New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型ハリアー】2023年10月「Sグレード廃止!」改良日本発売!最新情報、燃費、サイズ、価格は?

f:id:carislife:20200617133532j:plain

トヨタが「ハリアー(HARRIER)」の改良発売を予定しています。

 

改良により魅力をアップするトヨタ新型ハリアーについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】アップデート!トヨタ「新型ハリアー」改良発売!

f:id:carislife:20200617133535j:plain

トヨタが、「ハリアー」の改良日本発売を予定しています。

 

トヨタ・ハリアーは、都市部での魅力をアップしたブランドのミドルクラスSUVとしてラインナップされ、現行モデルは2020年6月にフルモデルチェンジし、新世代となっていました。

 

改良される新型ハリアーでは、パワーバックドアの開閉時間を短縮することで使い勝手をアップし、ドア開閉音を廃止。

 

また、これまでエントリーモデルとして設定されていた「S」グレードが廃止され、ラインナップが集約されます。

 

トヨタ新型ハリアーは2023年10月の発売が予定されています。

 

▼トヨタRAV4

 【新型RAV4】改良日本発売!最新情報、PHV、燃費、スペックは?

 

トヨタ新型ハリアーの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼トヨタ新型ハリアーの変更点

  • パワーバックドアの開閉時間を短縮し、ドア開閉音を廃止
  • エントリーグレード「S」を廃止

▽2022年9月の変更点

  • プラグインハイブリッドモデルを新設定
  • 「コネクティッドナビ」に対応し、車内Wi-Fiを設定
  • メーターディスプレイを「Z」で7インチから12.3インチ、「S」で4.2インチから7.0インチに大型化
  • ボディカラー「プラチナホワイトパールマイカ」を新設定し、「ホワイトパールクリスタルシャイン」を廃止
  • 「ETC2.0」を全車標準装備
  • USB端子をタイプCに変更
  • 「トヨタセーフティセンス」の機能を強化
  • 「Gレザーパッケージ」グレードを廃止

 

グレード縮小!トヨタ新型ハリアーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼トヨタ新型ハリアーの価格

  • 【2.0Lガソリン】
    ・S【廃止】
     FF:3,128,000円、4WD:3,328,000円
    ・G
     FF:3,529,000円、4WD:3,729,000円
    ・Z
     FF:4,038,000円、4WD:4,238,000円
    ・Z Leather Package
     FF:4,338,000円、4WD:4,538,000円
  • 【2.5Lハイブリッド】
    ・S
     FF:3,718,000円、4WD:3,938,000円
    ・G
     FF:4,119,000円、4WD:4,339,000円
    ・Z
     FF:4,628,000円、4WD:4,848,000円
    ・Z Leather Package
     FF:4,928,000円、4WD:5,148,000円
  • 【プラグインハイブリッド】
    ・Z
     4WD:6,200,000円

トヨタ新型ハリアーは、エントリーグレード「S」が廃止されますが、価格は変更なく維持されます。

 

2022年の改良では、エントリーグレード「S」で13万8000円、「G」グレードで11万9000円、「Z」「Z Leather Package」では10万8000円価格をアップ。

 

新たにプラグインハイブリッドモデルを設定することで、バリエーションが拡大されていました。

 

洗練!トヨタ新型ハリアーの外装(エクステリア)デザイン

▼トヨタ新型ハリアーの画像

f:id:carislife:20200413133237j:plain

▼参考:ハリアー(前モデル)

f:id:carislife:20200415062901j:plain

トヨタ新型ハリアーの外装は、新世代のアクセントを加え、都市部の景観とマッチするスポーティなスタイルとなっています。

  

f:id:carislife:20200617135113j:plain

f:id:carislife:20200413133310j:plain

f:id:carislife:20200413133337j:plain

フロントは、アッパーグリルからヘッドランプへと流れるような連続性により精悍かつシャープな印象とされ、シグネチャーランプは、遠くからでも新型ハリアーと分かる個性と先進性を重視。

 

f:id:carislife:20200617134946j:plain

サイドは、シンプルな構成でありながらもダイナミックにボディ断面が変化し、豊かな表情を創出するとともに強い動感が表現されています。

 

▼新型ハリアー

f:id:carislife:20200413133313j:plain

▼参考:ハリアー(前モデル)

f:id:carislife:20200415062858j:plain

また、リアウィンドウを前モデルから大きく傾斜させ、ボディスタイルをクーペSUVとすることにより空力性能をアップし、風切り音を低減するとともに、燃費性能向上にも貢献。

 

f:id:carislife:20200617135057j:plain

f:id:carislife:20200413133334j:plain

リアランプは、細く、鋭く、横一文字に光ることで、存在感がアップされています。

 

▼調光ガラスムーンルーフ

▽透過時

f:id:carislife:20200413133343j:plain

▽調光時

f:id:carislife:20200413133345j:plain

▽シェード使用時

f:id:carislife:20200413133349j:plain

また、上位グレードの「Z」には、トヨタ初となる「調光ガラスムーンルーフ」も採用することで、快適性を向上。

 

f:id:carislife:20200414054356j:plain

足元には、エレガントな「多軸スポーク構成」とした高輝度19インチホイールが採用されています。

 

最新装備!トヨタ新型ハリアーの内装(インテリア)デザイン

トヨタ新型ハリアーの内装は、馬の鞍をイメージし、幅広く堂々としたセンターコンソールや、それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせにより「大らかな逞しさ」が演出されています。

 

▼12.3インチデジタルメーター

2022年の改良ではメーターのTFTディスプレイを、最上位グレードの「Z」で7インチから12.3インチに、エントリーグレード「S」では4.2インチから他グレードと同じ7.0インチに大型化することで確認をしやすく。

 

また、ディスプレイオーディオは、センターから通信で取得した最新の情報で目的地検索やルート設定ができる「コネクティッドナビ」対応モデルに変更され、車内Wi-Fiも設定することで機能を向上しています。

 

f:id:carislife:20200413133432j:plain

新型ハリアーではその他、車両リアカメラの映像をミラー内に表示することで、荷物を満載した場合や夜間にも高い視認性を確保する「ドライブレコーダー搭載デジタルインナーミラー」を装備。

 

f:id:carislife:20200414054712j:plain

インテリアには、前モデルまでエンブレムに採用されていた「チュウヒ」のマークも加えることでアイデンティティを強調。

  

f:id:carislife:20200414054710j:plain

f:id:carislife:20200413133425j:plain

f:id:carislife:20200413133428j:plain

f:id:carislife:20200413133422j:plain

インテリアカラーには多彩な内装色が設定され、落ち着いた雰囲気でシックな大人の室内空間を楽しむことができるようになっています。

 

パワフル!トヨタ新型ハリアーのパワートレインとスペックは?

▼トヨタ製Dynamic Force Engine(2.5L)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171031/20171031104120.jpg

▼トヨタ新型ハリアーのパワートレインとスペック

  • 【ガソリン車】
    直列4気筒2L「Dynamic Force Engine」エンジン
    出力:171ps/21.1kgm
    トランスミッション:CVT「Direct Shift-CVT」
  • 【ハリアーハイブリッド】
    直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」エンジン+電気モーター
    エンジン出力:178ps/22.5kgm
    フロントモーター出力:120ps/20.6kgm
    リアモーター出力(4WD車のみ):54ps/12.3kgm
    システム最高出力:E-Four 222ps、FF 218ps
  • 【ハリアー PHEV(プラグインハイブリッド)】
    直列4気筒2.5L「Dynamic Force Engine」エンジン+電気モーター×2
    システム出力:306ps
    EV航続距離:93km
  • 駆動方式:FF or 4WD

新型ハリアーには2022年の改良時に、それまで設定されていた2Lガソリンエンジンと直列4気筒2.5Lガソリン「Dynamic Force Engine」ハイブリッド仕様に加え、新たにプラグインハイブリッドモデルが設定されています。

  

ダイナミックフォースエンジンは、TNGAに基づいて開発された新開発エンジンで、吸気ポート形状の工夫などにより高吸気効率と高タンブルを両立させ、世界トップレベルの最大熱効率41%を達成しています。

 

新型ハリアーでは、ハイブリッド車に後輪を電気モーターで駆動するシステムを進化させた「新型E-Four」が組み合わせられ、高レスポンス、低燃費を実現。

 

追加設定された新型ハリアーPHEVでは、前後にモーターを1基ずつ搭載するハイブリッド車のシステムをベースにしながら、容量をアップしたバッテリーやモーターを搭載することで306psを発揮し、充電した電力のみで93kmの走行が可能に。

 

また、大容量電池を災害時に役立てるよう、駆動用電池に蓄えた電力を最大1,500Wの出力で家電などへ供給できる外部給電機能を採用。

 

バッテリーだけを使って給電する「EV給電モード」のほか、バッテリー残量が所定値を下回るとエンジンが起動する「HV給電モード」を備え、ガソリン満タン状態なら最大出力で3日程度の電力供給に対応。

 

バッテリーの充電時間は、専用工事が必要となる単相AC200V/16A充電で満充電まで約5時間30分、配線工事不要な単相100V/6A充電では満充電まで約33時間となっています。

 

ガソリン車では、トランスミッションに「Direct Shift-CVT」を採用し、従来のベルトとプーリーによる駆動に加え、発進用のギヤを追加することでダイレクトな発進・加速フィーリングを実現。

 

CVT本来のスムーズな走りはそのままに燃費性能を向上し、走行シーンに応じた気持ちの良い走りに仕上げられています。

 

その他、新型ハリアーのサスペンションは、フロントにマクファーソンストラット式、リヤにダブルウィッシュボーン式が採用され、極微低速域でもスムーズなストロークの動きを確保したショックアブソーバーを採用することで、接地感あるフラットな乗り心地が実現されています。

  

最新!トヨタ新型ハリアーの走行システムは?

▼ダイナミックトルクベクタリングAWD

f:id:carislife:20180328145713j:plain

トヨタ新型ハリアーには、最新の4WDシステム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」が採用されています。

 

「ダイナミックトルクベクタリングAWD」は、前後および後輪の左右駆動力を最適に制御する「トルクベクタリング機構」を搭載することで、コーナリングや悪路走行時においても優れた操縦安定性とトラクション性能を発揮。

 

また、2WD走行時には後輪に動力を伝達する駆動系の回転を停止させて燃費向上を図る「ディスコネクト機構」も搭載されています。

 

▼新型E-Four

f:id:carislife:20180328145716j:plain

新型ハリアーではこの他にも、ハイブリッド4WD車に「新型E-Four」を採用。

 

電気で駆動する後輪の最大トルクを従来型の1.3倍に増加させた上で、走行状態に応じて適切に後輪にトルクを配分する新制御を採り入れ、高い走破性と優れた操縦安定性を実現。 

 

また、全車にブレーキ制御によりコーナリング中のアンダーステアを抑制する「アクティブコーナリングアシスト」が搭載され、切り始めのレスポンスが良く、軽快な操舵感を持つ電動パワーステアリングと相まって、意のままに車両をコントロールする心地よさが実現されています。 

 

走り両立!トヨタ新型ハリアーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタ新型ハリアーの燃費

  • ガソリン
    FF:15.4km/L、4WD:14.7km/L
  • ハリアーハイブリッド
    FF:22.3km/L、4WD:21.6km/L
  • 【2.5Lプラグインハイブリッド】
    4WD:20.5km/L(ハイブリッドモード時)
    ※新燃費規格WLTCモード値

新型ハリアーの燃費は、新世代の直列4気筒2.5Lハイブリッドシステムにより燃費が改善しています。

 

前モデルのハリアーハイブリッドは、以前の燃費規格であるJC08モード値で21.4km/Lになっていました。

 

新型ハリアーは、最新のTNGAプラットフォームとパワートレインにより、より実燃費に近い新しい燃費規格WLTCモード値で22.3km/Lまで改善。

 

2022年に追加設定されたプラグインハイブリッドモデルは、ハイブリッドモード時に燃費が20.5km/Lとされていますが、充電した電力を使用することで環境性能を高めることができるようになっています。

 

▼参考:トヨタ・ハリアーの燃費(前モデル)

※前燃費規格JC08モード値

  • 2L自然吸気
    FF:16.0km/L、4WD:15.2km/L
  • 2Lターボ
    FF:13.0km/L、4WD:12.8km/L
  • ハリアーハイブリッド
    4WD:21.4km/L

  

充実!トヨタ新型ハリアーの安全装備は?

f:id:carislife:20220225104107j:plain

トヨタ新型ハリアーの安全装備には、単眼カメラとミリ波レーダーの性能を向上させることで第2世代に進化した予防安全パッケージ「Toyota Safety Sense(トヨタセーフティセンス)」が採用されています。

 

第2世代のトヨタセーフティセンスは、昼間の自転車や夜間の歩行も検知可能となった「プリクラッシュセーフティ」や、前方にいる車両との車間距離を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」の作動時に、車線維持に必要なステアリング操作を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」が搭載されています。

 

また、道路脇にある「制限速度」「一時停止」「進入禁止」「はみ出し禁止」といった交通標識をメーター内のディスプレイに表示する「RSA(ロードサインアシスト)」機能も追加。

  

さらに、後退時に左右後方から接近してくる車両を検知すると、ドアミラー内のインジケーター点滅とブザーにより警告する「リヤクロストラフィックアラート(RCTA)」や、ドアミラーで確認しにくい側後方エリアや後方から急接近してくる車両を検知してドアミラーLEDインジケーターで注意喚起を行なう「ブラインドスポットモニター(BSM)」を採用。

 

2022年の改良では、右折時の対向車と右左折時の横断歩行者に対応したほか、低速時加速抑制機能、緊急時操舵支援機能、ドライバー異常時対応機能、クルーズコントロールにカーブ速度抑制機能を採用することで安全性を向上しています。

 

ワイド&ロー!トヨタ新型ハリアーのボディサイズは?

f:id:carislife:20200413133359j:plain

▼トヨタ新型ハリアーのボディサイズと比較

  • 【新型ハリアー】
    ・全長×全幅×全高:4740×1855×1660mm
    ・ホイールベース:2690mm
    ・車重
     ガソリン車 1620kg、ハイブリッド 1710kg
     PHEV 1950kg
     (4WD車はガソリン、ハイブリッドともに+60kg)
    ・最低地上高:195mm
    ・最小回転半径:5.5m
    ・タイヤサイズ:225/55R19
  • ※参考
    ・トヨタ ハリアー(前モデル)
     全長×全幅×全高:4725×1835×1690mm
     ホイールベース:2660mm
    ・トヨタ RAV4
     全長×全幅×全高:4600×1855×1685mm
     ホイールベース:2690mm

トヨタ新型ハリアーのボディサイズは、ミドルクラスSUVとして競合する「RAV4」と差別化するため、全長と全幅が前モデルから拡大されています。

 

車体は、新世代のTNGAプラットフォームの採用により全高をダウンし、スポーティなスタイルとしながら広い室内空間が確保され、シートレイアウトには快適性を高めた5人乗りを設定。

 

前モデルでパフォーマンスダンパーなどにより強化されていたボディ剛性も、基礎から高められています。

 

いつ?トヨタ新型ハリアーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されるトヨタ新型ハリアーは、2023年10月の発売が予定されています。

    

トヨタはハリアーを改良することで、「RAV4」など他のSUVモデルとの相乗効果を高めていきたい考えです。

  

トヨタ・ハリアーを「おさらい」

▼トヨタ・ハリアー(初代)

Toyota Harrier (first generation) (front), Kuala Lumpur.jpg

トヨタ・ハリアー(HARRIER)は、初代が1997年に登場したクロスオーバーSUVです。

 

ハリアーの車名の由来は、タカ科の鳥「チュウヒ」の英名「HARRIER」からとなっており、エンブレムもチュウヒを図案化したものが採用されています。

 

設計コンセプトは、「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバー」とされ、「高級クロスオーバーSUV」のパイオニア的存在となりました。

  

▼トヨタ・ハリアー(2代目)

2003 Toyota Harrier 01.jpg

2代目では、高級クロスオーバーSUVの魅力を向上するモデルとして、前後に電気モーターを搭載する「ハリアーハイブリッド」を新設定。

 

国外では初代と2代目モデルが「レクサス」ブランドにおいて「RX」として販売され、日本国内でも2009年に発売された3代目RXでレクサス店での取扱いに変更されましたが、その後も2代目の2.4L車とハイブリッド車が継続して販売されていました。

 

前モデルの3代目は2013年に登場し、名実ともにレクサスRXから独立。

 

搭載するパワートレインは新開発することでダウンサイジングし、2.4Lガソリンを2L、3.5Lガソリンを2Lターボ、3.3Lハイブリッドを2.5Lハイブリッドとすることで、環境性能を大幅にアップしました。

 

新型トヨタ・ハリアーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。