車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【日産新型ジューク最新情報】2020年4月フルモデルチェンジ日本発売!e-Power 4WDやPHEV燃費、サイズ、発売日、価格は?

f:id:carislife:20190904030707j:plain

日産が、SUV「ジューク」初となるフルモデルチェンジを発表しました。

 

全面改良により大幅に進化した新型ジュークについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】日産新型ジュークにフルモデルチェンジ発表!

▼日産新型ジュークの画像

f:id:carislife:20190904030752j:plain

日産が、フルモデルチェンジしたSUV「ジューク」を発表しました。

 

日産ジュークは、特徴的外観を持つコンパクトSUVとして製作され人気になり、特に欧州では日産の主力車種として販売されています。

 

新型ジュークでは、フルモデルチェンジにより最新のパワートレインを採用するほか、個性的なデザインをさらに進化させ、ファンの期待にこたえるモデルとして製作されています。

  

▼日産新型ジュークの動画

▼日産キックス

【日産新型キックス最新情報】フルモデルチェンジ!燃費、サイズ、発売日、価格は?

▼日産エクストレイル

【日産新型エクストレイル最新情報】T33型フルモデルチェンジ!発売日や価格、プロパイロット2.0、e-POWERハイブリッド燃費は?

▼日産NV350キャラバン

【日産新型NV350キャラバン最新情報】アーバンクロム/ライダー/バン/ワゴン/トランスポーター、車中泊、ディーゼル燃費、サイズ、価格は?

 

日産新型ジュークの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型ジュークの変更点

  • エクステリア、インテリアに新世代のデザインを採用し、カラーリングの一部を好みにあわせて変更できるパーソナライズオプション「Nデザイングレードパッケージ」を設定
  • 日産ルノーグループで採用される新開発プラットフォームにより、室内空間を拡大しながら軽量化
  • Apple CarPlay、Android Auto、Google Assistantに対応する8インチタッチスクリーンディスプレイを採用
  • 8スピーカーBose Personal Plusサウンドシステムを搭載
  • 安全システムに部分自動運転技術「ProPilot」を採用
  • パワートレインに1Lターボエンジンと、エンジンを発電専用としモーターで走行するe-Powerを搭載し4WDモデルをラインナップ
  • 高出力の1.6Lターボエンジン、1.6Lと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルの設定を予定

 

日産新型ジュークの外装(エクステリア)デザインは?

▼日産新型ジュークの画像

f:id:carislife:20190904032013j:plain

f:id:carislife:20190904032038j:plain

日産新型ジュークの外装は、前モデルで特徴となっていた上下分割されたライトを維持しながら、最新のデザインにより質感がアップされました。

 

f:id:carislife:20190904032016j:plain

フロントは日産のブランドデザインである”Vモーション”グリルの存在感を、バンパーまで拡大する最新世代のデザインとしアップ。

 

f:id:carislife:20190904032035j:plain

f:id:carislife:20190904032019j:plain

スタイルはよりプロポーションのバランスがとられ、ルーフを支えるピラーをブラックとするフローティングルーフデザインや力強いサイドのキャラクターラインにより、軽快な走りをイメージ。

 

f:id:carislife:20190904032032j:plain

f:id:carislife:20190904032023j:plain

フロントは、特徴的なY字型LEDヘッドライトと上部に配置される水平LEDデイタイムライトにより先進的なデザインに仕上げられています。

  

f:id:carislife:20190904032026j:plain

f:id:carislife:20190904032029j:plain

リアランプは前モデルでブーメラン型とされていましたが、新型ジュークでは水平形状に変更することでリアデザインの自由度をアップし、空間効率がアップしています。

 

▼日産新型ジューク「Nデザイングレードパッケージ」

f:id:carislife:20190904030752j:plain

f:id:carislife:20190904034223j:plain

また、新型ジュークには内外装をカスタムできるパーソナライズオプションとして「Nデザイングレードパッケージ」が用意され、ルーフやバンパー、サイドシルを変更する2トーンボディカラー、19インチホイールなどにより、デザインをより楽しむことができるようになっています。

 

日産新型ジュークを前モデルと比較!

▼日産ジューク(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181001/20181001100156.jpg

日産新型ジュークの外装を前モデルと比較すると、共通性を感じるデザインながら細かくボディラインが見直されていることがわかります。

 

新型ジュークでは強い個性を持つデザインアクセントを前モデルから維持しながら、より空間効率に優れた車体設計が行われています。

 

日産新型ジュークのボディサイズとプラットフォームは?

f:id:carislife:20190904034212j:plain

▼日産新型ジュークのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4210×1800×1595mm
  • ホイールベース:2635mm
  • 車重:1192kg(6速MT)、1210kg(7速DCT)
  • ※参考
    ・日産ジューク(前モデル)
     全長×全幅×全高:4165×1770×1570mm
     ホイールベース:2530mm

日産新型ジュークのボディサイズは、全長が+45mm、全幅が+30mm前モデルから拡大されました。

 

しかし車重は、ルノー日産の新世代コンパクトカー用「CMF-Bプラットフォーム」が採用されたことで23kg軽量化され、ボディ剛性や静粛性、使い勝手もアップされています。

 

日産新型ジュークの内装(インテリア)デザイン

▼日産新型ジュークの画像

f:id:carislife:20190904034814j:plain

新型ジュークの内装は前モデルが持っていた個性を継承しながら、さらに質感が高められました。

 

f:id:carislife:20190904034827j:plain

インフォテインメントディスプレイはフローティングデザインとされ、新しい多機能ステアリングホイールや、センターコンソール上のボタン数を減らした最新のダッシュボードレイアウトを採用。

 

NissanConnectインフォテインメントシステムは、Apple CarPlay、Android AutoおよびGoogle Assistantに対応し、8インチタッチスクリーンディスプレイを組み合わせ。

 

スマートフォンとの連携も強化され、ドアのロックやライトの点灯、ナビゲーションへの目的地の送信などをスマートフォンから行うことが可能に。

 

f:id:carislife:20190904034840j:plain

サウンドシステムには8スピーカーのBose Personal Plusも用意され、音質をアップすることができるようになっています。

 

f:id:carislife:20190904034824j:plain

f:id:carislife:20190904044635j:plain

f:id:carislife:20190904044640j:plain

室内空間は、後部座席のニールームが58mm、ヘッドルームが11mm大きくなり、ラゲッジスペースも422Lと前モデルから20%拡大。

 

f:id:carislife:20190904034835j:plain

新型ジュークでは運転位置が改善され、シートにはアルカンターラやレザー表皮も設定。

 

新しいソフトタッチ素材がダッシュボード、ドアトリム、足元をカバーするようになり、より高級な感触に仕上げられています。

 

▼日産新型ジューク「Nデザイングレードパッケージ」

f:id:carislife:20190904034817j:plain

f:id:carislife:20190904034820j:plain

f:id:carislife:20190904034822j:plain

f:id:carislife:20190904034831j:plain

また、外装とあわせ好みにあわせたカラーリングを選択できるパーソナライズオプション「Nデザイングレードパッケージ」も提供され、インテリアでも2トーンカラーを楽しむことができるようになっています。

 

▼参考:日産ジューク(前モデル)

f:id:carislife:20190222092038j:plain

f:id:carislife:20190222092042j:plain

 

日産新型ジュークのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20190904041632j:plain

▼日産新型ジュークのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1Lターボ「DIG-T」
    出力:117ps/20.4kgm
  • 【e-POWER】
    電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    最高出力:109ps/3008-10000rpm
    最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
    ※4WDモデルは+リア駆動用電気モーター
  • 【PHEV】
    直列4気筒1.6Lガソリン+電気モーター
    バッテリー容量:9.8 kWh
    EV航続距離:30km
  • 【ジュークNISMO】
    エンジン:直列4気筒1.6Lターボ
    最高出力:220ps/6050rpm
    最大トルク:26.5kgm/2000rpm
    トランスミッション:7速デュアルクラッチ式 or 6速MT
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型ジュークのパワートレインには、最新の1Lターボエンジンが搭載されました。

 

1Lターボエンジンは小排気量ながら、前モデルで搭載されていた1.5Lエンジンの114psを超える117psの出力を発揮。

 

最大トルクも2L自然吸気エンジンなみとなる20.4kgmが実現されています。

 

トランスミッションにはギヤチェンジを短時間で完了することができる7速デュアルクラッチ式のほか、6速MTが組み合わせられています。

 

▼日産e-POWERパワートレイン

f:id:carislife:20171226111430j:plain

また、新型ジュークの日本仕様には、ノートやセレナにも採用された日産のハイブリッドシステムe-POWERモデルの設定が予定されています。 

 

f:id:carislife:20171226111436j:plain

e-POWERは、エンジンを走行にも使用する他のハイブリッドシステムとは違い、1.2Lの小型エンジンを発電専用とし電気モーターで走行することで、アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを発生させ、クルマを軽快に走行させることができるようになっています。

 

ジュークは4WDの販売台数が多くなるSUVであることから、コンパクトカーのノートに搭載されたリア駆動用モーターを改良したe-POWER 4WDも設定されます。

  

加えて、スポーツモデルとしてルノーのコンパクトスポーツとして用意されているルーテシアRSに搭載されている1.6Lターボエンジンの設定が予定され最高220馬力を出力。

 

ダイレクトなフィーリングのトランスミッションにより、スポーツ走行もより楽しむことができるようになります。

 

日産新型ジュークを試乗動画でチェック!

日産新型ジュークは試乗動画が公開されています。

 

質感の高い走りが高評価を受けています。

 

 

日産新型ジュークの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型ジュークの燃費と比較

  • 1Lターボエンジン:23km/L
  • e-POWER:30km/L
  • ※参考
    前モデルのジューク(1.5Lエンジン)
    燃費:18.0km/L

日産新型ジュークの燃費は、小排気量な1Lターボエンジンの採用により23km/Lほどが見込まれています。

 

日本仕様には、ノートで37.2km/Lになっていたe-POWERハイブリッドが搭載されることで30.0km/Lほどとされ、前モデルで18.0km/Lとなっていた1.5Lエンジンから大幅な燃費改善となります。

 

日産新型ジュークの安全装備は?

f:id:carislife:20190904041328j:plain

日産新型ジュークの安全装備には、一部自動運転技術「プロパイロット」が採用されました。

 

プロパイロットは同一車線自動運転を実用化したシステムで、車両が走行レーンを認識し、アクセル、ブレーキ、ステアリングを自動で制御。

 

渋滞時には前走車の動きにあわせてストップと再発進を行いドライバーをサポートするシステムとなっており、自動ブレーキや車線逸脱警報など機能が限られていた前モデルから大幅に強化されています。

 

日産新型ジュークの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型ジュークの価格(欧州値)

  • 17,395ユーロ~25,395ユーロ(約205万円~約295万円)

日産新型ジュークの価格は、欧州で約205万円からと発表されました。

 

この価格は、最新の装備などが採用されることで日本前モデルの198万円からアップされています。

 

日本仕様で主力となるジュークe-POWERは250万円前後に設定され、ハイパワーなジュークNISMOは最上級モデルとして360万円ほどに設定されるとみられています。

 

日産新型ジュークの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジした日産新型ジュークは、欧州で2019年9月3日に発表されました。

 

発売日は欧州で2019年11月、日本発売日はパワートレインラインナップが拡大されることから2020年4月が予定されています。

  

ハイパワーモデルとなる新型ジュークNISMOは、ベースモデルから遅れ2020年の発売が予定されています。

 

日産ジュークを「おさらい」

▼日産ジュークNISMO(前モデル) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151118/20151118170301.jpg

日産・ジューク(JUKE)は、初代となる前モデルが2010年に登場したコンパクトクロスオーバーSUVです。

 

車名のジュークの由来は、スポーツでディフェンスを「軽快にかわす」という意味の英語から、機敏さをイメージし採用されました。

 

特徴的デザインは、日産デザインヨーロッパと日産グローバルデザイン本部の共作となっており、フロントデザインはラリーカーの大型フォグランプをイメージ。

 

上部の細いライトは、ポジションランプとターンシグナル、中部がヘッドライト、その下にフォグランプやデイタイムランニングライトが装着されます。

 

パワートレインは当初、世界初のデュアルインジェクターを採用した1.5Lエンジンのみがラインナップされましたが、後からハイパワーな1.6Lターボエンジンを設定。

 

その出力を強化したハイパフォーマンスモデルとなるジュークNISMOも日産車の中で早期に設定され、走りとスタイルを楽しむことができるSUVとして販売されました。

 

新型ジュークについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。