車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【ホンダ新型N-ONE最新情報】フルモデルチェンジ!RS/モデューロX/ターボ/ハイブリッドのサイズや燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20181016084202j:plain

ホンダが、軽自動車「N-ONE(エヌワン)」のフルモデルチェンジを計画しています。

 

新世代となり魅力をアップする新型ホンダN-ONEの燃費やデザイン、グレード、価格などを、最新情報からご紹介します。

 

▼この記事に目次 

【最新情報】ホンダ新型N-ONEにフルモデルチェンジへ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171109/20171109144746.jpg

ホンダが「N-ONE」のフルモデルチェンジを予定しています。

 

ホンダN-ONEは、ブランドの軽自動車「Nシリーズ」の1モデルとしてラインナップされ、独自のデザインや多彩なモデルを用意したプレミアム車としての作りが人気になっています。

 

フルモデルチェンジする新型N-ONEでは、先に全面改良を受けたN-BOXからくる最新技術が採用され、魅力をアップします。

 

▼ホンダN-BOX

【ホンダ新型N-BOX最新情報】燃費や価格、サイズは?

▼ホンダN-VAN

【ホンダ新型N-VAN最新情報】バモス後継の価格や燃費、スペックは?

▼ホンダN-WGN

【ホンダ新型N-WGN最新情報】フルモデルチェンジ!N-WGNカスタム/ターボ/ハイブリッドのサイズや燃費、価格、発売日は?

 

ホンダ新型N-ONE(エヌワン)の【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型N-ONEの変更点

  • 最新のエクステリア、インテリアデザインを採用
  • センタータンクレイアウトを採用する最新プラットフォームにより、室内空間を拡大
  • パワートレインに新開発マイルドハイブリッドシステムを採用し、燃費性能を向上
  • 全車に最新の安全システム「ホンダセンシング」を搭載

  

ホンダ新型N-ONEの外装(エクステリア)デザイン

▼ホンダN-ONE

f:id:carislife:20181016084441j:plain

新型N-ONEの外装は、人気の高い現行モデルから大きなコンセプトの変化はなく、イメージが維持されます。


ベースとなるN-ONEのフロントデザインは、ライトにフルLEDが採用し、リアコンビネーションランプも大きくすることで、後続車からの視認性を向上。

  

▼N-ONE RS

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171109/20171109150801.jpg

スポーツモデルとなる新型N-ONE RSの外装デザインは、より速度感ある空力設計により先鋭的に変化。

 

ウインカーには、曲がる方向に向けて光る“流れるウインカー”が採用されます。

 

ホンダ新型N-ONEのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171109/20171109145355.jpg

ホンダ新型N-ONEのボディサイズは、軽自動車規格に対応した全長と全幅により、現行モデルから維持されます。

 

しかし、N-BOXで採用された最新プラットフォームを使用することで、空間効率をアップし室内を拡大。

 

最新プラットフォームは前モデルから約150kg軽量化されており、N-BOXでは約70kgの新装備を追加しても車体は約80kg軽く仕上げられていました。

 

新型N-ONEでは、同様の手法を取り入れることで走り出しや燃費の向上に活かされます。

  

▼参考:ホンダN-ONEのボディサイズ(現行モデル)と比較

  • N-ONE
    全長×全幅×全高:3395×1475×1610mm
    (ローダウン&RSは全高1545mm)
    ホイールベース:2520mm
    車重:830kg
  • N-BOX
    全長×全幅×全高:3395×1475×1790mm
    ホイールベース:2520mm
    車重:890kg

  

ホンダ新型N-ONEの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181016085522j:plain

ホンダ新型N-ONEの内装は、最新のデザインにより魅力的な仕上げとされ、使いやすさもアップされます。 

 

f:id:carislife:20181016085651j:plain

ホンダNシリーズが販売を伸ばした人気ポイントの車内スペースの広さでは、引き続きフロントシート下側に燃料タンクを配置するセンタータンクレイアウトを採用することで、後部座席や荷室の上下方向を広く。

 

f:id:carislife:20181016085734j:plain

f:id:carislife:20181016085530j:plain

人気になっているウッド調パネルなどを用意するデザインパターンも用意され、オーナーの好みにあわせて選択できるようになります。

f:id:carislife:20171012094310j:plain

シートはスライド幅を大きくすることでレイアウト幅を広げ、雨天時などに室内で前席から後席に移動することもできるようになります。

 

▼参考:ホンダN-ONEの室内サイズ(現行モデル)と比較

  • 室内長×室内幅×室内高
    N-ONE:2045×1300×1240mm
    N-BOX:2240×1350×1400mm
  • 乗員:4人乗り

 

ホンダ新型N-ONEのエンジンとスペックは?

▼660ccVTECエンジン

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170831/20170831141558.jpg

▼新型N-ONEのエンジンとスペック

  • 直列3気筒 660cc
    最高出力:58ps/7300rpm
    最大トルク:6.6kgm/4800rpm
    トランスミッション:CVT
  • 直列3気筒 660ccターボ
    最高出力:64ps/6000rpm
    最大トルク:10.6kgm/2600rpm
    トランスミッション:7スピードモード+パドルシフト付きCVT
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型N-ONEには、自然吸気エンジンに可変バルブタイミング・リフト機構「VTEC」が採用されます。

 

VTECは、1989年「インテグラ」に初採用されたホンダが開発した技術で、エンジンに取り込まれる空気の量の制御幅を広げることで、街中での発進加速から、坂道や高速道路でのパワーが必要な場面まで力強く、気持ちのいい走りに仕上げられます。

 

▼電動ウェイストゲート

f:id:carislife:20171012113151j:plain

また、新型N-ONEではターボエンジンにも、電動ウェイストゲートを採用。

 

過給圧を正確にコントロールすることで、アクセルを踏み込んだときのレスポンスをあげ、より軽快な走りと低燃費が実現されます。

 

新型N-ONEではこの他にも、軽自動車ではスズキが先に採用しているマイルドハイブリッドシステムを新開発することで、減速エネルギーを走行に使うことができるようにし走りや燃費を改善します。

 

ホンダ新型N-ONEの燃費は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

新型N-ONEの燃費は、新開発エンジンや軽量化によりアップします。

 

先に最新エンジンとプラットフォームが採用されたN-BOXでは、自然吸気エンジンが+1.4km/L、ターボエンジンが+1.8km/Lとよくなっていました。

 

新型N-ONEでは、これに新開発するマイルドハイブリッドシステムを搭載することで、30km/L以上の数値を実現します。

 

▼参考:ホンダN-ONEの燃費(現行モデル)

  • 自然吸気エンジン:28.4km/L
  • ターボエンジン:25.8km/L

 

ホンダ新型N-ONEの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180601/20180601072838.jpg

ホンダ新型N-ONEの安全装備には、最新安全技術「ホンダセンシング」が全車標準装備されます。

 

現行モデルでは、自動ブレーキシステムが「あんしんパッケージ」として設定されています。

 

「ホンダセンシング」は、以前ホンダの上位モデルを中心に搭載されていましたが、フルモデルチェンジしたN-BOXで全車採用とされたことから、最新のNシリーズでは統一し全車に搭載されます。

 

▼ホンダセンシングの危険防止機能

  • 緊急自動ブレーキ
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • 道路標識を認識しインフォメーション
  • 誤発進抑制機能
  • 後方誤発進抑制機能 

▼ホンダセンシングの運転支援機能

  • アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • 先行車発進お知らせ
  • オートハイビーム

 

ホンダ新型N-ONEの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

新型N-ONEの価格は、安全装備が全車標準化されることでスタート価格がアップします。

 

アップ幅は10万円ほどになるとみられ、機能も大幅に向上することで高い安全性がつくられます。

 

現行モデルはスタイル違いで、スタンダード、セレクト、プレミアム、RSの4モデルが用意され、スタイルを選ぶことができるようになっています。

 

▼参考:ホンダN-ONEの価格(現行モデル)

▽N-ONE Standard

  • Standard(自然吸気エンジン)
    FF 1,200,960円、4WD 1,331,640円
  • Standard・LOWDOWN(自然吸気エンジン)
    FF 1,235,520円
  • Standard・L(自然吸気エンジン)
    FF 1,330,560円、4WD 1,461,240円
  • Standard・LOWDOWN L(自然吸気エンジン)
    FF 1,365,120円
  • Standard Tourer(ターボエンジン)
    FF 1,431,000円

▽N-ONE Select

  • Select(自然吸気エンジン)
    FF 1,420,200円、4WD 1,550,880円
  • Select Tourer(ターボエンジン)
    FF 1,520,640円、4WD 1,651,320円

▽N-ONE Premium

  • Premium(自然吸気エンジン)
    FF 1,530,360円、4WD 1,661,040円
  • Premium Tourer(ターボエンジン)
    FF 1,641,600円、4WD 1,772,280円

▽N-ONE RS

  • RS(ターボエンジン)
    FF 1,740,960円

  

ホンダ新型N-ONEの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ホンダ新型N-ONEの発売日は、2019年夏が予定されています。

 

ホンダは新世代Nシリーズのラインナップを強化することで、相乗効果でユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

ホンダN-ONEを「おさらい」

▼ホンダN-ONE

Honda N-ONE G-L Pakage.JPG

ホンダN-ONE(エヌワン)は、初代となる現行モデルが2012年に登場した軽自動車です。

 

車名の「N」と「ONE」の間には「-(ハイフン)」が入っており、それまでハイフンがなかった「N BOX」も、2013年のマイナーチェンジで「N-BOX」と表記が統一されました。

  

2011年に発売した「Nシリーズ」の第3弾として企画され、「ライフ(後継車はN-WGN)」の派生車種として、それまで販売されていた「ゼスト」の後継車になりました。

 

車体は、他のNシリーズにも採用された「センタータンクレイアウト」を採用することで室内空間が拡大されました。

 

全高は1550mmを越えることから軽トールワゴンに分類されますが、1650mm前後が多い他車種に対して1610mmと全高が低くなっており、2015年の改良時には軽セミトールワゴン規格に当たる低全高モデル「LOW DOWN」(全高1545mm)が追加されました。

 

スポーツモデルのRSやデザイン性を伸ばすカスタムパーツも多数用意され、2014年からはN-ONEによるワンメイクレース「N-ONE Owner's Cup」を開催。

 

「ナンバー付き車両」を使用することでレース初心者が参加しやすいレギュレーションとし、2018年には全国主要8ヶ所のサーキットにて全15大会が開催される人気レースシリーズになっています。

 

新型ホンダN-ONEについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!