車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【レクサス新型UX最新情報】2018年3月公開!新SUV UX200 / UX250hの価格や発売日、燃費・サイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222858.jpg

レクサスの新コンパクトSUVとなるレクサスUXが、発表を間近に控えています。

 

ガソリンのLEXUS UX200とハイブリッドのUX250hが発売されると言われる、レクサスUXのサイズやスペック、価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

 

【最新情報】レクサス新型UX発売決定!

▼レクサス新型UXのティザー画像

f:id:carislife:20180221085840j:plain

▼レクサスUXコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222853.jpg

レクサスは、新型コンパクトSUVとなる「レクサスUX」を、2018年3月に開幕するジュネーブモーターショーで公開すると発表しました。

 

レクサスUXは、新型コンパクトSUVのコンセプトモデルとして、2016年9月のパリモーターショーで登場しました。

 

コンセプト公開時から市販化は確実とされていましたが、2017年に入りレクサス副社長が市販化の決定を発表。現在レクサスの最小SUVであるNXより、さらにコンパクトなモデルの登場することになりました。

 

すでに「UX200」「UX250」「UX250h」のグレード名が商標登録されていることが確認されており、上級ブランドのレクサスが若い世代のユーザーのために製作するモデルとされています。

 

▼レクサス新型UXのティザー動画

 

レクサス新型UXの【特徴まとめ】

▼レクサスUXコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222854.jpg

▼レクサス新型UXの特徴

  • レクサス最小のSUVとして、コンパクトカーCT200hに近いボディサイズに
  • トヨタC-HRをベースに開発され、最新プラットフォームTNGAを採用
  • ガソリンモデルのほか、ハイブリッドモデルもラインナップ

新型UXは、レクサスでも一番コンパクトサイズのSUVとしてラインナップされ、ガソリン、ハイブリッドを選択できるようにすることで幅広いユーザーにアピールするモデルになります。

 

ベースになるのは、トヨタの新型SUVとして2017年SUVトップの販売を継続しているC-HR。

 

新型UXは、C-HRに採用されたトヨタの新型プラットフォームTNGAを基礎とすることで、トヨタとレクサスが次世代を見据えて開発したパワートレインや安全技術が使用できるようになります。

 

▼トヨタC-HR

f:id:carislife:20171102101836j:plain

 

レクサス新型UXの外装(エクステリア)デザインは?

▼レクサスUXコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222853.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222857.jpg

レクサスUXの外装には、レクサスブランドの象徴となる大型のスピンドルグリルが採用されています。

 

ボディスタイルは、クーペSUVとして走りの楽しさも予感させるデザインが採用されました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222859.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222900.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222902.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222903.jpg

ホイールアーチとルーフバーを同じ素材感で仕上げることで、キャビン内側との一体感や連続性を演出。

 

コンセプトモデルのサイドミラーは、カメラで後方の映像を撮影しディスプレイに映す電子ミラー(ミラーレス)となっており、日本でも2016年に解禁されたことから市販型への搭載も期待されています。

 

▼レクサスUXコンセプトの動画

 

レクサス新型UXのボディサイズは?

▼レクサスUXコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222854.jpg

レクサス新型UXのボディサイズと、ベースとなるC-HR、上位モデルのNXとの比較は以下の通りです。

  • レクサスUX
    ・全長×全幅×全高:4400×1810×1550mm
    ・ホイールベース:2640mm
  • トヨタC-HR
    ・全長×全幅×全高:4360×1795×1550mm
    ・ホイールベース:2640mm
  • レクサスNX
    ・全長×全幅×全高:4640×1845×1645mm
    ・ホイールベース:2660mm 

新型NXのボディサイズをC-HRと比較すると、全長が延長されていますが、ホイールベースは同サイズとなっています。

 

全幅はC-HRからホイールアーチ幅を広げるなどにより若干拡大されます。

 

NXとの比較では、240mm短い全長と約100mm低い全高により、コンパクトサイズの軽快さを強調します。

 

レクサス新型UXの内装(インテリア)デザインは?

▼レクサスUXコンセプト

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222904.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222905.jpg

レクサスUXの内装は、コンセプトモデルでデザインイメージが公開されています。

 

観音開きドアは室内を見やすいようにするショーモデル専用となりますが、シートは2列の5人乗りでクーペSUVながら後席の空間が大きくとられています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222907.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222909.jpg

インフォテインメントシステムは最新世代となり、コンセプトモデルでは「3Dヒューマン・マシン・インターフェース=HMI」と名付けた装備を採用。

 

3Dで立体的に表示される映像を操作するものになっています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222906.jpg

奇抜なデザインのフロントシートは、レクサスが新たに提案する「キネッティックシート」と呼ばれるシートで、蜘蛛の巣を参考に開発。

 

市販モデルで採用される際には、ファブリックやレザーなどのカバーが採用されると考えられますが、放射線状に広がる構造により乗員が座ったときの負荷を分散させる効果が得られ、長時間座っていても快適に過ごすことができ、シートの軽量化も可能とされています。

 

レクサス新型UXのパワートレインとスペックは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222855.jpg

▼レクサス新型UXのパワートレインとスペック

  • UX200
    直列4気筒2Lガソリン
  • UX250
    直列4気筒2.5Lガソリン
  • UX250h
    直列4気筒2.5L+電気モーターハイブリッド
  • 駆動:FF or 4WD

レクサスUXのベースとなるC-HRでは1.8Lハイブリッドと1.2Lターボエンジンが採用されていましたが、レクサスUXではこれまでのモデルと同じくトヨタブランドのモデルからパワートレインが強化されます。

 

商標登録されているUX200、UX250、UX250hのグレード名にあわせ、2Lを中心にしたラインナップになり、ハイブリッドモデルは2.5Lのエンジンで動力性能も高く仕上げられます。

 

レクサス新型UXの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサスUXの燃費と比較

  • ハイブリッドモデル:26.0km/L
  • ※参考
    ・トヨタC-HR
     燃費:30.2km/L

レクサス新型UXの燃費は、ベースになるトヨタC-HRのハイブリッドモデルからエンジンの排気量を1.8Lから2.5Lまで大きくするため、26.0km/Lほどになるとみられています。

 

レクサスUXでは、プレミアムSUVとしての余裕のある動力性能がアピールされます。

 

レクサス新型UXの安全装備は?

▼Lexus Safety System+

レクサスUXの安全装備には、上位モデルのNXに2017年の改良で採用されていた「Lexus Safety System+」が採用されます。

 

▼Lexus Safety System+の主な機能

  • プリクラッシュセーフティシステム
  • レーンディパーチャーアラート[LDA]
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]
  • オートマチックハイビーム[AHB]
  • レーダークルーズコントロール (全車速追従機能付)

レクサスには、フルモデルチェンジしたフラッグシップのLSに採用され、世界で初めて「アクティブ操舵回避支援」を搭載した安全システム「Lexus Safety System + A」もありますが、上位モデルから順次導入されていくため、最小コンパクトSUVのUXへの搭載は見送られると考えられています。

 

▼レクサスNX2017年改良

鋭い新デザイン!レクサス新型「NX 300 / 300h」マイナーチェンジ2017 日本発売 価格440万円~

▼レクサスLS最新モデル

F SPORTも!レクサス 新型「LS500」「LS500h」フルモデルチェンジ発売 価格980万円〜

 

レクサス新型UXの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型UXの価格(予想)

  • 390万円~500万円

レクサスUXの価格は、400万円前後からになると考えられています。

 

レクサスでは、ハイブリッドコンパクトカーのレクサスCTが377万円から、上位SUVのレクサスNXが440万円からとなっているため、中間がとられることになります。

 

レクサス新型UXの発売日は?

f:id:carislife:20171024110357j:plain

レクサスUXは、2018年3月に開催されるジュネーブモーターショーで公開されます。

 

発売日は、2018年10月が予定されています。

 

発売後はレクサスのコンパクトモデルとして、大きく販売を拡大することになるとみられます。

 

レクサス新型UXのライバルとなるコンパクトSUVは?

▼BMW X2 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171026/20171026141828.jpg

新型UXの最大のライバルとなるのは、BMWが2017年10月に発表したコンパクトクーペSUVの「BMW X2」です。

 

BMW X2は、走行性能の強化をポイントにあげているレクサスがライバルとするBMW製作し、レクサスNXと同じくクーペスタイルを採用しています。

 

▼BMW X2

BMW新型X2発表!最新情報 サイズ、日本発売日や価格、スペックは?

 

▼アウディRS Q3

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160206/20160206100315.jpg

その他、同じく上級ブランドのコンパクトSUVで、ハイパフォーマンスモデル「RS Q3」もラインナップしているアウディQ3も、走行性能で比較されるモデルになります。

 

▼アウディRS Q3

367馬力にパワーアップ!アウディ RS Q3 パフォーマンス 価格818万円

 

レクサス新型UXの最新情報を続々更新!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160929/20160929222858.jpg

販売好調のNXに続き、さらに広いユーザーにアピールする新型レクサスUX。

 

今後も最新情報が入り次第、情報を追加していきます!