New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ルノー新型キャプチャー最新情報】2019年9月26日改良日本発売!燃費やスペック、価格は?

f:id:carislife:20190926172806j:plain

ルノーが、コンパクトSUV「キャプチャー」の改良を発表しました。

 

さらに魅力をアップしたルノー新型キャプチャーについて、スペックや価格、燃費などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ルノー新型キャプチャーに改良日本発売!

▼ルノー新型キャプチャーの画像

f:id:carislife:20180305135823j:plain

ルノーが、SUV「キャプチャー」の日本仕様改良を発表しました。

 

ルノー・キャプチャーは、ブランドの主力コンパクトSUVとしてラインナップされ、日本でも「カングー」「ルーテシア」に次ぐ人気になっているモデルです。

 

改良された新型キャプチャーでは、新しい内外装カラーを採用することで魅力がアップされています。

 

▼ルノー・キャプチャー(新世代)

【ルノー新型キャプチャー最新情報】フルモデルチェンジ発表!PHEV、燃費やサイズ、発売日、価格は?

 

ルノー新型キャプチャーの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ルノー新型キャプチャーの変更点

  • ルーフとボディのカラーラインアップを変更し、よりシックな印象に仕上げ
  • 「インテンス」グレードに採用するシートの組み合わせを変更

▽2018年3月マイナーチェンジ時の変更点

  • 新しいエクステリアデザインにより、上質さとタフさを融合
  • 内装に2トーンカラーやソフトタッチ素材を取り入れ、上質な空間に
  • 悪路走破性を高める「エクステンデッド・グリップ」システムを採用
  • ボディカラーを全て新色とし設定

 

ルノー新型キャプチャーの外装(エクステリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170303/20170303150436.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170303/20170303150437.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170303/20170303150438.jpg

ルノー新型キャプチャーの外装は、評判だった大胆なボディラインと最新のSUVデザインを融合させたスタイルになっています。

 

f:id:carislife:20180305140759j:plain

f:id:carislife:20180305140805j:plain

前後バンパーにはスキッドプレートが採用され、フロントにCシェイプのフロントLEDランプも装着することでSUVらしさを強調。

 

f:id:carislife:20180305140817j:plain

f:id:carislife:20180305140814j:plain

フルLEDヘッドライトを装備し、リアにも立体デザインのLEDランプを採用することで、ボリュームあるボディラインの魅力を引き出すアクセントとされています。

 

f:id:carislife:20180305140808j:plain

 

ルノー新型キャプチャーを前モデルと比較!

▼ルノー・キャプチャー(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160304/20160304195642.jpg

ルノー新型キャプチャーを前モデルと比較すると、都市的からオフロード色を強くしたデザインに変化していることがわかります。

 

新型キャプチャーでは、グリルから横に伸びるラインをヘッドライト内につながるようにすることで精悍な表情になっています。

 

ルノー新型キャプチャーのボディカラーは?(全4色)

f:id:carislife:20190926173323j:plain

▼ルノー新型キャプチャーのボディカラー

  • ルージュフラムメタリック+ノワールエトワールメタリック

  •  

    グリカシオペメタリック+ノワールエトワールメタリック
  • オランジュアタカマメタリック+ノワールエトワールメタリック
  • イヴォワール+ノワールエトワールメタリック

ルノー新型キャプチャーのボディカラーは、改良により新色が設定されました。

 

前モデルでホワイトなども用意されていたルーフカラーは「ノワールエトワール」(ブラック)に統一され、ボディカラーにはルージュフラムメタリックとグリカシオペメタリックの新色2色を採用した計4色されました。

 

▼参考:前モデルのカラーラインナップ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180305/20180305142857.jpg

 

ルノー新型キャプチャーのボディサイズは?

f:id:carislife:20180305141930j:plain

▼ルノー新型キャプチャーのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4135×1780×1585mm
  • ホイールベース:2605mm
  • 車重:1280kg

ルノー新型キャプチャーは、日本で主力になっているコンパクトSUVサイズになっています。

 

車重は1280kgと軽く仕上げることで、搭載される小排気量ターボエンジンで軽快な走りが可能とされています。

 

ルノー新型キャプチャーの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20180305143831j:plain

ルノー新型キャプチャーの内装は、高いアイポイントから良好な視界が得られる運転席や、人間工学に基づいて配置されたスイッチやメーターなどにより、使いやすさが追求されています。

 

f:id:carislife:20180305143844j:plain

f:id:carislife:20180305143849j:plain

ソフトタッチ素材や落ち着いたサテンクロームのアクセントにより、上質な雰囲気を演出。

 

f:id:carislife:20180305143852j:plain

リアシートのニールームは640mmのゆとりが確保され、5人が快適に利用できるように仕上げられています。

  

f:id:carislife:20180305151357j:plain

リアシートは6:4分割可倒式で用途に応じてフラットにすることもできるほか、後席側とラゲッジスペースの両側からスライド操作ができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180305151350j:plain

f:id:carislife:20180305151354j:plain

マルチポジションラゲッジフロアボードはスペースを簡単に上下に仕切り、上段に設定することでフロアボード下に車外から見えない収納スペースを確保することも可能。

 

ラゲッジスペースの容量は、リアシートを後端にスライドしたときで377L、最も前端にスライドしたときに455L、リアシートを畳んだ状態で最大1235Lと大きくなっています。

 

▼ルノー新型キャプチャー「インテンス レザー」の内装

f:id:carislife:20180305143841j:plain

▼ルノー新型キャプチャー「インテンス」の内装(2種)

f:id:carislife:20190926173652j:plain

f:id:carislife:20190926173655j:plain

インテリアカラーは、レザーシート採用モデルもあわせ3パターンが用意され、「インテンス」のシートは、イヴォワールのボディカラーにブラウンファブリックシート、その他のボディカラーにグレーファブリックシートが組み合わせられます。

  

ルノー新型キャプチャーのエンジンとスペックは?

▼ルノー製1.2L直噴ターボエンジン

f:id:carislife:20180305144559j:plain

▼ルノー新型キャプチャーのエンジンとスペック

  • エンジン:直列4気筒1.2Lターボ
  • 最高出力:118ps/5000rpm
  • 最大トルク:20.9kgm/2000rpm
  • トランスミッション:6速デュアルクラッチ「EDC」
  • 駆動方式:FF

ルノー新型キャプチャーのパワートレインには、2016年の改良で採用されていた最新パワートレインが搭載されています。

 

1.2Lと小排気量なターボエンジンは、2L自然吸気エンジンなみの最大トルクを発揮。

 

出力特性にあわせギヤ比が最適化された6速デュアルクラッチトランスミッションにより、スムーズな変速と高い加速性能が実現されています。

 

ルノー新型キャプチャーの走行システム「エクステンデッドグリップ」とは?

f:id:carislife:20180305145352j:plain

ルノー新型キャプチャーには、悪路の走破性を高める走行システム「エクステンデッドグリップ」が新採用されています。

 

f:id:carislife:20180305145356j:plain

エクステンデッドグリップは、路面状況にあわせ以下の3モードから選択することができるようになっています。

  • 標準モード
    乾燥した路面、濡れた平坦な道路など、主に舗装された道路に適応。
  • ソフトグラウンドモード
    砂利道や砂地、枯れ葉が積もった滑りやすい路面、または傾斜や凹凸がありタイヤのグリップが均一に掛からない場合などに適応。
  • エキスパートモード
    路面グリップが低い場合の発進時などに使用。駆動輪に過度の空転が起きると自動的に個別ブレーキが作動。空転を抑制するようサポートする。滑りやすい路面でもアクセルコントロールができるエキスパート(上級者)向けの走行モード。

新型キャプチャーでは走行システムに加えて、マッド&スノー( M+S)タイヤを標準装備することで、悪路でも高い走行性能を発揮することができるようになっています。

 

ルノー新型キャプチャーの走行性能を試乗動画でチェック!

ルノー新型キャプチャーは試乗動画が公開されています。

 

フランスメーカーならではの、しなやかな乗り心地が評判になっています。 

 

ルノー新型キャプチャーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ルノー新型キャプチャーの燃費

  • 17.2km/L

ルノー新型キャプチャーの燃費は、1.2L直噴ターボエンジンと6速デュアルクラッチトランスミッションの組み合わせより、17.2km/Lの低燃費に仕上げられています。

 

ECOモードを使用し燃費を優先するほか、変速スピードとダイレクト感に優れるデュアルクラッチ式トランスミッションをマニュアルモードで操作し、軽快な走りを楽しむこともできます。

 

ルノー新型キャプチャーの安全装備は?

f:id:carislife:20180305150212j:plain

ルノー新型キャプチャーの安全装備には、ブラインドカーブなどで視認性を高める、コーナリングランプ機能付LEDフロントフォグランプなどが採用されています。

 

障害物を検知して警告音で知らせるバックソナーも備え、日常での運転のしやすさもアップしています。

 

▼ルノー新型キャプチャーの安全装備

  • EBA(緊急時ブレーキアシスト)
  • コーナリングランプ機能付LEDフロントフォグランプ
  • バックソナー
  • ヒルスタートアシスト
  • ESC(横滑り防止装置)
  • EBD(電子制御制動力配分システム)付ABS

 

ルノー新型キャプチャーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ルノー新型キャプチャーの価格

  • キャプチャー インテンス:274万9000円

  •  

    キャプチャー インテンス レザー:285万1000円

ルノー新型キャプチャーは、スタート価格が274万9000円に設定されました。

 

10万2000円アップで、レザーシートを採用するインテンス・レザーも選択できるようになっています。

 

ルノー新型キャプチャーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたルノー新型キャプチャーは、2019年9月26日に日本で発売されました。

 

欧州ではフルモデルチェンジした新世代モデルが発表されており、現行最終モデルとなる見込みです。

 

▼新型ルノー・キャプチャー

【ルノー新型キャプチャー最新情報】フルモデルチェンジ!PHEV、燃費やサイズ、発売日、価格は?

▼ルノー・カジャー

【ルノー新型カジャー最新情報】日本発売!燃費やスペック、価格は?

 

ルノー・キャプチャーを「おさらい」

f:id:carislife:20180305151335j:plain

ルノー・キャプチャー(Captur)は、初代となる現行モデルが2013年に登場したコンパクトSUVです。

  

デザインは、マツダのデザイン本部長も務めたローレンス・ヴァン・デン・アッカーが初めて指揮を執り、ちから強いフォルムになっています。

 

ルノーと同グループの日産が販売するコンパクトSUV「ジューク」と基礎を共有し製作されていますが、全長は15mm小さく、ホイールハブもジュークのPCD114.3/5穴からルーテシアと同じPCD100/4穴となっているなど、ルノー向けに変更されています。

 

コンパクトモデルであることから価格がアップする4WDモデルは基本設定されていませんが、極寒で使用されるロシア仕様にのみ、パワートレインの全面見直しによりロッキングセンターデフを備える4WDモデルが用意されています。

 

新型ルノー・キャプチャーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。