車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【BMW新型8シリーズ最新情報】M8グランクーペ発表!M8/カブリオレの価格、スペック、燃費、発売日は?

f:id:carislife:20191010064024j:plain

BMWが、復活したフラッグシップモデル「8シリーズ」の新モデルを発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップするBMW新型8シリーズについて、スペックや発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】BMW新型M8グランクーペ発表!

▼BMW新型M8グランクーペの画像

f:id:carislife:20191010064114j:plain

BMWは、ブランドの最上級スポーツサルーンとなる「M8グランクーペ」を発表しました。

 

BMW・8シリーズは、以前フラッグシップとして販売されていたモデルを復活し、2018年11月にクーペを、2019年2月にカブリオレを日本で発売。

 

追加設定が発表された新型M8グランクーペは、クーペと同じハイパワーエンジンを搭載したブランドの4ドアフラッグシップスポーツとして仕上げられています。

 

▼BMW7シリーズ

【BMW新型7シリーズ最新情報】マイナーチェンジ発表!PHEV/ディーゼル、燃費、発売日や価格は?

▼BMW5シリーズ

【BMW新型5シリーズ最新情報】マイナーチェンジ!M5/ツーリング、PHEV/ディーゼル燃費、スペック、サイズ、価格は?

 

BMW新型8シリーズの【特徴まとめ】位置づけは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型8シリーズの特徴

  • パワートレインに高出力のV型8気筒4.4Lガソリンターボ、直列6気筒3Lディーゼルターボをラインナップ
  • 駆動方式に4WDシステム「xDrive」を採用
  • アダプティブサスペンションやアクティブロールバーシステムにより走行性能を向上
  • ハイパフォーマンスモデル「M8」と「M8コンペティション」を設定

BMW8シリーズは1990年代に販売されたBMWのフラッグシップクーペで、1999年の生産終了以降はラインナップから外れていましたが、久しぶりに復活が決定したモデルです。

 

これまでBMWでは、フラッグシップセダン「7シリーズ」の下位シリーズとして、セダンの「5シリーズ」、クーペやカブリオレのボディタイプを持つ「6シリーズ」が販売されていました。

 

このシリーズ構成がBMWのラインナップ見直しにより変更され、これまで6シリーズが担当していた最上級スポーツモデルが、新たに7シリーズと基礎を共有する8シリーズになります。

 

新型8シリーズは、これまで以上にBMWのラグジュアリーとスポーティを表現する自由度をもち、クーペとカブリオレ、グランクーペ(4ドアクーペ)を担当するモデルとしてつくられています。

  

▼BMW新型8シリーズクーペの動画

▼BMW新型8シリーズグランクーペの動画

 

BMW新型8シリーズの外装(エクステリア)デザインは?

f:id:carislife:20180616083935j:plain

f:id:carislife:20180616084011j:plain

f:id:carislife:20180616084007j:plain

新型8シリーズの外装は、フラッグシップラグジュアリースポーツとして、流麗なボディラインに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20180616084043j:plain

f:id:carislife:20180616084032j:plain

フロントには大型のキドニーグリルを採用しながらも、ヘッドライトとあわせ高さを抑えることで引き締まった印象とされています。

 

ヘッドはLEDが標準となり、オプションでレーザー式も用意されています。

 

f:id:carislife:20180616084040j:plain

f:id:carislife:20180616084037j:plain

f:id:carislife:20180616084026j:plain

f:id:carislife:20180616084029j:plain

リアランプやホイールなどのパーツは、存在感を持ちながらも主張しすぎない上質な仕上げに。

 

オーナーはカーボン製のインテークやミラーキャップ、リアスポイラー、ディフューザーなどを装備するカーボンパッケージも選択することができます。

  

BMW新型8シリーズを6シリーズと比較!

▼BMW6シリーズクーペ画像

f:id:carislife:20180615102719j:plain

BMW新型8シリーズをこれまでフラッグシップクーペを担当してきた6シリーズと比較すると、さらに伸びやかなボディラインとなっていることがわかります。

 

新型8シリーズでは6シリーズより低いルーフにより、スポーツスタイルをアップしています。

 

BMW新型8シリーズカブリオレも設定!

▼BMW新型8シリーズカブリオレの画像

f:id:carislife:20181102091102j:plain

BMWは、8シリーズのオープンモデルとなる新型8シリーズカブリオレの日本導入を発表しました。

 

f:id:carislife:20181102091209j:plain

BMW新型8シリーズカブリオレは、パワートレインにクーペと同じハイパフォーマンスエンジンを搭載。

 

f:id:carislife:20181102091609j:plain

f:id:carislife:20181102091623j:plain

ルーフはソフトトップながら、ボディの魅力を引き立てる滑らかなラインに仕上げられました。

 

f:id:carislife:20181102092704j:plain

ルーフの開閉は、約50km/hまでの速度で15秒で完了。

 

f:id:carislife:20181102091634j:plain

f:id:carislife:20181102091617j:plain

f:id:carislife:20181102091640j:plain

f:id:carislife:20181102091612j:plain

オープン時の快適性を高めるため、フロントシートの後ろにウインドディフレクターを装備することができ、オプションでシートネックウォーマーも選択できます。

 

f:id:carislife:20181102091625j:plain

f:id:carislife:20181102091631j:plain

フラッグシップモデルの余裕のあるボディサイズを活かし、ラゲッジスペースも大きくとられています。

 

4ドアスポーツ!BMW新型8シリーズグランクーペ設定!

▼BMW新型M8グランクーペの画像

f:id:carislife:20190613070434j:plain

BMW新型8シリーズには、4ドアクーペモデルとなる「8シリーズグランクーペ」が設定されました。

 

f:id:carislife:20190620073250j:plain

f:id:carislife:20190620073255j:plain

f:id:carislife:20190620073253j:plain

f:id:carislife:20190620073257j:plain

8シリーズグランクーペは、クーペが持つ滑らかなボディラインを維持しながら4ドアとし、後部座席の快適性を向上。

 

f:id:carislife:20190620073247j:plain

f:id:carislife:20190620073245j:plain

f:id:carislife:20190620073242j:plain

荷室容量は440Lとなり、後部座席を3分割可倒式とすることで使い勝手が高められています。

 

f:id:carislife:20190620073238j:plain

パワートレインは他モデルと同じエンジンから選択することができ、高い走行パフォーマンスを味わうことができるサルーンとして仕上げられています。

 

BMW新型8シリーズのボディサイズは?

f:id:carislife:20180616100950j:plain

▼BMW新型8シリーズのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    ・8シリーズクーペ:4855×1900×1340mm
     ※カブリオレは全高1345mm
    ・8シリーズグランクーペ:5082×1932×1407mm
    ・M8:4867×1907×1362mm
  • ホイールベース
    クーペ/カブリオレ:2820mm
    グランクーペ:3020mm
  • 車重
    クーペ:1990kg
    カブリオレ:2120kg
  • 参考
    ・6シリーズクーペ
     全長×全幅×全高:4895×1895×1370mm
     ホイールベース:2855mm
    ・7シリーズセダン
     全長×全幅×全高:5110×1900×1480mm
     ホイールベース:3070mm

BMW新型8シリーズのボディサイズは、全長を6シリーズクーペから40mm短縮、全高は30mmダウンしたスポーツスタイルになっています。

 

基礎を共有する7シリーズと比較すると、全長は255mm短縮され、全高も140mm低く設計されています。

 

4ドアモデルとなる8シリーズグランクーペでは、クーペから全長が約230mm延長され、あわせてホイールベースも変更されています。

 

車重は、ボディの内部構造部材にカーボン素材、ボディパネルにアルミ材などを効果的に使用することで、軽量化が実現されています。

 

BMW新型8シリーズの内装(インテリア)デザイン

▼BMW8シリーズ

f:id:carislife:20180616084307j:plain

f:id:carislife:20180616102832j:plain

f:id:carislife:20180616084257j:plain

BMW新型8シリーズの内装は、最新システムと最上級素材を使用することで、スポーツ性能とラグジュアリー性を融合した仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20180616084254j:plain

インテリアには、カーボンファイバーと最高級レザーによるスポーツシートが採用されスポーティと高い質感が両立されています。

 

f:id:carislife:20180616102826j:plain

f:id:carislife:20180616102829j:plain

コクピットには10.3インチのデジタルメーターを装備し、すぐ隣に12.3インチのインフォテインメントスクリーンを配置。

 

ソフトウェアは、BMWで初めてWi-Fiネットワークからの更新「リモート・ソフトウェア・アップグレード」に対応。

 

また、スマートフォンの「NFC」通信により車両のロックと解除、エンジンの始動ができる「BMWデジタルキー」を最大5人と共有し使用することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20180616084046j:plain

f:id:carislife:20180616084304j:plain

オプションとして、ワイヤレス充電システム、Bowers&Wilkinsダイヤモンドサラウンドサウンドシステム、ステンレス製トリム、クリスタルシフトノブなども用意され、室内をアップグレードできます。

 

f:id:carislife:20180616084251j:plain

f:id:carislife:20180616084248j:plain

BMW新型8シリーズは、初代で荷室が小さく販売が振るわなかった反省からラゲッジスペースが最大限確保され、ロングドライブを快適に楽しむことができるようになっています。

 

▼BMW新型8シリーズの動画

 

BMW新型8シリーズのハイパフォーマンス!BMW M8発表!

▼BMW新型M8クーペの画像

f:id:carislife:20190606085923j:plain

BMW新型8シリーズには、ハイパフォーマンスモデル「BMW M8」も設定されています。

 

▼BMW新型M8グランクーペの画像

f:id:carislife:20191010064024j:plain

▼BMW新型M8カブリオレの画像

f:id:carislife:20190606091429j:plain

BMW M8はBMW Mが手がける最上級スポーツモデルとなり、ベースモデルとなるM8のほか、さらなる性能を持つM8コンペティションを設定。

 

ボディタイプはベースモデルと同じく、クーペ、カブリオレ、グランクーペがラインナップされています。

 

f:id:carislife:20190606091530j:plain

エンジンにはV型8気筒4.4Lエンジンが搭載され、M8で600ps、M8コンペティションで625psを出力。

 

f:id:carislife:20190510065554j:plain

f:id:carislife:20190510065557j:plain

f:id:carislife:20190510065600j:plain

f:id:carislife:20190510065602j:plain

駆動システムはトラクション性能を高めた4WDとなりますが、先にM5に搭載されていた最新システムとなり、完全後輪駆動としてドリフトなどのマシン操作も楽しむことができるようになっています。

  

f:id:carislife:20190606091433j:plain

f:id:carislife:20190606091436j:plain

f:id:carislife:20190606091438j:plain

f:id:carislife:20190606091431j:plain

また、走行システムにはMモードボタンが追加され、エンジン、サスペンション、ステアリング、ブレーキ、M xDriveなどの制御の変更に対応。

 

f:id:carislife:20190606090316j:plain

搭載されるブレーキシステムは、新型BMW M8で初めて採用されるブレーキ制御技術とされ、ブレーキ作動、ブレーキブースタ、ブレーキ制御の各機能をコンパクトなモジュールに集約。

 

ブレーキシステムは重量を約2kg減らし、バキュームフリーブレーキブースターを採用して全体の効率を高め、ブレーキ圧力を電気アクチュエータによって制御することで、駆動安定性制御システムからの非常に高速でより正確な介入が可能になっています。

 

このブレーキシステムには、標準のMコンパウンドブレーキのほか、オプションでMカーボンセラミックブレーキが組み合わせられています。

 

▼BMW新型M8の動画

 

BMW新型8シリーズのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20180616084245j:plain

▼新型8シリーズのパワートレインとスペック

  • 【M850i】【日本導入】
    V型8気筒4.4Lガソリンターボ
    出力:530ps/76.5kgm
    0-100km/h加速:3.7秒
    最高速度:250km/h(リミッター)
  • 【840i】【新設定予定】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    出力:340ps/51.0kgm
  • 【840d】
    直列6気筒3Lディーゼルターボ
    出力:319ps/69.3kgm
    0-100km/h加速:4.9秒
    最高速度:250km/h(リミッター)
  • 【M8】
    エンジン:V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ
    出力:600ps/76.5kgm
  • 【M8コンペティション】
    エンジン:V型8気筒4.4Lガソリンツインターボ
    出力:625ps/76.5kgm
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動:4WD「xDrive」

BMW新型8シリーズには、3Lから4.4Lのターボエンジンが用意されています。

 

ディーゼルエンジンはエントリーモデルとなり、3Lから319psのパワーと69.3kgmにもなるトルクを発揮。

 

Mスポーツモデルとなる4.4Lガソリンは、530ps/76.5kgmとディーゼルエンジンを凌ぐ大トルクと高回転まで伸びやかな出力特性により100km/hまで3.7秒で達するように仕上げ。

 

ハイパフォーマンスモデルのM8は、出力をベースモデルで600ps、上位のM8コンペティションで625psとし、0-100km/h加速はM8で3.3秒、M8コンペティションで3.2秒まで短縮。

  

全モデルでトランスミッションは8速ATとされ、駆動方式はトラクションに優れる4WDシステム「xDrive」となっていますが、後に後輪駆動モデルの追加も見込まれています。

 

BMW新型8シリーズの走行システムは?

f:id:carislife:20180616100953j:plain

BMW新型8シリーズの走行システムには、電子制御ダンパーを搭載したAdaptive Mサスペンションと、4輪操舵システム「Integral Active Steering」が採用されています。

 

「M850i xDrive」にはオプションでアクティブロールバーが用意され、さらに切れ味鋭い走りを楽しむことができるようになっています。

 

BMW新型8シリーズの走りを試乗動画でチェック!

BMW新型8シリーズは試乗動画も公開されています。

 

クーペならではの鋭い走りと、ラグジュアリーな仕上げが高評価を受けています。 

 

 

BMW新型8シリーズの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型8シリーズの燃費

  • V型8気筒4.4Lガソリンターボ:9.9km/L
  • 直列6気筒3Lガソリンターボ:13.9km/L(欧州検査値)

BMW新型8シリーズの燃費は、日本に導入された4.4Lガソリンエンジンで9.9km/Lとなっています。

 

新設定された3Lガソリンエンジンはグランクーペで欧州値13.9km/Lとされ、環境性能に優れたパワートレインとなっています。

 

BMW新型8シリーズの安全装備は?

f:id:carislife:20180616101530j:plain

BMW新型8シリーズには、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサー、レーダーによってより精度と正確性が向上した最先端の運転支援システムが標準装備されています。

 

機能には、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングが採用され、安全性がアップされました。

 

BMW新型8シリーズの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型8シリーズの価格

  • 840d xDrive:1237万円
  • 840d xDrive M Sport:1360万円
  • 840d xDrive カブリオレ:1334万円
  • 840d xDrive M Sport カブリオレ:1443万円
  • M850i xDrive クーペ:1714万円
  • M850i xDrive カブリオレ:1838万円
  • M8:2230万円
  • M8 Competition:2433万円
  • M8 カブリオレ:2338万円
  • M8 カブリオレ Competition:2541万円
  • 8シリーズグランクーペ:約950万円~(欧州価格)

新型BMW8シリーズの価格は、日本でディーゼルモデルのM840dが1237万円に設定されました。

 

ガソリンモデルのM850iは1714万円からとなり、基礎を共有する7シリーズはM850iと同じく4.4Lエンジンを搭載する750iが1622万円からとなっていますが、M850iは出力が80ps/10.2kgmアップと大きく強化されています。

 

新型BMW8シリーズの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW新型8シリーズは、クーペが2018年11月9日、カブリオレが2019年2月19日に、M8が2019年6月25日に日本で発売されました。

 

新設定が発表された8シリーズグランクーペは日本への導入が正式に予告され、2019年秋に発売される予定です。

 

BMWは、最上級モデルとして復活した8シリーズのモデルラインナップを強化しユーザーにアピールしていく考えです。

 

BMW新型8シリーズのライバルは?

▼メルセデスAMG GT

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170110/20170110165406.jpg

BMW新型8シリーズのライバルは、メルセデスAMGが製造し販売好調のクーペAMG GTに設定されています。

 

メルセデスAMG GTは、GT CやGT Rなどハイスペックモデルのラインナップを拡大しているため、新型8シリーズもライバルを意識したスペック構成になります。

 

▼ポルシェ911

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151201/20151201205015.jpg

その他、同じドイツでスーパーカーの代名詞的存在になっているポルシェ911も走行性能で競うモデルになります。

 

新型8シリーズの市販後は、3台での走行性能比較も盛り上がることになりそうです。

 

BMW8シリーズを「おさらい」

▼BMW8シリーズ(E31型)

f:id:carislife:20171109110015j:plain

BMW8シリーズは、1989年のドイツ・フランクフルトモーターショーでE24型6シリーズの後継モデルとして登場したフラッグシップクーペです。

 

1970年代に販売されたBMWのスーパーカー「M1」以来のリトラクタブルライトが採用され、V型8気筒エンジンのほかV型12気筒エンジンも搭載。そのスタイルと高い走行性能が話題になりました。

 

しかし、スポーツスタイルを重視したことで最上級モデルながら荷室などのスペースが小さく、販売では苦戦したこともあり1999年に生産を終了。

 

▼BMW i8

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170124/20170124134514.jpg

その後BMWのフラッグシップクーペは、2004年に登場した6シリーズに再び戻りましたが、「8」のモデル名は高環境性能ブランドとして新設されたBMW iのプラグインハイブリッドスーパーカーBMW i8に使用されました。

 

新型8シリーズは約20年ぶりに復活し、再度6シリーズからフラッグシップクーペの座を引き継ぐモデルになっています。

 

新型8シリーズについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。