車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【VW新型パサート最新情報】2019年マイナーチェンジ発表!ディーゼル/ヴァリアント/オールトラック/GTEのスペックや燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190208082515j:plain

フォルクスワーゲンが、セダン「パサート」とワゴン「パサートヴァリアント」のマイナーチェンジを発表しました。

 

ディーゼルやPHV(プラグインハイブリッド)もラインナップする新型パサートについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】フォルクスワーゲン新型パサートへマイナーチェンジ発表!

▼フォルクスワーゲン新型パサートの画像

f:id:carislife:20190208082634j:plain

フォルクスワーゲンが、マイナーチェンジした「パサート」を発表しました。

 

フォルクスワーゲン・パサートは、ゴルフの上位に位置するブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、現行モデルは質感をアップした内外装が人気になっていました。

 

マイナーチェンジする新型パサートではデザインをリフレッシュし、最新のインフォテイメントシステムや安全システムを採用するなど、アップデートされています。

 

フォルクスワーゲン新型パサートの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートの変更点

  • 上質さを向上した新世代の内外装デザインを採用
  • プラグインハイブリッド「パサートGTE」に搭載するバッテリー容量を9.9kWhから13kWhへ大容量化し、EVモードの航続距離を70kmに延長
  • 第3世代「MIB」インフォテイメントシステムを搭載。
    フォルクスワーゲンとして初めて、Apple「CarPlay」によるiPhoneアプリのワイヤレス接続に対応
  • SIMカードを標準で付属し、インターネットへの常時接続を実現。
    スマートフォンを車両の「モバイルキー」として使用可能
  • 先進運転支援システムとして、新しいブランド「IQ.DRIVE」を導入。
    部分自動運転システム「トラベル・アシスト」を装備
  • 静電容量式センサーを備えたステアリングホイールを世界初採用し、正しくステアリングホイールを握っているか検知し、安全性を向上
  • セダンのほか、ワゴンの「パサートヴァリアント」、クロスオーバーの「パサートオールトラック」をラインナップ

 

フォルクスワーゲン新型パサートの外装(エクステリア)デザイン

▼フォルクスワーゲン新型パサート(セダン)

f:id:carislife:20190208083737j:plain

フォルクスワーゲン新型パサートには、水平のラインを使用した新世代のデザインが採用されています。

 

f:id:carislife:20190208083740j:plain

ヘッドライトは最新LEDとされ、オプションで「IQ.Light」と呼ばれるLEDマトリクスライトが設定。

 

f:id:carislife:20190208083742j:plain

リアは、奥行き感のあるテールランプを中心にバンパーも変更。

 

バンパーには、デュアルエグゾーストが組み込まれています。

 

▼フォルクスワーゲン新型パサートヴァリアント(ワゴン)

f:id:carislife:20190208084018j:plain

f:id:carislife:20190208084015j:plain

 

新型パサートには、ステーションワゴンとなるパサートヴァリアントも設定され、拡大された荷室を利用したレジャーも楽しむことができるように。

 

▼フォルクスワーゲン新型パサートオールトラック

f:id:carislife:20190208084022j:plain

f:id:carislife:20190208084012j:plain

また、ヴァリアントをベースとしたクロスオーバーモデル「パサートオールトラック」により、オフロード走行にも対応。

 

車高をあげ、車体下部やホイールアーチを守る専用のガードが装備されています。

 

新型パサートを前モデルと比較!

▼パサート(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160607/20160607195131.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160607/20160607195057.jpg

新型パサートを前モデルと比較すると、より躍動感あるスタイルになっていることがわかります。

 

前モデルは上級モデルとしての安定感あるデザインが重視されていましたが、新型パサートではバンパーのラインに抑揚をつけ、スポーティな印象になった前後ライトを装備することで、運動性能の高さが表現されています。

 

▼パサートヴァリアント(前モデル) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160607/20160607195101.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160607/20160607195105.jpg

▼パサートオールトラック(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150219/20150219214321.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150219/20150219214324.jpg

 

フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズは?

f:id:carislife:20190208084627j:plain

▼フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    パサート(セダン):4785×1830×1465mm
    パサートヴァリアント(ワゴン):4775×1830×1485mm
    パサートオールトラック:4775×1830×1535mm
  • ホイールベース:2790mm
  • 参考
    ・ゴルフ
     全長×全幅×全高:4265×1800×1480mm
     ホイールベース:2635mm
     車重:1240kg

フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズは、セダンと比較してステーションワゴンのパサートヴァリアントの全長が-10mm、全高が+20mmに仕上げられています。

 

下位モデルとなるゴルフと比較すると、全長は500mm以上延長され、余裕のある室内空間が魅力のモデルになっています。

 

フォルクスワーゲン新型パサートの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190208084708j:plain

f:id:carislife:20190208084659j:plain

フォルクスワーゲン新型パサートの内装は、最新技術を採用することにより上質な仕上げとされました。

 

f:id:carislife:20190208084704j:plain

インフォテイメントシステムには第3世代「MIB」を採用し、フォルクスワーゲンとして初めて、Apple「CarPlay」によるiPhoneアプリのワイヤレス接続が可能に。

 

この第3世代MIBは、従来採用されていた「アクティブ・インフォ・ディスプレイ」から機能が強化され、新デザインのマルチファンクションステアリングホイールのボタン操作で、ディスプレイ構成のカスタマイズに対応。

 

インフォテインメントシステムにはSIMカードが標準で付属し、インターネットへの常時接続を実現。

 

リアルタイムの交通情報をナビゲーションに反映させるほか、ミュージックストリーミング、インターネットラジオ、最新の音声認識システムも導入。

 

スマートフォンを車両の「モバイルキー」として使用することもできるようになっています。

 

f:id:carislife:20190208085402j:plain

f:id:carislife:20190208085359j:plain

 

フォルクスワーゲン新型パサートのパワートレインとスペックは?

▼フォルクスワーゲン製直列4気筒2Lディーゼルエンジン「TDI」

f:id:carislife:20180215110432j:plain

▼フォルクスワーゲン新型パサートのパワートレインとスペック

  • 【TSI】
    エンジン:直列4気筒1.4Lガソリンターボ
    出力:150ps/25.5kgm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ「DSG」
  • 【2.0TSI】
    エンジン:直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:220ps/35.7kgm
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ「DSG」
  • 【2.0TDI】
    エンジン:直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/40.8kgm
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ「DSG」
  • 【GTE】
    エンジン:直列4気筒1.4Lターボ+電気モーターPHEV
    エンジン出力:156ps/25.5kgm
    モーター出力:116ps/33.6kgm
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ「DSG」
    EV航続距離:70km
  • 駆動方式:FF or 4WD(パサートオールトラック)

フォルクスワーゲン新型パサートのパワートレインには、1.4Lのガソリンとプラグインハイブリッド、2Lのガソリンとディーゼルがラインナップされています。

 

2Lディーゼル「TDI」エンジンには、ターボチャージャーのタービン側に可動式ガイドベーン(排気ガスの流れを可変制御)を採用。低回転時には排気の流速を上げて過給効率を高めるほか、高回転時には開口面積を大きくすることで抵抗を減少しています。

 

f:id:carislife:20190208085855j:plain

プラグインハイブリッドモデルとなるパサートGTEは、バッテリーの蓄電容量を従来の9.9kWhから13kWhへ3割大容量化。

 

これによりEVモードの航続は、欧州値で従来の最大50kmから70kmへ、4割アップされました。

 

フォルクスワーゲン・パサートを試乗動画でチェック!

▼パサートオールトラック

▼パサートTDI(ディーゼル)

フォルクスワーゲン・パサートは、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。

 

新世代となりあがった上質なデザインや使い勝手などが評判になっています。

 

▼パサートGTE

 

フォルクスワーゲン新型パサートの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートの燃費

  • 1.4Lガソリン
    セダン:20.4km/L、ワゴン:20.4km/L
  • 2Lガソリン
    セダン:15.6km/L、ワゴン:15.0km/L
  • 2Lディーゼル
    セダン:20.6km/L、ワゴン:20.6km/L
  • 1.4Lプラグインハイブリッド「GTE」
    セダン:20.9km/L、ワゴン:20.3km/L
    (ハイブリッドモード)

フォルクスワーゲン新型パサートの燃費は、1.4Lガソリン、2Lディーゼル、プラグインハイブリッドモデルで20km/L以上の低燃費が実現されています。

 

プラグインハイブリッドモデルは、充電電力を使用することで燃費値をさらに高めることができ、電気モーターのみでのEV走行も可能となります。

 

フォルクスワーゲン新型パサートの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180215/20180215112516.jpg

フォルクスワーゲン新型パサートには、最新の先進運転支援システムブランドとして「IQ.DRIVE」が導入されました。

 

「IQ.DRIVE」には、新開発の部分自動運転システム「トラベル・アシスト」が装備され、0-210km/hの幅広いスピード領域で部分的な自動運転に対応。

 

これまで採用されていた「トラフィック・ジャムアシスト」の対応速度40km/hまでから、大きく進化しています。

 

その他、新型パサートでは、静電容量式センサーを備えたステアリングホイールを世界で初装備することで、ドライバーが正しくステアリングホイールを握っているかどうか検知し安全性を向上。

 

「緊急ステアリングアシスト」では、ブレーキによって回避操作を行う場合の安全性がアップされています。

   

フォルクスワーゲン新型パサートの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

フォルクスワーゲン新型パサートの価格は、安全システムの改良によりアップします。

 

アップ幅は20万円前後とみられ、安全システムが標準装備される上位モデルで価格が変更されます。

  

▼参考:フォルクスワーゲン・パサートの価格(前モデル)

▽パサート(セダン)

  • TSI Trendline:3,339,000円
  • TSI Eleganceline:3,879,000円
  • TDI Eleganceline:4,229,000円
  • TSI Highline:4,549,000円
  • TDI Highline:4,899,000円
  • 2.0TSI R-Line:5,100,000円
  • GTE:5,289,000円
  • GTE Advance:5,889,000円

▽パサートヴァリアント(ワゴン)

  • TSI Trendline:3,539,000円
  • TSI Eleganceline:4,079,000円
  • TDI Eleganceline:4,429,000円
  • TSI Highline:4,749,000円
  • TDI Highline:5,099,000円
  • 2.0TSI R-Line:5,300,000円
  • GTE:5,489,000円
  • GTE Advance:6,089,000円

▽パサートオールトラック

  • Alltrack TDI 4MOTION:5,099,000円
  • Alltrack TDI 4MOTION Advance:5,699,000円

 

フォルクスワーゲン新型パサートの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

マイナーチェンジした新型パサートは、2019年3月に開催されるジュネーブモーターショーで一般公開後、2019年6月に欧州で発売される予定です。

 

日本発売日は2019年後半になるとみられ、先に改良されたゴルフやポロとあわせてアピールされます。

 

▼VW・ゴルフ

【VW新型ゴルフ7最新情報】GTIダイナミック日本発売!GTI TCRやハイブリッド、ヴァリアントやゴルフRの燃費、価格は?

▼VW・ポロ

【VW新型ポロ最新情報】ポロGTI日本発売!フルモデルチェンジで価格や燃費、サイズは?

 

フォルクスワーゲン・パサートを「おさらい」

▼フォルクスワーゲン・パサート(初代) 

Vw passat b1 v sst.jpg

フォルクスワーゲン・パサート(Passat)は初代が1973年に登場したミドルクラス(Dセグメント)のセダンとステーションワゴンです。

 

パサートの車名の由来は、他のフォルクスワーゲンにも多い風の名前となっており、ドイツ語で貿易風を意味しています。

 

初代は1960年代後半、長期間主力車種になっていたビートルに代わる新世代車を模索し開発がスタートされ、車体のデザインはジョルジェット・ジウジアーロが担当。

 

アウディでも姉妹車を販売していたことで、後輪駆動車に多く採用されるエンジン縦置きのレイアウトでしたが、前輪を駆動することでコストをダウンし室内空間を拡大。

 

その後アウディと姉妹関係の解消と復活を繰り返し、エンジンのレイアウトは1988年登場の3代目は横置き、1997年登場の5代目で縦置きに。2006年登場の6代目ではフォルクスワーゲンの下位モデルであるゴルフと基礎を共有することで横置きになりました。

 

現行モデルの8代目は2015年に登場し、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用することで性能を向上。

 

ガソリンとディーゼルエンジンのほか、ゴルフに続くPHV(プラグインハイブリッド)モデルとなる「パサートGTE」をラインナップし、多彩なパワートレインから選択できるようになっています。

 

新型パサートについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。