車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【新型DS3クロスバック最新情報】2019年7月新SUV日本発売!サイズや価格、EV電気自動車、ディーゼル燃費は?

f:id:carislife:20181001124047j:plain

DSオートモビルズが、ブランドの新しいSUVとなる「DS3クロスバック」の日本導入を発表しました。

 

新世代モデルとして魅力が詰め込まれた新型DS3クロスバックについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】60台限定導入記念!新型DS3クロスバックLa Premiere予約受付開始!

▼新型DS3クロスバックLa Premiereの画像

f:id:carislife:20190416083504j:plain

DS Automobiles(DSオートモビルズ)が、新しいクロスオーバーSUV「DS3 CROSSBACK」の日本導入記念モデルとなる「DS 3 CROSSBACK La Premiere(クロスバック ラ・プルミエール)」の60台限定オンライン予約受付を開始しました。

 

DSオートモビルズは、以前シトロエンの高級ラインとして販売されていましたが、2015年に独立し、プジョー・シトロエングループに属する上級ブランドとなっています。

 

新型DS3クロスバックは、2018月7月に日本で発売された「DS7クロスバック」に続く新世代モデル第2弾となり、ブランドの主力車として上質に仕上げられています。

 

パワートレインにはガソリンやディーゼルのほか電気自動車も用意され、幅広いニーズに対応するモデルになっています。

 

デビュー記念車となる「DS 3 クロスバック ラ・プルミエール」は、パワートレインに直列3気筒1.2L“PureTech”ターボエンジンと8速ATを組み合わせ、ボディカラーに5万9400円高の「ノアール ペルラネラ」「グリ アルタンス」、7万200円高の「ブラン パールナクレ」の3色を設定するほか、「ダイヤモンド レッド」(2万5000円)の「バイトーンルーフ」を設定。

 

f:id:carislife:20190416083508j:plain

インテリアには特別な「アール・ルビ」カラーのナッパレザーを使った「オペラ内装」を採用しています。

 

▼DS7クロスバック

【新型DS7クロスバック最新情報】日本発売!サイズや価格、PHEV「E-Tense」、ディーゼル燃費は?

  

新型DS3クロスバックの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型DS3クロスバックの特徴

  • DSブランドのミドルクラスSUVとしてラインナップ
  • パワートレインに新世代の1.2Lガソリン、1.5Lディーゼルと8速ATの組み合わせを採用
  • EV電気自動車バージョンを設定

 

新型DS3クロスバックの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20181001124229j:plain

f:id:carislife:20181001124723j:plain

新型DS3クロスバックの外装は、フランスならではのデザイン性と装飾技法を取り入れた独創的な仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20181001124725j:plain

フロントは、DSマトリクスLEDビジョンヘッドライトと垂直に配置されたLEDデイタイムランニングライトによって、ブランドの特徴となる”彫刻的なスタイリング”を表現。

 

f:id:carislife:20181001124734j:plain

f:id:carislife:20181001124731j:plain

ドアハンドルは、クルマがロックされているときはドア面とフラットな状態になっており、ロックが解除されたとき自動的に展開されるようになっています。 

 

その他にも魅力あるスタイルとするため、サイドウインドウとフレームの間のラバーが見えないように作り込まれています。

 

f:id:carislife:20181001124728j:plain

グリルは斜め格子模様をモチーフに、3Dエフェクトを与えることにより個性をプラス。

 

ボディカラーにはルーフ色を変更した2トーンも用意され、オーナーの好みにあわせて選択することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20181001135338j:plain

f:id:carislife:20181001135336j:plain

 

新型DS3クロスバックのボディサイズは?

f:id:carislife:20181001124736j:plain

▼新型DS3クロスバックのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4120×1790×1535mm
  • 参考
    ・DS7クロスバック
     全長×全幅×全高:4590×1895×1635mm

新型DS3クロスバックのボディサイズは全長が4120mmとされ、フラッグシップモデルとして発表されているDS7クロスバックから470mm短縮されています。

 

しかし、プレミアムSUVとしてのデザイン性と走行性能を確保するため全幅は1790mmとワイドに設計され、全高を1535mmとすることでワイド&ローを際立たせた上質なスタイルを作っています。

 

新型DS3クロスバックの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181001125102j:plain

f:id:carislife:20181001125104j:plain

新型DS3クロスバックの内装は、オートクチュールを連想させるような細部にわたるパリらしいこだわりのあつらえと最新テクノロジーの融合により、新しいラグジュアリーが表現されています。

 

f:id:carislife:20181001131735j:plain

ドライバーには、デジタルメーターやヘッドアップディスプレイ、10.3インチのインフォテイメントシステムから多くの情報が提供されます。

 

f:id:carislife:20181001131737j:plain

f:id:carislife:20180718104219j:plain

デザイン性を高めるため、ステアリングホイールはフラットボトム、エアベントはダイヤモンド形とされ、オーディオには12スピーカーのフォーカル製を装備。

  

f:id:carislife:20181001125106j:plain

f:id:carislife:20181001131739j:plain

センターコンソールのトグルスイッチには、高級機械式腕時計の文字盤加工として用いられるギョシェ彫り模様をヒントにしたデザインを採用。

 

ラゲッジスペースは352Lが確保され、SUVとしての使いやすさが高められています。

 

室内空間は厚みのあるフロントガラスや窓ガラス、ドアなどを採用することで、ノイズの侵入が抑えられています。

 

新型DS3クロスバックのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20181001125328j:plain

▼新型DS3クロスバックのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン】
    直列3気筒1.2Lガソリンターボ
    最高出力:100ps、130ps、155ps
  • 【ディーゼル】
    直列4気筒1.5Lディーゼルターボ
    最高出力:100ps、130ps
  • トランスミッション:8速AT
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型DS3クロスバックのパワートレインには、1.5Lディーゼルと1.2Lガソリンの新世代ターボエンジンが採用されています。

 

ガソリンエンジンは、3種類の出力が用意され最高155psのパワーでDS3クロスバックを軽快に加速。

 

ディーゼルエンジンは1.5Lとされ、SUVらしい力強い走りと高い燃費性能が特徴となります。

 

トランスミッションはガソリンとディーゼルの両モデルで、DS7クロスバックでPSAグループ初採用されたアイシンAWと共同開発した8速オートマチック「EAT8」を採用。

 

オイルポンプを小型化するとともに配置を工夫することで、ケース自体の全長は従来の6速AT同等に抑えられ、容積を小さくすると同時に樹脂やアルミへの素材変更により軽量化。

 

また、走行中でもアクセルOFF時にクラッチを切るフリーホイール制御を行なうエコモードを採用されています。

 

電気自動車!新型DS3クロスバックE-Tenseの航続距離や充電時間は? 

f:id:carislife:20181001125402j:plain

▼新型DS3クロスバックE-Tenseのスペック

  • バッテリー容量:50kWh
  • モーター最高出力:136ps
  • 最高速度:150km/h
  • 航続可能距離:300km以上(WLTPモード)
  • 充電時間
    100%まで5時間
    急速充電器使用時:80%まで30分
  • 0-100km/h加速:8.7秒

新型DS3クロスバックには、電気自動車モデルとなる「DS3クロスバックE-Tense」がラインナップされています。

 

新型DS3クロスバックE-Tenseは、バッテリーを内燃エンジンモデルの燃料タンクの位置に配置することで、他モデルと同じ室内空間とラゲッジスペースに設計。

 

航続距離は300km以上と実用的な距離が確保され、充電はフルまで5時間、急速充電器により80%まで30分と短くなっています。

 

新型DS3クロスバックを試乗動画でチェック!

新型DS3クロスバックは試乗動画が公開されています。

 

ブランドの独自性をもった質感の高い仕上げが評価されています。

 

 

新型DS3クロスバックの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

新型DS3クロスバックの燃費は、8速ATを組み合わせたパワートレインにより高い数値となります。

 

先に発表され排気量が大きいDS7クロスバックでも最高燃費は16.4km/Lとなっていたことから、DS3クロスバックでは20km/Lほどの数値が見込まれています。

 

▼参考:DS7クロスバックの燃費

  • 2Lディーゼル:16.4km/L
  • 1.6Lガソリン:14.7km/L

  

新型DS3クロスバックの安全装備は?

f:id:carislife:20180718104154j:plain

新型DS3クロスバックには、DS7クロスバックからくる夜間歩行者検知機能付き衝突回避支援ブレーキなど、最新のアクティブ・セーフティシステムが採用されています。

 

システムには「DSコネクテッドパイロット」が装備され、マルチパーパスカメラとミリ波レーダーを使って同一車線において加減速とステアリング操作をサポート。

 

車線内でドライバー任意のポジションを保持する世界初のレーンポジショニングアシスト機能を採用することで、二輪車のすり抜けなどでどちらかに寄って走行したい場合などにも対応しています。

 

さらに、渋滞時に一旦停止した際でも先行車両が3秒以内に再発進すればアクセル操作なしで追従することができるトラックフィックジャムアシスト機能が採用されています。

   

新型DS3クロスバックの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型DS3クロスバックの価格

  • 【導入記念車】(60台限定)
    DS 3 CROSSBACK La Premiere:429万円

新型DS3クロスバックの導入記念車として60台が限定販売されるLa Premiereの価格は、429万円とされました。

 

DS3クロスバックの通常ラインナップの価格は、ハッチバックモデルの「DS3」が259万円から、クーペクロスオーバーの「DS4クロスバック」が331万円からに設定されているため、300万円前後になるとみられています。

 

DSオートモビルズは、先に発表したフラッグシップSUVのDS7クロスバックでも469万円からとしており、プレミアムモデルながら魅力ある価格もアピールしています。

 

新型DS3クロスバックの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

新型DS3クロスバックの日本発売日は、2019年7月が予定されています。

 

DSオートモビルズは、新型DS3の発売前となる4月6日~6月30日に全国9店舗のDS専売店にて巡回展示する「NEW DS 3 CROSSBACK ROAD SHOW」を実施。

 

4月15日からはデビュー記念モデル「DS 3 CROSSBACK La Première」のオンライン予約申し込みもスタートしました。

 

DSオートモビルズは、ミドルクラスの新世代SUVをラインナップすることで、ユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

DS Automobilesを「おさらい」

f:id:carislife:20180718110901j:plain

DSオートモビルズ (DS Automobiles) は、フランスの「グループPSA(旧社名PSA・プジョー・シトロエン)」に属する高級車ブランドです。

 

2009年にシトロエン内の高級サブブランドとして発足し、2015年にシトロエンから独立することで、単独のブランドとされました。

 

▼シトロエンDS

f:id:carislife:20180718115620j:plain

ブランド名の「DS」は、シトロエンが1955年に発表した上級車「シトロエンDS」からとなっており、公式発表はありませんが「Different Spirit(異なる精神)」や「Desiree Speciale(特別への憧れ)」が語源と言われています。

 

シトロエンのサブブランド「DS」時代は、シトロエンの「C3」や「C4」をベースとした上級ラインとして「DS3」「DS4」などがラインナップされ、専用のパーツを採用することで質感や走行性能がアップされていました。

 

DSオートモビルズとして独立後は、それまでラインナップしていたモデルをフェイスリフト(マイナーチェンジ)し、シトロエンのブランドデザイン「ダブルシェブロングリル」を廃止。代わってDSウインググリルとDSのエンブレムが採用されました。

 

▼フランス・マクロン新大統領就任パレードの動画

新世代車第1弾となったDS7クロスバックは独立後初の独自モデルとして制作され、フランスのマクロン新大統領の就任パレードでも使用。

 

DSオートモビルズはモータースポーツにも力を入れており、欧州で人気が高まっている「フォーミュラE」レースにも参戦。チームランキング上位につけるなど活躍しています。 

 

新型DS3クロスバックについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。