New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【メルセデス新型EQA】2023年後半「新デザイン!」マイナーチェンジ発売!最新情報、充電時間、航続距離は?

メルセデス・ベンツが、電気自動車クロスオーバー「EQA」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップする新型EQAについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。 

 

▼この記事の目次

【最新情報】リフレッシュ!メルセデスベンツ「新型EQA」マイナーチェンジ!

▼メルセデス・ベンツ新型EQAのスクープ画像

メルセデス・ベンツが、EVの新モデル「EQA」のマイナーチェンジ発売を予定しています。

 

メルセデス・ベンツEQAは、電気自動車ブランド「メルセデスEQ」のエントリーモデルとして日本では2021年4月に設定され、電気自動車のならではの高い走行性能が魅力となっています。

 

改良される新型EQAでは、外装に新しいデザインを採用。

 

また、最新のインフォテインメントシステムを搭載することにより、機能性が高められます。

 

メルセデス新型EQAは、2023年後半の発売が予定されています。

 

▼メルセデス・ベンツGLAクラス

 【メルセデス新型GLAクラス】「新顔!」ビッグマイチェン!最新情報、PHEV/燃費、価格は?

▼メルセデス・ベンツEQB

【メルセデス新型EQB】「EV3列シートSUV!」最新情報、価格、充電時間、航続距離は?

 

メルセデスベンツ新型EQAの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼メルセデスベンツ新型EQAの変更点

  • 新しいエクステリアデザインを採用
  • 最新インフォテインメントシステムを搭載

▽2021年4月新設定時の特徴

  • 電気自動車ブランド「メルセデスEQ」のエントリーモデル
  • 高い走行性能を発揮する最新電動パワートレインを搭載
  • 最新運転支援システムを搭載し、高い安全性を獲得

 

洗練!メルセデスベンツ新型EQAの外装(エクステリア)デザイン

▼メルセデス新型EQAのスクープ画像

▼参考:メルセデスEQA(現行モデル)

f:id:carislife:20210121062332j:plain

f:id:carislife:20210121062340j:plain

メルセデス・ベンツ新型EQAの外装は、新しいデザインを採用することにより、質感が高められます。

 

新型EQAでは、グリルやバンパーを新設計することにより質感を向上。

 

あわせて空力性能を向上し、航続距離と静粛性が改善されます。

 

最新装備!メルセデスベンツ新型EQAの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210426132422j:plain

メルセデス・ベンツ新型EQAの内装は、新世代のデジタルメーターやインフォテインメントシステムが採用され、最新のデザインとされます。

 

多くの機能のコントロールが可能な3スポークステアリングホイールの前には2台の10.25インチ大型ディスプレイが配置され、2台が連続して見えるように。

 

改良では、最新システムを搭載することにより機能性を向上。

 

f:id:carislife:20210121062410j:plain

f:id:carislife:20210121062413j:plain

インテリアトリムは質感が高められ、先進的な印象に仕上げ。

 

ラゲッジスペースは通常時で340L、リアシートを倒すことで最大1320Lを利用することができるようになります。

 

パワフル!新型EQAのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20210121062431j:plain

▼メルセデス・ベンツ新型EQAのパワートレインとスペック

  • 【EQA 250】
    パワートレイン:電気モーター×1基
    出力:190ps/37.7kgm
    0-100km/h加速:8.9秒
    最高速度:160km/h
    駆動方式:FWD
  • 【EQA300 4MATIC】
    パワートレイン:電気モーター×2基(前後1基ずつ)
    出力:228ps/39.8kgm
    0-100km/h加速:7.7秒
    最高速度:160km/h
  • 【EQA350 4MATIC】
    パワートレイン:電気モーター×2基(前後1基ずつ)
    出力:292ps/53.0kgm
    0-100km/h加速:6.0秒
  • 駆動方式:4WD

メルセデス・ベンツ新型EQAのパワートレインには、高出力な電気モーターが搭載されます。

 

電気モーターは「EQA250」で1基、4WDモデルで2基のモーターを搭載し、高いパフォーマンスを発揮。

   

アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを引き出すことができる電気モーターにより、軽快な発進加速性能がつくられます。

  

実用的!メルセデスベンツ新型EQAの航続距離、充電時間は?

f:id:carislife:20210121062443j:plain

▼メルセデス・ベンツ新型EQAの航続距離と充電時間

  • バッテリー容量:66.5kWh
  • 航続距離
    EQA250:422km
  • 充電時間
    ・急速充電CHAdeMO 90kW:45分
    ・急速充電(50kW):1.3時間
    ・充電用ウォールユニット(30A):11時間

メルセデス・ベンツ新型EQAは走行用の大容量バッテリーを搭載することにより、EQA250で422kmと実用的航続距離が確保されます。

 

充電時間は、CHAdeMO急速充電器を使用することでフル充電まで45分とされ、実用性も高められます。

 

最新機能!メルセデスベンツ新型EQAの安全装備は?

f:id:carislife:20210121062503j:plain

メルセデス・ベンツ新型EQAには、上位モデルからくる安全運転支援システムが設定されます。

 

システムは先行車との車間距離のほか、周囲の交通状況(車両、車線、ガードレールなど平行な物体)を常に監視して、従来よりもステアリングアシストが作動する状況を大幅に拡大。

 

車線が不明瞭または表示されていない場合には先行車を追従することが可能に。

 

また、システム起動時に高速道路上で自動停止した場合、30秒以内(一般道は3秒以内)であれば自動再発進が可能となり、渋滞時のドライバーの疲労を低減。

 

そのほか、ドライバーがウインカーを点滅させた場合、行き先の車線に車両がいないことを確認して自動で車線を変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」、走行中にドライバーが気を失うといった万が一の場合には、自動的に車線を維持しながら緩やかに減速・停止する「アクティブエマージェンシーストップアシスト」も搭載されます。

  

小変更!メルセデスベンツ新型EQAのボディサイズは?

▼メルセデス新型EQAのサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4465×1835×1625mm
  • ホイールベース:2730mm
  • 車両重量:1990kg
  • 最低地上高:210mm
  • ※参考
    ・メルセデス・ベンツGLAクラス
     全長×全幅×全高:4415×1835×1620mm
     ホイールベース:2730mm
    ・メルセデス・ベンツEQC
     全長×全幅×全高:4761×1884×1324mm
     ホイールベース:2873mm
     車両重量:2425kg

メルセデス・ベンツ新型EQAのボディサイズは、ベースとなる「GLAクラス」から小規模の変更が行われています。

 

車体は全長が拡大されていますが、ホイールベースを維持することで軽快な走りを楽しむことができるようになっています。

 

メルセデスベンツ新型EQAの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼メルセデス・ベンツEQAの価格

  • EQA250:782万円

メルセデス・ベンツ新型EQAの価格は、大幅な変更はなく維持されます。

 

現行モデルは782万円からとされ、プレミアムブランドのEVエントリーモデルとしての魅力がアピールされています。

 

いつ?メルセデスベンツ新型EQAの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良される新型EQAは、2023年後半の発売が予定されています。

 

メルセデス・ベンツは、電気自動車のエントリーモデルであるEQAを改良することで、幅広いユーザーに魅力をアピールしていきたい考えです。

 

新型メルセデス・ベンツEQAについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。