New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【レクサス新型LC】1327万円!「乗り味UP!」2021年11月改良日本発売!最新情報、LC500/LC500h、燃費、価格は?

f:id:carislife:20210930133833j:plain

レクサスが、最上級クーペ「LC」の改良日本発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップしたレクサス新型LCについて、最新情報からスペックや価格などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】基礎性能向上!レクサス「新型LC」改良発売!

▼レクサス新型LCコンバーチブル「ソニックイリジウム」

f:id:carislife:20210930133910j:plain

レクサスが、クーペ「LC」の改良日本発売を発表しました。

 

レクサスLCは、セダン「LS」と並ぶブランドのフラッグシップクーペとして制作され、2020年6月にはオープンモデル「LCコンバーチブル」が新設定されていました。

 

改良された新型LCでは、クーペモデルで乗り味の更なる深化を目指し、コイルスプリング、スタビライザーの諸元やショックアブソーバーの制御を最適化することで、タイヤの接地感を高め、操舵入力に対する車両応答のリニアリティと高い旋回G領域でのコントロール性を向上。

 

また、レクサス・ダイナミック・ハンドリングシステム(LDH)装着車では、VGRS(Variable Gear Ratio Steering)、DRS(Dynamic Rear Steering)制御を最適化することで、レスポンスよく、軽快感ある走りが実現されています。

 

▼レクサス新型LC「テレーンカーキマイカメタリック」

f:id:carislife:20210930133912j:plain

その他、新型LCは、全モデルのボディカラーに「ソニックイリジウム」を新規設定。また、コンバーチブルモデルに続き、「テレーンカーキマイカメタリック」をクーペモデルにも追加設定。

 

さらに、クーペモデルのLC500h/LC500“L package”には、「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装」を施した21インチ鍛造アルミホイールを標準装備。

 

f:id:carislife:20210930133916j:plain

f:id:carislife:20210930133918j:plain

f:id:carislife:20210930133914j:plain

インテリアカラーでは、コンバーチブルに「ブルー&ホワイト」と、その専用ルーフカラーとして「マリーンブルー」を新設定。

 

加えて装備では、LC全モデルに設定されている「ナノイー」を「ナノイーX」へと進化。

 

オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤLEXUSロゴ入り)をメーカーオプションとして新規設定。

 

クーペのガラスルーフ装着車では、ガラスルーフをプライバシーガラスへ変更し、エクステリアカラーとのコントラストが強調されています。

 

レクサス新型LCは2021年11月以降の発売を予定。価格は1327万円~1500万円となっています。

 

▼TOM'S LC500コンバーチブル

【新型TOM'S LC500コンバーチブル】「専用ワイドボディ!価格1995万円」日本発売!最新情報、スペックは?

▼レクサスRC

 【レクサス新型RC】改良日本発売!最新情報、RC F、燃費、価格は?

▼レクサスLS

 【レクサス新型LS】改良日本発売!最新情報、LS500/LS500h、燃費、価格は?

 

レクサス新型LCの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼レクサス新型LCの変更点

  • クーペで、サスペンションや走行システムのセッティングを見直し、乗り味をアップ
  • 全モデルのボディカラーに「ソニックイリジウム」を新規設定し、クーペに「テレーンカーキマイカメタリック」を追加設定
  • クーペのLC500h/LC500“L package”に、「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装21インチ鍛造アルミホイール」を標準装備
  • コンバーチブルのインテリアカラーに「ブルー&ホワイト」を設定し、その専用ルーフカラーとして「マリーンブルー」を新設定
  • LC全モデルで「ナノイー」を「ナノイーX」にアップデート
  • オレンジブレーキキャリパー(フロント・リヤLEXUSロゴ入り)をメーカーオプション設定
  • クーペのガラスルーフをプライバシーガラスへ変更

▽2021年1月の変更点

  • 日本限定70台となる「LC AVIATION」を設定

▽2020年6月改良時の変更点

  • オープンモデルとなる「LCコンバーチブル」を設定。
    発売記念として専用ボディカラーを採用した特別仕様車「Stractural Blue」を60台限定日本発売
  • アルミ製ロアアーム、軽量スタビライザー、ディスクホイールの軽量化などにより、ばね下質量を約3.7kg軽量化
  • コーナリング時にイン側にブレーキを作動することで旋回性を高める「ACA(アクティブ・コーナリング・アシスト)」を採用
  • 「LC500」にパフォーマンスダンパーを標準装備し、10速ATのチューニングを変更
  • 「LC500h」のハイブリッドシステムのチューニングを変更
  • シートに「パワーイージーアクセスシステム」を採用
  • 「Apple Car Play」に対応するインフォテインメントシステムを採用
  • ボディカラーに「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」を新設定
  • インテリアカラー「フレアレッド」を設定し、「ブリージーブルー」を廃止

  

1327万円から!レクサス新型LCの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼レクサス新型LCの価格と比較

▽クーペ(ガソリン)

  • LC500“S package”:14,500,000円
  • LC500 “L package”:13,670,000円
  • LC500:13,270,000円

▽クーペ(ハイブリッド)

  • LC500h “S package”:15,000,000円
  • LC500h “L package”:14,170,000円
  • LC500h:13,770,000円

▽コンバーチブル(ガソリン)

  • LC500コンバーチブル:14,770,000円

レクサス新型LCの価格は、各モデルのベースグレードで前モデルから23万円のダウンとなっています。

 

「L package」では17万円のアップとなっており、新たに標準装備された「ポリッシュ仕上げ+ブラック塗装21インチ鍛造アルミホイール」などにより、質感が高められています。

 

▼参考:レクサスLC(前モデル)の価格

▽ガソリン

  • LC500“S package”:14,500,000円
  • LC500 “L package”:13,500,000円
  • LC500:13,500,000円

▽ハイブリッド

  • LC500h “S package”:15,000,000円
  • LC500h “L package”:14,000,000円
  • LC500h:14,000,000円

▽コンバーチブル

  • LC500コンバーチブル:15,000,000円

 

流麗!レクサス新型LCの外装(エクステリア)デザインは?

▼レクサス新型LC500の画像

f:id:carislife:20180830141600j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160112/20160112202918.jpg

新型レクサスLCの外装は、フラッグシップモデルとしてブランドの最新デザインが採用され、上質な仕上げとされています。

  

▼レクサス新型LC500hの画像

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160215/20160215202321.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160215/20160215202347.jpg

ボディラインはクーペとしての魅力を引き出すものとされ、質感をあげながらもフラッグシップセダンのLSとは大きく差別化されています。

 

オープン!レクサス新型「LC500コンバーチブル」も設定!

▼レクサス新型LC500コンバーチブルの画像

f:id:carislife:20200618140137j:plain

レクサス新型LCには、オープンバージョンとなる「LC500コンバーチブル」が設定されています。

 

f:id:carislife:20200618140711j:plain

新型LCコンバーチブルは、V型8気筒5Lエンジンを搭載する「LC500」からくる優れた空力性能や走行フィーリングをコンバーチブルでも追求するためボディ全体を新設計。

 

f:id:carislife:20200618140708j:plain

ブレースの配置や形状を追求し、リヤサスペンションタワーブレースには形状自由度が高く、軽量かつ高剛性なアルミダイキャストを採用。

 

加えて床下ブレースの採用やマグネシウム、アルミニウムなど軽量素材の最適配置により、高剛性と軽量化を両立。

 

そのほか「パフォーマンスダンパー」を採用することで、上質な乗り心地がつくられています。

 

f:id:carislife:20200618140242j:plain

ソフトトップルーフは、トランクの後端を跳ね上げるとともに横幅を広げることで、後ろから見た際にワイド&ローな印象に仕上げ。

 

f:id:carislife:20200618140312j:plain

ソフトトップ格納時のシルエットも重視され、トノカバー付きのフォールディング機構を採用。

 

ドアエンドのベルトラインをキックアップさせることにより、キャビンを包み込む適度なタイト感と新しいシルエットがつくられています。

 

f:id:carislife:20200618134142j:plain

採用するソフトトップは4層構造とすることで優れた静粛性を実現し、材質や質感を吟味し、シワの寄らない最適な張り具合にこだわることでクーペのような美しいルーフラインに。

 

f:id:carislife:20200618140356j:plain

開閉スピードとその動き方も追求され、開き始めと閉じる直前の動きをコントロールすることで上質な印象をプラス。

 

ルーフは走行時も50km/h以下であれば約15秒で開閉することが可能となっており、開閉作動中はメーター内のアニメーション表示により、作動状況がわかるようになっています。

 

f:id:carislife:20200618140429j:plain

f:id:carislife:20200618140502j:plain

インテリアは、シート肩口のキルティングやパーフォレーションで表現したグラデーション、ヘッドレストの後部にさりげなく主張するLマークのエンボスなど、細部に至るまで作りこみ。

 

f:id:carislife:20200618140353j:plain

f:id:carislife:20200618140453j:plain

さらにポリカーボネート製の透過性のあるウィンドディフレクターを設定することで、車内の不快な風の流れを抑制。

 
アクティブノイズコントロール(ANC)も採用することで、オープン・クローズともに人間が不快に感じる低周波ノイズが低減されています。

 

▼レクサス新型LCコンバーチブルの動画

 

上質!レクサス新型LCの内装(インテリア)デザインは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170316/20170316171437.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170316/20170316171438.jpg

レクサス新型LCの内装は、ブランドを代表するスポーティモデルとして、質感を高めながらもドライビングに集中できる空間がつくられています。

 

f:id:carislife:20200319085617j:plain

2020年6月の改良では、乗降時にシートやステアリングの位置を変更することで乗り降りを快適にする「パワーイージーアクセスシステム」を採用。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170316/20170316171439.jpg

また、インフォテインメントシステムは「Apple Car Play」に対応することでスマートフォンとの連携を強化し、アプリを大きな画面で使用することもできるようになっています。

  

カスタム!新型LC用パーツTRD/モデリスタ設定!

▼新型LC「TRD」カスタムパーツ

f:id:carislife:20200619055337j:plain

LEXUS新型LCには、TRDとモデリスタからカスタムパーツが設定されています。

 

TRDは、開発コンセプトを「Aerodynamic Control(エアロダイナミック・コントロール)」と「Total Balance(トータルバランス)」とし、“調律のとれた見栄えとハンドリングの実現”、“分かりやすい機能美”を両立。

 

▼新型LC「モデリスタ」カスタムパーツ

f:id:carislife:20200619055339j:plain

モデリスタは、「SENSUAL SONIC CHROME(センシャル・ソニック・クローム)」をコンセプトに開発され、「人々の羨望を集める華々しい存在感」が演出されています。

 

鋭く!レクサス新型LCのスペック、走行性能は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170316/20170316171433.jpg

▼レクサス新型LCのパワートレインとスペック

  • 【LC500】
    エンジン:V型8気筒 5L
    最高出力:477ps/7100rpm
    最大トルク:55.1kgm/4800rpm
    トランスミッション:10速AT
  • 【LC500h】
    V型6気筒 3.5L + 新設計軽量モーター×2「マルチステージハイブリッド」
    システム最高出力:359ps
    エンジン出力:299ps/6600rpm、36.3kgm/5100rpm
    モーター出力:180ps
    トランスミッション:CVT
  • 駆動方式:FR

レクサス新型LCのパワートレインには、ガソリン仕様の「LC500」、ハイブリッドの「LC500h」の2ユニットが搭載されています。

 

2020年6月の改良では、ガソリン仕様「LC500」でV型8気筒5Lエンジンと組み合わせられる10速ATの制御を変更し、停止状態から100km/hあたりまでの常用域において加速感を向上。

  

ハイブリッド「LC500h」では、「マルチステージハイブリッド」システムのチューニングを変更し、バッテリーの使用領域を拡大することにより加速性をアップしています。

  

その他レクサス新型LCでは、アルミ製ロアアーム、軽量スタビライザー、ディスクホイールの軽量化などにより、ばね下質量を約3.7kg軽量化。

 

また、コーナリング時にイン側にブレーキを作動する「ACA(アクティブ・コーナリング・アシスト)」を採用することで旋回性をアップ。

 

「LC500」ではパフォーマンスダンパーも標準装備することで、しなやかな走りがつくられています。

 

レクサスLCの走りを試乗動画でチェック!

レクサスLCは、注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。

 

最上級スポーツクーペとしての気持ちのいい走り味が高評価をうけています。

  

高環境性能!レクサス新型LCの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼レクサス新型LCの燃費(WLTCモード値)

  • LC500(5Lガソリン)
    クーペ:8.4km/L、コンバーチブル:8.0km/L
  • LC500h(3.5Lハイブリッド)
    クーペ:14.4km/L

レクサス新型LCの燃費は、フラッグシップとして堂々のボディサイズながら、ハイブリッドモデルで14.4km/Lの低燃費になっています。

 

5Lの大排気量エンジンを搭載するLC500でもクーペが8.4km/Lとなっており、自然吸気エンジンの走行フィーリングを楽しむことができるように仕上げられています。

 

最新システム!レクサス新型LCの安全性能は?

f:id:carislife:20180830144354j:plain

レクサス新型LCには、先進予防安全システム「Lexus Safety System+」が採用されています。

 

「Lexus Safety System+」は、ミリ波レーダーと単眼カメラからなる2種類のセンサーによる高い認識性能と信頼性、事故低減効果の高い予防安全装備をパッケージ化。

 

プリクラッシュセーフティ、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、全車速追従機能付レーダークルーズコントロールを利用することができるようになっています。

 

ワイド&ロー!レクサス新型LCのボディサイズは?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160112/20160112202906.jpg

▼レクサス新型LCのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高
    クーペ:4770×1920×1345mm
    コンバーチブル:4770×1920×1350mm
  • ホイールベース:2870mm
  • タイヤサイズ:F 245/45 RF20、R 275/40 RF20
  • 参考
    ・レクサスLS
     全長×全幅×全高:5235×1900×1450mm
     ホイールベース:3125mm

レクサス新型LCのボディサイズは、最上級セダンのLSから全長が大きく短縮され、運動性能を重視した設計となっています。

 

しかし全幅は+20mmとすることで、LSより95mm低い全高がより魅力的に感じられるワイド&ロースタイルがつくられています。

 

プラットフォームには、最新世代の「GA-Lプラットフォーム」を採用することで高いねじり剛性を実現。

 

CFRPルーフ、フロント6ピストンキャリパーを標準装備することで、走行性能も高められています。

 

レクサス新型LCの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたレクサス新型LCは、2021年11月以降の日本発売が予定されています。

 

レクサスは最上級クーペのLCの質感をアップすることで、プレミアムブランドとしての魅力をアピールしていく予定です。

 

レクサスLCを「おさらい」

▼レクサスLC500

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160112/20160112202908.jpg

▼レクサスLC500h

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160215/20160215202321.jpg

レクサスLCは、2017年3月に日本で発売されたFセグメントのクーペモデルです。

 

モデル名は、「Luxury Coupe(ラグジュアリークーペ)」が由来になっています。

 

レクサス初のFセグメントのクーペモデルとなり、現在も販売されているRC以来2車種目のレクサスのクーペになりました。

 

プラットフォームには、トヨタの新世代「TNGA」コンセプトを採用した新開発の「GA-L(Global Architecture-Luxury)」が採用されました。

 

パワートレインはガソリンのLC500とハイブリッドの500hで大きく違い、LC500にはハイパフォーマンスモデルのRC FやGS Fに採用された、V型8気筒5Lエンジン「2UR-GSE」を搭載し、乗用車で初めてダイレクトシフト式10速オートマチックトランスミッションを組み合わせ。

 

LC500hには新開発エンジンの3.5L「8GR-FXS」を搭載し、世界初採用となるマルチステージハイブリッドシステムを導入。

 

マルチステージハイブリッドシステムは、トヨタ「THS2」を進化し、2つのモーターを使用した電気式無段変速機と4段ギアの自動変速機構を組み合わせ、走りと燃費が両立されています。

 

レクサス新型LCについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。