New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型UX】2022年6月「大幅機能UP!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、サイズや燃費、価格は?

レクサスが、コンパクトSUV「レクサスUX」の改良日本発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするレクサス新型UXのスペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】最新装備!レクサス「新型UX」改良日本発売!

 レクサスが、コンパクトSUV「レクサスUX」の改良日本発売を予定しています。

 

レクサスUXは、レクサスで一番コンパクトサイズのSUVとしてラインナップされ、ガソリン、ハイブリッドが選択できることで、幅広いユーザーに対応する人気モデルになっています。

 

改良される新型UXでは、新世代となったミドルSUV「NX」にあわせ、これまでハイブリッド車でブルーとされていたエンブレムをブラックに統一。

 

加えて、スポット打点を20点追加することによりボディ剛性を向上し、サスペンションセッティングを見直し。18インチランフラットタイヤを新規開発することで乗り心地を向上。

 

また、NAVI・AI-AVSとパフォーマンスダンパーを「F-SPORT」に標準装備し、「version L」ではオプションから廃止。

 

「F-SPORT」ではステアリングギヤにブレースを追加することで、操舵応答性をさらに向上しています。

 

インテリアでは、最新インフォテインメントシステムが採用され、ディスプレイをこれまでの10.3インチから、ベースグレードで8インチ、上位グレードで12.3インチのタッチ式ディスプレイに変更。

 

音声認識機能は、クルマと会話するような自然な発話での操作もできるように。

 

ディスプレイのタッチスクリーン化にあわせて、ディスプレイ横のアナログクロック、microSDカードスロット、「CD/DVD/Blu-ray」プレイヤー、シフトレバー横に配置されていたタッチパッド「リモートタッチ」を廃止。

 

各スイッチの配置を見直し、充電用USBコネクタ(Type-C)を2個新たに設定するとともに、おくだけ充電のスペースも上下方向に拡張するなど使い勝手をアップ。

 

加えて、専用アプリをインストールしたスマートフォンにより、ロック、アンロック、エンジンスタートが可能となる「デジタルキー」を設定。

 

安全システム「Lexus Safety System+」は、「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大したほか、「レーントレーシングアシスト」でよりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現。

 

また、「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」に、カーブ速度抑制機能を追加するなどアップデート。

 

ボディカラーでは「マーキュリーグレーマイカ」に代え、「ソニッククロム」を設定。

 

その他、新型UXでは、これまで設定していた「F SPORT Style Blue」、「Elegant Black」に代わる特別仕様車がラインナップされます。

 

改良されるレクサス新型UXは、2022年6月の発売が予定されています。

 

▼レクサスNX

 【レクサス新型NX】改良日本発売!最新情報、NX350h/NX450h+、価格は?

▼レクサスUX300e(電気自動車第1弾モデル)

【レクサス新型UX300e】市販EV第1弾!最新情報、走行距離やサイズ、発売日や価格は?

 

レクサス新型UXの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型UXの変更点

  • エンブレムをガソリン車とハイブリッド車で統一
  • 12.3インチタッチ式最新インフォテインメントシステムを採用
  • タッチパッド「リモートタッチ」、アナログクロック、microSDカードスロット、「CD/DVD/Blu-ray」プレイヤーを廃止し、充電用USBコネクタ(Type-C)2個を新設定、おくだけ充電のスペースを拡張
  • ボディ剛性を向上し、サスペンションセッティングを見直し
  • 18インチランフラットタイヤを新規開発
  • NAVI・AI-AVSとパフォーマンスダンパーを「F-SPORT」に標準装備し、「version L」のオプションから廃止
  • 「F-SPORT」のステアリングギヤにブレースを追加し、操舵応答性を向上
  • ボディカラー「マーキュリーグレーマイカ」に代え、「ソニッククロム」を設定
  • 「デジタルキー」を設定
  • 機能をアップした安全システム「Lexus Safety System+」を搭載
  • 新しい特別仕様車を設定

▽2021年8月の変更点

  • 特別仕様車「F SPORT Style Blue」「Elegant Black」を新設定
  • 「ナノイー X」を新採用
  • 「UX250h」に「PTC[補助]ヒーター」を標準装備
  • 「UX300e」のフロントセンターコンソールボックス後部の充電用USB(2個)をType-AからType-Cに変更

 

力強く!レクサス新型UXの外装(エクステリア)デザインは?

f:id:carislife:20180306194844j:plain

f:id:carislife:20180306194849j:plain

レクサスUXの外装は、SUVに備わる「タフな力強さ」や「守られている安心感」による「セキュア」をキーワードとした、都会派コンパクトクロスオーバーらしい個性的なデザインに仕上げられています。

 

▼レクサス新型UXの画像

▼参考:レクサスUX(前モデル)

f:id:carislife:20210819134504j:plain

改良される新型UXでは、これまでハイブリッド車でブルーとされていたエンブレムがブラックに統一されます。

 

f:id:carislife:20180306194851j:plain

UXでは、ボディに縦方向の厚みをもたせることにより、安心感のあるタフな力強さを強調。

 

f:id:carislife:20180306195018j:plain

キャビンの中心から、タイヤに向かって前後のフェンダーが張り出した構成としたほか、GA-Cプラットフォームの採用による低重心化とタイヤの大径化で、俊敏な走りを予感させるプロポーションになっています。

 

f:id:carislife:20180306195009j:plain

ライトは、三眼LEDヘッドランプの上部にアローヘッド形状のクリアランスランプを配置することで、精悍な表情を演出。

 

f:id:carislife:20181127134108j:plain

リヤコンビネーションランプは、左右一体の翼形状とし、両端を立体的な縦フィン造形にすることで、操縦安定性に寄与する空力性能を確保するとともに、独創的なデザインを実現。

 

アーチモールも整流効果の高い形状とするなど、機能美が追求されています。

  

▼レクサスUX250h“F SPORT”の画像

f:id:carislife:20180306194826j:plain

f:id:carislife:20180306194840j:plain

また、スポーティモデルとしてブランドの他モデルでも人気の「F SPORT」も設定。

 

“F SPORT”では、グリルメッシュとサイドグリルをこれまでの縦基調のメッシュを継承して発展させたブランド統一の新しいFメッシュパターンとしたほか、フロント・リヤバンパー下部の漆黒メッキ、専用アルミホイールとの組み合わせで、下部がダークトーンにコーディネートされています。

 

最新装備!レクサス新型UXの内装(インテリア)デザインは?

▼新型UXの画像

▼参考:レクサスUX(前モデル)

f:id:carislife:20181127134123j:plain

レクサス新型UXの内装は、ドライビングの高揚感を演出するコクピットと視覚的な開放感を両立したインテリアに仕上げられています。

 

▼8インチタッチ式ディスプレイ

▼12.3インチタッチ式ディスプレイ

改良では、最新インフォテインメントシステムを採用し、ディスプレイをこれまでの10.3インチから、ベースモデルで8インチ、上位グレードで12.3インチのタッチ式ディスプレイに変更。

 

音声認識機能は、ステアリングのトークスイッチ操作のほか、ディスプレイのマイクアイコン操作や音声による起動を可能とし、クルマと会話するような自然な発話での操作ができるように。

 

加えて、12.3インチナビではインターネット接続により、Webサイト(ニュースやブログ、ストリーミング音楽、YouTube動画など)を閲覧することができるWebブラウザー機能を設定。OTA(Over The Air)ソフトウェアアップデート機能による、操作性の改善、新機能の追加や性能向上などにも対応。

 

ディスプレイのタッチスクリーン化にあわせて、ディスプレイ横のアナログクロック、microSDカードスロット、「CD/DVD/Blu-ray」プレイヤー、シフトレバー横に配置されていたタッチパッド「リモートタッチ」を廃止。

 

インパネセンターに搭載していたシートヒータースイッチなどをコンソール上部に配置し、それによって生まれたコンソール前方のスペースに充電用USBコネクタ(Type-C)を2個新たに設定するとともに、おくだけ充電のスペースも上下方向に拡張し、上部にLED照明も追加するなど使い勝手を向上。

 

また、専用アプリをインストールしたスマートフォンにより、ロック、アンロック、エンジンスタートが可能となる「デジタルキー」が設定されています。

  

f:id:carislife:20180306200658j:plain

f:id:carislife:20180306200701j:plain

レクサスUXは、フロントシートに伝統的な刺繍技法である「刺し子」をモチーフとしたキルティングや、ベンチレーション機能を持つパーフォレーションを採用するなど、機能とデザインを両立。

 

f:id:carislife:20180306200756j:plain

f:id:carislife:20180306200720j:plain

また、和紙のような質感を表現したインストルメントパネル上部のオーナメントなど、LEXUS独自の日本の美意識を取り入れたデザインを採用したほか、世界初のワイヤレス給電技術によって発光するエアコンレジスターノブで先進性を表現するなど、細部までこだわったデザインになっています。

 

f:id:carislife:20180306200730j:plain

f:id:carislife:20181127134233j:plain

シートは2列の5人乗りとされ、クーペSUVスタイルながら後席やラゲッジ容量を大きく確保。

 

2020年の改良では「UX250h」全車で上下2段階で使用可能なデッキボードを標準設定し、デッキ下段時、最大荷室容量約268L(アンダーデッキを含む)を使うことができるように。

 

▼新型UX250h “F SPORT”の内装

f:id:carislife:20181127134258j:plain

f:id:carislife:20180306201536j:plain

スポーツモデルとなる新型UX“F SPORT”には、赤のシートやステアリング、専用メーターなど、スポーティさを強調する内装が装備されています。

 

▼レクサス新型UXの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:1830×1520×1170mm
  • 乗員:5人乗り

  

軽快!レクサス新型UXのスペック、走行性能は?

▼トヨタ製「Dynamic Force Engine」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031104120.jpg

▼レクサス新型UXのパワートレインとスペック

  • 【UX200】
    直列4気筒2Lガソリン「Dynamic Force Engine」
    出力:174ps/21.3kgm
    トランスミッション:発進ギヤ付きCVT「Direct Shift-CVT」
    駆動方式:FF
  • 【UX250h】
    直列4気筒2L+電気モーターハイブリッド
    エンジン出力:146ps/19.2kgm
    モーター出力
    フロント:109ps/20.6kgm、リア:7ps/5.6kgm
    駆動方式:FF or 4WD

レクサス新型UXのパワートレインには、2Lガソリンとハイブリッドモデルが設定されています。

 

▼「Dynamic Force Engine(2.0L)」の技術解説動画

搭載される2Lエンジンは、トヨタ・カムリに採用された2.5Lの「Dynamic Force Engine」のダウンサイズ版となり、高速燃焼技術、可変制御システムの採用のほか、排気・冷却・機械作動時などの様々なエネルギーロスを少なくして熱効率を向上させるとともに高出力を実現。

 

世界トップレベルとなる熱効率41%を達成し、従来型エンジンに比べて、低回転から高回転まで全域でトルクアップしています。

 

▼2.0Lトヨタハイブリッドシステム(THSⅡ)の技術解説動画  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180227/20180227133420.jpg

組み合わせられるハイブリッドシステムも新開発となり、現行モデルのプリウスに採用された小型・軽量・低損失化技術を継承し、高い燃費性能はキープしたまま、より走行性能を向上。

 

加速時にはエンジンの回転数を下げると同時に電池からの電力を高め、リニアで伸びのある加速感が実現されています。

 

▼トヨタハイブリッド4WDシステム「E-Four」

f:id:carislife:20180829085119j:plain

加えてハイブリッドモデルには、後輪をモーターで駆動する4WDシステム「E-Four」を採用。

 

滑りやすい路面での発進やコーナリング時に前後輪の駆動力配分を制御し、安定性を向上。

 

通常路面では、前輪駆動とすることで燃費性能がアップされています。

 

▼トヨタ「Direct Shift-CVT」の技術解説動画

ガソリン車のトランスミッションには新開発の「Direct Shift-CVT」を採用し、従来のベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

CVT本来のスムーズな走りはそのままに、燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りに仕上げられています。

  

走り両立!レクサス新型UXの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサスUXの燃費と比較

  • WLTCモード(新燃費規格)
    ハイブリッド:FF 22.8km/L、4WD 21.6km/L
    ガソリン:FF 16.4km/L
  • JC08モード
     ハイブリッド:FF 27.0km/L、4WD 25.2km/L
     ガソリン:FF 17.2km/L

レクサス新型UXの燃費は、新燃費規格のWLTCモードで22.8km/L、JC08モードで27.0km/Lとなっています。

 

レクサスUXでは、プレミアムSUVとしての余裕のある動力性能がアピールされています。

 

充実!レクサス新型UXの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200928/20200928072846.jpg

レクサス新型UXの安全装備には、衝突回避支援や高度運転支援機能である「Lexus CoDrive」を含む、第2世代の「Lexus Safety System +」が搭載されています。

 

第2世代の「Lexus Safety System +」は、第1世代のLexus Safety System +に採用していた「単眼カメラ+ミリ波レーダー」の構成はそのままに、各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者の更なる低減とドライバーの負担を軽減。

 

▼第2世代「Lexus Safety System +」の機能

  • 単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能な「プリクラッシュセーフティ」
  • 自動車専用道路等においてレーダークルーズコントロール使用時に、同一車線内中央を走行できるよう、操舵を支援する「高度運転支援機能Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール、レーントレーシングアシスト)」
  • 先行車や対向車を眩惑しないよう、ハイビームの照射を制御する「アダプティブハイビームシステム(AHS)」
  • カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」 

また、駐車場などにおけるアクセルペダル踏み間違い時の衝突や、接近する後方車両との接触事故による被害の軽減に寄与するパーキングサポートブレーキ、車両周辺の安全確認をサポートするパノラミックビューモニターなども採用されています。

 

最新の改良では、「プリクラッシュセーフティ」の対応領域を拡大し、交差点右折前に前方から来る対向直進車や、右左折時に前方から来る横断歩行者の検知に対応。

 

加えてドライバーの操舵をきっかけに車線内で操舵をアシストする「緊急時操舵支援」を追加したほか、高度運転支援機能「レーントレーシングアシスト」の車線認識にAI技術を活用することで、よりスムーズで途切れにくい操舵支援を実現。

 

さらに「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」に、カーブの大きさに合わせてあらかじめ減速するカーブ速度抑制機能を追加。

 

「レーントレーシングアシスト」制御中にドライバーの無操作状態が継続した場合、自車線内に減速停車し、事故を低減を支援するドライバー異常時対応システムも搭載。

 

その他、車両の前後左右カメラの映像を合成してセンターディスプレイに表示するパノラミックビューモニターに、過去に撮影した路面の映像を車両直下に合成表示することで車両下方の路面状況やタイヤ位置などの把握を補助する「床下透過表示機能」が追加されています。

 

ワイド&ロー!レクサス新型UXのボディサイズは?

f:id:carislife:20180306194855j:plain

▼レクサス新型UXのボディサイズと比較

  • レクサスUX
    ・全長×全幅×全高:4495×1840×1520mm
    ・ホイールベース:2640mm
    ・車重:ガソリン 1470kg、ハイブリッド  1550kg
    ・ホイールサイズ:17インチ or 18インチ
  • 参考
    ・トヨタC-HR
     全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm
     ホイールベース:2640mm
    ・レクサスNX
     全長×全幅×全高:4640×1845×1645mm
     ホイールベース:2660mm 

新型UXのボディサイズを基礎を共有するトヨタ「C-HR」と比較すると、全長と全幅が拡大されていますが、全高は20mmダウンしています。

 

上位モデルの「NX」との比較では、全長-145mm、全高-125mmとなっていますが、全幅は-5mmとほぼ同サイズとされ、新型UXではよりワイド&ローなスタイルが強調されています。

 

レクサス新型UXの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型UXの価格

  • UX200:400万円~480万円
  • UX250h:435万円~545万円

レクサス新型UXは、グレードにより価格が見直されます。

 

しかし、ブランドのエントリーSUVとして選びやすさが重視され、価格帯は大幅な変更がなく維持されます。

 

▼参考:レクサスUX(前モデル)の価格

  • UX200:FF 3,973,000円
  • UX200 “version C”:FF 4,217,000円
  • UX200 “F SPORT”:FF 4,512,000円
  • UX200 “version L”:FF 4,828,000円
  • UX250h
    FF:4,329,000円、4WD:4,594,000円
  • UX250h “version C”
    FF:4,573,000円、4WD:4,838,000円
  • UX250h “F SPORT”
    FF:4,868,000円、4WD:5,133,000円
  • UX250h “version L”
    FF:5,184,000円、4WD:5,449,000円
  • 【特別仕様車】
    ・UX250h “F SPORT Style Blue”
     FF:5,018,000円、4WD:5,283,000円
    ・UX200 “F SPORT Style Blue”
     FF:4,662,000円
    ・UX250h “Elegant Black”
     FF:4,858,000円、4WD:5,123,000円

 

いつ?レクサス新型UXの発売日は?

f:id:carislife:20171024110357j:plain

改良されるレクサス新型UXは、2022年6月の発売が予定されています。

 

レクサスは新設定から4年が経過するUXをアップデートすることで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

新型レクサスUXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。