New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【トヨタ新型アクア】2020年12月フルモデルチェンジ発表!最新情報、4WDクロスオーバー、燃費、発売日や価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135014.jpg

トヨタが、コンパクトハイブリッド車「アクア」のフルモデルチェンジにむけて開発を進行しています。

 

新世代モデルとして性能をアップする新型アクアについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】大幅進化!トヨタ新型アクアにフルモデルチェンジへ!

f:id:carislife:20180403133615j:plain

トヨタが、コンパクトカー「アクア」のフルモデルチェンジにむけて開発を進行しています。

 

トヨタ・アクアは、ブランドのコンパクトハイブリッド車としてラインナップされ、販売開始から長期間国産車トップクラスの販売を継続している人気モデルです。

 

2018年4月に小規模の改良を発表しましたが、現行型は発売から7年とコンパクトカーでは異例のロングライフモデルになっていることから、新型アクアでは新世代技術を採用し大幅にアップデートされます。

 

▼トヨタ・アクアのマイナーチェンジ

【トヨタ新型アクア最新情報】マイナーチェンジ発売!価格、燃費、クロスオーバーは?

 

トヨタ新型アクアの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型アクアの変更点

  • 最新プラットフォームTNGAを採用し、新世代パワートレインを搭載
  • 新世代直列3気筒1.5Lハイブリッドシステムを採用し、4WD「E-Four」を新設定
  • 外部給電機能を採用
  • ボディサイズを見直し、室内空間を拡大
  • スマートフォンと連携する「ディスプレイオーディオ」を標準装備
  • 先進安全機能「Toyota Safety Sense」に、高度駐車支援システム「Advanced Park」、交差点右折時の対向直進車、右左折後の横断歩行者も検知対象とした最新システムを採用

 

スポーティに!トヨタ新型アクアの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20180510094110j:plain

トヨタ新型アクアの外装は、ブランドの最新コンセプトを取り入れ、より躍動感あるスポーティなデザインとされます。

 

f:id:carislife:20190319083714j:plain

f:id:carislife:20190319083717j:plain

フロントは迫力あるバンパーによりワイドさを強調し、エッジを際立たせることで上級スポーツを思わせるスタイルとされます。

 

▼トヨタ・アクアクロスオーバー(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135027.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619134954.jpg

また、現行モデルで当初「X-URBAN」のモデル名で発売され、その後デザインやモデル名を変更することで魅力をアップしていた「アクアクロスオーバー」も引き続き設定され、専用のフェンダーアーチモールやデザイン、高い車高などによりタフな走りも楽しむことができるようになります。

 

トヨタ新型アクアを現行モデルと比較!

▼トヨタ・アクア(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135014.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135004.jpg

トヨタ新型アクアを現行モデルと比較すると、さらに伸びやかなスタイルが追求されます。

 

現行モデルのアクアは長期間の販売になったことから印象の変化も重要ポイントとなり、先進性が感じられるボディラインとされます。

 

小規模変更!トヨタ新型アクアのボディサイズは?

f:id:carislife:20180312110632j:plain

トヨタ新型アクアのボディサイズは、最新のTNGAプラットフォームを採用することで、先に新世代モデルが発表されているプリウスやカムリなどと同じく、高い運動性能を確保しながら拡大されることになります。

 

しかし「5ナンバーハイブリッドカー」という位置づけから、ベースモデルの全幅は1700mm未満が維持されるとみられています。

 

アクアクロスオーバーは、現行モデルでも全幅を拡大し3ナンバーサイズとなっていることから、ベースモデルとの差別化をすすめたタフなスタイルがポイントとされます。

 

▼参考:トヨタ・アクアのボディサイズ(現行モデル)

  • アクア(ベースモデル)
    全長×全幅×全高:4050×1695×1455mm
    最低地上高:140mm
    車重:1060kg~1090kg
  • アクアクロスオーバー
    全長×全幅×全高:4060×1715×1500mm
    最低地上高:170mm
    車重:1100kg
  • ホイールベース:2550mm

 

新装備!トヨタ新型アクアの内装(インテリア)デザイン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135007.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135010.jpg

トヨタ新型アクアの内装は、グローバル販売される車種であることから高い質感が確保されます。

 

▼ディスプレイオーディオ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191016/20191016162931.jpg

装備には、スマートフォン連携が可能なディスプレイオーディオ(DA)およびDCMが全車に標準装備されます。

 

ディスプレイオーディオは、SmartDeviceLinkによりスマートフォンをBluetoothとUSBケーブルで接続することで、TCスマホナビやLINEカーナビなどのナビアプリのほか、音楽・ラジオアプリなどがディスプレイ上で利用可能に。

 

またLINEカーナビでは、音声認識で目的地設定やLINEのメッセージ送受信、音楽再生などが可能となり、利便性を向上。

 

Apple CarPlay/Android Autoは、スマートフォンをUSBケーブルで接続することで、マップ、電話、メッセージ、音楽アプリをディスプレイ上で利用できるように。

 

また、従来通りの車載用ナビ機能を利用したいユーザーは、エントリーナビキットまたはT-Connectナビキットの2種類から選択ができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135017.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170619/20170619135020.jpg

インテリアには現行モデル同様ホワイトソフトレザーシートなど多彩なデザインが用意され、好みのスタイルを選ぶことができるようになります。

  

▼参考:トヨタ・アクアの室内サイズ(現行モデル)

  • 室内長×室内幅×室内高:2015×1395×1175mm

 

ついに4WDも!トヨタ新型アクアのパワートレインとスペックは?

▼新世代1.5Lハイブリッドシステム

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20191016/20191016155700.jpg

▼トヨタ新型アクアのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:直列3気筒1.5L+電気モーター
  • 直列3気筒1.5L「ダイナミックフォースエンジン」+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:74ps/11.3kgm
    モーター出力:61ps/17.2kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD【新設定】
  • トランスミッション:CVT

トヨタ新型アクアのパワートレインには、TNGAプラットフォームに対応し新開発、発表されていた直列3気筒1.5Lエンジンに電気モーターを組み合わせた最新ハイブリッドシステムが搭載されます。

 

新世代1.5Lハイブリッドシステムは、システム全体の高効率化とハイブリッドシステム専用のエンジン設計、リチウムイオンバッテリーや高出力モーターの採用により、現行型よりモーター出力を約30%アップし、燃費も伝達損失を約30%抑えることで省燃費化。

 

また、外部給電機能を持つアクセサリーコンセント(1,500W)がオプション設定され、家庭用と同じコンセントを通じて電化製品を使用できるほか、災害などの非常時には発電機として使用できるように。

 

ユーザーの要望が多かったハイブリッド4WD「E-Four」も設定されます。

 

スポーツ!トヨタ新型アクアにGRカスタムモデルも!

▼トヨタ・アクアGRスポーツ(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171121/20171121134350.jpg

トヨタ新型アクアには、トヨタのスポーツブランド「GR」による「アクアGR」も用意されます。

 

新型アクアは最新プラットフォームにより重心を下げ、基礎走行性能をアップしますが、新型アクアGRでは専用サスペンションや車体剛性強化などによりさらなる走りが追求されます。

  

▼トヨタGRモデル一覧

トヨタ新型GR/GRスポーツ/GRMN車種とスペック、価格一覧!新車種も続々!

 

改善!トヨタ新型アクアの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型アクアの燃費(目標値)

  • JC08モード:44.0km/L
  • WLTCモード:35.8km/L

トヨタ新型アクアの燃費は、ハイブリッドシステムの改良により改善します。

 

現行モデルはマイナーチェンジにより38.0km/Lまでアップしていましたが、トヨタの新世代モデルではプリウスが最高40.8km/L、量販モデルで37.2km/Lとなっていることから、JC08モード値で44km/Lほどの燃費値が目標に設定されています。

 

新採用!トヨタ新型アクアの安全装備は?

f:id:carislife:20191016161436j:plain

新型アクアの安全装備には、最新の予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense」が標準装備されます。

 

「Toyota Safety Sense」は、歩行者検知(昼間・夜間)および自転車運転者検知(昼間)を行い、衝突回避支援または被害軽減に寄与する「プリクラッシュセーフティ」を採用し、右折時の対向直進車や右左折後の横断歩行者も検知対象とし、万が一の交差点事故への対応範囲を拡大。

 

また、低速時の事故予防をサポートする「低速時加速抑制」機能を採用。

 

自車の直前にいる歩行者、自転車運転者、車両をミリ波レーダーと単眼カメラで認識し、前方に対象物がある状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルが必要以上に強く踏み込まれた場合には、エンジン出力を抑制または弱いブレーキをかけることで加速を抑制し、衝突回避または被害軽減をサポート。

 

f:id:carislife:20191016161438j:plain

高度駐車支援システム「Advanced Park」も装備され、ハンドルだけでなく、アクセルやブレーキも制御し、駐車に必要な操作を支援。

 

カメラと超音波センサーによって周辺を監視し、万一の場合は警報とブレーキ制御で接触回避をサポート。さらに事前に駐車位置を登録することで、白線のない駐車場でも使用を可能とする世界初の機能が採用されています。

 

その他新型アクアには、前方車両の追従走行を支援する「レーダークルーズコントロール」、レーダークルーズコントロール使用時に同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト[LTA]」、ハイビームとロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム[AHB]」、カメラで認識した道路標識をディスプレイに表示することで道路標識の見落としを減らす「ロードサインアシスト[RSA]」が採用されます。

 

維持!トヨタ新型アクアの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

トヨタ新型アクアの価格は、ブランドのエントリーハイブリッド車となることから大幅な変更はないとみられています。

 

トヨタではハイブリッドミニバンのシエンタが220万円ほどでラインナップされており、新型アクアでは200万円未満の価格設定が維持されることになります。

 

▼参考:トヨタ・アクアの価格(現行モデル)

  • L:1,785,240円
  • S:1,886,760円
  • G:2,052,000円
  • G“ソフトレザーセレクション”:2,079,000円
  • Crossover:2,052,000円
  • G“GR SPORT・17インチパッケージ”:2,527,200円〜
  • G“GR SPORT”: 2,322,000円〜

 

トヨタ新型アクアの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジするトヨタ新型アクアは、2020年12月に発表、2021年2月の発売が予定されています。

 

トヨタはアクアを世代交代することで、TNGAプラットフォーム採用車をコンパクトカーにも拡大していく予定です。

 

トヨタ・アクアを「おさらい」

▼トヨタ・アクア(初期モデル) 

f:id:carislife:20180312114819j:plain

トヨタ・アクア(AQUA)は、初代となる現行モデルが2011年に登場したコンパクトハイブリッドカーです。

 

アクアのモデル名の由来はラテン語の「水」となっており、「透明感あるクリーンなイメージ」や、水の様に自由に広がることで従来のハイブリッドカーの印象にとらわれず広く楽しまれることを願って命名されました。

 

海外では、高い知名度を持つ「プリウス」シリーズの1モデルとして、「プリウスC」のモデル名で販売され、「C」は「City」を意味しています。

 

2003年に生産を終了した初代プリウス以来8年ぶりとなる5ナンバーサイズのコンパクトハイブリッドカーとなり、プリウスと同じく全てのトヨタ車取扱いチャネル(トヨタ店・トヨペット店・カローラ店・ネッツ店)で販売。

 

▼トヨタ・アクア(2014年改良モデル)

f:id:carislife:20180312114822j:plain

2014年には初のビッグマイナーチェンジが行われ、ちから強い新デザインやクロスオーバーとなる「X-URBAN」をラインナップ。

 

2017年には再度大幅改良され、現行モデルの表情に変更するとともに、車高を「X-URBAN」から10mmアップしてさらに走破性能をあげたアクアクロスオーバーがラインナップされました。

 

高い人気からフルモデルチェンジが行われず、コンパクトカーでは珍しい7年目の継続販売を迎えたロングライフモデルとなっています。

 

新型トヨタ・アクアについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。