New Car/新型車ニュース&動画/車好きの勝手な妄想

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【ホンダ新型フィット4】2020年2月フルモデルチェンジ発売!最新情報、ハイブリッド/クロスター、燃費、価格は?

f:id:carislife:20191023092814j:plain

ホンダが、コンパクトカー「フィット」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

世代交代により魅力をアップするホンダ新型フィットについて、スペックや価格、発売日などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】ホンダ新型フィット4にフルモデルチェンジ発表!

▼ホンダ新型フィットの画像

f:id:carislife:20191023100619j:plain

ホンダが、フルモデルチェンジした「フィット」を発表しました。

 

ホンダ・フィットは、ブランドの主力コンパクトカーとしてラインナップされ、海外では「ジャズ」のモデル名で販売されるグローバルモデルとして位置づけられています。

 

フルモデルチェンジする新型フィットは、「フィット4」として4代目になり、最新のパワートレインにより走行性能を大幅にアップするなど新世代の性能を追求。

 

新モデルとして、悪路走破性能を高めタフなイメージとしたクロスオーバーモデルの新型「フィットクロスター」など、多彩なデザインが設定されています。

 

▼フィット現行モデル

【ホンダ新型フィット最新情報】モデューロスタイル発売!RSやハイブリッド燃費、サイズ、価格と発売日は?

 

ホンダ新型フィットの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼ホンダ新型フィットの変更点

  • 外装デザインに「BASIC」「HOME」「CROSSTAR」「LUXE」「NESS」の5タイプを設定し、各モデル専用のインテリアを採用
  • 1.5L2モーター式ハイブリッドシステム「e:HEV」を新搭載
  • 先進安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」に、フロントワイドビューカメラを新採用し、車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、Hondaとして初めて近距離衝突軽減ブレーキを追加し、全タイプで標準装備
  • Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」を日本初搭載。
    スマートフォンによるリモート操作やトラブルサポート、Honda ALSOK駆けつけサービスなどを提供する「Honda Total Care プレミアム(ホンダ トータル ケア プレミアム)」を展開

 

ホンダ新型フィットの外装(エクステリア)デザインは?

▼ホンダ新型フィット「BASIC」の画像

f:id:carislife:20191023093000j:plain

f:id:carislife:20191023100619j:plain

ホンダ新型フィットの外装には新世代のデザインが採用され、個性豊かな5つのタイプが設定されています。

 

「BASIC(ベーシック)」は、デザイン性と快適性を備えた基本のタイプとして、やわらかな表情をつくるフロントフェイス、シームレスで流れるようなフォルムなど、親しみを感じさせるシンプルなデザインを採用。

 

▼ホンダ新型フィット「HOME」の画像

f:id:carislife:20191023093048j:plain

f:id:carislife:20191023100630j:plain

「HOME(ホーム)」は、良質な素材を用いたナチュラルな風合いの織物のシート、本革ステアリングやプライムスムースのソフトパッドなど、全体のカラーや素材を揃え、質感が高くリラックスできるこだわりの空間に。

 

▼ホンダ新型フィット「NESS」の画像

f:id:carislife:20191023093052j:plain

f:id:carislife:20191023100624j:plain

「NESS(ネス)」は、気分が盛り上がるカラーコーディネートとともに、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用。

 

ドライブをよりいっそう楽しめるよう、フィットネススポーツのような、軽快でファッショナブルなタイプに仕上げ。

 

▼ホンダ新型フィット「CROSSTAR」の画像

f:id:carislife:20191023093055j:plain

f:id:carislife:20191023100621j:plain

「CROSSTAR(クロスター)」では、街にもアウトドアにも似合うCROSSTAR専用のエクステリアデザインと大径タイヤを採用。

 

インテリアには、シートとインパネソフトパッドの表皮に撥水性の高い素材を採用するなど、コンパクトでありながらタフなイメージに。

 

▼ホンダ新型フィット「LUXE」の画像

f:id:carislife:20191023093058j:plain

f:id:carislife:20191023100627j:plain

「LUXE(リュクス)」はエクステリアに、プラチナ調クロームメッキや専用デザインの16インチアルミホイールを採用し、上質感を向上。

 

優雅で心地よい時間が過ごせる空間を目指し、質感や手触りのよさを追求した専用の本革シートを標準装備されます。

 

新型フィットを前モデルと比較!

▼ホンダ・フィット(前モデル)

f:id:carislife:20180612082501j:plain

f:id:carislife:20180612082504j:plain

ホンダ新型フィットと前モデルを比較すると、前後のボリューム感が小さく、スマートなデザインになっています。

 

前モデルでは主力コンパクトカーとして力強さが重要視されていましたが、新型フィットでは軽快さが感じられるデザインが採用されました。

 

f:id:carislife:20180612082452j:plain

   

ホンダ新型フィットのボディサイズは?

f:id:carislife:20191023093609j:plain

ホンダ新型フィットのボディサイズは、5ナンバーサイズが維持され取り回しの良さが魅力となります。

  

室内空間はこれまでより開放感のあるつくりとし、使い勝手がアップされます。

 

▼参考:ホンダ・フィットのボディサイズ(前モデル)

  • 全長×全幅×全高:3990×1695×1525mm
    ※「ハイブリッド・S」「RS」は全長4045mm
  • ホイールベース:2530mm
  • 車重:1010kg

  

ホンダ新型フィットの内装(インテリア)デザイン

▼ホンダ新型フィットの画像

f:id:carislife:20191023093753j:plain

ホンダ新型フィットの内装は、全面改良により基礎から構造を見直すことで効率をあげ、より快適な室内空間が確保されています。

  

 ▼新型フィット「BASIC」のインテリア

f:id:carislife:20191023100754j:plain

f:id:carislife:20191023100751j:plain

 ▼新型フィット「HOME」のインテリア

f:id:carislife:20191023100748j:plain

f:id:carislife:20191023100746j:plain

 ▼新型フィット「LUXE」のインテリア

f:id:carislife:20191023100733j:plain

f:id:carislife:20191023100730j:plain

 ▼新型フィット「CROSSTAR」のインテリア

f:id:carislife:20191023100738j:plain

f:id:carislife:20191023100735j:plain

 ▼新型フィット「NESS」のインテリア

f:id:carislife:20191023100744j:plain

f:id:carislife:20191023100741j:plain

インテリアデザインには、5タイプ用意される外装デザインにあわせたスタイルが用意されています。

 

f:id:carislife:20191023093757j:plain

f:id:carislife:20191023093800j:plain

フロントピラーは従来と異なる断面構造にするとともに、万が一の衝突時にはボディーへ荷重を流す構造を採用することで、十分な衝突安全性能とワイドで優れた視認性を両立。

 

またインテリアパネルは水平・直線基調のデザインにするとともに、車内からはワイパーを見えにくくすることで、運転時の心地よい視界が実現されています。

 

f:id:carislife:20191023093802j:plain

f:id:carislife:20191023093811j:plain
フロントシートは座り心地を追求し、上級セダンへの搭載も見据えて新しく開発した、新世代の「ボディースタビライジングシート」を採用。

 

身体をしっかり保持する面支持構造とすることで長時間ドライブでも疲れにくく、やわらかな座り心地を実現したシート構造となっています。

 

リアシートは従来同等のシートアレンジとし、大人がストレスなく座れる広さと厚みのあるパッドを採用することで、上級セダン並の快適な座り心地がつくられています。

 

f:id:carislife:20191023093806j:plain

インテリアには、カバンや上着をすぐ手の届く位置におけるテーブルコンソールを配置。

 

手や足が触れるところにはソフトパッドを使用するなど、質感が高められています。

 

ホンダ新型フィットのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20191023093924j:plain

▼新型フィットのパワートレインとスペック

  • 直列3気筒1.3L
    出力:100ps/12.1kgm
  • 【フィットハイブリッド】
    直列4気筒1.5L+2モーター「e:HEV」ハイブリッド
    出力:153ps/27.2kgm
  • 駆動方式:FF or 4WD

ホンダ新型フィットのパワートレインには、新たに2モーター式ハイブリッド「e:HEV」が搭載されました。 

 

▼参考:ホンダ・フィットのスペック(前モデル)

  • 直列4気筒1.3L
    ・出力:100ps/12.1kgm
  • 直列4気筒1.5L
    ・出力:132ps/15.8kgm
  • 直列4気筒1.5L i-VTEC+i-DCDハイブリッド
    ・エンジン出力:110ps/13.7kgm
    ・モーター出力:29.5ps/16.3kgm

フィットハイブリッドは前モデルで、1.5Lエンジンと1つの電気モーター、デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせたシステムが搭載されていました。

 

しかし、新型フィットハイブリッドでは先に「インサイト」に採用されていた2モーター式に変更。

 

▼ホンダ・インサイト

【ホンダ新型インサイト最新情報】日本発売!価格、燃費、サイズは?

▼ホンダ「e:HEV」

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171016/20171016162043.jpg

2モーターハイブリッドシステム「e:HEV」は、発電用と走行用のモーターを分けることで3つの走行モードが利用できるようになっており、1モーター式より高い環境性能が実現されています。

 

以前はオデッセイやステップワゴンなどで2Lエンジンと組み合わせられていましたが、低コスト化の目処がたったことで、新たにフィットハイブリッドにも搭載可能な1.5Lエンジンモデルが用意されました。

 

▼ホンダ製直列3気筒1Lガソリンターボエンジン

f:id:carislife:20180612085615j:plain

新型フィットではその他にも、ハイスペックモデルとして直列3気筒1Lターボエンジンの設定を予定。

 

1Lターボエンジンは、シビックタイプRの2Lターボ、ステップワゴンなどに採用される1.5Lターボとあわせ、ホンダの新世代ダウンサイジングターボエンジンとして発表されていました。

 

出力は2L自然吸気エンジンに匹敵するトルクながら、小排気量ならでは燃費性能が両立されています。

 

加えて、新型フィットではホンダのスポーツモデル最上位となるフィットタイプRの設定も予定され、1.5Lターボエンジンのハイチューンバージョンが搭載されます。

 

ホンダ新型フィットの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

ホンダ新型フィットの燃費は、2モーターハイブリッドシステムの採用により前モデルからアップすることになります。

 

前モデルでは、前期型で最高36.4km/Lだった燃費がエンジン効率の改善により37.2km/Lに向上していました。

 

新型フィットでは、最新ハイブリッドシステムにより38.0km/L以上が実現されます。

 

▼参考:ホンダ・フィットの燃費(前モデル)

  • 1.3Lエンジン
    FF:24.6km/L、4WD:20.2km/L
  • 1.5Lエンジン
    FF:22.2km/L、4WD:19.4km/L
  • 1.5Lハイブリッド
    FF:37.2km/L、4WD:29.4km/L

 

ホンダ新型フィットの安全装備は?

f:id:carislife:20191023094345j:plain

ホンダ新型フィットの安全装備には、機能をアップした「ホンダセンシング」が全車標準装着されます。

 

搭載されるホンダセンシングは、前方を広角に検知するフロントワイドビューカメラを新採用。

 

車両前後に装着された計8つのソナーセンサーとの組み合わせにより、従来機能を拡充するとともに、Hondaとして初めて近距離衝突軽減ブレーキが追加されています。

 

初搭載!「Honda CONNECT」とは?

f:id:carislife:20191023094458j:plain

ホンダ新型フィットには、Honda車専用車載通信モジュール「Honda CONNECT(ホンダ コネクト)」が日本初搭載されます。

 

「ホンダコネクト」は、カーライフサポートサービス「Honda Total Care」をホンダコネクトの技術を活用して拡充。

 

「Honda Total Care プレミアム」では、Honda Total Care緊急サポートセンターが進化。事故などの緊急時にはクルマ自体が緊急サポートセンターと通信し、車両情報や位置情報を、オペレーターを通じて警察や消防、保険会社などへ一括して連絡をすることで、迅速で的確な対応が可能に。

 

さらに、セキュリティーアラームが作動した際には、ユーザーのスマートフォンへ通知し、状況に応じて「ALSOK」のガードマンを急行させることができるようになっています。

 

また、新規に開発された「Honda リモート操作」では、スマートフォンで離れた場所からエアコンを始動できるほか、ドアロック忘れをお知らせしてロック操作ができる機能、クルマの駐車位置を確認できる機能を搭載。

 

「Honda Total Care プレミアム」はHonda CONNECT搭載車オーナー限定の有料サービスで、「基本パック」と「追加オプションサービス」を設定。

 

サブスクリプション形式の採用により月単位の利用が可能となり、新車、中古車に限らずHonda CONNECT搭載車を購入し初回申込をしたユーザーは、一定期間、無料でサービスを利用できるようになります。

 

▼Honda Total Care プレミアム サービス一覧

  • 基本パック
    1)緊急サポートセンター
    (エアバッグ展開時自動通報/緊急通報ボタン/トラブルサポートボタン)
    2)Honda リモート操作
    (エアコン操作/し忘れ通知・ドアロック操作/クルマを探す)
  • 追加オプションサービス
    Honda ALSOK駆けつけサービス

 

ホンダ新型フィットの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

ホンダ新型フィットの価格は、安全システム「ホンダセンシング」の全車標準装備や通信モジュールの採用により、10万ほどのスタート価格アップになるとみられています。

 

フィットハイブリッドはコストをダウンした2モーターシステムを搭載し、190万円ほどから設定される予定です。

 

▼参考:ホンダ・フィットの価格(前モデル)

  • 1.3Lガソリン:1,428,840円~
  • 1.5Lガソリン:1,853,280円~
  • 1.5Lハイブリッド:1,699,920円~

 

ホンダ新型フィットの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジしたホンダ新型フィットは、2019年10月に開催された東京モーターショー2019で公開されました。

 

発売日は、当初2019年11月が予定されていましたが、N-WGNにも採用された電制パーキングブレーキの不具合から、2020年2月となることが発表されています。

 

ホンダは今後、同様のシステムを搭載するSUVのヴェゼルの発表も予定しており、コンパクトモデルを新世代にすることでユーザーにアピールしていきたい考えです。

 

▼ホンダ・ヴェゼル

【ホンダ新型ヴェゼル最新情報】フルモデルチェンジ!RSやハイブリッド燃費、サイズ、価格、発売日は?

 

ホンダ・フィットを「おさらい」

▼ホンダ・フィット(初代)

Honda Fit W 1300 4WD.JPG

ホンダ・フィット(FIT)は、2001年に初代が登場したコンパクトカーです。

 

英語表記は初代が「Fit」となっていましたが、2代目以降はすべて大文字の「FIT」に変更されており、海外では「ジャズ(Jazz)」のモデル名で販売されています。

 

ホンダ「ロゴ」の後継車として製作され、現在では軽自動車の「Nシリーズ」にも採用されている燃料タンクを薄型樹脂製にし前席下に配置する「センタータンクレイアウト」とすることで、後部座席やラゲッジスペースを拡大。

 

広い室内空間を持っていたことで、人気モデルになりました。

 

▼ホンダ・フィット(2代目)

2010 Honda Fit 1.3.jpg

2007年に登場した2代目では、後期型へのマイナーチェンジ時にフィットハイブリッドを追加し燃費を30km/Lまで向上。

 

2013年に登場した前モデルの3代目は、グローバル市場でもホンダの最量販車となることを目標にボディサイズを拡大しましたが、全幅を維持することで日本の5ナンバーサイズを保ちました。

  

基礎やパワートレインを共有するSUVの「ヴェゼル」、セダンの「グレイス」、コンパクトミニバンの「フリード」、ワゴンの「シャトル」も販売されています。

 

新型ホンダ・フィットについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。