車好きの勝手な妄想/新型車最新情報/ニュース&動画

これは!と思うニュースをとりあげ、車のこれからを考えます。【日刊】

【日産新型ジューク最新情報】フルモデルチェンジ2019年1月発表!e-Powerやスペック、発売日、価格は?

f:id:carislife:20181001100156j:plain

日産が、SUV「ジューク」初となるフルモデルチェンジに向け開発を進めています。

 

全面改良により大幅に進化する新型ジュークについて、スペックや価格、発売日などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】日産新型ジュークにフルモデルチェンジへ!

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151118/20151118170259.jpg

日産のコンパクトSUVである、ジュークのフルモデルチェンジモデルの開発が進行されています。

 

日産ジュークは、特徴的外観を持つSUVとして製作され人気になり、特に欧州では日産の主力車種として販売されています。

 

新型ジュークでは、フルモデルチェンジにより最新のパワートレインを採用するほか、個性的なデザインをさらに進化させ、ファンの期待にこたえるモデルとして製作されます。

 

日産新型ジュークの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼日産新型ジュークの変更点

  • 2015年東京モーターショーに出展されていたGripz Conceptをベースとした最新デザインを採用
  • 日産ルノーグループで採用される新開発プラットフォームにより、走行性能を向上
  • パワートレインに、エンジンを発電専用としモーターで走行するe-Powerを搭載
  • 高出力の1.6Lターボエンジンも設定

 

日産新型ジュークの外装(エクステリア)デザインは?

 

▼日産Gripz Concept

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223446.jpg

新型ジュークの外装は、東京モーターショー2015に出展されたグリップス・コンセプトをベースとして製作されます。

 

現行モデルでも特徴となっている上下分割されたライトは維持され、日産のブランドデザインである”Vモーション”グリルもより存在感を増したものになります。

 

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223454.jpg

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223458.jpg

f:id:carislife:20171226120635j:plain

リアスタイルは、現行モデル同様にクーペSUVデザインとされ、SUVながら都市でも軽快な動きが可能なことを表現したボディラインが採用されます。

 

日産新型ジュークを現行モデルと比較!

▼日産ジューク(現行モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20161027/20161027171254.jpg

新型ジュークの外装を現行モデルと比較すると、共通性を感じるスタイルながらリフレッシュのために細かくボディラインが見直されていることがわかります。

 

現行モデルにはルーフからピラー、エンジンフードまで色分けした個性的な2トーンカラーも設定されていたため、新型ジュークでもその個性を活かすボディカラーが用意されることになると考えられます。

 

日産新型ジュークのボディサイズとプラットフォームは?

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223503.jpg

▼日産新型ジュークのボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:4165×1770×1570mm
  • ホイールベース:2600mm
  • ※参考
    ・日産ジューク(現行モデル)
    全長:4135 - 4165mm
    全幅:1765 - 1770mm
    全高:1550 - 1570mm
    ホイールベース:2530mm

日産新型ジュークのボディサイズは、現行モデル同様のサイズが維持される予定ですが、ホイールベースを延長することで室内空間が拡大されことになります。

 

新型ジュークには、ルノー日産が新開発するコンパクトカー用「Bプラットフォーム」が採用され、日産マーチやルノー・キャプチャー、三菱RVRなどにも今後採用されることから、その性能が追求されます。

 

日産新型ジュークの内装(インテリア)デザイン

▼日産Gripz Concept

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223456.jpg

新型ジュークの内装は、現行モデルからさらに個性を強くしたデザインになります。

 

現行モデルのジュークは、バイクのオイルタンクをイメージして作られたセンターコンソールとダッシュボードが採用されていました。

 

f:id:carislife:20171226120650j:plain

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150915/20150915223459.jpg

新型ジュークのデザインにはマシンのフレームをイメージした意匠がみられ、その走りの軽快さが室内からも感じられるものになっています。

 

日産新型ジュークのパワートレインとスペックは?

▼日産e-POWERパワートレイン

f:id:carislife:20171226111430j:plain

▼日産新型ジュークのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒0.9Lターボ
    出力:90ps/14.3kgm(オーバーブーストにより+1.0kgm)
  • 直列4気筒1.5Lディーゼルターボ
    出力:90ps/22.4kgm
  • 【e-POWER】
    パワートレイン:電気モーター+直列3気筒1.2L(発電専用)
    最高出力:109ps/3008-10000rpm
    最大トルク:25.9kgm/0-3008rpm
  • 【ジュークNISMO】
    エンジン:直列4気筒1.6Lターボ
    最高出力:220ps/6050rpm
    最大トルク:26.5kgm/2000rpm
    トランスミッション:6速デュアルクラッチ式
  • 駆動方式:FF or 4WD

日産新型ジュークのパワートレインには、コンパクトカーのノートに初搭載され、セレナにも採用される日産のハイブリッドシステムe-POWERモデルが設定される予定です。

 

f:id:carislife:20171226111436j:plain

e-POWERは、エンジンを走行にも使用する他のハイブリッドシステムとは違い、1.2Lの小型エンジンを発電専用とし電気モーターで走行することで、アクセルを踏んだ瞬間から最大トルクを発生させ、クルマを軽快に走行させることができるようになっています。

 

新型ジュークには、その他にも海外でフルモデルチェンジを発表している「マイクラ(日本名:マーチ)」に採用された0.9Lガソリンと1.5Lディーゼルターボを搭載し、環境性能を向上しながら充実したトルクによる走行を楽しむことができるように。

 

スポーツモデルには、ルノーのコンパクトスポーツとして用意されているルーテシアRSに搭載されている1.6Lターボエンジンが用意され最高220馬力を出力。

 

トランスミッションも、CVTからよりスポーツ走行に適した6速デュアルクラッチに変更されます。

 

▼日産ノート

日産新型ノート マイナーチェンジ徹底解説!燃費や価格、シーギアは

 

日産新型ジュークの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼日産新型ジュークの燃費と比較

  • 新型ジュークe-POWER:30.0km/L(予想値)
  • ※参考
    現行モデルのジューク(1.5Lエンジン)
    燃費:18.0km/L

日産新型ジュークの燃費は、ノートで37.2km/Lになっていたe-POWERハイブリッドが搭載されることで30.0km/Lほどになると見込まれています。

 

現行モデルでは、主力になっているFF車用に搭載されている1.5Lエンジンが最高燃費の18.0km/Lになっていますが、大幅な燃費改善になります。

 

日産新型ジュークの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼日産新型ジュークの価格(予想値)

  • 210万円~360万円

日産新型ジュークは、最新の装備などが採用されることで現行モデルの198万円から10万円前後の価格アップになると考えられます。

 

主力となるジュークe-POWERは250万円前後に設定され、ハイパワーなジュークNISMOは最上級モデルとして360万円ほどに設定されるとみられています。

 

日産新型ジュークの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

日産新型ジュークは2019年1月に公開され、発売日は2019年中盤が予定されています。

 

欧州でキャシュカイ(日本名:デュアリス)に次ぐ、日産の量販車種になっていることから発売が急がれます。

 

ハイパワーモデルとなる新型ジュークNISMOは、ベースモデルから遅れ2019年後半の発売が予定されています。

 

日産ジュークを「おさらい」

▼日産ジュークNISMO(現行モデル) 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20151118/20151118170301.jpg

日産・ジューク(JUKE)は、初代となる現行モデルが2010年に登場したコンパクトクロスオーバーSUVです。

 

車名のジュークの由来は、スポーツでディフェンスを「軽快にかわす」という意味の英語から、機敏さをイメージし採用されました。

 

特徴的デザインは、日産デザインヨーロッパと日産グローバルデザイン本部の共作となっており、フロントデザインはラリーカーの大型フォグランプをイメージ。

 

上部の細いライトは、ポジションランプとターンシグナル、中部がヘッドライト、その下にフォグランプやデイタイムランニングライトが装着されます。

 

パワートレインは当初、世界初のデュアルインジェクターを採用した1.5Lエンジンのみがラインナップされましたが、後からハイパワーな1.6Lターボエンジンを設定。

 

その出力を強化したハイパフォーマンスモデルとなるジュークNISMOも日産車の中で早期に設定され、走りとスタイルを楽しむことができるSUVとして販売されています。

 

新型ジュークについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!