New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【VW新型パサート】2023年後半「新世代!」フルモデルチェンジ発表!最新情報、ヴァリアント/オールトラック、サイズ、価格は?

フォルクスワーゲンが、ミドルクラス「パサート」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

新世代となり魅力をアップするフォルクスワーゲン新型パサートについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】世代交代!VW「新型パサート」フルモデルチェンジ!

▼フォルクスワーゲン新型パサートのスクープ画像

フォルクスワーゲンが、「パサート」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

フォルクスワーゲン・パサートは、「ゴルフ」の上位に位置するブランドのミドルクラスとしてラインナップされ、現行モデルは2021年4月にビッグマイナーチェンジし、デザインや機能性がアップされていました。

 

新世代となる新型パサートでは、新しいエクステリアデザインを採用。

 

最新パワートレインや装備を採用することにより、快適性がアップされます。

 

フォルクスワーゲン新型パサートは、2023年後半の発表が予定されています。

 

▼VW ティグアン

 【VW新型ティグアン】「新世代!」フルモデルチェンジ発表!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

 

フォルクスワーゲン新型パサートの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートの変更点

  • 新世代のエクステリアデザインを採用
  • 最新パワートレインを採用
  • 新世代インフォテインメントシステムを搭載

 

先進的!新型パサートの外装(エクステリア)デザイン

▼フォルクスワーゲン新型パサートのスクープ画像

▼参考:フォルクスワーゲン・パサート(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208083737.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208083742.jpg

フォルクスワーゲン新型パサートの外装は、新しいデザインを採用することにより質感がアップされます。

 

フロントは、最新のヘッドライトを採用し、バンパーをよりワイドなスタイルに。

 

▼フォルクスワーゲン新型パサートのスクープ画像

リアも、先進的なグラフィックを持つテールランプや安定感のあるバンパーデザインにより、力強いイメージに仕上げられます。

 

▼参考:パサートヴァリアント(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208084018.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208084015.jpg

▼参考:パサートオールトラック(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208084022.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20190208/20190208084012.jpg

ボディタイプにはセダンのほか、ワゴンの「パサートヴァリアント」、ワゴンをベースとしたクロスオーバーモデル「パサートオールトラック」も設定されます。

 

小変更!VW新型パサートのボディサイズは?

▼フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4800×1840×1480mm
  • ホイールベース:2790mm
  • ※参考
    VW パサート(現行モデル)
    ・全長×全幅×全高
     パサート(セダン):4790×1830×1470mm
     パサートヴァリアント(ワゴン):4785×1830×1510mm
     パサートオールトラック:4785×1855×1535mm
    ・ホイールベース:2790mm

フォルクスワーゲン新型パサートのボディサイズは、現行モデルから小幅の変更とされます。

 

しかし、設計を見直すことでボディ剛性を高め、走行性能が強化されます。

 

最新装備!VW新型パサートの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191024/20191024064623.jpg

フォルクスワーゲン新型パサートの内装は、最新装備を採用することで先進的なデザインに仕上げられます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191024/20191024064626.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191024/20191024064631.jpg

ディスプレイには、デジタルメータークラスターとインフォテインメントシステムが装備され、ヘッドアップディスプレイとあわせ、ナビや車輌情報などをわかりやすくドライバーに提供。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191024/20191024064637.jpg

インフォテインメントシステムは、インターネットやスマートフォンとの接続を強化した最新システムを採用することでタッチと音声操作に対応します。

 

パワフル!VW新型パサートのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180215/20180215110432.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒1.5Lガソリンターボ+マイルドハイブリッド
    出力:150ps/25.5kgm
  • 直列4気筒2Lガソリンターボ
    出力:190ps/32.6kgm
  • 直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/40.8kgm
  • 直列4気筒1.4Lターボ+電気モーターPHEV
    エンジン出力:156ps/25.5kgm
    モーター出力:116ps/33.6kgm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ「DSG」
  • 駆動:FF or 4WD「4MOTION」

フォルクスワーゲン新型パサートには、ブランドの最新パワートレインが搭載されます。

 

エントリーモデルには1.5Lターボエンジンを設定し、マイルドハイブリッドシステムを組み合わせることで環境性能を向上。

 

中間グレードには、2Lのガソリンとディーゼルエンジンが設定され、力強い走りを楽しむことができるように。

 

また、高環境性能モデルとして、ガソリンエンジンに電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドも設定されます。

 

最新システム!フォルクスワーゲン新型パサートの安全装備は?

f:id:carislife:20180305114618j:plain

フォルクスワーゲン新型パサートには、ブランドの最新安全システムが搭載されます。

 

システムには「Travel Assist(トラベル アシスト)」が採用され、車速域0~210km/hで作動し、ドライバーがあらかじめ設定した車速内において前走車との車間、走行レーンの維持をサポート。

 

これにより、高速道路などでの長距離移動において安全性の向上、疲労軽減に貢献。

 

また、ステアリングホイールには静電容量式センサーを採用し、軽く手を添えるだけでシステムの継続的な作動が可能に。

 

その他、新型パサートでは駐車支援システム「Park Assist」を採用することで、安全性が高められます。

  

走り両立!フォルクスワーゲン新型パサートの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートの燃費

  • 1.5Lガソリン:16.0km/L

フォルクスワーゲン新型パサートの燃費は、最新パワートレインを採用することによりアップします。

 

これにより、余裕のある室内空間とミドルクラスモデルとしての使い勝手が両立されます。

 

▼参考:VW パサート(現行モデル)の燃費

  • 1.5Lガソリン
    セダン:15.1km/L、ワゴン:15.0km/L
  • 2Lディーゼル
    セダン:16.4km/L、ワゴン:16.4km/L

 

アップ!フォルクスワーゲン新型パサートの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼フォルクスワーゲン新型パサートの価格

  • 460万円~

フォルクスワーゲン新型パサートの価格は、最新装備の採用によりアップします。

 

アップ幅はグレードにより20万円前後が見込まれ、より高い快適性がアピールされます。

 

▼参考:VW パサート(現行モデル)の価格

▽パサート(セダン)

  • 1.5Lガソリン&FF
    TSI Elegance:4,449,600円
    TSI Elegance Advance:5,173,000円
  • 2Lディーゼル&FF
    TDI Elegance:4,812,000円
    TDI Elegance Advance:5,535,000円

▽パサート ヴァリアント

  • 1.5Lガソリン&FF
    TSI Elegance:4,833,000円
    TSI Elegance Advance:5,578,000円
  • 2Lディーゼル&FF
    TDI Elegance:5,205,000円
    TDI Elegance Advance:5,950,000円
    TDI R-Line:6,274,000円
  • 1.4LガソリンPHEV&FF
    GTE:6,345,000円
    GTE Advance:6,838,000円

▽パサート オールトラック

  • 2Lディーゼル&4WD
    TDI 4MOTION:5,929,000円
    TDI 4MOTION Advance:6,483,000円

   

いつ?フォルクスワーゲン新型パサートの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする新型パサートは、2023年後半の発表が予定されています。

 

フォルクスワーゲンは主力モデルのパサートを新世代とすることで、ユーザーのニーズに対応していく予定です。

 

フォルクスワーゲン・パサートを「おさらい」

▼フォルクスワーゲン・パサート(初代) 

Vw passat b1 v sst.jpg

フォルクスワーゲン・パサート(Passat)は初代が1973年に登場したミドルクラス(Dセグメント)のセダンとステーションワゴンです。

 

パサートの車名の由来は、他のフォルクスワーゲンにも多い風の名前となっており、ドイツ語で貿易風を意味しています。

 

初代は1960年代後半、長期間主力車種になっていたビートルに代わる新世代車を模索し開発がスタートされ、車体のデザインはジョルジェット・ジウジアーロが担当。

 

アウディでも姉妹車を販売していたことで、後輪駆動車に多く採用されるエンジン縦置きのレイアウトでしたが、前輪を駆動することでコストをダウンし室内空間を拡大。

 

その後アウディと姉妹関係の解消と復活を繰り返し、エンジンのレイアウトは1988年登場の3代目は横置き、1997年登場の5代目で縦置きに。2006年登場の6代目ではフォルクスワーゲンの下位モデルであるゴルフと基礎を共有することで横置きになりました。

 

現行モデルの8代目は2015年に登場し、フォルクスワーゲンの新世代モジュラープラットフォーム「MQB」を採用することで性能を向上。

 

ガソリンとディーゼルエンジンのほか、ゴルフに続くPHV(プラグインハイブリッド)モデルとなる「パサートGTE」をラインナップし、多彩なパワートレインから選択できるようになっています。

 

新型フォルクスワーゲン・パサートについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。