New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【日産新型リーフ】「アーバンクロム設定!」2021年夏改良日本発売!最新情報、補助金や価格、電気代は?

f:id:carislife:20210419140236j:plain

日産が、電気自動車「リーフ」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型リーフについて、スペックなどを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】アーバンクロム追加!日産「新型リーフ」マイチェン日本発売!

▼新型リーフ「アーバンクロム」の画像

f:id:carislife:20210419140236j:plain

日産が、電気自動車「リーフ」の改良日本発売を発表しました。

 

日産リーフは、ブランドを代表する電気自動車としてラインナップされ、現行モデルは2020年2月にマイナーチェンジが実施されていました。

 

f:id:carislife:20210419140256j:plain

f:id:carislife:20210419140259j:plain

f:id:carislife:20210419140302j:plain

f:id:carislife:20210419140306j:plain

改良された新型リーフでは、漆黒のフロントグリルやブラックカラーのサイドターンランプ付電動格納式リモコンブラックドアミラー(ドアロック連動格納機能付)、17インチダークアルミホイール、エアコン吹き出し口シルバーフィニッシャー加飾などを装備する「アーバンクロム」を新設定。  

f:id:carislife:20210419140253j:plain

f:id:carislife:20210419140315j:plain

また、ボディカラーには、新型電気自動車SUV「アリア」にもラインナップされる新色「バーガンディ」と「暁(アカツキ)」にブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーを設定。

 

加えて、エンブレムは新しい日産のブランドロゴに、フロントグリルのVモーションはブラックに変更されています。

 

f:id:carislife:20210419140311j:plain

装備では、プラズマクラスター搭載フルオートエアコン、抗菌仕様のステアリングとシート、高性能フィルター(花粉、におい、アレルゲン対応)を採用することで、快適性がアップしています。

 

日産新型リーフは2021年夏の発売を予定。価格は3,326,400円~4,998,400円となっています。

 

▼日産アリア

【日産新型アリア】電気自動車SUV!最新情報、航続距離や充電時間、サイズ、価格、発売日は?

 

日産新型リーフの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型リーフの変更点

  • ブラックの専用装備を採用する「アーバンクロム」を新設定

  • プラズマクラスター搭載フルオートエアコン、抗菌仕様のステアリングとシート、高性能フィルター(花粉、におい、アレルゲン対応)を採用
  • エンブレムに、新しい日産のブランドロゴを装備
  • 「リーフ」のボディカラーに、新色「バーガンディ」と「暁(アカツキ)」のブラックルーフ2トーンを採用
  • 「リーフオーテック」のボディカラーに、「ステルスグレー」と「ガーネットレッド」のブラックルーフ2トーンを採用

▽2020年7月の変更点

  • スポーツモデル「リーフNISMO」を改良。
    足回りや制御などの大幅な見直しにより、走行性能を向上

▽2020年2月マイナーチェンジ時の変更点

  • 安全システム「プロパイロット」に、下り坂での設定速度保持機能、よりスムースな減速を可能とするブレーキ操作機能を設定。
    ワイパー作動時の範囲拡大など機能を向上
  • 「プロパイロット パーキング」にて、駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間を短縮、さらに据え切りを減少するなど制御を最適化し、車庫入れや前向き駐車の時間を約20%短縮
  • 車線変更時に斜め後方の車両との接触回避をアシストする「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」を新採用
  • ナビゲーションディスプレイのサイズを9インチに拡大した「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」を標準装備し、地図やメニュー画面の見やすさ、操作を向上
  • ボディカラーに、ベースモデル4色、「リーフオーテック」1色の新しいカラーを設定
  • シャークフィンアンテナを全車標準装備
  • 「NissanConnect」に新しいサービス・コンテンツを追加
  • 「ゼロ・ エミッションサポートプログラム2(ZESP2)」を終了し、1回10分の充電を契約内容により複数回利用可能な「ゼロ・ エミッションサポートプログラム3(ZESP3)」を開始

 

332.6万円から!日産新型リーフの価格、補助金は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型リーフの価格

  • 【40kWhバッテリー】
    S:3,326,400円
    X:3,825,800円
    X V セレクション:4,063,400円
    G:4,193,200円
    AUTECH:4,100,800円
    NISMO:4,298,800円
    アーバンクロム:4,118,400円【新設定】
  • 【62kWhバッテリー】
    e+ X:4,417,600円
    e+ G:4,998,400円
    e+ AUTECH:4,692,600円
    e+ アーバンクロム:4,710,200円【新設定】

日産新型リーフの価格は、グレードにより、小幅の変更となっています。

 

日産リーフは、国や自治体からクリーンエネルギー自動車導入補助金として30万円前後を受け取ることができるほか、エコカー減税がグレードにより12万円前後、登録翌年度の自動車税減税額が2万2000円となっており、購入コストを抑えることができるようになっています。

 

▼参考:日産リーフのグレードと価格(前モデル)

  • 【40kWhバッテリー】
    S:3,326,400円
    X:3,819,200円
    X V セレクション:4,056,800円
    G:4,189,900円
    AUTECH:4,094,200円
    NISMO:4,294,400円
  • 【62kWhバッテリー】
    e+ X:4,411,000円
    e+ G:4,998,400円
    e+ AUTECH:4,686,000円

 

スマート!日産新型リーフの外装(エクステリア)デザイン

f:id:carislife:20210419141749j:plain

日産新型リーフの外装には、電気自動車の先進性を表現する最新デザインが採用されています。

 

▼新型リーフeプラスの画像

f:id:carislife:20190109104801j:plain

大容量バッテリーを搭載する新型リーフeプラスは、フロントバンパー最下部にブルーのリップスポイラーを装備。

 

充電口にも「e+」のロゴを追加することで、さりげなく大容量バッテリーモデルであることがわかるようになっています。

 

f:id:carislife:20210419140253j:plain

f:id:carislife:20210419140315j:plain

改良では、ボディカラーに新色「バーガンディ」と「暁(アカツキ)」のブラックルーフ2トーンを設定したほか、エンブレムに新しい日産のブランドロゴが装備されています。

  

最新装備!日産新型リーフの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20191216142738j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103423.jpg

日産新型リーフの内装は、優れた空間性と機能性を両立させた日産ブランドの共通インテリアデザインテーマ「グライディング・ウイング」により仕上げられています。

 

改良では、プラズマクラスター搭載フルオートエアコン、抗菌仕様のステアリングとシート、高性能フィルター(花粉、におい、アレルゲン対応)を採用することで、快適性をアップ。

 

f:id:carislife:20191216142800j:plain

2020年の改良では、それまで7インチとされていたインフォテイメントシステムのサイズを9インチに大型化。

 

大画面に美しい表面処理を施した「EV専用NissanConnectナビゲーションシステム(地デジ内蔵)」を標準装備し、地図やメニュー画面の見やすさ、操作のしやすさが向上しています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103459.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103502.jpg

メーター内には7インチのフルカラーTFTディスプレイを装備することで、多彩な情報を表示。

 

ディスプレイは画面レイアウトが刷新され、セーフティ・シールドの作動状況やモーターの出力や回生状況を表示するパワーゲージやオーディオやナビゲーションシステムの情報などの主要機能がわかりやすくなっています。

  

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103433.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103453.jpg

その他、日産リーフでは大型のバッテリーを床下に配置することにより、リアシートは広く、開放的な空間に仕上げられています。

 

▼日産新型リーフの室内サイズ

  • 室内長×室内幅×室内高:2030×1455×1185mm
  • 乗員:5人

  

上質!日産新型リーフオーテック設定!

▼日産新型リーフオーテックの画像

f:id:carislife:20191216143737j:plain

日産新型リーフには、上級スポーティモデルとなる「リーフオーテック」が設定されています。

 

日産リーフ「AUTECH」は、セレナ、ノート、エクストレイルに続く「AUTECH」ブランドの第4弾としてラインナップ。

 

2020年の改良では、ベースモデルからくる安全システムや装備強化のほか、オーロラフレアブルーパールのボディにスーパーブラックのルーフを組み合わせた2トーンカラーがオーテック専用色として追加設定されています。

 

f:id:carislife:20190523155136j:plain

リーフオーテックは、オーテックジャパン創業の地である湘南・茅ヶ崎の「海」と「空」のイメージから想起したブルーをブランドのアイコニックカラーに採用。

 

f:id:carislife:20190523155129j:plain

f:id:carislife:20190523155132j:plain

f:id:carislife:20190523155138j:plain

f:id:carislife:20190523155140j:plain

エクステリアは、メタル調フィニッシュの専用パーツを採用し、上質さと先進性を表現。

 

f:id:carislife:20190523155153j:plain

また、フロントバンパーには、色にこだわって開発した専用ブルーに輝くシグネチャーLEDを採用するとともに、その周囲に「AUTECH」ブランド車共通の表現であるドットパターンのフィニッシャーを施し、昼夜問わず一目で「AUTECH」とわかる、個性豊かなスタイルに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20191216143756j:plain

f:id:carislife:20191216143758j:plain

f:id:carislife:20190523155123j:plain

f:id:carislife:20190523155143j:plain

インテリアは、上質な肌触りと美しい光沢感を実現したクリスタルスエードと柔らかなレザレットをシート地に採用。

 

f:id:carislife:20190523155120j:plain

f:id:carislife:20190523155150j:plain
インストパネルには、鮮やかな木目が特徴的な高級材、紫檀(シタン)の柄を施し、さらに本木を思わせる手触りも表現。

 

ダークグレー色をベースとし、さりげなくブルーに光るパールをあしらわれています。

 

▼日産リーフオーテックの動画

▼日産新型リーフオーテックの専用装備

▽エクステリア

  • AUTECH専用エクステリア
    フロントグリル / フロントバンパー(バンパー下部メタル調フィニッシュ) / サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ) / リヤバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ) / AUTECHエンブレム〈フロント・リヤ〉
  • AUTECH専用シグネチャーLED
  • AUTECH専用サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
  • AUTECH専用17インチアルミホイール&215/50R17 91Vタイヤ

▽インテリア

  • AUTECH専用インテリア
    クリスタルスエード&ブルーレザレットコンビシート「AUTECH」刺繍(ブルーステッチ) / ブルーレザレットドアトリム〈フロント・リヤ〉(ブルー ダブルステッチ) / ブルーレザレットセンターコンソールリッド(ブルーステッチ) / ダークウッド調インストパネル
  • AUTECH専用本革巻ステアリング(ブラック/ブルーコンビ&ブルーステッチ)(ステアリングヒーター付)
  • AUTECH専用エンブレム(センタークラスター)

   

スポーツ!日産「新型リーフNISMO」も!

▼日産新型リーフNISMOの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200720/20200720141803.jpg

f:id:carislife:20200720141813j:plain

f:id:carislife:20200720141823j:plain

日産リーフには、スポーツモデル「リーフNISMO(ニスモ)」が設定されています。

 

f:id:carislife:20200720141828j:plain

f:id:carislife:20200720141832j:plain

2020年の改良では、ステアリングのギヤ比をそれまでの18.3から、スポーツクーペ「フェアレディZ」と同等となる14.9へ変更し、EPS(電動パワーステアリング)の制御定数を再チューニングすることで、これまでより少ない操舵角でのコーナリングを可能にするとともに、しっかりとした操舵力を実現。

 

また、IDM(インテリジェントトレースコントロール)も、ステアリングのギヤ比の変更に合わせて再セッティングされ、S字コーナーなどステアリングの切り替えしが発生するシーンでの初期応答の向上と巻き込み向上によりロール量の低減が行われています。

 

f:id:carislife:20200720141817j:plain

f:id:carislife:20200720141826j:plain

さらにサスペンションでは、スプリングをフロント28N/mmから32N/mmへと14%アップ、リアは48N/mmから60N/mmへと25%アップ、減衰力はフロントを伸び縮みともに10%アップ、リアは伸び側を30%アップ、縮み側を10%アップ。また、リアのバンプラバーをノーマルのゴムからウレタン製へと変更することで、コーナリングスピードがアップされています。

 

加えて、油圧コントロールをチューニングすることで、ブレーキの効き始めをより鋭くし、制動力とブレーキフィーリングを向上。

 

ABS(アンチロックブレーキシステム)およびTCS(トラクションコントロールシステム)を含めたVDC(ビークルダイナミクスコントロール)も専用チューニングすることで、スポーティな走行に合わせてTCSの制御解除を早め、ドライ路面の限界走行シーンでの性能を向上。より素早いコーナー出口からの加速が可能となっています。

 

f:id:carislife:20200720141820j:plain

また、オプションとして、ドライバーのホールド性を高めたレカロ製専用シートも設定されています。

 

▼日産新型リーフNISMOの動画

 

力強く!日産新型リーフのパワートレインとスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20171227153739j:plain

▼日産新型リーフのパワートレインとスペック

  • パワートレイン:電気モーター「EM57」
  • 出力
    ベースモデル&リーフNISMO:150ps/32.6kgm
    リーフeプラス:218ps/34.7kgm
  • 駆動方式:FF

新型リーフのパワートレインには、3.2L自然吸気エンジン以上の大トルクを発生する電気モーターが搭載されています。

 

電気モーターは、エンジンのように回転数をあげる必要なく瞬時に最大トルクを発揮し、出だしから力強い加速を実現。

 

62kWhモデルのリーフEプラスでは出力が218ps/34.7kgmにまでアップされ、ギアボックスも強化。

 

80km/hから100km/hへの加速時間は約15%短縮、さらに最高速度も約10%向上することで、より快適なクルージングを楽しむことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190109105958j:plain

その他、新型リーフでは、アクセルペダルの操作だけで発進、加速、減速、停止までをコントロールすることができる「e-Pedal」を採用。

 

アクセルペダルから足を離すと、回生ブレーキと通常のブレーキ双方を自動的に制御し、クルマを減速、停車。

 

リーフe+ではe-Pedalの制御を車両重量の変化に合わせて最適化し、さらに後退時の制御を見直すことで駐車時の操作がよりスムーズになっています。

 

これらにより、坂道でも停止状態を保持する「1ペダルドライブ」が可能になっています。

  

▼リーフニスモ専用サスペンション

f:id:carislife:20180719134422j:plain

スポーツモデルとなるリーフニスモでは、専用チューニングが施されたVCMによりアクセルレスポンスをアップし、Bレンジ&e-Pedal OFFの状態で胸をすく加減速が楽しめるようにセッティング。

 

足回りには、専用の18インチハイグリップタイヤと、高いスタビリティとフラットな乗り心地を両立するフロント25%、リア33%減衰力をアップさせた専用サスペンションを装備。 

 

加えて専用チューニングされた電動パワーステアリングやインテリジェント トレースコントロールにより、S字コーナーといったステアリングの切り返しが必要なシチュエーションで高い安定性とライントレース性が実現されています。

   

どれくらい?日産新型リーフの走行距離と充電時間は?

f:id:carislife:20171227153743j:plain

▼日産新型リーフの航続距離と充電時間

  • バッテリー
    リーフ:40kWhリチウムイオンバッテリー
    リーフE+:62kWhリチウムイオンバッテリー
    リーフNISMO:40kWhリチウムイオンバッテリー
  • 航続距離
    リーフ(40kWh):400km(WLTCモード:322km)
    リーフE+(62kWh):570km(WLTCモード:458km)
    リーフNISMO:350km(WLTCモード:281km)
  • 充電時間
    【40kWh】
    普通充電:16時間(3kW)/ 8時間(6kW)
    80%まで充電するのにかかる時間(急速充電):40分
    【62kWh】
    普通充電:12時間30分(6kW)
    80%まで充電するのにかかる時間(急速充電):60分

日産新型リーフには、40kWhバッテリーに加え、大容量の62kWhバッテリーが設定され、航続距離を選択できるようになっています。

 

▼62kWhバッテリー

f:id:carislife:20190109111023j:plain

リーフ62kWhは、蓄電容量を増やすことでそれまで400kmとされていた航続距離を570kmまで延長。

 

1タンクで500kmが目安とされるガソリン車同等の走行距離を実現するモデルになっています。

 

62kWhのバッテリーは容量が大きいことで40kWhモデルより満充電までの時間が伸びていますが、最大出力100kWの急速充電に対応したことで、従来の50kWで急速充電した場合との差が小さく、60分で80%(約460km走行分)まで充電できるようになっています。

 

スポーツモデルのリーフNISMOでは、ハイグリップタイヤなどによりスポーツ性能を高めたことで、航続距離がベースモデルの400kmから350kmに変化。

 

新世代になりあがった性能を、走行に割り振ったスポーツEVとして制作されています。

  

いくら?日産新型リーフの電気代は? 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181005/20181005090423.jpg

▼日産新型リーフの電気代

  • 電気代(1kWhあたり30円の契約の場合)
    40kWhバッテリー満充電:1200円(1km走行あたり3円)
    62kWhバッテリー満充電:1860円(1km走行あたり3.3円)
  • 日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)
    使いホーダイプラン:月会費2,000円(税別)
    ※全国5700基以上の急速充電器の利用料金を定額化

日産新型リーフの充電にかかる電気代は、平均的な電気料金の1kWh30円で計算すると、40kWh1回の満充電で1200円、航続距離400kmのリーフでは1km走行あたり約3円となります。

 

電気代は、夜間の電気使用で1kWh20円ほどまで価格がダウンする契約もあるため、電気料金の契約を検討することでお得に使うことができます。

 

最新システム!日産新型リーフの安全装備は?

▼日産プロパイロット

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906103445.jpg

日産新型リーフの安全装備には、部分自動運転技術「プロパイロット」が採用されています。

 

プロパイロットは同一車線自動運転を実用化したシステムで、車両が走行レーンを認識し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御。

 

渋滞時には、前走車の動きにあわせてストップと再発進を行い、ドライバーをサポートするシステムになっています。

 

2020年の改良では、ドライバーのストレスをさらに軽減するため、下り坂での設定速度保持や、よりスムースな減速を可能とするブレーキ操作などに対応。

 

また、ワイパー作動時の作動範囲も拡大されています。 

 

▼日産プロパイロットパーキング

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170906/20170906095007.jpg

その他、新型リーフには自動駐車機能「プロパイロット パーキング」も装備。

 

駐車枠を指定するだけで車両が自動でハンドルやアクセル操作を行い、枠の中への駐車をサポートし、車庫入れや縦列駐車にも対応。

 

駐車時の発進や切り返しの際の待ち時間を短縮、さらに据え切りを減らすなど、制御を最適化することで、車庫入れや前向き駐車の時間が約20%短縮されています。

 

新型リーフではその他、車線変更時に斜め後方の車両との接触回避をアシストする「インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)」を採用することで、ドライバーが気づきにくい危険を察知することも可能になっています。

  

キビキビ!日産新型リーフのサイズ、車体設計は?

f:id:carislife:20181112091752j:plain

▼日産新型リーフのボディサイズ

  • 日産リーフ
    ・全長×全幅×全高
     40kWh:4480×1790×1540mm
     62kWh:4480×1790×1545mm
    ・ホイールベース:2700mm
    ・車重
     40kWh:1510kg
     62kWh:1670kg
    ・最低地上高
     40kWh:150mm
     62kWh:135mm
  • リーフNISMO
    ・全長×全幅×全高:4510×1790×1550mm
    ・ホイールベース:2700mm
    ・車重:1520kg
    ・最低地上高:165mm

日産新型リーフのボディサイズは、大容量バッテリーのリーフeプラス62kWhで全高+5mm、最低地上高-15mmと変更することで、大きなバッテリーでも室内空間に影響がでないようになっています。

 

62kWhバッテリーでは車重が160kg増加していますが、車体のねじり剛性を8%向上、サスペンションストラットのベアリングを低抵抗なボールベアリングに変更し、重心高も10mmダウンしたことで0.4Gでコーナリングした際の車体ロール角も約5%低減。

 

あわせて、モーター出力をアップすることで軽快な走りに仕上げられています。

 

スポーツモデルのリーフNISMOは、ベースモデルから全長+30mmと変更することでデザイン性をアップ。

 

リーフNISMOは最低地上高と全高も、機敏さとしなやかさを両立した専用サスペンションの採用によりアップしています。

 

いつ?日産新型リーフの日本発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良された日産新型リーフは、2021年4月19日に発表、2021年夏の発売が予定されています。

 

日産は改良によりリーフの魅力をアップし、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

 

日産リーフを「おさらい」

▼日産リーフ(初代)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151110/20151110200610.jpg

日産リーフ(LEAF)は、初代が2010年に登場した5ドアハッチバック型の電気自動車です。

 

車名「リーフ」の由来は、英語で「葉」を意味することから、植物の葉が大気を浄化する様子と高環境車のイメージを重ねて採用されました。海外では先に商標が登録されていましたが、交渉により商標権利を取得し世界統一名で販売されています。

 

型式には初代がZE0型、2代目の現行モデルにはZE1型が採用されていますが、ZEは「Zero Emisson」の頭文字から取られています。

 

航続距離は、初代の前期モデルで容量24kWhのバッテリーが搭載され200kmでしたが、2012年の中期モデルへの改良により228kmまで延長、2015年の後期モデルでは30kWhの新型バッテリー搭載モデルを追加し280kmに。

 

フルモデルチェンジを受けた現行モデルでは40kWhのバッテリーで、400kmにまでアップされました。

 

新型新型リーフについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。