定されていたV型8気筒5.7Lガソリンエンジンが搭載され、国内向けランドクルーザーの4.6Lエンジンから排気量がアップされています。

 

新型トヨタ・ランドクルーザーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!