New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型クロスビー】「新デザイン!」2022年8月10日マイナーチェンジ発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

スズキが、クロスオーバー「XBEE(クロスビー)」の改良発売を発表しました。

 

改良により魅力をアップした新型クロスビーの価格やスペックなどをご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】装備も充実!スズキ「新型クロスビー」改良発売!

▼新型クロスビーの画像

スズキが、「XBEE(クロスビー)」の改良発売を発表しました。

  

スズキ・クロスビーは、ブランドのコンパクトクロスオーバーとしてラインナップされ、軽自動車「ハスラー」とあわせて人気になっています。

 

改良された新型クロスビーでは、新デザインのメッキフロントグリルと切削タイプのアルミホイールを全車に採用。

 

また、「HYBRID MZ」と「HYBRID MV」グレードでは、「USB電源ソケット(Type-A/Type-C インパネ各1個)」を追加装備。

 

内装ではこれまでの「カーキシート」に代えて、「レディッシュブラウンシート」を新設定。

 

「HYBRID MV」グレードでは加えて、「プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)」、「IRカット機能付きフロントガラス」を新採用。

 

▼新型クロスビー「ブラウンインテリアパッケージ」の画像

これまで「HYBRID MZ」に設定されていたオプション「ブラックインテリアパッケージ」は、「ブラウンインテリアパッケージ」に変更され、ラックススェード&ブラウンレザー調シート表皮、ブラウンメタリックのインパネカラーパネルとドアトリムカラーパネル、ブラックレザー調フロントドアトリムクロスを採用。

 

その他、新型クロスビーではボディカラーに新しく、「タフカーキパールメタリック」3トーンのほか、2トーンカラーにミネラルグレールーフと「メロウディープレッドパール」「スピーディーブルーメタリック」「バーニングレッドパールメタリック」、メロウディープレッドパールルーフと「キャラバンアイボリーパールメタリック」「ミネラルグレーメタリック」、ホワイトルーフと「タフカーキパールメタリック」を組み合わせ。

 

モノトーンには「メロウディープレッドパール」が設定され、新たに8パターンが選択できるようになっています。

 

改良された新型クロスビーは2022年7月13日に発表され、8月10日に発売。価格は1,840,300円~2,245,100円となっています。

 

▼スズキ・ハスラー

 【新型ハスラー】「Jスタイル2設定!」マイナーチェンジ発売!最新情報、燃費、価格は?

▼スズキ・エスクード

【新型エスクード】「1.5Lストロングハイブリッド搭載!」マイナーチェンジ日本発売!最新情報、燃費、価格は?

 

スズキ新型クロスビーの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼スズキ新型XBEE(クロスビー)の変更点

  • 新デザインのグリルとホイールを採用
  • 「HYBRID MZ」と「HYBRID MV」グレードに、「USB電源ソケット(Type-A/Type-C インパネ2個)」を追加
  • これまでの「カーキシート」に代えて、「レディッシュブラウンシート」を新設定
  • 「HYBRID MV」グレードに、「プレミアムUV&IRカットガラス(フロントドア)」、「IRカット機能付きフロントガラス」を新採用
  • 「HYBRID MZ」のオプション「ブラックインテリアパッケージ」を「ブラウンインテリアパッケージ」に変更
  • ボディカラーに新色8パターンを設定

▽2020年10月の変更点

  • 安全システムに、車線維持支援機能をスズキで初採用。
    全車速追従機能付のアダプティブクルーズコントロール、夜間の歩行者も検知するデュアルカメラブレーキサポートを搭載
  • 新グレード「HYBRID MV」を設定
  • 上位グレード「HYBRID MZ」に「ブラックインテリアパッケージ」をメーカーオプション設定
  • 新しいボディカラーを設定し、全13パターンをラインナップ
  • 新燃費規格WLTCモード値に対応

▽2019年7月の変更点

  • 個性的な色を採用した「スターシルバーエディション」を設定。
    「HYBRID MZ」をベースに、スターシルバーメタリック塗装を施したルーフ、ドアミラー、サイドカラーパネルなどを採用

 

184万円から!スズキ新型クロスビーの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼スズキ新型クロスビーの価格

  • HYBRID MX
    FF:1,840,300円、4WD:1,985,500円
  • HYBRID MV
    FF:1,994,300円、4WD:2,139,500円
  • HYBRID MZ
    FF:2,099,900円、4WD:2,245,100円

スズキ新型クロスビーの価格は、改良によりアップしています。

  

アップ幅はエントリーグレード「HYBRID MX」で35,200円、中間グレード「HYBRID MV」で46,200円、上位グレード「HYBRID MZ」で37,400円とされています。

 

▼参考:クロスビー(前モデル)の価格

  • HYBRID MX
    FF:1,805,100円、4WD:1,950,300円
  • HYBRID MV
    FF:1,948,100円、4WD:2,093,300円
  • HYBRID MZ
    FF:2,062,500円、4WD:2,207,700円

 

新スタイル!新型クロスビーの外装(エクステリア)デザインは?

▼新型クロスビーの画像

▼参考:クロスビー(前モデル)

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20201015/20201015115653.jpg

新型XBEE(クロスビー)は、軽自動車「ハスラー」と同じくワゴンとSUVを融合させた、力強く、使い勝手の良さを表現するデザインとされています。

 

改良では、水平のラインを持つ新しいメッキグリルのほか、新デザインの切削タイプホイールを採用し、質感をアップしています。

  

クロスビーではボディカラーにモノトーンと2トーンのほか、ドア下部も塗り分けた特徴的な3トーンカラーも設定され、デザインを楽しむことができるようになっています。

  

広く!スズキ新型クロスビーの内装(インテリア)デザインは?

▼スズキ クロスビー 内装

f:id:carislife:20171225111833j:plain

新型XBEE(クロスビー)の内装は、実用性の高さを感じられるレイアウトに、遊び心が加えられたデザインになっています。

 

室内は大人5人が快適に座ることができる広い空間が確保され、フロントシートでは収納スペースを充実し、リアシートは足元空間を拡大。

 

f:id:carislife:20171225111841j:plain

f:id:carislife:20171225111853j:plain

メーターパネルには、光の反射で現れるクロスビーがデザインされ、走行状況を表す3.5インチ大型マルチインフォメーションディスプレイも独自のポップなスタイルになっています。

 

▼クロスビーのラゲッジスペース 

f:id:carislife:20171016090533j:plain

f:id:carislife:20171016090537j:plain

アウトドアへ出かけるために荷物を積み込む人も多くなるラゲッジスペースには、シート裏側にまで傷がつきにくい樹脂素材が採用され、汚れも拭き取ることができるように。

 

ラゲッジ下のカバーを開けることで、高さのある荷物にも対応しています。

 

パワフル!新型クロスビーのパワートレインとスペックは?

f:id:carislife:20171117115030j:plain

▼スズキ新型XBEE(クロスビー)のパワートレインとスペック

  • 最高出力:99ps/5500rpm
  • 最大トルク:15.3kgm/1700-4000rpm
  • モーター最高出力:3.1ps/1000rpm
  • 最大トルク:5.1kgm/100rpm
  • トランスミッション:パドルシフト付き6速AT

スズキ新型XBEE(クロスビー)には、直列3気筒1Lターボエンジンにマイルドハイブリッドを組み合わせたパワーユニットが搭載されています。

 

これにより1700rpmの低回転から4000rpmまで幅広く、1.5L自然吸気エンジンなみの大きなトルクを発揮し、走りが軽快に。

 

トランスミッションも小型車としては豪華な6速ATとなっており、CVTよりダイレクト感のある走りを楽しむことができるようになっています。

  

どこへでも!スズキ新型クロスビーの走行システムは?

f:id:carislife:20171225112649j:plain

スズキ新型XBEE(クロスビー)の走行システムには、スタックしたタイヤにブレーキをかけることで駆動力が逃げるのを防ぐ「グリップ・コントロール」、急な坂道も一定の速度で安定して下る「ヒルディセント・コントロール」システムが装備されています。

 

f:id:carislife:20171117115033j:plain

走行モードでは、1.5Lエンジンなみのトルクを持つパワフルな1Lターボエンジンの性能を活かす、スポーツとスノーモードを選択することもできるようになっています。

 

最新システム!スズキ新型クロスビーの安全装備は?

スズキ新型XBEE(クロスビー)の安全装備は2020年の改良時に、それまで搭載されていた「デュアルセンサーブレーキサポート」から、夜間の歩行者も検知する「デュアルカメラブレーキサポート」にアップデートされています。

 

また、車線中央付近の走行維持をサポートする車線維持支援機能をスズキで初採用。

 

アダプティブクルーズコントロール[全車速追従機能付]も追加され、より快適に運転を楽しむことができるようになっています。

 

走り両立!スズキ新型クロスビーの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼スズキ新型クロスビーの燃費

  • WLTCモード値
    FF:18.2km/L、4WD:17.0km/L
  • JC08モード値
    FF:22.0km/L、4WD:20.6km/L

スズキ新型XBEE(クロスビー)の燃費は、新燃費規格WLTCモード値に対応し、FF車で18.2km/Lとなっています。

 

軽量、高剛性な最新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」の効果もあり、前燃費規格JC08モード値との差は3.8km/Lと小さくなっています。

 

コンパクト!スズキ新型クロスビーのボディサイズは?

▼スズキ新型XBEE(クロスビー)のボディサイズ

  • 全長×全幅×全高:3760×1670×1705mm
  • ホイールベース:2435mm
  • 最低地上高:180mm
  • タイヤサイズ:175/60R16
  • 乗員:5人
  • ※参考
    ・スズキ ハスラー
     全長×全幅×全高:3395×1475×1680mm
     ホイールベース:2460mm

スズキ新型XBEE(クロスビー)は、軽自動車「ハスラー」から一回り大きなサイズとされています。

  

乗員も軽自動車より多い5人乗りに対応し、使い勝手が高められています。

 

いつ?スズキ新型クロスビーの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

改良されたスズキ新型XBEE(クロスビー)は、2022年7月13日に発表、8月10日に発売されます。

 

スズキは主力クロスオーバーモデルのクロスビーをアップデートすることで、さらなるユーザーにアピールしていく予定です。

  

新型スズキ・クロスビーについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。