New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ポルシェ新型タイカン】航続距離500km超!「タイカンGTS」2021年11月17日日本発売!最新情報、航続距離/充電時間、価格は?

f:id:carislife:20211118062707j:plain

ポルシェが、ブランド初の電気自動車「Taycan(タイカン)」の新モデルとなる「タイカンGTS」の日本発売を発表しました。

 

トップレベルのパフォーマンスを持つポルシェ新型タイカンについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】走り&航続距離!「新型タイカンGTS」日本発売!

▼ポルシェ新型タイカンGTSの画像

f:id:carislife:20211118062707j:plain

ポルシェが電気自動車「タイカン」の新モデルとなる「タイカンGTS」の日本発売を発表しました。

 

ポルシェ・タイカンは、ポルシェの新世代を象徴するブランド初めての量産完全電気自動車として制作され、モデル名の「タイカン」は、ポルシェのエンブレム中央に採用されている「活気ある若馬」に由来しています。

 

f:id:carislife:20211118062906j:plain

新設定されたタイカンGTSは、最大504kmの航続距離を獲得し、タイカンで初めて500kmの壁を破ったモデルに。

 

加えてパワートレインは、これまで設定されていた「4S」と「ターボ」の中間となる598psまで高められ、0-100km/h加速タイムは3.7秒まで短縮。

 

ポルシェアクティブサスペンションマネジメント(PASM)を含むアダプティブエアサスペンションは、横方向のダイナミクスを高めるためGTSに合わせて最適化。

 

オプションのリアアクスルステアリングも、さらにスポーティなセッティングとされています。

 

f:id:carislife:20211118062904j:plain

f:id:carislife:20211118062911j:plain

その他、新型タイカンGTSでは、フロントエプロン、エクステリアミラーベース、サイドウィンドウトリムなどにブラックもしくはダークカラーを採用。

 

f:id:carislife:20211118062900j:plain

f:id:carislife:20211118062909j:plain

インテリアは、ブラックRace-Texが標準装備されるブラックアルマイト仕上げのブラッシュアルミニウム インテリアパッケージにより、質感が高められています。

 

f:id:carislife:20211118062902j:plain

また、タイカンGTSでは「サンシャインコントロール付パノラミックルーフ」がオプション設定され、世界初採用となる9つのセグメントに分割された液晶フィルムルーフのそれぞれを透明からマットに変更し、車内を暗くすることなく乗員をまぶしさから保護することができるようになっています。

 

新型タイカンGTSは2021年11月17日から日本での受注を開始。価格は1807万円となっています。

 

▼ポルシェ911

 【ポルシェ新型911】「911GTS」日本発売!992型最新情報、燃費、価格は?

▼ポルシェ・カイエンクーペ

 【新型カイエンクーペ】640ps!「カイエンターボGT」最新情報、サイズや燃費、価格は?

  

ポルシェ新型タイカンの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ポルシェ新型タイカンの変更点

  • 航続距離500km以上を達成した「タイカンGTS」を設定

▽2021年3月の変更点

  • クロスオーバーワゴン「タイカン・クロスツーリスモ」を設定

▽2021年1月の変更点

  • 後輪駆動を採用したベースモデル「タイカン」を設定

▽新設定時の特徴

  • 4ドアのスーパーEVマシンとして製作
  • カーボン、アルミニウム、スチールを組み合わせたハイブリッドシャシーを採用
  • 新世代電気モーターにより、高出力を発揮
  • インテリアを4枚のディスプレイにて構成

  

空気抵抗低減!ポルシェ新型タイカンの外装(エクステリア)デザイン

▼ポルシェ新型タイカンの画像

f:id:carislife:20190904225225j:plain

f:id:carislife:20190904225300j:plain

ポルシェ新型タイカンの外装は、電気自動車に最適化されたブランドの最新デザインが採用されています。

 

エクステリアは、フラッグシップサルーンとして設定されているパナメーラと同じ4ドアとしながら、4分割されたヘッドライトを採用することで特徴的なデザインに仕上げ。

 

Cd値(空気抵抗係数)は高効率を追求し、市販車トップクラスとなる0.22まで抑えられています。

 

f:id:carislife:20190904225434j:plain

f:id:carislife:20190904225442j:plain

リアには、最新のポルシェ911やカイエンなどにも採用されていた水平に左右をつなぐLEDランプが装備され、ブランドの先進性がアピールされています。

 

ワゴン!「新型タイカン・クロスツーリスモ/スポーツツーリスモ」も!

▼ポルシェ新型タイカンクロスツーリスモの画像

f:id:carislife:20210305065822j:plain

ポルシェ「タイカン」には、ワゴンモデルとなる「タイカン・クロスツーリスモ」と「タイカン・スポーツツーリスモ」が発表されています。

 

タイカンクロスツーリスモは、オフロード走行にも対応するクロスオーバーワゴンスタイルを採用。

 

f:id:carislife:20210305065820j:plain

f:id:carislife:20210305065812j:plain

「フライライン」と呼ばれるスポーティなルーフラインを採用し、ホイールアーチや前後ロアエプロン、サイドシルにはオフロードデザインを採用。

 

f:id:carislife:20210305065803j:plain

f:id:carislife:20210305065817j:plain

f:id:carislife:20210305065805j:plain

後部座席はサルーンモデルからヘッドルームを36mm拡大し、ラゲッジスペースは1200L以上を確保。

 

オプションの「オフロードデザインパッケージ」では最低地上高を最大30mmアップすることで悪路走破性能を高めることができるようになっています。

 

▼タイカン・スポーツツーリスモの画像

f:id:carislife:20211118064439j:plain

f:id:carislife:20211118064441j:plain

もう1モデルのタイカン・スポーツツーリスモでは、オフロード志向のボディクラッディングを取り除き、車高もサルーンと同じとすることで、オンロードでの走行性能が重視されています。

 

▼ポルシェ新型タイカンクロスツーリスモの動画

 

中間!ポルシェ新型タイカンのボディサイズは?

f:id:carislife:20190904230159j:plain

▼ポルシェ新型タイカンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4965×1965×1380mm
  • ホイールベース:2900mm
  • 車重:2313kg
  • ※参考
    パナメーラ:5049×1937×1423mm
    911:4499×1808×1294mm

ポルシェ新型タイカンのボディサイズは、サルーン「パナメーラ」とスポーツクーペ「911」の中間に位置する設計とされています。

 

ポルシェ新型タイカンは4ドアとなることでパナメーラに寄ったボディサイズとなっていますが、小さめのボディサイズは電動パワートレインで駆動するタイカンの動力性能を高めることにも貢献しています。

 

車重はパナメーラハイブリッドと同程度とされ、電気モーターの性能を活かすことができるようになっています。

 

最新装備!ポルシェ新型タイカンの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20190824064615j:plain

f:id:carislife:20190904230213j:plain

ポルシェ新型タイカンの内装は、4つのディスプレイを使用することで先進的なデザインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190824064617j:plain

ドライバー前には、ポルシェ車で初となる16.8インチ完全デジタルメーターパネルを採用。

 

f:id:carislife:20190904230234j:plain

f:id:carislife:20190824064620j:plain

インフォテインメントシステムには、10.9インチディスプレイを搭載。

 

助手席の前に配置されるインフォテインメントシステムと同サイズの10.9インチスクリーンでは、ナビやマルチメディアの操作ができるようになっています。

 

さらに、センターコンソールには8.4インチのディスプレイが採用され、触覚によるフィードバックに対応しています。

 

f:id:carislife:20190904230229j:plain

f:id:carislife:20190904230224j:plain

室内空間は4人乗りと5人乗りレイアウトが用意され、4ドアとすることで乗り込みやすく、小型な電気パワートレインを採用していることで室内空間も拡大されています。

 

ラゲッジスペースは、サルーンでフロントに81L、リアに366Lが確保されています。

 

高出力!ポルシェ新型タイカンのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20171218113455j:plain

▼ポルシェ新型タイカンのパワートレインとスペック

▽RWDモデル

  • パワートレイン:電気モーター×1
  • 最高出力
    79.2 kWhバッテリー:408ps
    93.4 kWhバッテリー:476ps

▽4WDモデル

  • パワートレイン:電気モーター×2
  • 最高出力
    タイカン4:476ps
    タイカン4S:530ps
    タイカンGTS:598ps
    タイカンターボ:680ps
    タイカンターボS:761ps
  • 0-96km/h加速
    タイカン4S:4.0秒
    タイカンGTS:3.7秒
    タイカンターボ:3.2秒
    タイカンターボS:2.8秒
  • 最高速度:260km/h

ポルシェ新型タイカンのパワートレインには、2015年のル・マンを制した「919ハイブリッド」が搭載したシステムをベースにする電気モーターが搭載されています。

 

電気モーターは、タイカン4Sで530psを発揮。

 

タイカンターボでは680psの高出力とされ、最上位モデルとなるタイカンターボSでは761psまで高められています。

 

モーターにはフロントに1速、リアに2速のトランスミッションが組み合わせ、リアの2速ギヤはクルージング用として設定。走行状況やモードにより使い分けられます。

 

これにより0-96km/h加速タイムはタイカンターボで3.2秒、タイカンターボSではハイパーカーに匹敵する2.8秒を達成。

 

4WDシステムには4輪を個別に制御する「ポルシェ トルク ベクタリング」を搭載し、ステアリングホイールの動きにあわせて駆動力を最適化することでコーナーの内側に切れ込むような走りも可能となっています。

   

実用的!ポルシェ新型タイカンの航続距離と充電時間は?

f:id:carislife:20190904230252j:plain

▼ポルシェ新型タイカンの航続距離と充電時間

  • バッテリー容量
    ・タイカン(RWD):79.2 kWh
    ・タイカン4S(4WD):79.2 kWh
     (Performance Battery Plusパッケージ装着車:93.4kWh)
    ・タイカンGTS(4WD):93.4kWh
    ・タイカンターボ&ターボS(4WD):93.4kWh
  • 航続距離
    ・タイカン:431km
     (Performance Battery Plusパッケージ装着車:484km)
    ・タイカン4S:407km
     (Performance Battery Plusパッケージ装着車:463km)
    ・タイカンGTS:504km
    ・タイカンターボ:450km
    ・タイカンターボS:412km
  • 充電時間:約30分で80%充電可能
    (800V急速充電システム「Porsche Turbo Charging」使用時)

ポルシェ新型タイカンは、大容量の93.4kWhバッテリーを搭載するタイカンGTSで504kmと長い航続距離が確保されています。

 

搭載されるバッテリーは従来の2倍の電圧となる800Vに対応することで、高い出力を発揮するとともに、効率的な回生エネルギーの回収、素早い充電が可能に。

 

ポルシェは“ターボチャージング” と呼ぶ800Vの充電スタンドの設置をすすめており、これを使用することでバッテリー容量の80%の電力を30分で充電することが可能になっています。

 

走りUP!ポルシェ新型タイカンの走行システムは?

f:id:carislife:20190904232437j:plain

ポルシェ新型タイカンの走行システムには、ブランドの最新システムが採用されています。

 

車体制御には3チャンバーエアサスペンション、ポルシェアクティブサスペンションマネジメント、ポルシェ4Dシャーシコントロールを採用。

 

車高は90km/hで10mm、180km/hで12mmダウンされ、急な段差がある場合には20mmアップすることもできるようになっています。

 

横方向へロールする動きには電制スタビライザーを採用し、常にフラットなコーナリング姿勢を獲得。

 

後輪にはステアリング機構も装備され、低速域で旋回性を、高速域では安定性を向上するように制御。

 

ブレーキは減速エネルギーを回収する回生ブレーキを主軸とし、減速の大部分をカバーすることでブレーキダストも低減。

 

さらなるストッピングパワーが必要な場合には、フロント415mm10ピストンモノブロックキャリパーとリア365mm4ピストンブレーキや、オプションのカーボンセラミックブレーキを使用することができるようになっています。

 

ポルシェ新型タイカンを試乗動画でチェック!

ポルシェ新型タイカンは試乗動画が公開されています。

 

新世代EVとして高められた質感や走りが評価されています。

 

1171万円から!ポルシェ新型タイカンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼ポルシェ新型タイカンの価格

▽サルーン

  • タイカン:1171万円
  • タイカン4S:1448万1000円
  • タイカンGTS:1807万円
  • タイカンターボ:2023万1000円
  • タイカンターボS:2454万1000円

▽クロスオーバー

  • タイカン4クロスツーリスモ:1309万円
  • タイカン4Sクロスツーリスモ:1502万円
  • タイカンターボクロスツーリスモ:2024万円

ポルシェ新型タイカンの日本価格は、2021年1月にRWDモデルの「タイカン」が新設定されたことでスタート価格が1171万円にダウンしています。

 

この価格は、ポルシェが販売しているフラッグシップサルーン「パナメーラ」と近いものとなっており、比較がしやすくなっています。

 

▼参考:ポルシェ新型タイカン競合モデルの価格

  • ポルシェ・パナメーラ:1162万円~

 

ポルシェ新型タイカンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ポルシェ・タイカンに新設定された「タイカンGTS」は、2021年11月17日に日本での受注が開始されました。

 

ポルシェはタイカンに航続距離を伸ばした新モデルを設定することで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

ポルシェ新型タイカンのライバル車は?

▼テスラ・モデルS 

f:id:carislife:20171218120342j:plain

ポルシェ新型タイカンのライバル車には、電気自動車メーカーであるテスラのモデルSが設定されています。

 

テスラ・モデルSはテスラのフラッグシップサルーンとして販売され、当初は後輪駆動車を販売していましたが、現在ではモデル名の末尾に「D」がつき、前後1基ずつのデュアルモーターにより4WDとしたモデルが主力に。

 

アクセルを踏み込んだ瞬間から最大トルクを発揮できる電気モーター特性を活かした高い走行性能をアピールすることで、新時代のスポーツサルーンとして販売シェアを拡大しています。

 

ポルシェ新型タイカンは伝統あるブランドでこれに対抗することで、電気自動車の販売を増やしていく予定です。

 

新型ポルシェ新型タイカンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。