New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【BMW新型3シリーズ】489万円に!「318i」2020年8月3日日本発売!最新情報、ツーリング、燃費、価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20181003/20181003085239.jpg

BMWが、ミドルクラス「3シリーズ」の新モデル日本発売を発表しました。

 

新モデルにより魅力をアップした新型3シリーズについて、スペックや価格などの最新情報をご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】充実装備エントリーモデル!BMW「新型3シリーズ 318i」日本発売!

▼BMW新型3シリーズ「318i」の画像

f:id:carislife:20200803142055j:plain

BMWが、3シリーズのエントリーモデルとなる「318i」の日本発売を発表しました。

 

▼BMW新型3シリーズ「318iツーリング」の画像

f:id:carislife:20200918063507j:plain

BMW新型318iは、出力156ps/25.5kgmを発揮する直列4気筒2Lターボエンジンを搭載し、WLTCモード燃費値13.4km/L(ツーリングは13.3km/L)を実現。

 

また、高性能3眼カメラ、高性能プロセッサーおよびレーダーによる最先端の運転支援システムを装備し、特定の条件下、時速60kmまでステアリングから手を離して走行できる「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援機能」に対応。

 

さらに、「アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)」、「レーンチェンジウォーニング(車線変更警告システム)」および「レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)」などを標準装備し、「セーフティーサポートカー(サポカー)」となっています。

 

このほか、直前に前進したルート最大50mまでをバックで正確に戻ることもできる「パーキングアシスタント」や、安全・安心なドライブに貢献する車載通信サービス「BMWコネクテッドドライブ」も標準とすることで装備が充実しています。

 

BMW新型318iはセダンが2020年8月3日、ツーリングが9月17日に日本発売。価格は489万円~584万円とされています。

 

▼BMW4シリーズ

【BMW新型4シリーズ最新情報】フルモデルチェンジ!M4/クーペ/カブリオレ、スペックや価格、燃費、発売日は?

▼BMW5シリーズ

【BMW新型5シリーズ最新情報】2020年マイナーチェンジ発表!ツーリング、PHEV/ディーゼル燃費、スペック、サイズ、価格は?

▼BMW7シリーズ

【BMW新型7シリーズ最新情報】マイナーチェンジ発売!PHEV/ディーゼル、燃費、価格は?

 

BMW新型3シリーズの【主な変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼BMW新型3シリーズの変更点

  • エントリーモデル「318i」を追加設定

▽2019年9月

  • ワゴンとなる「3シリーズツーリング」を設定。
    前モデルから全長を大きく延長し、室内空間を拡大。
    BMWとして初採用となるアンチ・スリップ・システムをラゲッジスペースに設定し、荷物の横滑りを防止

▽2019年5月日本改良

  • 「320d」「330e」「M340i」の3モデルを導入
  • 2019年夏以降の日本導入モデル全車に3眼カメラを搭載するなど最新の運転支援システムを標準装備するとともに、「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」を搭載

▽フルモデルチェンジ時の変更点

  • 最新の「CLAR」プラットフォームにより、ボディサイズ、ホイールベースを延長することで、室内空間とラゲッジスペースを拡大
  • BMW初となるAIを利用した新開発BMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを導入
  • 日本初導入となる高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムを、320iグレード以上に標準装備
  • ガソリン、PHVモデルのほか、完全電気自動車の設定を予定 

BMW3シリーズは、上級ブランドであるBMWのミドルクラスとされ、現行モデルはセダンが2019年3月にフルモデルチェンジしていました。

 

2019年9月にはワゴン「3シリーズツーリング」が追加設定され、広い荷室が魅力のモデルとなっています。

 

▼BMW新型3シリーズの動画

▼BMW新型3シリーズツーリングの動画

 

ダウン!BMW新型3シリーズの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼BMW新型3シリーズの価格

▽3シリーズセダン

  • 318i:4,890,000円【新設定】
  • 318i M Sport:5,590,000円【新設定】
  • 320i:5,380,000円
  • 320i M Sport:5,990,000円
  • 320d xDrive Edition Joy+:5,730,000円
  • 320d xDrive:5,970,000円
  • 320d xDrive M Sport Edition Joy+:6,250,000円
  • 320d xDrive M Sport:6,490,000円
  • 330i M Sport:6,470,000円
  • 330e M Sport Edition Joy+:6,170,000円
  • 330e M Sport:6,720,000円
  • M340i xDrive:9,870,000円

▽3シリーズツーリング

  • 318i ツーリング:5,230,000円【新設定】
  • 318i ツーリング M Sport:5,840,000円【新設定】
  • 320i ツーリング:5,720,000円
  • 320i ツーリング M Sport:6,240,000円
  • 320d xDrive ツーリング Edition Joy+:5,980,000円
  • 320d xDrive ツーリング:6,220,000円
  • 320d xDrive ツーリング M Sport Edition Joy+:6,500,000円
  • 320d xDrive ツーリング M Sport:6,740,000円
  • 330i ツーリング M Sport:6,730,000円
  • M340i xDrive ツーリング:10,120,000円

BMW新型3シリーズの価格は、エントリーグレード「318i」が設定されたことでダウンしています。

 

上位グレードとなる「320i」はセダンで538万円からとされていますが、「318i」では489万円から選択できるようになっています。

  

スポーティ!BMW新型3シリーズの外装(エクステリア)デザインは?

▼BMW新型3シリーズの画像

f:id:carislife:20181003085239j:plain

f:id:carislife:20181002090455j:plain

BMW新型3シリーズの外装には、クーペの「4シリーズ」を思わせるスポーティなデザインが採用されています。

 

これにより空気抵抗係数(Cd値)は、前モデルの0.26から0.23に減少しています。

 

f:id:carislife:20181002090710j:plain

フロントデザインは、新世代のLEDヘッドライトや奥行きのあるバンパーにより、力強さが感じられるデザインとされています。 

f:id:carislife:20181002090855j:plain

f:id:carislife:20181002090803j:plain

リアは、テールランプがより水平を意識したものとされ、ワイド&ローな印象を引き立てています。

 

f:id:carislife:20181002090705j:plain

足元には最新のホイールが装備されるほか、Mスポーツモデルではロゴ入りのキャリパーが採用されています。

 

f:id:carislife:20181003092347j:plain

車両は「BMWデジタルキー」機能を使用することで、スマートフォンでエンジンの始動やドアの施錠も行うことができるようになっています。

 

▼BMW新型3シリーズ「Mパフォーマンスパーツ装着車」の画像

f:id:carislife:20181003085650j:plain

f:id:carislife:20181003085701j:plain

f:id:carislife:20181003085659j:plain
f:id:carislife:20181003085654j:plain

新型3シリーズには、Mパフォーマンスパーツとしてフルエアロも設定され、外観をアップデートすることができるようになっています。

 

▼BMW新型3シリーズの動画

 

BMW新型3シリーズを前モデルと比較!

▼BMW3シリーズ(前モデル)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20150903/20150903195708.jpg

BMW新型3シリーズを前モデルと比較すると、抑揚があったヘッドライトやバンパーのデザインがスポーティを意識し低い水平基調になっています。

 

ヘッドライトの細くグリルに接続していた部分はなくなり、その分までグリルが拡大されていることで、迫力ある表情に変化しています。

 

ワゴン!BMW新型3シリーズツーリング設定!

▼BMW新型3シリーズツーリング(ワゴン)の画像

f:id:carislife:20190613071759j:plain

BMW3シリーズには、ワゴンモデルとなる新型3シリーズツーリングが設定されています。

 

f:id:carislife:20190613072037j:plain

f:id:carislife:20190613072439j:plain

新型3シリーズツーリングは、セダンからくるスポーティな外観を採用し、リア部分を大型化することで荷室容量を拡大。

 

加えて、前モデルから延長された全長を使用することで、後部座席にも快適な空間がつくられました。

 

f:id:carislife:20190613072441j:plain

f:id:carislife:20190613072443j:plain

ラゲッジスペースは500Lと前モデルから5L拡大され、3分割可倒式のリアシートを倒すことで最大1510Lの容量を使うことができます。

 

また、オートマティックテールゲートが標準装備となり、荷室下にも荷物を積載するスペースが確保されています。

 

その他、アンチスリップシステムがBMW車で初採用され、車両が走行を開始すると、ラゲッジ床面からゴム製の滑り止めが自動でせり上がり、荷物の横滑りが防止されます。

  

▼BMW新型3シリーズツーリングの動画

 

最新システム!BMW新型3シリーズの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20181002090743j:plain

BMW新型3シリーズの内装は最新技術を採用することにより、質感と使いやすさがたかめられています。

 

f:id:carislife:20181002090752j:plain

f:id:carislife:20181003092333j:plain

メーターには12.3インチのデジタルメーターパネルが装備され、中央に配置される10.25インチタッチスクリーンと組み合わせて多彩な情報が提供されます。

 

インフォテイメントシステムには、BMWとして初となるAIを利用した新開発のBMWインテリジェント・パーソナル・アシスタントを導入。

 

アシスタントは、音声会話だけで車両の操作や情報へのアクセスが可能とされ、いままでの音声入力と異なり、より自然な会話に近い言葉でドライバーの指示や質問を理解し、適切な機能やサービスを利用することができるようになっています。

 

f:id:carislife:20181002090750j:plain

エアコンの操作パネルは新しいデザインとされ、スッキリとしたインテリアを引き立てる仕上げになっています。

 

f:id:carislife:20181002090754j:plain

新設計されたシートは、ドライバーのホールド性を高めながらもより快適性を向上。

 

f:id:carislife:20181002090739j:plain

f:id:carislife:20181002090747j:plain

f:id:carislife:20181002090741j:plain

f:id:carislife:20181002090758j:plain

インテリアには多彩なカラーが設定され、オーナーの好みにあわせて選択できるようになっています。

 

リアシートは4:2:4の分割可倒式となったほか、荷室の形状も変更され使いやすくなっています。

  

ハイパフォーマンス!BMW「新型M3」も設定!

▼BMW新型M3の画像

f:id:carislife:20200923060415j:plain

f:id:carislife:20200923060400j:plain

f:id:carislife:20200923060355j:plain

BMW新型3シリーズには、ハイパフォーマンスモデルとなる「M3」が発表されています。

 

f:id:carislife:20200923060408j:plain

f:id:carislife:20200923060411j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200923/20200923073701.jpg

BMW新型M3はエクステリアに、新世代モデルが発表されていた「4シリーズ」からくる巨大なキドニーグリルを採用し、専用のエアロ、カーボンルーフ、クアッドエキゾーストなどを装備することでベースモデルと差別化。

 

シャーシは、フロントとリアのサブフレーム、追加のブレース、アダプティブMダンパーなどにより強化されています。

 

f:id:carislife:20200923060406j:plain

パワートレインは前モデルの431psから、標準の「M3」で480ps/56.1kgm、上位モデルとなる「M3コンペティション」では510ps/66.3kgmにスペックアップする直列6気筒3Lツインターボエンジンを搭載し、0-96km/h加速タイムは「M3」で4.1秒、「M3コンペティション」で3.8秒を実現。

 

トランスミッションには、8速ATと6速MTを設定。

 

f:id:carislife:20200923060402j:plain

駆動方式はFRのほか、2021年には上位の「M5」に設定されていた前後駆動力配分の変更が可能な最新4WDの搭載も予定され、完全後輪駆動状態から加速力を重視した4WDまで、幅広い走りを楽しむことができるようになります。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200923/20200923073707.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20200923/20200923073711.jpg

内装には、メリノレザーを使用した新開発のバケットシートが装備され、ライティングロゴ付きヘッドレストを装備するほか、高いホールド性と通気性を両立。

 

オプションとして、Mカーボンシートも設定されています。

  

▼BMW新型M3ツーリングのCG

f:id:carislife:20200815052727j:plain

▼BMW新型M3ツーリングのスクープ画像

f:id:carislife:20200829061958j:plain

加えて、新型M3には初のハイパフォーマンスワゴンとなる「M3ツーリング」の追加を予定していることがコメントされています。 

  

力強く!BMW新型3シリーズのパワートレインとスペックは?

▼BMW製直列6気筒ツインターボエンジン

f:id:carislife:20171219114956j:plain

▼BMW新型3シリーズのパワートレインとスペック

  • 【318i】【新設定】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:156ps/25.5kgm
  • 【320i】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:184ps/30.6kgm
  • 【330i】
    直列4気筒 2Lガソリンターボ
    出力:258ps/40.8kgm
    0-100km/h加速:5.8秒
  • 【320d】
    直列4気筒2Lディーゼルターボ
    出力:190ps/40.8kgm
  • 【330eプラグインハイブリッド】
    直列4気筒 2Lターボ+電気モーター「eDrive」プラグインハイブリッド
    システム最高出力:292ps/42.8kgm
    EV航続距離:59km
    0-100km/h加速:5.9秒
  • 【M340i】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:387ps/50.1kgm
    0-100km/h加速:4.4秒
  • 【M3】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:480ps/56.1kgm
    0-96km/h加速:4.1秒
  • 【M3コンペティション】
    直列6気筒3Lガソリンターボ
    最高出力:510ps/66.3kgm
    0-96km/h加速:3.8秒
  • トランスミッション:6速MT or 8速AT【新開発】
  • 駆動:FR or 4WD「xDrive」

BMW新型3シリーズには、排気量を1気筒あたり500ccとしたBMWの新世代エンジンが搭載されています。

 

量販モデルには、新開発された2Lのガソリンとディーゼルを設定し、日本仕様にはガソリンの「318i」「320i」「330i」、ディーゼルの「320d」を導入。

 

「330i」では、従来モデルのエンジンと比較して、ほぼすべての回転域で5kgmの大幅なトルクアップが実現されています。

 

f:id:carislife:20181003085241j:plain

高環境モデルには、2Lターボエンジンと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドを用意しEV航続距離は59kmを実現。

 

スポーツモデルには新しくM340iが設定され、直列6気筒3Lターボエンジンを搭載することで387ps/50.1kgmを出力。他ブランドのハイスペックモデルと競うことになります。

 

ハイパフォーマンスモデルの「M3」は前モデルで431馬力となっていましたが、上位モデルのM5が40馬力プラスした600馬力となったことで、480馬力まで出力を向上。

 

最上位となる「M3コンペティション」では510馬力とされています。

 

BMW新型3シリーズを試乗動画でチェック!

BMW新型3シリーズは注目度の高さから多くの試乗動画が公開されています。

 

新世代にあがった基礎性能や質感が高い評価を受けています。

 

 

EV!BMW新型3シリーズには電気自動車モデルも用意!

▼BMW新型3シリーズEVのスクープ画像

f:id:carislife:20200701064955j:plain

BMW新型3シリーズには、電動パワートレインモデルとしてプラグインハイブリッドのほか、BMW i3に続く完全な電気自動車が設定されます。

 

f:id:carislife:20200701064958j:plain

f:id:carislife:20200701065001j:plain

新設定されるBMW新型3シリーズEVは、エンジンの冷却が不要となるためキドニーグリルが閉じられており、外装には電気自動車のテスト車両であることがわかる文字が掲げられています。

 

パワートレインは80kWhの大容量バッテリーを搭載し航続距離440kmに仕上げられ、電気自動車にちからを入れているBMWの主力EVに。

 

BMWは3シリーズEVの追加により、テスラが発表しているミドルクラス電気自動車「モデル3」とも競う予定です。

  

BMW新型3シリーズの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171120/20171120093954.jpg

▼BMW新型3シリーズの燃費(WLTCモード値)

  • 318i(2Lガソリン/FR):13.4km/L
  • 320i(2Lガソリン/FR):13.8km/L
  • 320d(2Lディーゼル/4WD):15.3km/L
  • 2Lプラグインハイブリッド:62.5km/L(欧州値/充電電力使用時)

BMW新型3シリーズの燃費は、2Lガソリンエンジンを搭載する「320i」でWLTCモード値13.8km/Lとなっています。

 

新設定されたエントリーモデルの「318i」は13.4km/Lとなり、車両価格も入れたトータルコストが魅力となっています。

 

新機能!BMW新型3シリーズの安全装備は?

f:id:carislife:20181003085244j:plain

BMW新型3シリーズの安全装備には、日本初導入となる高性能3眼カメラを使用した最新の運転支援システムが全車に採用され、より正確なレーンキーピング性能と、より広い視野での危険予測が実現されています。

 

2019年夏導入モデルからは、システムに「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能」が設定され、高速道路での渋滞時において、絶えず前方に注意するとともに周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態に限り、ステアリングから手を離して走行が可能となっています。 

 

また、新型3シリーズは、新型BMW8シリーズから導入されたリバースアシスト機能付きパーキングアシスタントにより、車両が直前に前進したルートを最大50mまで記憶し、その同じルートをバックで正確に戻ることが可能になっています。

  

拡大!BMW新型3シリーズのボディサイズは?

▼新型3シリーズセダン

f:id:carislife:20181002090857j:plain

▼新型3シリーズツーリング

f:id:carislife:20190613073210j:plain

▼BMW新型3シリーズのボディサイズと比較

  • 全長×全幅×全高
    セダン:4715×1825×1440mm
    ツーリング:4715×1825×1470mm
  • ホイールベース:2850mm(ツーリング共通)
  • 車重:1560kg(セダン)
  • 参考
    ・BMW3シリーズ(前モデル)
     全長×全幅×全高:4645×1800×1440mm
     ホイールベース:2810mm
     車重:1490kg

BMW新型3シリーズのボディサイズは全体的に拡大され、クラストップのサイズとされています。

 

全長は70mm、ホイールベースは40mm延長することで室内空間を拡大し、同時に安定感あるスタイリングに仕上げられています。

 

重心は前モデルから約10mmダウンされ、前後重量配分は50対50を実現。

 

車体とサスペンション取り付け部の剛性も大幅にアップされています。

 

BMW新型3シリーズの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

BMW3シリーズに新設定された「318i」は、セダンが2020年8月3日、ツーリングが9月17日に日本で発売されました。

 

設定が予定されるハイパフォーマンスモデル「M3」は、ベースモデルから遅れ2020年9月に発表される予定です。

 

電気自動車バージョンの投入は、モデルライフ後半になるとみられています。

 

BMW3シリーズを「おさらい」

▼BMW3シリーズ(初代)

BMW E21 front 20080331

BMW3シリーズは、初代が1975年に登場したBMWの小型高級車です。

 

ラリー競技などで活躍し人気になったBMW2002の後継モデルとして製作され、初代から現行モデルまでBMWの最多量販車種となっています。

 

1982年に登場した2代目では、グループAレースへのホモロゲーション取得のためにハイパフォーマンスモデルのM3が登場。

 

1990年から販売された3代目ではクーペボディも設定され、初代から販売されているカブリオレと一緒に、3シリーズはセダンからスポーツまで担当するモデルに。

 

その流れは、前モデルの6代目が2012年に登場するまで続きますが、新たにクーペとカブリオレを担当する4シリーズが製作されたことで、前モデルはセダン、ツーリング(ワゴン)、グランツーリスモ(5ドアハッチバック)の3つのボディタイプになりました。

 

新型BMW3シリーズについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。