車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【トヨタ新型GRスープラ最新情報】2019年5月17日A90フルモデルチェンジ日本発売!TRDやサイズ、燃費、価格、発売日は?

f:id:carislife:20190114140946j:plain

トヨタのスポーツカー「スープラ」の復活が発表されました。

 

新世代スポーツとなるGR新型スープラについて、最新情報や動画、スペックと価格、発売日などをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】トヨタ新型GRスープラにフルモデルチェンジ発表!

f:id:carislife:20190112094621j:plain

トヨタがスポーツクーペ「スープラ」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

トヨタ・スープラは、2018年3月に開催されたジュネーブモーターショーでレーシングコンセプトが公開されていたスポーツカーで、市販化が明言されていました。

 

▼トヨタ新型スープラの動画

新型スープラはモータースポーツ部門のGAZOOレーシングと協力し開発され、モデル名は「GRスープラ」となっています。

 

新型GRスープラは、最新の走行パワートレインやシステムを採用することで、気持ちのいい走りを楽しむことができるトヨタの上位スポーツモデルとして仕上げられています。

 

▼トヨタMR2

【トヨタ新型MR2最新情報】復活フルモデルチェンジ!エンジンやサイズ、ハイブリッド燃費、発売日、価格は?

▼トヨタGRブランド&GRシリーズ車種

トヨタ新型GR/GRスポーツ/GRMN車種とスペック、価格一覧!新車種も続々!

 

新型GRスープラの【特徴まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型GRスープラの特徴

  • BMWと共同開発し、2Lと3Lのターボエンジンを搭載
  • カーボンパーツを使用し、車重を軽量化
  • 日本仕様は直列6気筒3Lツインターボの「RZ」、直列4気筒2Lツインターボ「SZ-R」「SZ」の計3グレードをラインナップ。(2Lターボは日本仕様のみに設定)
  • 兄弟車としてオープンモデルBMWから「Z4」が発売
  • 「TRDパフォーマンスライン」として、TRDから専用チューニングモデルを設定
  • ベースモデルのほか「GRMN」のグレードを設定

▼トヨタ新型スープラの動画

 

新型GRスープラの外装(エクステリア)デザインは?

▼新型GRスープラの画像

f:id:carislife:20190114141643j:plain

f:id:carislife:20190115070207j:plain

GR新型スープラの外装は、ボディラインを「ロングノーズ&ショートデッキ」とし、伝統的スポーツカーのフォルムに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20190112094621j:plain

バンパーにはカナードも装備することで、車体のリフトが抑えられました。

 

f:id:carislife:20190114141635j:plain

ルーフは、空気抵抗を減らすために前面投影面積を小さくしながら、左右に膨らみを持たせることで頭上の空間を確保するダブルバブルルーフとされています。

f:id:carislife:20190114141640j:plain

f:id:carislife:20190115070211j:plain

また、アグレッシブなデザインのサイドスカート、大型のデュフューザーやリアスポイラーにより、空力を積極的に利用する設計になっています。

 

f:id:carislife:20190114141955j:plain

f:id:carislife:20190112094627j:plain

ライトには3連LEDヘッドライトと細いラインを使用するテールLEDランプを採用。

f:id:carislife:20190114142158j:plain

ホイールにはスポーティな2トーンカラーが用意され、「RZ」が19インチ、「SZ-R」が18インチ、「SZ」が17インチとなっています。

 

▼GRスープラ・レーシングマシン

f:id:carislife:20180306180607j:plain

f:id:carislife:20180306180604j:plain

新型スープラはスーパーGTに参戦するレーシングカーバージョンも公開されており、コンパクトなボディにレーシングコンセプトモデルでレースの最前線で使われる軽量かつ高剛性なカーボン・コンポジット材などを採用。

 

f:id:carislife:20180306180612j:plain

f:id:carislife:20180306180655j:plain

左右に大きく張り出したフェンダーや大型リヤウィング、リヤディフューザーなどは、優れた空力性能と走行性能とを狙って開発されています。

 

▼GR新型スープラ デザインコンセプト「FT-1」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20160713/20160713212337.jpg

これらのデザインは、2014年に公開されたコンセプト「FT-1」から、市販化に向けて最適化されてきたものになっています。

  

▼新型スープラの動画

▼新型GRスープラ・レーシングコンセプトの動画

 

新型GRスープラのボディカラーは?(全8色)

f:id:carislife:20190320084628j:plain

▼トヨタ新型GRスープラのボディカラー一覧

  • ホワイトメタリック[全グレード選択可]
  • シルバーメタリック[SR-Z&RZのみ選択可]
  • アイスグレーメタリック[SR-Z&RZのみ選択可]
  • ブラックメタリック[全グレード選択可]
  • プロミネンスレッド[全グレード選択可]
  • ライトニングイエロー[SR-Z&RZのみ選択可](有料色)
  • ディープブルーメタリック[SR-Z&RZのみ選択可]
  • マットストームグレーメタリック[RZのみ選択可](有料色)

トヨタ新型GRスープラのボディカラーには、全8色が設定されています。

 

それぞれのボディカラーは新型スープラのデザインの魅力を引き出すものとされ、車体の陰影を楽しむことができるようになっています。

 

新型GRスープラはBMWと共同開発!兄弟車BMW Z4発売!

▼BMW Z4

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20180824/20180824083032.jpg

GR新型スープラは、トヨタとBMWの協力関係により開発されました。

 

BMWで販売されるモデルは、スープラと同じく復活するオープンスポーツ「BMW Z4」となり、2019年3月25日に日本で発売。

 

GR新型スープラはBMW Z4のクーペバージョンとなり、トヨタ独自のセッティングが施されています。

 

▼BMW Z4(左)とトヨタGR新型スープラ(右)の比較画像

f:id:carislife:20180123120241j:plain

トヨタGR新型スープラとBMW Z4は同時にテストされている姿も撮影され、ルーフやリアスタイルの違いなど、それぞれのブランドの特徴をみることができます。

 

▼BMW Z4

【BMW新型Z4最新情報】フルモデルチェンジ日本発売!発売日やスペック、価格は?

  

新型GRスープラTRDパフォーマンスライン設定!

▼新型GRスープラTRDパフォーマンスラインの画像

f:id:carislife:20190212083812j:plain

トヨタのレーシング車両開発部門であるTRDは、新型GRスープラに「TRDパフォーマンスライン」を設定することを発表しました。

 

f:id:carislife:20190212083900j:plain

f:id:carislife:20190212083855j:plain

新型スープラTRDパフォーマンスラインは、ベースモデルにプラスして専用開発されたエアロパーツを装備。

 

f:id:carislife:20190212083851j:plain

f:id:carislife:20190212083847j:plain

f:id:carislife:20190212083834j:plain

f:id:carislife:20190212083818j:plain

エアロパーツには、カナード付きフロントスポイラー、サイドスカート、ドアガーニッシュ、リアスパッツ、トランクスポイラーが用意されています。

 

f:id:carislife:20190212083844j:plain

f:id:carislife:20190212083841j:plain

加えて、足回りには専用の19インチ軽量ホイールを採用。

  

f:id:carislife:20190212083829j:plain

f:id:carislife:20190212083837j:plain

f:id:carislife:20190212083815j:plain

f:id:carislife:20190212083822j:plain

f:id:carislife:20190212083825j:plain

これらにより空力性能を大幅に改善し、より高いパフォーマンスを発揮できるようになっています。

 

パワートレインはベースモデルと同じく2Lと3Lターボとなりますが、今後にリアウィングを装備するハイパフォーマンスモデルモデルの設定を予定していることが発表されています。

 

新型GRスープラのボディサイズは?

f:id:carislife:20190112094624j:plain

▼トヨタGR新型スープラのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高:4380×1865×1290mm
  • ホイールベース:2470mm
  • タイヤサイズ
    F:255/35 ZR19、R:275/35 ZR19
  • 前後重量配分:50:50
  • 車重
    2Lターボ:1410kg
    3Lターボ:1520kg
  • ※参考
    ・BMW Z4
     全長×全幅×全高:4335×1865×1305mm
     ホイールベース:2470mm
     車重
      2Lターボ:1490kg
      3Lターボ:1570kg
    ・スープラ前モデル
     全長×全幅×全高:4520×1810×1275mm
     ホイールベース:2550mm

トヨタGR新型スープラのボディサイズは、前モデルから全長を短縮しながらも、全幅は拡大されています。

 

前後重量配分は前後均等の50:50とされ、これによりクイックなハンドリング性能と安定性を確保。さらにスポーティな走りに仕上げられました。

 

ボディはアルミニウムと鉄を用いた骨格構造と、異なる素材同士の接合強度を追求したことで、「86」と比較して約2.5倍のボディ剛性を実現。

 

これはCFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したレクサス「LFA」を上まわる数値になっています。

 

f:id:carislife:20180306180624j:plain

 

新型GRスープラの内装(インテリア)デザインは?

▼トヨタ新型GRスープラの画像

f:id:carislife:20190114142357j:plain

f:id:carislife:20190115065850j:plain

GR新型スープラの内装は、歴代モデルで初めて2シーターとすることで走行性能を追求したピュアスポーツモデルとして制作されています。

 

f:id:carislife:20190115065852j:plain

f:id:carislife:20190115070024j:plain

f:id:carislife:20190115065855j:plain

ステアリングにはトランスミッションを手元で操作するパドルシフトが装着され、ドライバーがよりすばやく操作を行うことができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190115070027j:plain

装備はメーターやナビゲーションの配置が最適化され、室内空間は走行性能を重視しながらも効率を高めることで余裕のある大きさに設計されています。

 

センターに装備された8.8インチインフォテイメントシステムでは、車体セッティングの変更や状態の確認が可能になっています。

  

新型GRスープラのエンジンとスペックは?

f:id:carislife:20190115070053j:plain

▼トヨタGR新型スープラのエンジンとスペック

  • 【SZ】
    BMW製直列4気筒2Lターボエンジン
    出力:197ps/32.6kgm
  • 【SZ-R】
    BMW製直列4気筒2Lターボエンジン
    出力:258ps/40.8kgm
  • 【RZ】
    BMW製直列6気筒3Lターボエンジン
    出力:340ps/51.0kgm
    0-100km/h加速:4.8秒
  • トランスミッション:ZF製8速AT
  • 車重:1388kg〜1496kg
  • 駆動方式:FR

GR新型スープラのパワートレインには、2種のエンジンとスペック違いが用意されています。

 

搭載されるエンジンは共同開発するBMW製となり、兄弟モデルの「BMW Z4」でも2Lエンジンがベースモデルに、3Lターボエンジンがハイスペックな「BMW Mスポーツ」モデルに搭載されています。

 

新型スープラでは海外仕様が3Lエンジンのみとなりますが、日本では軽快な走りを楽しむことができる2Lエンジンも用意されます。

 

サスペンションは、フロントがダブルジョイントスプリングストラット式、リアがマルチリンク式とされ、足回りには大容量ブレーキシステム、19インチホイールを採用。

 

RZとSZ-Rグレードには「アダプティブバリアブルサスペンションシステム」を搭載し、選択中のドライブモードや路面状況に応じて4輪のショックアブソーバー減衰力を最適に制御。

 

また、VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0~100の範囲で無段階に最適制御する「アクティブディファレンシャル」も搭載されています。

 

GR新型スープラにMTモデルも設定?

GR新型スープラのトランスミッションにはMTの設定も期待されていましたが、発売当初はATのみとされました。

  

BMWはコンパクトハイパフォーマンスクーペ「M2クーペ」の日本仕様にMTを追加して販売を伸ばしているため、GR新型スープラの発売後、ユーザーの反応を確認し再度検討されることになります。

 

▼BMW M2クーペ

マニュアル追加!BMW M2クーペ 6速MTモデル 日本発売 価格768万円

 

搭載された可能性も?GR新型スープラの噂されたパワートレインまとめ!

GR新型スープラのパワートレインは、その注目度の高さから国内、海外メディアが独自情報を入手し、さまざまな報道を行ってきました。

 

これまで噂されていたGR新型スープラのパワートレインまとめは以下のとおりです。

 

▼GR新型スープラで噂されたパワートレインラインナップ一覧

  • 【トヨタ製ハイブリッド】
    トヨタ・スープラ独自のパワートレインとして高トルクのハイブリッドシステムを搭載。
  • 【ハイパフォーマンスV6ターボエンジン】
    ハイエンドモデルを設定し、V型6気筒3Lツインターボエンジンを搭載し、450馬力を出力。
  • 【レクサス製高出力エンジン】
    レクサスの旗艦セダン新型LSに搭載されるV6 3.0Lエンジンにより、340馬力を出力。
    ※市販された新型LSの搭載エンジンは、V6 3.5Lターボ422馬力になりました。
  • 【最高峰レーシングハイブリッドカーの技術を搭載】
    ル・マン24時間レースなどで活躍するトヨタTS050 HYBRIDのハイブリッド技術を応用した、高出力発揮に適したハイブリッドシステムを新開発。
  • 【電動スーパーチャージャーを搭載】
    レクサスの旗艦クーペ新型LCに搭載される、電気モーターで駆動し制御幅をあげる電動スーパーチャージャー搭載エンジンにより、全域の出力特性を最適化。
    ※市販された新型LCはV8 5L自然吸気エンジンになりました。

市販型搭載の可能性が小さくなったパワートレインも多いですが、後にGR新型スープラに驚きの新ラインナップが用意されるのかにも注目が集まります。

 

トヨタ新型GRスープラを試乗動画でチェック!

新型スープラは事前に試乗会が開催され、試乗動画が公開されています。

 

心地の良いエキゾーストノートや切れ味鋭い走りが高評価をうけています。

 

▼トヨタ新型スープラのグッドウッド・フェスティバル走行動画

 

新型GRスープラGRMNも設定!グレード展開は?

▼トヨタGRブランドのモデルラインナップ図

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20170919/20170919133315.jpg

GR新型スープラには、サスペンションや出力の設定などを変更したモデルが用意されることが発表されています。

 

ベースはモデル名通りGRスープラと呼ばれ、最上位モデルとしてスポーツ性能を大きく伸ばした限定モデルとなるスープラGRMNの開発も進行していることがコメントされています。

 

新型GRスープラの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼トヨタGR新型スープラの燃費

  • 燃費:12.5km/L

トヨタGR新型スープラは、軽量なボディに2Lターボエンジンを搭載することで12.5km/Lの燃費が予定されています。

 

この数値はトヨタ「86」の燃費12.8km/Lに近く、走りを楽しみやすい設定になります。

 

トヨタ新型GRスープラでNASCARにも参戦!

▼トヨタ新型スープラNASCAR参戦車両 

f:id:carislife:20180706100050j:plain

f:id:carislife:20180706100227j:plain

f:id:carislife:20180706100237j:plain

トヨタは、新型スープラが米国で開催される「NASCAR」に2019年シーズンから参戦することを発表しました。

 

NASCARは、米国でトップクラスの人気を誇るレースシリーズとして知られています。

 

トヨタはこれまで「カムリ」でモンスターエナジーシリーズ、「タンドラ」でキャンピングワールドシリーズと2シリーズで競っていましたが、新型スープラがエクスフィニティ・シリーズに参戦することで3シリーズで戦うことになります。

 

NASCAR仕様のスープラは、米国のモータースポーツ活動拠点である米国トヨタ・レーシング・デベロップメント(TRD)と、南カリフォルニアに拠点を置くCalty Design Research, Inc.が開発とデザインを担当し、高い空力、走行性能をもったマシンに仕上げられています。

 

f:id:carislife:20180706100230j:plain

マシンには、前モデルと共通した「Supra」のロゴも見ることができます。

 

▼トヨタ新型スープラNASCAR参戦車両の動画

 

トヨタ新型スープラのコネクティッドカー技術とは?

f:id:carislife:20180626160706j:plain

トヨタ新型スープラには、車両の制御ネットワーク(CAN)に接続する車載通信機(DCM)を全グレードに標準搭載したコネクティッドカーとして制作され、トヨタが構築したコネクティッドカー向けの情報インフラである「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」から、様々なコネクティッドサービスが提供されます。

 

トヨタは、MSPFに収集される車両データを活用した安心サービスの提供と、それに必要なメーカー、販売店の業務基盤構築に力を入れていくとしています。

 

▼トヨタ・コネクティッドカー機能一覧

▽車両データによる充実の安心サービス

  • eケア走行アドバイス
    ナビの目的地設定などで好評のオペレーターサービスを、車両データと連携することにより、車両のトラブルの際にも頼りになる安心サービスを提供。eケア走行アドバイスでは、万一お客様のクルマに異常が発生した際、車両データから車両の状態を診断し、オペレーターがお客様に車載マイクとスピーカーを通じてアドバイス。販売店への入庫が必要な場合は、担当販売店、またはお近くの販売店に誘導。
  • eケアヘルスチェックレポート
    eケアヘルスチェックレポートでは、車両データから車両の状態をセンターが常時診断し、トラブルが発生する前に、担当の販売店からお客様に整備入庫をおすすめ。たとえば、バッテリーの始動時電圧が徐々に低下し、このままでは始動不良が想定される場合は、担当販売店の業務端末に予防整備のアラームが通知され、販売店のスタッフがそれに基づきユーザーに連絡し、バッテリーの交換をおすすめ。
  • ヘルプネット
    エアバッグの展開と連動する緊急通報サービス「ヘルプネット」は、衝突時の車両データから乗員のダメージを瞬時に解析し、消防本部に送信、消防本部で重症確率が高いと診断される場合はドクターヘリ等が出動し、医師が現場に直行する救命サービスを新たに全国規模に拡大。

▽走行データ連動型自動車保険プラン

  • DCMの標準搭載に伴い、従来の自動車保険に加え、走行データ連動型保険の適用が可能に。ユーザーはMSPFに蓄積された走行ビッグデータから算出した「安全運転スコア」をスマートフォンでチェックすることが可能。また、このスコアに連動する走行データ連動型自動車保険プラン「トヨタつながるクルマの保険プラン」が、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社より発売。この保険料金は、安全運転スコアと走行距離により毎月決定されスマートフォンに通知。割引率は、運転分保険料の最大80%、トータル保険料の9%の割引を受けることが可能。

▽DCM標準化で、より便利になったオンラインサービス

  • AI音声エージェント
    人工知能(AI)のバーチャルエージェントがユーザーの自然発話を聞き取り、ナビの目的地設定やオーディオの操作、機器の取り扱い説明などを提供。「このへんにある蕎麦屋を探して。駐車場のあるところがいい」など、複雑な発話でも理解することが可能。
  • LINEマイカーアカウント
    日常使い慣れたLINEアプリに、自分の愛車を「友だち」として追加し、クルマと会話することが可能。たとえば、LINEアプリのトーク機能で事前に行きたいところを伝えると、車載ナビの目的地にメモリー。また、目的地までの所要時間や距離を踏まえて、出発すべき時間や給油の必要性なども通知。
  • ハイブリッドナビ
    ナビシステムのプログラムや地図データをつねに最新版に維持。さらに目的地へのルート案内は、センター側にある最新の地図データとビッグデータ交通情報から探索し、最適なルートを案内。

 

新型GRスープラの価格は?カタログ配布開始!

f:id:carislife:20171030105429j:plain

▼トヨタ新型スープラのカタログ画像

f:id:carislife:20190315084003j:plain

▼GR新型スープラの価格

  • SZ(2Lターボ/197ps):4,900,000円
  • SZ-R(2Lターボ/258ps):5,900,000円
  • RZ(3Lターボ/340ps):6,900,000円
  • ※参考
    BMW Z4 sDrive20i:5,660,000円
    BMW Z4 sDrive20i Sport Line:6,150,000円
    BMW Z4 sDrive20i M Sport:6,650,000円
    BMW Z4 M40i:8,350,000円

GR新型スープラの日本価格は、490万円からに設定されました。

 

最上位の3Lターボモデルは690万円と200万円のアップになりますが、同じく3Lターボエンジンを搭載する兄弟車BMW Z4の価格からは145万円のダウンになっています。

 

f:id:carislife:20190315084009j:plain

f:id:carislife:20190315084006j:plain

 

新型GRスープラの発売日は?

f:id:carislife:20180306180601j:plain

トヨタ新型スープラは、2019年3月上旬に販売店向けの説明会が実施され、3月中旬からカタログ配布と予約受注を開始されました。日本発売日は2019年5月17日が予定されています。

 

予約受注では、3月18日頃に3Lターボモデルの「RZ」の2019年販売分が完売となり、今後3Lターボモデルは2020年以降の割当分からの販売となっています。

 

新型スープラは全トヨタの系列店での取扱いとなっていますが、販売された車両の車検や点検などのサービス、試乗車の用意はGRガレージとなるため、GRガレージ拠点の少ない地域は注意が必要になっています。

 

生産は、メルセデス・ベンツやアウディなどのハイパフォーマンスモデルも手がける、オーストリアの自動車製造業者マグナ・シュタイアが担当し、日本で輸入販売されます。

 

トヨタ・スープラを「おさらい」

▼A70型スープラ(日本国内初代)

f:id:carislife:20171101145537j:plain

トヨタ・スープラ(SUPRA)は、トヨタが1978年から2002年まで製造・販売していたスポーツカーです。

 

モデル名は、ラテン語で「至上かつ最高」「上へ」「超えて」といった意味を持っています。

 

海外ではセリカXXがスープラの名前で販売され、日本で1978年から販売されたA40/50型が初代、1981年に発売したA60型が2代目になります。

 

日本では1986年から販売が開始され、海外で3代目にあたるA70型でセリカから独立。発売当時のキャッチコピーは1960年代の名車トヨタ・2000GTを意識した「TOYOTA 3000GT」が採用されました。

 

▼A80型スープラ(日本国内2代目)

f:id:carislife:20171101145540j:plain

日産スカイラインGT-RやホンダNSXなどとも競い自動車シーンを盛り上げた4代目A80型は、1993年から2002年に販売。

 

搭載された直列6気筒3Lターボエンジン「2JZ-GTE」型は、高出力に耐える耐久性でチューニングのベースとしても大人気に。

 

空力に優れたボディはチューナー自慢のエンジンを試す最高速度アタックなどにも適していましたが、「平成12年度排出ガス規制」に対応できなかったため生産が終了しました。

 

▼トヨタ歴代スープラの振り返り動画

 

GR新型スープラについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!