New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【アルピーヌ新型A110】2022年2月10日「出力UP!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、スペック、価格は?

f:id:carislife:20211125070215j:plain

ルノー傘下のスポーツカーメーカー「アルピーヌ」が、「アルピーヌA110」の改良日本発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするアルピーヌ新型A110について、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】限定車「アセンション」も!「新型A110」改良発表!

▼アルピーヌ新型A110の画像

f:id:carislife:20211125070228j:plain

アルピーヌが、スポーツカー「アルピーヌA110」の2022年モデル改良日本発売を予定しています。

 

アルピーヌA110は、1960年代に販売された名車「A110ベルリネッタ」の現代バージョンとして製作され、長らく市販車をもっていなかったアルピーヌがプレミアムスポーツカーブランドとして復活したモデルです。

 

改良された新型A110ではグレード名を変更し、「A110 Pure」は「A110」、「Legende 」は「GT」に。ハイスペックモデル「A110S」は引き続き設定。

 

パワートレインは、「GT」と「A110S」に搭載する1.8Lターボエンジンの出力をこれまでの292ps/32.6kgmから300ps/34.7kgmまでアップ。

 

これにより0-100km/h加速タイムは、4.4秒から4.2秒に短縮されています。

 

▼アルピーヌ新型A110Sの画像

f:id:carislife:20211125070215j:plain

また「A110S」では、よりハンドリングをシャープにするため、50%剛性の高いスプリング、再セッティングされたダンパー、以前の2倍の剛性を持つアンチロールバーを採用。

 

f:id:carislife:20211125070233j:plain

f:id:carislife:20211125070235j:plain

加えて、新しいオプションとして、カーボンリアスポイラー、カーボンフロントブレード、リアディフューザーを含むエアロキットが設定され、フロントで60kg、リアで81kgのダウンフォースを獲得。

 

その他、全車に搭載される7インチインフォテインメントシステムでは、AppleCarPlayとAndroidAutoに対応することで使い勝手をアップしています。

 

また、新型A110の日本発売を記念する30台限定モデルとして「A110Sアセンション」を設定。

 

「A110Sアセンション」では、ボディカラーに「ブルーアルピーヌ M」と「オランジュ フー M」が設定され、専用のオレンジ塗装ブレンボ製ブレーキキャリパーやカーボン製リアスポイラーを採用。

 

インテリアには、オレンジステッチの差し色のほか、6点式シートベルトにも対応するサベルト製軽量モノコックバケットシート、ステアリングやダッシュボードにバックスキンレザーも採用されています。

 

改良されるアルピーヌ新型A110は、2022年2月10日の日本発売が予定されています。

 

▼アルピーヌ新型A110の動画

 

アルピーヌ新型A110の【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼アルピーヌ新型A110の変更点

  • グレード名を変更
  • 「GT」と「A110S」のエンジン出力を向上
  • 「A110S」のシャシーセッティングを見直し、新しいエアロキットを設定
  • AppleCarPlayとAndroidAutoに対応
  • 限定車「A110Sアセンション」を設定

▽2021年6月の変更点

  • 世界300台限定モデル「A110リネージGT2021」を設定

▽2019年10月の変更点

  • ハイスペックモデルとなる「A110S」を設定。
    出力をアップしたエンジンを搭載し、カーボンルーフや軽量ホイール、専用サスペンションなどを採用

 

クラシカル!アルピーヌ新型A110の外装(エクステリア)デザイン

▼アルピーヌ・A110ベルリネッタ(左)、新型A110(右)

f:id:carislife:20180623091255j:plain

f:id:carislife:20171207103338j:plain

f:id:carislife:20171207103328j:plain

f:id:carislife:20171207103335j:plain

アルピーヌ新型A110は、丸型の4つのライトをもっていた前モデルA110ベルリネッタをモチーフにしたフロントスタイルが採用されています。

 

f:id:carislife:20171207095742j:plain

f:id:carislife:20171207103341j:plain

エクステリアのアクセントには、アルピーヌの地元フランスの国旗のカラーとしたパーツを装備。

 

f:id:carislife:20171207103345j:plain

リアも前モデル同様のなだらかなスタイルになっていますが、ライトは細いラインのLEDとすることで先進性をプラス。

 

フラットなアンダーボディやリアディフューザーにより、大きなダウンフォースを獲得しながらCd値(空気抵抗係数)は0.32と抑えられています。

 

f:id:carislife:20171207103351j:plain

ホイールからは、アルピーヌのブランドカラーである鮮やかなブルーのブレンボ製ブレーキキャリパーを覗く仕上がりとなっています。

 

フロントにはアルミモノブロック対向4ピストン、リアにはアルミシングルピストンを採用することで、足回りの軽快さとストッピングパワーが確保されています。

 

軽快!アルピーヌ新型A110のボディサイズは?

f:id:carislife:20171207101409j:plain

▼アルピーヌ新型A110のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4205×1800×1250mm
  • ホイールベース:2420mm
  • 車重:1102kg
  • タイヤサイズ:F 205/40 ZR18、R 235/40 ZR18
  • 前後重量配分:F 44%:R 56%
  • 乗員:2人乗り

アルピーヌ新型A110のボディサイズは、全長約4.2mとコンパクトながら、全幅は1800mmと広く、走行性能を重視した設計となっています。

 

車体にはアルミニウムやカーボンなどの軽量素材により制作することで、高いボディ剛性を確保しながら車重は1102kgと軽く仕上げられています。

 

上質!アルピーヌ新型A110の内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20171207103431j:plain

f:id:carislife:20171207103402j:plain

新型アルピーヌA110の内装は、2シーターのストイックなスポーツカーながら、プレミアムブランドとしてフランス車らしい優雅さもプラスされています。

 

f:id:carislife:20171207103421j:plain

f:id:carislife:20171207103424j:plain

メーターは最先端の高画質デジタルディスプレイとされ、リアルタイムにエンジン出力やトルク、過給圧、クラッチとトランスミッションのオイル温度などを表示することができるように。

 

f:id:carislife:20171207103434j:plain

f:id:carislife:20171207103410j:plain

センターコンソールは上下2段にわけられ、上部にはドライブレンジを選択するスイッチのほか、ウィンドウの開閉、エンジンのスタートボタンを配置。

 

f:id:carislife:20171207103355j:plain

f:id:carislife:20171207103358j:plain

足元やドアシルプレートはメタルとすることで空間の印象を引き締め。

 

ドアパネルには、エクステリアと同じくフランス国旗をイメージするアクセントパーツが装備されています。

 

f:id:carislife:20171207111011j:plain

エンジンをリア側に搭載するミッドシップスポーツに制作されていますが、小さめの荷物を積み込むことができるトランクも用意されています。

 

出力UP!アルピーヌ新型A110のエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20171207103348j:plain

▼アルピーヌ新型A110のスペック

  • エンジン:ルノー・スポール製 直列4気筒1.8Lターボ
  • 出力
    「A110」:252ps/32.6kgm
    「GT」「A110S」:300ps/34.7kgm
  • トランスミッション:7速デュアルクラッチ式
  • 駆動:MR
  • 0-100km/h加速
    「A110」:4.5秒
    「GT」「A110S」:4.2秒

アルピーヌ新型A110のエンジンには、親会社ルノーのモータースポーツ部門ルノー・スポールが手がけた直列4気筒1.8Lターボエンジンが搭載されています。

 

ベースモデルで252ps/32.6kgmの出力を持つエンジンには、7速デュアルクラッチトランスミッションが組み合わせられ短時間で変速を完了。

 

車重が軽いことで、パワーウェイトレシオは4.4kg/PSを実現。

 

0-100km/h加速タイムは4.5秒となっています。

 

ハイスペックモデルとなる「GT」と「A110S」は、改良により出力をこれまでの292ps/32.6kgmから300ps/34.7kgmにまでアップすることで、走行性能を向上しています。

 

また、アルピーヌA110では走行モードとして「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の3種類を設定し、ステアリングにあるボタンでモード選択を行なうとスロットルレスポンス、ステアリングのアシスト、ギヤシフトスピード、ESCの設定、フルカラーTFTメーターの表示変更が可能。

 

発進加速性能を高めるローンチコントロール機能も装備されています。

  

走り両立!アルピーヌ新型A110の燃費は?

f:id:carislife:20171207111157j:plain

▼新型アルピーヌA110の燃費

  • 14.0km/L

アルピーヌ新型A110の燃費は、WLTCモード値で14.0km/Lと発表されています。

 

高い動力性能を持つスポーツカーですが、軽量な車体に小型のエンジンを組み合わせることで、良好な数値に仕上げられています。

  

アルピーヌ新型A110の価格は?

f:id:carislife:20171207111431j:plain

▼アルピーヌ新型A110の価格

  • A110:59,500ユーロ(約770万円)
  • A110GT:69,500ユーロ(約900万円)
  • A110S:71,500ユーロ(約925万円)

アルピーヌ新型A110の価格は、欧州で約770万円からとされています。

 

ハイスペックモデルの「GT」「A110S」は900万円を超え、高い走行性能がアピールされています。

 

▼参考:A110(日本2021年モデル)の価格

  • A110ピュア:7,990,000円
  • A110リネージ:8,490,000円
  • A110S:8,640,000円

  

いつ?アルピーヌ新型A110の発売日は?

f:id:carislife:20171207111437j:plain

改良された2022年モデルのアルピーヌ新型A110は、欧州で2021年11月24日に発表、日本では2022年2月10日の発売が予定されています。

  

アルピーヌはA110のスペックをアップすることで、さらなるユーザーにアピールしていく考えです。 

 

アルピーヌA110を「おさらい」

▼アルピーヌA110ベルリネッタ(左)と新型A110(右)

f:id:carislife:20171207120623j:plain

アルピーヌA110は、フランスの自動車メーカーであるアルピーヌが1963年に発売したスポーツカーです。

 

車体の中心に”背骨”を配置しパワートレインを取り付けるバックボーンタイプとされ、FRPモノコックボディを組み合わせることで730kgと軽量に製作されました。

 

搭載されるエンジンは1000ccから、1100cc、1300cc、1500ccと排気量が拡大されていき、1969年にはシリーズ最大排気量の1600ccのエンジンが搭載され、最高速度は210km/hまでアップ。

 

モータースポーツではラリーに参戦し、RR(リアエンジン・リア駆動)による圧倒的トラクション性能と軽い車重で活躍。

 

1973年にはアルピーヌ・ルノーを初代WRCマニファクチャラー・チャンピオンにしました。

 

新モデルでは、駆動方式がより車体バランスがよいミッドシップレイアウトに変更されていますが、現在でもファンが多いデザイン、ライトウェイトスポーツならではの楽しさを引き継いだマシンに製作されています。

 

新型アルピーヌA110については今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。