New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【スズキ新型アルト最新情報】2018年12月13日マイナーチェンジ発売!アルトワークス、スペックや燃費、価格は?

f:id:carislife:20181213111728j:plain

スズキの軽自動車アルトがマイナーチェンジを発表しました。

 

改良により性能を伸ばすスズキ新型アルトについて、燃費や価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】スズキ新型アルトにマイナーチェンジ発表!

f:id:carislife:20180112101650j:plain

スズキが軽自動車アルトのマイナーチェンジを発表しました。

 

スズキ・アルトは、スズキの軽自動車ラインナップの中でエントリーラインとして設定されており、その軽快さと低価格設定が魅力になっているモデルです。

 

マイナーチェンジしたスズキ新型アルトは、新デザインの内装の採用や安全装備の充実により、魅力がアップされています。

 

▼スズキ次期型アルト

【スズキ新型アルト最新情報】2019年フルモデルチェンジ!アルトワークスのスペックやハイブリッド燃費、価格、発売日は?

▼マツダ・キャロル

【マツダ新型キャロル最新情報】マイナーチェンジ発売!スペックや燃費、サイズ、価格は?

 

スズキ新型アルトの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型アルトの変更点

▽アルト改良

  • 「デュアルセンサーブレーキサポート」を採用
  • 後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実
  • 内装のシート表皮色に「ネイビー」を、インパネやドアトリムガーニッシュ色に「グレージュ」を採用
  • ディスチャージヘッドランプをメーカーオプション設定

▽アルトワークス改良

  • 5AGS車に衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」などを標準装備
  • 車体色に、鮮やかな「ブリスクブルーメタリック」を新設定

※ターボRSは2018年11月に販売を終了 

 

スズキ新型アルトの外装(エクステリア)デザイン

▼スズキ・アルト

f:id:carislife:20180112100610j:plain

f:id:carislife:20180112102907j:plain

スズキ新型アルトの外装は、軽自動車のエントリーモデルとして軽快さをもったデザインに仕上げられています。

 

リアには、バックドアのカラーをかえた独自の2トーンバックドアを採用するなど、特徴的な外観をもっています。

 

改良では、ディスチャージヘッドランプがメーカーオプション設定され、安全性や夜間のデザイン性が高められています。

 

▼スズキ・アルトワークス

f:id:carislife:20180112102915j:plain

スポーツモデルとして、マニュアルトランスミッションで軽自動車スポーツ最軽量の走りを楽しむことができるアルトワークスを用意。

 

▼スズキ・アルトワークス(ブリスクブルーメタリック)

f:id:carislife:20181213111728j:plain

アルトワークスの改良では、車体色に鮮やかな「ブリスクブルーメタリック」が新設定されています。

 

▼スズキ・アルトのボディカラー一覧

  • ピュアレッド
  • シフォンアイボリーメタリック
  • フィズブルーパールメタリック
  • アーバンブラウンパールメタリック
  • ブルーイッシュブラックパール
  • シルキーシルバーメタリック
  • ピュアホワイトパール
  • ピュアレッド ミディアムグレー2トーンバックドア
  • ブルーイッシュブラックパール3 ミディアムグレー2トーンバックドア
  • ピュアホワイトパール ミディアムグレー2トーンバックドア
  • シルキーシルバーメタリック ミディアムグレー2トーンバックドア

 

スズキ新型アルトのボディサイズは?

f:id:carislife:20180112105142j:plain

▼スズキ新型アルトのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1500mm
  • ホイールベース:2460mm
  • 車重:650kg
  • 最低地上高:155mm

スズキ新型アルトのボディサイズは、全長と全幅は軽自動車規格を一杯につかったサイズになっていますが、全高はスズキの軽自動車で一番大きいスペーシアと比較すると275mm低くなっています。

 

このボディサイズに、軽量なスズキの新世代プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を組み合わせることで、高い剛性を確保しながらも車重を650kgまで軽量化しています。

 

▼スズキ・スペーシア

スズキ新型スペーシア/カスタム フルモデルチェンジ発売!最新情報 価格、燃費、スペックは?

 

スズキ新型アルトの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181213111247j:plain

スズキ新型アルトの内装は、カラーを変更したパネルを使うことによりデザイン性も向上した設計になっています。

 

▼新型アルト

f:id:carislife:20181213111240j:plain

f:id:carislife:20181213111243j:plain

▼参考:アルト(前モデル)

f:id:carislife:20180112110407j:plain

f:id:carislife:20180112110414j:plain

改良では、シート表皮色が「ネイビー」に、インパネやドアトリムガーニッシュ色が「グレージュ」に変更されました。

 

f:id:carislife:20180112110418j:plain

f:id:carislife:20180112110421j:plain

f:id:carislife:20180112110426j:plain

車体は、最新プラットフォームにより前モデルからホイールベースを60mm延長し、室内空間をボディサイズの限界まで拡大。

 

軽自動車で最も小さいクラスながら、4人が余裕をもって乗り込むことができるようになっています。

 

▼スズキ・アルトの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2040×1255×1215mm

 

スズキ新型アルトのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20181211083333j:plain

 ▼スズキ新型アルトのパワートレインとスペック

  • アルト(エネチャージ)
    エンジン:直列3気筒660cc
    最高出力:52ps/6500rpm
    最大トルク:6.4kgm/4000rpm
    トランスミッション:CVT or 5速MT or 5速AGS
  • アルトワークス
    エンジン:直列3気筒660ccターボ
    最高出力:64ps/6000rpm
    最大トルク:10.2kgm/3000rpm
    トランスミッション:5速MT or 5速AGS

スズキ新型アルトのパワートレインには、減速時のエネルギーを電装品のほか、アイドリングストップからのエンジン再始動に使用する「エネチャージ」が搭載されています。

 

これによりアイドリングストップの時間を長くとり、燃費を向上。

 

発電によりエンジンにかかる負荷も低減されています。

 

トランスミッションにはCVTのほか、5速マニュアルトランスミッションと、マニュアルトランスミッションをベースに自動で変速する「5速オートギヤシフト(5速AGS)」を搭載。

 

オートマチック限定免許で運転でき、マニュアルトランスミッションに近いキビキビとした走りを楽しむことができるようになっています。

 

スズキ新型アルトの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型アルトの燃費

  • アルト(エネチャージ):37.0km/L
  • アルトワークス:23.6km/L

スズキ新型アルトの燃費は、エネチャージモデル+CVTモデルで最高37.0km/Lと低燃費になっています。

 

この燃費は、ライバルで最高燃費35.2km/Lとなっているダイハツ・ミライースと比較して大幅にリードした数値になっています。

 

スズキ新型アルトの安全装備は?

▼スズキ・デュアルセンサーブレーキサポート

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171220/20171220095033.jpg

スズキ新型アルトには、スズキ最新の安全システムとなるデュアルセンサーブレーキサポートが搭載されました。

 

スズキ・アルトにはこれまで、30km/Lまでの速度で衝突を回避するレーダーブレーキサポートが搭載されていました。

 

しかし、ライバルであるダイハツ・ミライースがブランド最新のスマートアシスト3を搭載し機能をアップしたことから、アルトもユーザーの要望にこたえ性能を向上。

 

デュアルセンサーブレーキサポートは単眼カメラとレーザーレーダーを使い、前方の歩行者や車、車線などを認識し、最新の安全機能を提供。

 

加えて新型アルトでは、後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」、車線逸脱警報機能やハイビームアシストなどを追加し、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」の機能を充実。

 

経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーSワイド」に該当する安全性が確保されました。

 

▼デュアルセンサーブレーキサポートの機能

  • 前方衝突警報機能
  • 前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
  • 自動ブレーキ機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト機能

 

スズキ新型アルトのプラットフォームは?

▼スズキ新型プラットフォーム「ハーテクト」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171018/20171018084900.jpg

スズキ新型アルトには、現行モデルのアルトが初採用車となった新型プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」が使用されています。

 

ハーテクトは、フルモデルチェンジしたワゴンRやスペーシア、スイフトなどにも採用。

 

構造や部品の配置を全面的に刷新することでアンダーボディーを理想的な骨格構造とし、基本性能の向上と軽量化を両立。屈曲した骨格を最短距離で滑らかにつなぐことで、合理的かつシンプルな形状に。

 

前モデルから曲げ剛性とねじり剛性を約30%向上しながらも、車重を710kgから650kgまで大幅に軽量化。


足まわりもHEARTECTに合わせて最適化され、前後のサスペンションストロークを拡大して乗り心地を向上。

 

フロントサスペンションとリアのトーションビーム式サスペンションは高剛性化が施され、操縦安定性が向上しています。

 

スズキ新型アルトの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

スズキ新型アルトの価格は、スタート価格に変更はなく84万7800円からとなっています。

 

安全装備が標準採用される上位モデルでは、システムのアップデートや充実により価格がアップしていますが、変更幅は3万5000円と小さくなっています。

 

▼スズキ新型アルトの価格

  • F
    5MT:FF 847,800円、4WD 953,640円
    5AGS:FF 847,800円、4WD 953,640円
  • L
    CVT:FF 894,240円、4WD 1,000,080円
  • S
    CVT:FF 1,061,640円、4WD 1,162,080円
  • X
    CVT:FF 1,171,800円、4WD 1,266,840円
  • ワークス
    5MT:FF 1,509,840円、4WD 1,617,840円
    5AGS:FF 1,547,640円、4WD 1,655,640円

 

スズキ新型アルトの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジしたスズキ新型アルトは、2018年12月13日に発売されました。

 

スズキは改良型の投入により、ライバルであるダイハツ・ミライースとの競争力をアップしたい考えです。

 

スズキ・アルトを「おさらい」

Suzuki Alto 101.JPG

スズキ・アルト(ALTO)は、初代が1979年に登場した軽自動車です。

 

初代アルトは、1979年5月に車両の輸送費用を含んだ自動車業界初の全国統一価格を採用、47万円という価格設定で発売されました。

 

女性を中心に大ヒットし、セカンドカー市場を開拓したモデルになりました。

 

2016年12月には、派生モデルのアルトラパンを除いた国内累計販売台数が、スズキ車で初となる500万台を達成しました。

 

現行モデルは2014年に登場し8代目となっており、新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用することで基礎性能を向上。

 

5代目以来14年ぶりとなるターボ車「アルトターボRS」を設定したほか、軽自動車トップクラスのスポーツ性能を持つ「アルトワークス」が約15年ぶりに復活したことで、歴代初のホットハッチ2モデルを同時販売。

 

乗用セダン、商用バンにスポーツの2モデルを加え、4バリエーションが販売されていましたが、2018年11月に「アルトターボRS」の販売が終了されました。

 

新型アルトについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。