車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ホンダ新型N-WGN最新情報】2019年8月9日フルモデルチェンジ発売!N-WGNカスタム/ターボのサイズや燃費、価格は?

f:id:carislife:20190718121106j:plain

ホンダが、軽自動車「N-WGN(エヌワゴン)」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

新世代となり魅力をアップする新型ホンダN-WGNの燃費やデザイン、グレード、価格などを、最新情報からご紹介します。

 

▼この記事に目次 

【最新情報】ホンダ新型N-WGNにフルモデルチェンジ発表!

▼ホンダ新型N-WGNの画像

f:id:carislife:20190718121134j:plain

ホンダが「N-WGN」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

ホンダN-WGNは、ブランドの軽自動車「Nシリーズ」の1モデルとしてラインナップされ、上位モデル「N-BOX」譲りの大きな室内、デザインや価格が人気になっています。

 

フルモデルチェンジする新型N-WGNでは、先に全面改良を受けたN-BOXからくる最新技術などを採用することで、魅力をアップしています。

 

▼ホンダN-BOX

【ホンダ新型N-BOX最新情報】燃費や価格、サイズは?

▼ホンダN-VAN

【ホンダ新型N-VAN最新情報】バモス後継の価格や燃費、スペックは?

▼ホンダN-ONE

【ホンダ新型N-ONE最新情報】フルモデルチェンジ!RS/モデューロX/ターボ/ハイブリッドのサイズや燃費、価格、発売日は?

 

ホンダ新型N-WGN(エヌワゴン)の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型N-WGNの変更点

  • 最新のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • CVTに、ブレーキペダルを踏むだけでエンジンブレーキを活用してスムーズに減速できる「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を導入
  • センタータンクレイアウトを採用する最新プラットフォームにより、室内空間を拡大
  • 停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保ち、アクセルを踏むと自動解除で再発進できるオートブレーキホールド機能を採用
  • ホンダの軽自動車で初めてテレスコピック&チルトステアリング機構を標準装備
  • 全車に最新の安全システム「ホンダセンシング」を搭載。
    渋滞追従機能付ACC、パーキングセンサーシステムをホンダの軽自動車で初採用
  • パワーステアリングにホンダの軽自動車初となる「EPS新制御ロジック」を導入。
    ステアリング操作に対して遅れの少ないアシストを可能とし、より自然で安心感のある操舵フィーリングを実現
  • N-WGNカスタムにシャークフィンアンテナを軽自動車初採用

  

ホンダ新型N-WGNの外装(エクステリア)デザイン

▼ホンダ新型N-WGN

f:id:carislife:20190718121134j:plain

ホンダ新型N-WGNの外装は、先に新世代モデルが販売され人気になっているN-BOXからくる新しいデザインに仕上げられました。

 

f:id:carislife:20190718121429j:plain

f:id:carislife:20190718121435j:plain

f:id:carislife:20190718121432j:plain

デザインコンセプトは、「普段の生活になじみ、親しみやすさのあるデザイン」とされ、ヘッドライトは丸型、グリルやエアインテークの形状もシンプルな四角形で構成されています。

 

車体はホンダの軽自動車として初めて、レーシングカー開発を行なう「HDR Sakura」にあるムービングベルト式風洞で空力性能開発を実施。

 

フロア下の空気の流れを改善して空気抵抗を低減したほか、ボディ前後のリフトバランスを最適化することで、高速道路などの走行時や強い横風が吹いているシーンでの安定性もアップされています。

 

▼ホンダ新型N-WGNカスタムの画像

f:id:carislife:20190718121106j:plain

f:id:carislife:20190718121536j:plain

f:id:carislife:20190718121530j:plain
f:id:carislife:20190718121539j:plain

スポーティモデルとなる新型N-WGNカスタムは、ヘッドライトに多灯式を採用し、メッキ加飾を細かく並べたグリルを採用。

 

ランプは前後ともにLED式とすることで、先進的な印象に仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190718121533j:plain

その他、新型N-WGNカスタムでは、流れるように点灯する「シーケンシャルターンシグナル」を装備し、ルーフ後方には「シャークフィンアンテナ」が軽自動車として初採用されています。

 

 

ホンダ新型N-WGNを前モデルと比較!

▼N-WGN(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160516/20160516195724.jpg

f:id:carislife:20181015091713j:plain

ホンダ新型N-WGNを前モデルと比較すると、デザイン変更の大きさがわかりやすくなります。

 

前モデルでは、軽自動車ミドルクラスならではの軽快さや使い勝手が表現されていましたが、新型N-WGNではホンダNシリーズが持つ親しみやすいイメージが重視されています。

 

▼N-WGNカスタム(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160516/20160516195725.jpg

f:id:carislife:20181015091715j:plain

 

ホンダ新型N-WGNのボディカラーは?(全20色)

f:id:carislife:20190607122645j:plain

ホンダ新型N-WGNのボディカラーには、モノトーン12色、2トーン8色の全20パターンが用意されました。

 

ベースモデルでは親しみやすい淡い色合い、N-WGNカスタムではデザインを引き締めるダークトーンが多くラインナップされています。

 

ホンダ新型N-WGNのボディサイズは?

f:id:carislife:20181015092226j:plain

▼ホンダ新型N-WGNのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:3395×1475×1675mm
  • ホイールベース:2520mm
  • 車重:850kg
  • ※参考
    ・N-WGN(前モデル)
     全長×全幅×全高:3395×1475×1655mm
     ホイールベース:2520mm
     車重:830kg
    ・N-BOX
     全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
     ホイールベース:2520mm
     車重:890kg

ホンダ新型N-WGNのボディサイズは、軽自動車規格に対応するため全長と全幅が前モデルから維持されています。

 

しかし、N-BOXで採用された最新プラットフォームを使用することで、空間効率をアップ。 

f:id:carislife:20190718122950j:plain

全高の低いハイトワゴン向けに最適化するため、フロアの左右を横断するクロスメンバーを専用設計。

 

また、高粘度接着剤による接合部位を拡大し、フロア周辺の剛性を引き上げて振動を低減することで静粛性が高められています。

 

ホンダ新型N-WGNの内装(インテリア)デザイン

▼ホンダ新型N-WGNの画像

f:id:carislife:20190607115620j:plain

f:id:carislife:20190718122437j:plain

ホンダ新型N-WGNの内装は、外装にあわせ、親しみやすさと使いやすさを重視した最新のデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190718122240j:plain

ドライバーが運転に集中できるように前後の視界は拡大され、Aピラーにハイテン材を使って初代モデル同等の強度を確保しながら6mmの細幅化を実施。

 

後方ではリアハッチのウィンドウに設置されたリアワイパーのモーターをガラスに影響を与えない位置に下げ、すっきりとスクエアな視野が実現されています。

 

f:id:carislife:20190607122122j:plain

新型N-WGNの運転席には、ホンダの軽自動車で初めてとなるテレスコピック&チルトステアリング機構が標準装備され、運転席のハイトアジャスターも調整幅を上下50mmに拡大することで、さまざまな体格のドライバーが最適な運転姿勢を確保できるようになっています。

 

▼ホンダ新型N-WGNカスタムの画像

f:id:carislife:20190607115623j:plain

f:id:carislife:20190718122439j:plain

スポーティモデルの新型N-WGNカスタムでは、ブラックのパーツやシートを使用することで質感がアップされました。

 

f:id:carislife:20190718122254j:plain

装備ではフルオートエアコンが全車標準装備とされ、上位グレードの「L」と「L・ターボ」ではプラズマクラスター技術も採用。

  

f:id:carislife:20190718122442j:plain

f:id:carislife:20190718122444j:plain

シートは柔らかく包み込むような形状を採用して乗員の体をサポートし、フロントシートアームレストを全車標準装備。

 

リアドアの開口部はすっきりと滑らかなアーチ形状となっており、スムーズな乗り降りができるように仕上げられました。

 

f:id:carislife:20190607115914j:plain

f:id:carislife:20190607115916j:plain

f:id:carislife:20190607115918j:plain

前モデルでユーザーからの要望が多かったとする収納スペースは拡充され、ラゲッジスペースは低床化することでスペースを拡大。

 

重い荷物や高さのある荷物を載せやすくするとともに、備え付けのボードを使うことで上下2段の積み分けが可能で、買い物等での荷物の積み降ろしの利便性も向上されています。

 

▼ホンダ新型N-WGNの室内サイズと比較

  • 室内長×室内幅×室内高
    新型N-WGN:2055×1350×1300
    N-WGN(前モデル):2055×1355×1300mm
    N-BOX:2240×1350×1400mm
  • 乗員:4人乗り

 

無限、ホンダアクセスからホンダ新型N-WGNカスタムパーツ設定!

▼ホンダ新型N-WGNカスタム無限カスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20190719074132j:plain

f:id:carislife:20190719074137j:plain

ホンダ新型N-WGNには、無限とホンダアクセスからカスタムパーツが設定されました。

 

無限のカスタムパーツは「我が城、無限N-WGN」をコンセプトに、車両の持つ精悍さと力強さに加え、無限が表現する強い塊感を持つ堂々としたスタイリングを採用。

 

エアロパーツは「フロントアンダースポイラー」「サイドスポイラー」「リアアンダースポイラー」のほか、より精悍なフロントマスクを表現した「フロントスポーツグリル」、強い存在感を表現した「アッパーウィング」が用意され、フロントアンダースポイラーには、エンジン始動時に常時点灯する「エアロイルミネーション」もオプション設定されています。

 

▼ホンダ新型N-WGN/ホンダアクセスカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20190719074135j:plain

▼ホンダ新型N-WGNカスタム/ホンダアクセスカスタムパーツ装着車

f:id:carislife:20190719074143j:plain

ホンダアクセスのカスタムパーツは、「わたしのまいにちHAPPY Plus」がコンセプトとされ、エクステリアアイテムにはN-WGN向けにさりげないアクセントを効かせるコーディネートの「シンプル リラックス」と、楽しさを演出するコーディネートの「カジュアル リラックス」の2種類を設定。

 

f:id:carislife:20190719074145j:plain

f:id:carislife:20190719074148j:plain

低床化されたラゲッジスペースの荷室高を有効活用する「ラゲッジボックス」や、ラゲッジボード上段の荷物が飛び出さないようにする「ラゲッジネット」などのユーティリティアイテムも用意されてます。

 

ホンダ新型N-WGNのエンジンとスペックは?

▼660ccVTECエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170831/20170831141558.jpg

▼新型N-WGNのエンジンとスペック

  • 直列3気筒 660cc
    最高出力:58ps/7300rpm
    最大トルク:6.6kgm/4800rpm
    トランスミッション:CVT
  • 直列3気筒 660ccターボ
    最高出力:64ps/6000rpm
    最大トルク:10.6kgm/2600rpm
    トランスミッション:7スピードモード+パドルシフト付きCVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型N-WGNには、先にN-BOXに採用された新世代660ccエンジンが採用されています。

 

660cc自然吸気エンジンには、可変バルブタイミングリフト機構「VTEC」が採用され、エンジンに取り込まれる空気の量の制御幅を広げることで、街中での発進加速から、坂道や高速道路でのパワーが必要な場面まで力強く、気持ちのいい走りに仕上げられています。

  

▼電動ウェイストゲート

f:id:carislife:20171012113151j:plain

660ccターボエンジンでは、過給圧の制御に電動ウェイストゲートを採用。

 

過給圧を正確にコントロールすることで、アクセルを踏み込んだときのレスポンスをあげ、より軽快な走りと低燃費が実現されています。

 

f:id:carislife:20190718123504j:plain

組み合わせられるCVTは、ブレーキペダルを踏むだけでエンジンブレーキを活用してスムーズに減速できる「ブレーキ操作ステップダウンシフト制御」を導入。

 

下り坂でブレーキを踏んだ時には自動的にダウンシフト制御を行ない、コーナーリングではエンジン回転数をキープして安定感を保つほか、立ち上がりの再加速で力強いレスポンスを獲得。

 

また、シフトポジションで強くエンジンブレーキが発生するLレンジにかえ、穏やかにエンジンブレーキが働くSレンジが新設定されました。

 

f:id:carislife:20190718123506j:plain

足まわりは全車でフロントスタビライザーを採用し、N-WGN カスタムのL・ターボ 2WD車ではリアスタビライザーも標準装備。

 

また、サスペンションには「横力キャンセルスプリング」を採用。

 

ダンパーに対してスプリングをオフセットさせる構造を用いることで、タイヤが上下動した時にダンパーロッドに発生する曲げ方向の力を低減し、穏やかで予想しやすい車両挙動に仕上げ。

 

パワーステアリングもホンダの軽自動車初となる「EPS新制御ロジック」を導入し、従来のモーター負荷をもとにする転舵速度の予測から、舵角センサーによる実測値に変更することで、より自然で安心感のある操舵フィーリングが実現されています。

  

ホンダ新型N-WGNの燃費は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼ホンダ新型N-WGNの燃費

  • 自然吸気エンジン
    FF:JC08モード 29.0km/L、WLTCモード 23.2km/L
    4WD:JC08モード 25.4km/L、WLTCモード 21.2km/L
  • ターボエンジン
    FF:JC08モード 25.8km/L、WLTCモード 22.0km/L
    4WD:JC08モード 24.2km/L、WLTCモード 20.4km/L

新型N-WGNの燃費は、自然吸気エンジンFF車のJC08モード値で29.0km/Lとされました。

 

この数値は前モデルの29.4km/Lからダウンしていますが、新型N-WGNではより実燃費に近いWLTCモードでの値が重視され、実燃費が向上しています。 

 

▼参考:ホンダN-WGNの燃費(前モデル)

  • 自然吸気エンジン:29.4km/L
  • ターボエンジン:26.0km/L

 

ホンダ新型N-WGNの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

ホンダ新型N-WGNの安全装備には、最新安全技術「ホンダセンシング」が全車標準装備されました。

 

前モデルでは、前世代の自動ブレーキシステムが「あんしんパッケージ」として設定されていました。

 

▼渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)

f:id:carislife:20190607121359j:plain

新型N-WGNに搭載される「ホンダセンシング」では、ホンダの軽自動車で初めて、「渋滞追従機能付ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」機能を採用。

 

▼パーキングセンサーシステム

f:id:carislife:20190607121310j:plain

また、バックでの駐車をサポートするパーキングセンサーシステムもホンダの軽自動車で初めて標準装備とされ、安全性が大きく高められています。

 

f:id:carislife:20190607122335j:plain
f:id:carislife:20190607122122j:plain

加えて、「電子制御パーキングブレーキ」を標準装備して停車中にブレーキペダルから足を離しても停車状態を保ち、アクセルを踏むと自動解除で再発進できるオートブレーキホールド機能を採用。

 

足の疲れが軽減され、快適な運転がサポートされています。

 

▼ホンダセンシングの危険防止機能

  • 緊急自動ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 道路標識認識インフォメーション
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能 

▼ホンダセンシングの運転支援機能

  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)【ホンダ軽初】
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 先行車発進お知らせ
  • オートハイビーム
  • パーキングセンサーシステム【ホンダ軽初】

 

ホンダ新型N-WGNの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ホンダ新型N-WGNの価格

▽N-WGN

  • G・Honda SENSING
    FF 1,274,400円、4WD 1,405,080円
  • L・Honda SENSING
    FF 1,339,200円、4WD 1,469,880円
  • L・ターボ Honda SENSING
    FF 1,501,200円、4WD 1,631,880円
  • 助手席回転シート車 Honda SENSING
    FF 1,425,600円、4WD 1,556,280円

▽N-WGNカスタム

  • G・Honda SENSING
    FF 1,512,000円、4WD 1,642,680円
  • L・Honda SENSING
    FF 1,587,600円、4WD 1,718,280円
  • L・ターボ Honda SENSING
    FF 1,663,200円、4WD 1,793,880円

ホンダ新型N-WGNの価格は、安全装備が全車標準化されたことでスタート価格がアップしました。

 

スタート価格は18万円ほどのアップとなっていますが、コストを重視するユーザーのために7万円ほど低価格となるホンダセンシング非装着仕様も選択できるようになっています。

 

▼参考:ホンダN-WGNの価格(前モデル)

  • N-WGN C
    〈FF〉1,090,000円〈4WD〉1,220,000円
  • N-WGN G
    〈FF〉1,164,000円〈4WD〉1,294,000円
  • N-WGN G・Lパッケージ
    〈FF〉1,222,000円〈4WD〉1,350,000円
  • N-WGN G 特別仕様車 SSパッケージⅡ
    〈FF〉1,261,000円〈4WD〉1,391,000円
  • N-WGN G・ターボパッケージ
    〈FF〉1,320,000円〈4WD〉1,450,000円
  • N-WGN Custom G
    〈FF〉1,380,000円〈4WD〉1,510,000円
  • N-WGN Custom G・Lパッケージ
    〈FF〉1,450,000円〈4WD〉1,580,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 SSパッケージⅡ
    〈FF〉1,515,000円〈4WD〉1,645,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 SS ブラックスタイルパッケージ
    〈FF〉1,515,000円〈4WD〉1,645,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡ
    〈FF〉1,575,000円〈4WD〉1,705,000円
  • N-WGN Custom G・ターボパッケージ
    〈FF〉1,515,000円〈4WD〉1,645,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 ターボ SSパッケージⅡ
    〈FF〉1,599,000円〈4WD〉1,729,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 ターボ SS ブラックスタイルパッケージ
    〈FF〉1,599,000円〈4WD〉1,729,000円
  • N-WGN Custom 特別仕様車 ターボ SS 2トーンカラースタイルパッケージⅡ
    〈FF〉1,659,000円〈4WD〉1,789,000円

 

ホンダ新型N-WGNの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ホンダ新型N-WGNは2019年7月18日に発表され、発売日は当初2019年7月19日が予定されていましたが、部品供給の遅れから2019年8月9日に延期されました。

 

ホンダは新世代Nシリーズのラインナップを強化することで、国内トップクラスの人気になっているN-BOXとの相乗効果でユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

ホンダN-WGNを「おさらい」

▼ホンダN-WGN

Honda N-WGN G (JH1) front.JPG

ホンダN-WGN(エヌワゴン)は、初代となる前モデルが2013年に登場した軽自動車です。

 

車名の「N-WGN」の由来は、Nシリーズが提案する「次世代の軽ワゴン」を表現したものとなっており、「WGN」はワゴンの略称をロゴタイプにしたもので、ミドルクラスミニバンの「ステップワゴン(STEP WGN)」と商標を共有しています。

  

2011年に発売した「Nシリーズ」の第4弾として企画され、軽自動車の「新しいベーシック」を目指すとして、それまで販売されていた「ライフ」の後継モデルになりました。

 

他のNシリーズにも採用された「センタータンクレイアウト」を採用することで室内空間が拡大され、全高はFF車で1655mm、4WD車で1675mmと、「ライフ」 (1610-1630mm)より高くされました。

 

エンジンは「S07A型」と、「N-BOX」や「N-ONE」と同じにされましたが、ホンダの軽自動車では初となるツインインジェクションシステムや金属ナトリウム封入中空排気バルブを新採用することで高圧縮比化(N-BOX:11.2、N-WGN:11.8)されました。

 

CVTも軽量・高効率化を進め、アイドリングストップ時に油圧を保持する電動油圧ポンプはより軽量な機械式の蓄圧タイプに変更されていました。

 

新型ホンダN-WGNについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。