New Car/車好き新型車ニュース&動画

クルマの最新ニュース、スクープを配信!

【新型インテグラ】「復活!」2022年3月10日フルモデルチェンジ発表!最新情報、スペック、価格は?

f:id:carislife:20220311075620j:plain

ホンダの海外上級ブランド「アキュラ」が、「インテグラ」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

新世代となり魅力をアップした新型インテグラについて、スペックや価格などを最新情報からご紹介します。

 

▼この記事の目次

【最新情報】復活!「新型インテグラ」フルモデルチェンジ発表!

▼新型インテグラの画像

f:id:carislife:20220311075641j:plain

ホンダの海外上級ブランド「アキュラ」が、「インテグラ」のフルモデルチェンジを発表しました。

 

ホンダ・インテグラは、ブランドのミドルクラスとして2007年まで設定され、米国では「アキュラ」ブランドから、フラッグシップセダン「レジェンド」に続く第2弾モデルとして販売されていました。

 

新世代となったインテグラは、ボディタイプにスポーティな5ドアリフトバックを採用し、6速マニュアルトランスミッションも設定。

 

最新のプラットフォームやパワートレインを採用することにより、走行性能が高められます。

 

新型インテグラは2022年3月10日に発表、価格は北米で30,000ドル(約340万円)からとされています。

 

▼新型インテグラの動画

▼ホンダ・シビック

【新型シビック】「11代目!」フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、タイプR/ハイブリッド、価格は?

▼ホンダ・シビックタイプR

【新型シビックTYPE R】フルモデルチェンジ!最新情報、スペック、価格は?

 

新型インテグラの【変更点まとめ】

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171110/20171110115003.jpg

▼新型インテグラの変更点

  • 新世代のエクステリア、インテリアを採用
  • 6速マニュアルトランスミッション、ヘリカルLSDを設定
  • ボディ剛性を向上し、走行性能を向上
  • 安全システムに、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用し、安全性を向上

 

スポーティ!新型インテグラの外装(エクステリア)デザイン

▼新型インテグラの画像

f:id:carislife:20220311075620j:plain

新型インテグラの外装は、新世代のデザインを採用することにより質感が高められています。

 

フロントは、アキュラブランドで統一された大型のグリルやエアインテークにブラックのカラーを採用することで迫力をアップ。

 

f:id:carislife:20220311075748j:plain

f:id:carislife:20220311075753j:plain

ヘッドライトには、シケインLEDデイタイムランニングライトを備えたジュエルアイLEDヘッドライトを装備。

 

f:id:carislife:20220311075751j:plain

足元には、専用の17インチと18インチホイールを採用することで引き締め。

 

f:id:carislife:20220311075755j:plain

ボディスタイルは5ドアリフトバックとされ、セダンのアキュラ「TLX」などより軽快なスタイルに。

 

上位グレードでは、グロスブラックのエクステリアアクセントやLEDフォグランプ、フロントフェンダースポイラーが採用されています。

 

最新装備!新型インテグラの内装(インテリア)デザイン

▼新型インテグラの画像

f:id:carislife:20220311075837j:plain

新型インテグラの内装は、最新の装備を採用することにより質感が高められています。

 

f:id:carislife:20220311075842j:plain

メーターには、最新の10.2インチデジタルメーターと5.3インチヘッドアップディスプレイが採用され、多彩な情報をわかりやすく表示。

 

f:id:carislife:20220311075832j:plain

f:id:carislife:20220311075834j:plain

インフォテインメントシステムには7インチと9インチを設定し、ワイヤレスAppleCarPlayとAndroidAutoに対応することで、スマートフォンとの連携を強化。

 

その他、新型インテグラでは、8スピーカーオーディオもしくは16スピーカー「ELS Studio 3Dプレミアムオーディオ」、パワームーンルーフ、運転席8wayもしくは運転席12way&助手席4way電動シート、ワイヤレススマートフォン充電器などが採用されています。

  

パワフル!新型インテグラのスペック、走行性能は?

f:id:carislife:20220311075641j:plain

▼新型インテグラのパワートレインとスペック

  • 直列4気筒1.5Lターボ
    出力:203ps/26.5kgm
    トランスミッション:6速MT or CVT
  • 【e:HEVハイブリッド】
    パワートレイン:直列4気筒2Lエンジン+「e:HEV」ハイブリッド
    エンジン出力:145ps/17.8kgm
    システム出力:184ps/32.1kgm
  • 駆動方式:FF

新型インテグラには、最新の1.5Lターボエンジンと2Lハイブリッドが搭載されています。

 

1.5Lターボエンジンは203ps/26.5kgmを発揮し、新型インテグラを軽快に加速。

 

f:id:carislife:20220311075839j:plain

トランスミッションには、CVTのほか、手動で変速を楽しむことができるレブマッチング機能付き6速MTを設定。

 

トラクション性能を高めるヘリカルLSDも搭載することで、走りを楽しむことができるようになっています。

 

ハイブリッドモデルは、最新の2Lエンジンに2モーターを組み合わせ、熱効率41%を達成することで環境性能をアップ。

 

モーターは大きなトルクを確保し、軽快な走りに仕上げられています。

 

またハイブリッドパワートレインは、環境性能をあげながらもシステムを小型化し、バッテリー内蔵IPUをリアシート下に配置。

 

大きなラゲッジ容量を確保するほか、リアシートの分割折りたたみにも対応することで実用性が高められています。

 

走り両立!新型インテグラの燃費は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024161400.jpg

▼新型インテグラの燃費

  • 1.5Lガソリン:13km/L
  • 2Lハイブリッド:20km/L

新型インテグラの燃費は、最新のパワートレインを採用することにより高められます。

 

1.5Lガソリンの燃費は13km/L、2Lハイブリッドは20km/Lが見込まれ、走行性能と使い勝手が両立されます。

 

最新システム!新型インテグラの安全装備は?

f:id:carislife:20210624102506j:plain

新型インテグラの安全装備には、ブランドの先進安全システムが採用されています。

 

搭載されるシステムは、フロントワイドビューカメラと高速画像処理チップを採用することで性能をアップ。

 

トラフィックジャムアシスト機能を追加するなど、安全性が引き上げられています。

 

お手頃!新型インテグラの価格は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171030/20171030105429.jpg

▼新型インテグラの価格

  • グレード
    ・ベースグレード(CVT)
    ・A-Spec(CVT)
    ・A-Spec Tech(6速MT or CVT)
  • 価格:30,000ドル~(約340万円)

新型インテグラの価格は、米国で約340万円からとされています。

 

アキュラでは、米国でコンパクトセダン「ILX」が約300万円、上級セダン「TLX」が約410万円からラインナップおり、新型インテグラは中間の価格設定となります。

 

▼参考:ホンダ他モデルの価格

  • アキュラILX:26,500ドル~(約300万円)
  • アキュラTLX:37,500ドル~(約410万円)
  • ホンダ・シビック:319万円~353万9800円

 

いつ?新型インテグラの発売日は?

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/carislife/20171024/20171024110357.jpg

フルモデルチェンジした新型インテグラは、2022年3月10日に発表され、北米で販売が開始されました。

 

アキュラは、新世代モデルとしてインテグラを復活することで、ブランド力をアップしていきたい考えです。

 

ホンダ・インテグラを「おさらい」

▼クイントインテグラ(初代)

Honda quintintegra 3doorgsi 1 f.jpg

ホンダ・インテグラ(INTEGRA)は、初代が1985年に登場した乗用車です。

 

インテグラの車名の由来は、「統合、完全なもの」を表す「Integrate(インテグレート)」からくる造語となっています。

 

初代は、それまで販売されていた「クイント」のフルモデルチェンジ型として制作され、モデル名に「クイントインテグラ」を採用。

 

当時では珍しいDOHCエンジンを全車に搭載し、走行性能の高さがアピールされました。

 

海外では、ホンダの高級ブランド「アキュラ」から「アキュラ・インテグラ」として販売。

 

フラッグシップセダン「レジェンド」に続く、第2弾モデルとしてラインナップされました。

 

▼インテグラ(2代目)

Honda INTEGRA ZX (DA7) front.JPG

1989年に登場した2代目では、モデル名「インテグラ」に変更。

 

ボディタイプには3ドアクーペと4ドアハードトップを設定し、ハードトップモデルは販売当時のブームにより、販売台数を伸ばしました。

 

▼インテグラ(3代目/前期)

3RD-Acura-Integra.jpg

▼インテグラ(3代目/後期)

Honda Integra 1996 4door.jpg

1993年の3代目では、当初丸形の4灯ヘッドライトを採用しましたが、日本では販売が振るわず、マイナーチェンジにあわせ横長のヘッドライトに変更。

 

しかし、海外ではフルモデルチェンジまで4灯ヘッドライトの販売が継続されました。

 

グレードには、インテグラとして初めてハイスペックモデル「Type R」が設定され、走行性能の高さも人気になりました。

 

▼インテグラ(4代目)

2002 Honda Integra (DC5) Special Edition coupe (2015-07-24) 01.jpg

2001年に4代目となったインテグラでは、ボディタイプが3ドアクーペのみとされ、海外でモデル名をアキュラ「RSX」に変更。


排気量を2Lにアップし「Type R」も製造されましたが、アキュラ「RSX」への設定は見送り。


2007年には、クーペの販売が低迷したことから販売が終了されました。

  

新型インテグラについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、You Tube等の動画への引用を厳禁いたします。