New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型インテグラ】2022年4月「復活!」フルモデルチェンジ発売!最新情報、スペック、価格は?

f:id:carislife:20211112105939j:plain

ホンダの海外上級ブランド「アキュラ」が、「インテグラ」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。

 

新世代となり魅力をアップする新型インテグラについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】復活!「新型インテグラ」フルモデルチェンジ発表!

▼新型インテグラの画像

f:id:carislife:20211112105939j:plain

ホンダの海外上級ブランド「アキュラ」が、フルモデルチェンジ発売を予定する「インテグラ」のプロトタイプを発表しました。

 

ホンダ・インテグラは、ブランドのミドルクラスとして2007年まで設定され、米国では「アキュラ」ブランドから、フラッグシップセダン「レジェンド」に続く第2弾モデルとして販売されていました。

 

f:id:carislife:20210819063634j:plain

新世代となるインテグラは、ボディタイプにスポーティな5ドアリフトバックを採用し、1.5Lターボエンジンと6速マニュアルトランスミッションを設定。

 

最新のプラットフォームやパワートレインを採用することにより、走行性能が高められます。

 

新型インテグラは、2021年11月12日にプロトタイプを公開、市販モデルは2022年春の北米発売を予定。価格は30,000ドル(約340万円)ほどからとされています。

 

▼新型インテグラの動画

▼ホンダ・シビック

【新型シビック】「11代目!」フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、タイプR/ハイブリッド、価格は?

▼ホンダ・シビックタイプR

【新型シビックTYPE R】フルモデルチェンジ!最新情報、スペック、価格は?

 

新型インテグラの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型インテグラの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアを採用
  • 6速マニュアルトランスミッション、ヘリカルLSDを設定
  • ボディ剛性を向上し、走行性能を向上
  • 安全システムに、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用し、安全性を向上

 

スポーティ!新型インテグラの外装(エクステリア)デザイン

▼新型インテグラの画像

f:id:carislife:20211112110010j:plain

新型インテグラの外装は、新世代のデザインを採用することにより質感が高められています。

 

フロントは、アキュラブランドで統一された大型のグリルやエアインテークにブラックのカラーを採用することで迫力をアップ。

 

f:id:carislife:20211112111700j:plain

ヘッドライトには、シケインLEDデイタイムランニングライトを備えたジュエルアイLEDヘッドライトが装備されています。

 

f:id:carislife:20211112110018j:plain

f:id:carislife:20211112110016j:plain

足元には、Brembo製ハイパフォーマンスブレーキとカラーキャリパー、マット仕上げ19インチ5スポークホイールを採用することで走行性能を向上。

 

f:id:carislife:20211112110025j:plain

f:id:carislife:20211112110020j:plain

f:id:carislife:20211112111712j:plain

f:id:carislife:20211112110022j:plain

ボディスタイルは5ドアリフトバックとされ、セダンのアキュラ「TLX」などより軽快なスタイルとされています。

 

最新装備!新型インテグラの内装(インテリア)デザイン

f:id:carislife:20210819063634j:plain

新型インテグラの内装は、最新の装備を採用することにより操作性が高められます。

 

f:id:carislife:20210429104128j:plain

f:id:carislife:20210429100746j:plain

f:id:carislife:20210429100750j:plain

メーターには、最新の10.2インチデジタルメーターが採用され、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

f:id:carislife:20210819065800j:plain

インフォテインメントシステムは、ワイヤレスAppleCarPlayとAndroidAutoに対応することで、スマートフォンとの連携が強化されます。

  

パワフル!新型インテグラのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20211112110012j:plain

▼新型インテグラのエンジンとスペック

  • 直列4気筒1.5Lターボ
    出力:200ps/26.5kgm
  • トランスミッション:6速MT or CVT
  • 駆動方式:FF

新型インテグラには、新世代の1.5Lターボエンジンが搭載されます。

 

1.5Lターボエンジンは200ps/26.5kgmを発揮し、新型インテグラを軽快に加速。

 

トランスミッションには、CVTのほか、手動で変速を楽しむことができる6速MTを設定。

 

トラクション性能を高めるヘリカルLSDも搭載することで、走りを楽しむことができるようになります。

 

走り両立!新型インテグラの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型インテグラの燃費

  • 1.5Lガソリン:13km/L

新型インテグラの燃費は、最新のパワートレインを採用することにより高められます。

 

燃費は13km/Lが見込まれ、走行性能と使い勝手が両立されます。

 

最新システム!新型インテグラの安全装備は?

f:id:carislife:20210624102506j:plain

新型インテグラの安全装備には、ブランドの先進安全システムが採用されます。

 

搭載されるシステムは、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用することで性能をアップ。

 

トラフィックジャムアシスト機能を追加するなど、安全性が引き上げられます。

   

お手頃!新型インテグラの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型インテグラの価格

  • 30,000ドル~(約340万円)

新型インテグラの価格は、米国で約340万円ほどになるとされています。

 

アキュラでは、米国でコンパクトセダン「ILX」が約300万円、上級セダン「TLX」が約410万円からラインナップおり、新型インテグラは中間の価格設定となります。

 

▼参考:ホンダ他モデルの価格

  • アキュラILX:26,500ドル~(約300万円)
  • アキュラTLX:37,500ドル~(約410万円)
  • ホンダ・シビック:319万円~353万9800円

 

いつ?新型インテグラの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジする新型インテグラは、2021年11月12日にプロトタイプを公開、市販モデルは2022年春の北米発売が予定されています。

 

アキュラは、新世代モデルとしてインテグラを復活することで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

ホンダ・インテグラを「おさらい」

▼クイントインテグラ(初代)

Honda quintintegra 3doorgsi 1 f.jpg

ホンダ・インテグラ(INTEGRA)は、初代が1985年に登場した乗用車です。

 

インテグラの車名の由来は、「統合、完全なもの」を表す「Integrate(インテグレート)」からくる造語となっています。

 

初代は、それまで販売されていた「クイント」のフルモデルチェンジ型として制作され、モデル名に「クイントインテグラ」を採用。

 

当時では珍しいDOHCエンジンを全車に搭載し、走行性能の高さがアピールされました。

 

海外では、ホンダの高級ブランド「アキュラ」から「アキュラ・インテグラ」として販売。

 

フラッグシップセダン「レジェンド」に続く、第2弾モデルとしてラインナップされました。

 

▼インテグラ(2代目)

Honda INTEGRA ZX (DA7) front.JPG

1989年に登場した2代目では、モデル名「インテグラ」に変更。

 

ボディタイプには3ドアクーペと4ドアハードトップを設定し、ハードトップモデルは販売当時のブームにより、販売台数を伸ばしました。

 

▼インテグラ(3代目/前期)

3RD-Acura-Integra.jpg

▼インテグラ(3代目/後期)

Honda Integra 1996 4door.jpg

1993年の3代目では、当初丸形の4灯ヘッドライトを採用しましたが、日本では販売が振るわず、マイナーチェンジにあわせ横長のヘッドライトに変更。

 

しかし、海外ではフルモデルチェンジまで4灯ヘッドライトの販売が継続されました。

 

グレードには、インテグラとして初めてハイスペックモデル「Type R」が設定され、走行性能の高さも人気になりました。

 

▼インテグラ(4代目)

2002 Honda Integra (DC5) Special Edition coupe (2015-07-24) 01.jpg

2001年に4代目となったインテグラでは、ボディタイプが3ドアクーペのみとされ、海外でモデル名をアキュラ「RSX」に変更。


排気量を2Lにアップし「Type R」も製造されましたが、アキュラ「RSX」への設定は見送り。


2007年には、クーペの販売が低迷したことから販売が終了されました。

  

新型インテグラについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。