New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型MINIエースマン】4月24日「新EVクロスオーバー!」発表!最新情報、サイズ、価格は?

MINIが、クロスオーバーの新モデルとなる「MINIエースマン」の発売を予定しています。

 

最新技術により魅力をアップするMINI新型エースマンのスペックやサイズなどを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新世代クロスオーバー!MINI「新型エースマン」発売!

▼MINI新型エースマンのスクープ画像

MINIが、新モデルとなる「MINIエースマン(Aceman)」の発売を予定しています。

 

MINIエースマンは、これまでラインナップされてきた「MINIハッチバック」と「MINIクロスオーバー」の中間に位置するボディサイズを採用する、ブランドの新しいクロスオーバーモデルとして企画。

 

新世代モデルで内燃機関と電気自動車モデルを設定する「MINIクーパー(前:ハッチバック)」と「MINIカントリーマン(前:MINIクロスオーバー)」に対し、MINIエースマンはEV専用モデルとすることで広い室内空間が確保されます。

 

新型MINIエースマンは、2024年4月24日の発表が予定されています。

 

▼MINIクーパー(ハッチバック新世代モデル)

 【新型MINIクーパー】「新世代EV!」発表!最新情報、スペック、価格は?

▼MINIクロスオーバー(新世代モデル)

 【新型MINIカントリーマン】「EV追加!」2024年3月1日改良日本発売!最新情報、スペック、サイズ、価格は?

 

MINI新型エースマンの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼MINI新型エースマンの変更点

  • 「MINIハッチバック」と「MINIクロスオーバー」の中間となるボディサイズを採用
  • 新世代EVパワートレインを搭載
  • 大型インフォテインメントディスプレイを採用

 

タフ!MINI新型エースマンの外装(エクステリア)デザイン

▼MINI新型エースマンのスクープ画像

MINI新型エースマンの外装には、最新のMINI SUVデザインが採用されます。

 

フロントには水平なボンネットを採用し、スクエアなバンパーを組み合わせることで、押し出し感をアップ。

 

▼MINI新型エースマンのスクープ画像

リアは、ボリュームを増したフェンダーにより、安定感のあるスタイルが作られます。

  

中間!MINI新型エースマンのボディサイズは?

▼新型MINIエースマンのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4075×1754×1495mm
  • ホイールベース:2606mm
  • ※参考
    ・MINIカントリーマン
     全長×全幅×全高:4445×1845×1660mm
     ホイールベース:2690mm
    ・MINI3ドアハッチバック
     全長×全幅×全高:3835×1725×1430mm
     ホイールベース:2495mm
    ・MINI5ドアハッチバック
     全長×全幅×全高:4025×1725×1445mm
     ホイールベース:2565mm

MINI新型エースマンのボディサイズは、これまでラインナップされてきた「MINIハッチバック」と、新世代となった「MINIカントリーマン(前:MINIクロスオーバー)」の中間とされます。

 

室内空間は、効率的な配置が可能となる電気自動車専用の設計とすることで拡大されます。

 

最新装備!MINI新型エースマンの内装(インテリア)デザイン

▼新型MINIのスクープ画像

f:id:carislife:20211211061456j:plain

MINI新型エースマンの内装は、最新のデザインや技術を採用することで魅力がアップされます。

  

装備には、デジタルメーターと大型化したインフォテインメントシステムを搭載し、最新のAIを採用することで操作性を向上。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200527/20200527105806.jpg

リアシートは足元の空間が拡大され、大型のガラスルーフを装備することで開放感のあるつくりとされます。

 

パワフル!MINI新型エースマンのパワートレインとスペックは?

▼MINI新型エースマンのパワートレイン

  • 【エースマンE】
    電気モーター×1
    出力:188ps
    バッテリー容量:40kWh
    航続距離:300km
    駆動方式:FWD
  • 【エースマンSE】
    電気モーター×1
    出力:218ps
    バッテリー容量:54.2kWh
    航続距離:400km
    駆動方式:FWD

MINI新型エースマンには、新世代の電動パワートレインが搭載されます。

 

ベースモデルは40kWhのバッテリーが搭載され、300kmの走行が可能に。

 

上位モデルの「エースマンSE」では、電気モーターの出力をアップしながら、容量をアップしたバッテリーにより400kmの航続距離が確保されます。

 

最新システム!MINI新型エースマンの安全装備は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180517/20180517094300.jpg

MINI新型エースマンの安全装備には、ブランドの先進システムが採用されます。

 

機能には、レーン・ディパーチャー・ウォーニング、前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキのほか、ACC/アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)を採用することで安全性が高められます。

  

MINI新型エースマンの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼MINI新型エースマンの価格

  • 590万円~

MINI新型エースマンは、電気自動車専用モデルとなり590万円ほどからが見込まれています。

 

新世代モデルでは、ハッチバックの「MINIクーパー」が約560万円、「MINIクロスオーバー」が約630万円からとされており、新型エースマンは中間となる価格で新世代電動パワートレインを選択できるようになります。

 

▼参考:MINI新世代モデルの価格

  • MINIクーパー(新世代EVモデル)
    30,000ポンド~(英価格/約560万円)
  • MINIクロスオーバー(新世代EVモデル)
    39,900ユーロ~(欧州価格/約630万円)

 

いつ?MINI新型エースマンの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新設定されるMINI新型エースマンは、2024年4月24日の発表が予定されています。

 

MINIはエースマンを電動化を進めるブランドの主力モデルとし、ユーザーにアピールしていく予定です。

 

新型MINIエースマンについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。