車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型レンジローバー最新情報】PHEV日本発売!価格やスペック、燃費、ディーゼル、SVクーペは?

f:id:carislife:20180308111905j:plain

ランドローバーが、フラッグシップSUV「レンジローバー」の新モデルを発表しました。

 

最上級の走破性とラグジュアリーを両立する新型レンジローバーについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】新型レンジローバーPHEV日本発売!

f:id:carislife:20180628090507j:plain

ランドローバーは、SUV「レンジローバー」の新モデルとなる「レンジローバーPHEV」の日本導入を発表しました。

 

レンジローバーは、ランドローバーブランドの最上級モデルとして販売され、シリーズにはサイズの大きい順にレンジローバースポーツ、レンジローバーヴェラール、レンジローバーイヴォークをラインナップしています。

 

新型レンジローバーPHEVは、新開発されたプラグインハイブリッドパワートレインを搭載することで、最高峰のオフロード性能と高い環境性能が両立されています。

  

▼レンジローバースポーツ

【新型レンジローバースポーツ最新情報】PHEV日本発売!価格やスペック、ディーゼル、サイズ、燃費は?

▼レンジローバーヴェラール

中間サイズのクーペSUV!新型「レンジローバー ヴェラール」日本発売 価格699万円~ 試乗動画

▼レンジローバーイヴォーク

新型レンジローバーイヴォーク最新情報!フルモデルチェンジ発売日は2018年10月、スペック、価格は?

 

新型レンジローバーの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型レンジローバーの変更点

  • 新世代の外装、内装を採用し、さらに上質なデザインに
  • プラグインハイブリッドモデルを新設定し、環境性能を向上
  • 2つの10インチタッチスクリーンディスプレイによる「Touch Pro Duo」インフォテイメントシステムを装備
  • 離れた場所から空調の操作などが可能となる「リモートプレミアム」を標準装備
  • 簡単な手の操作でパノラミックサンルーフのブラインド開閉が可能な「ジェスチャールーフブラインド」を新たにオプション設定

 

新型レンジローバーの外装(エクステリア)デザイン

▼新型レンジローバーの画像

f:id:carislife:20171011174253j:plain

f:id:carislife:20171011174345j:plain

f:id:carislife:20171011174235j:plain

新型レンジローバーの外装は、新世代のデザインによりリフレッシュされました。

 

ヘッドライトにはPixel-laser LEDヘッドライトを採用し、機能性も向上。

 

f:id:carislife:20171011174256j:plain

テールライトも見直され、大きい四角のモチーフを使用することで前後のデザインコンセプトを統一。

 

▼新型レンジローバー SV Autobiography DYNAMIC

f:id:carislife:20171011174259j:plain

f:id:carislife:20171011174337j:plain

f:id:carislife:20171011174303j:plain

2017年モデルへの改良で追加されていた、特注部門「SVO」が手がけた最上級のラグジュアリー性とスポーツを融合するグレード「レンジローバー SV Autobiography DYNAMIC」には、新型のグリルも装備されています。

  

新型レンジローバーを前モデルと比較!

▼レンジローバー(前モデル)

f:id:carislife:20180308114700j:plain

f:id:carislife:20180308114704j:plain

新型レンジローバーを前モデルと比較すると、硬質感のあるデザインに変更されていることがわかります。

 

ヘッドライト形状は角を持ち、リアランプは印象強く奥行きがあるものに仕上げられています。

 

新型レンジローバーSVクーペ公開!弩級2ドアクーペSUVに!

▼新型レンジローバーSVクーペの画像 

f:id:carislife:20180308112343j:plain

f:id:carislife:20180308112340j:plain

ランドローバーは、レンジローバーの限定新モデルとなる「レンジローバーSVクーペ」を公開しました。

 

新型レンジローバーSVクーペは、乗降用ドアが2枚のみだった過去のモデルを現代的に復活させることで、最高峰のクーペSUVに仕上げたモデルです。

 

f:id:carislife:20180308112358j:plain

車体は専用設計により乗降用ドアが2枚とされ、23インチのホイールを装備。

 

ドアの長さは1.4mにもなり室内からドアを閉めるのが困難なことから、オートクロージャー機能がレンジローバーで初採用されています。

 

レンジローバーSVクーペは999台のみが生産され、限定販売されることになります。

 

f:id:carislife:20180308112352j:plain

▼新型レンジローバーSVクーペの動画

 

新型レンジローバーのボディサイズは?

f:id:carislife:20171011174342j:plain

▼新型レンジローバーのボディサイズ

  • レンジローバー(標準ボディ)
    全長×全幅×全高:5005×1985×1865mm
    ホイールベース:2920mm
    車重:2340kg
    ※レンジローバーSVクーペは全高-8mm、全長+13mm
  • レンジローバーロングホイールベース
    全長×全幅×全高:5205×1985×1865mm
    ホイールベース:3120mm
    車重:2620kg
  • 最低地上高:220mm

ランドローバー新型レンジローバーには標準とロングホイールベースの2種類のボディサイズが用意され、標準ボディでもブランドの最上級モデルとして5mを超える全長を持っています。

 

新しい限定モデルとなるレンジローバーSVクーペは、独自の仕上げにより全高を8mmダウン、全長は+13mmとすることでスポーティなスタイルに仕上げられています。

 

新型レンジローバーの内装(インテリア)デザイン

▼新型レンジローバー

f:id:carislife:20171011174306j:plain

f:id:carislife:20171011174318j:plain

新型レンジローバーの内装には、2つの10インチタッチスクリーンディスプレイにより構成される「Touch Pro Duo」インフォテイメントシステムが新採用されました。

 

フロントシートも、最新の24ウェイパワーシートとすることで快適性を向上。

 

f:id:carislife:20171011174239j:plain

f:id:carislife:20171011174244j:plain

f:id:carislife:20171011174314j:plain

後部座席は40度までリクライニングできるようになっており、25種類のマッサージプログラムを搭載。

 

f:id:carislife:20171011174248j:plain

その他にも、新しい12インチデジタルメータークラスター、4G Wi-Fiホットスポット機能、スマートフォンなどの充電に使用できる新しいポートが追加されています。

  

▼新型レンジローバーの動画

 

新型レンジローバーのパワートレインとスペックは?PHEV設定!

f:id:carislife:20180308141443j:plain

▼新型レンジローバーのパワートレインとスペック

  • V型6気筒3Lディーゼル
    出力:258ps/61.2kgm
    最高速度:209km/h
    0-100km/h加速:7.9秒
  • V型6気筒3Lガソリンスーパーチャージャー
    出力(2種):340ps/45.9kgm、380ps/45.9kgm
    最高速度:210km/h
    0-100km/h加速:7.4秒(380psモデルは7.3秒)
  • V型8気筒5Lガソリンスーパーチャージャー
    出力(2種):525ps/63.8kgm、565ps/69.4kgm
    最高速度:250km/h
    0-100km/h加速:5.4秒
  • 【新開発】直列4気筒2Lガソリンターボ+電気モータープラグインハイブリッド
    システム出力:404ps/65.3kgm
    最高速度:220km/h
    0-100km/h加速:6.8秒
    EV航続距離:51km
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:4WD

新型レンジローバーのパワートレインには、3Lのガソリンとディーゼル、ハイパワーな5Lガソリンのラインナップに、新しくプラグインハイブリッドモデルが追加されました。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171011/20171011184742.jpg

プラグインハイブリッドモデルは、2Lの小排気量エンジンに電気モーターを組み合わせることで、3Lエンジンを超える出力を獲得。

 

EV航続距離は51kmが確保され、2000kg台中盤の車重を持つレンジローバーを、日常では充電した電力のみで走行させることができるようになっています。

 

新型レンジローバーの悪路走破性能は?

▼新型レンジローバーの悪路走破性能

  • 最大渡河水深:900mm
  • 標準ボディ
    アプローチアングル(オフロード/標準):34.7°/26°
    ランプアングル(オフロード/標準):28.3°/20.1°
    デパーチャーアングル(オフロード/標準):29.1°/24.5°
  • ロングホイールベース
    アプローチアングル(オフロード/標準):34.7°/26°
    ランプアングル(オフロード/標準):26.1°/18.4°
    デパーチャーアングル(オフロード/標準):29.1°/24.5°

新型レンジローバーの悪路走破性能は、水深が最大900mmの場所でも走行ができるトップレベルのスペックになっています。

 

対障害角度は、装備されるエアサスペンションにより車高をあげることで拡大でき、アプローチ(車体前)、デパーチャー(車体後)、タイヤと車体中心を結ぶランプアングルのすべてで高い数値が確保されています。 

 

新設定されるレンジローバーPHEVでもこれまで同様のタフさが確保されていることをアピールするため、水泳をするスポーツマンにあわせて走る姿も公開されています。

 

その他、新型レンジローバーには悪路走行をサポートする下記のシステムが搭載されています。

 

▼新型レンジローバーの走行システム

  • オールテレインプログレスコントロール
    悪路でも一定の走行速度を維持し、ブレーキとアクセル操作の負担を軽減
  • ロートラクションロンチ
    凍結路や雪道、湿った草地などの滑りやすい路面でもスムーズかつ容易に発進
  • グラディエントコントロール
    急勾配の登り坂でうっかりブレーキから足を離しても、徐々に制動力を弱めることで車両の急な後退を防止
  • テレインレスポンス
    走行状況を絶えずモニタリングして、エンジンやギアボックス、ディファレンシャル、サスペンションなどのセッティングを自動的に最適化
  • ヒルディセントコントロール
    急勾配の下り坂で一定の速度を維持し、各ホイールに個別にブレーキをかけることで安定した走行をアシスト
  • ウェイドセンシング
    ドアミラーに装備したセンサーが水深を検知し、深すぎる場合は警告。
    タッチスクリーンに、リアルタイムで車体に対する水の高さと最大渡河水深を表示

 

新型レンジローバーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼新型レンジローバーの燃費

  • 2Lプラグインハイブリッド:2.8L/100km(欧州値/約35.7km/L)
  • 3Lディーゼル:12.4km/L
  • 3Lガソリン(340ps):8.5km/L
  • 3Lガソリン(380ps):8.8km/L
  • 5Lガソリン(525ps):7.4km/L
  • 5Lガソリン(565ps):6.7km/L

新型レンジローバーの燃費は、これまで3Lディーゼルモデルが最高の12.4km/Lとなっていました。

 

しかし、追加設定された2Lプラグインハイブリッドモデルでは欧州値で35.7km/Lまで改善され、最上級モデルの大きな車体も気軽に使うことができるようになっています。

 

新型レンジローバーの安全装備は?

f:id:carislife:20180308144214j:plain

新型レンジローバーの安全システムには、大きな車体での乗りやすさや安全性を確保する360度カメラシステムや駐車アシスト機能など、最新システムが採用されています。

 

▼新型レンジローバーの安全機能

  • レーンキープアシスト&居眠り注意機能
  • アダプティブクルーズコントロール
  • 自動緊急ブレーキ
  • ブラインドスポットモニター(リバーストラフィックディテクション付)
  • アドバンスドパークアシスト
  • サラウンドカメラシステム

 

新型レンジローバーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型レンジローバーの価格

  • レンジローバーPHEV:1508万円~
  • 標準ボディ
     3Lディーゼル(258ps):1452万円~
     3Lガソリン(340ps):1409万円~
     3Lガソリン(380ps):1490万円~
     5Lガソリン(525ps):1657万円~
     5Lガソリン(565ps):2495万円~
  • ロングホイールベース
     3Lガソリン(380ps):1554万円~
     5Lガソリン(525ps):2016万円~
     5Lガソリン(565ps):3108万円~
  • レンジローバーSVクーペ(565ps):24万ポンド(約3530万円)

新型レンジローバーは、340psガソリンエンジンの1409万円がエントリー価格になっています。

 

新設定された2Lプラグインハイブリッドは1508万円と、3Lガソリンと5Lガソリンの中間の開始価格とされ、標準ボディとロングホイールベースの両方で選択できるようになっています。

 

限定モデルのレンジローバーSVクーペは、565psの最高峰のエンジンを搭載し、英国で約3530万円からと発表されています。

 

新型レンジローバーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

ランドローバー新型レンジローバーは、2018年6月に日本での受注が開始されました。

 

ランドローバーはPHEVモデルの導入により、高い環境性能をアピールしたい考えです。

 

限定モデルとなるレンジローバーSVクーペは限定999台が製作され、ランドローバーは「特別であることを求める人がユーザー対象になる」とコメントしています。

 

ランドローバー・レンジローバーを「おさらい」

▼ランドローバー・レンジローバー(初代) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170205/20170205130123.jpg

ランドローバー・レンジローバー(Range Rover)は、初代が1970年に登場したランドローバーブランドのフラッグシップモデルです。

 

初代は開発コンセプトが「ラグジュアリーカー、エステートカー、パフォーマンスカー、クロスカントリーカーの4つの車の役割を1台で可能にする」とされ、現代のプレミアムSUVにつながる設計が採用されました。

 

初代は発売当初2ドアモデルのみが設定されていましたが、後に4ドアモデルも用意され、使い勝手を向上しました。

 

4代目の現行モデルは2013年に登場し、レンジローバーで初めてオールアルミモノコックの車体を採用することで、前モデルから車重を420kgも軽量化。

 

限定モデルとして初代をイメージするレンジローバーSVクーペも発表され、伝統も感じられるモデルになっています。

 

新型ランドローバー・レンジローバーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!